KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 福州
  • 品種
  • 品質
  • 現地
  • 福建農林大学
  • りつ
  • グリーン
  • タケノコ

「東峰鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年05月14日
    生態系の強みを発揮し、環境配慮型産業を発展福建省南平市

    14日、福建省建甌(けんおう)市(南平市管轄下の県レベルの市)東峰鎮で栽培されているカカンソウチク。栽培面積は3千ムー(200ヘクタール)以上に達し、良質なタケノコを産出する。(小型無人機から)中国福建省南平市はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然には金銀同様の価値がある)」という理念を実行に移し、環境にやさしい自然資源利用を積極的に探究している。現代農業や観光、健康・保養、デジタル情報、先進製造、文化・クリエーティブなどのグリーン(環境配慮型)産業の育成に力を入れ、特色ある発展の道を歩んでいる。同市は2019年、「国家森林都市」に指定された。現時点で森林被覆率は省内2位、蓄積量は首位となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001527

  • 2020年05月14日
    生態系の強みを発揮し、環境配慮型産業を発展福建省南平市

    14日、福建省建甌(けんおう)市(南平市管轄下の県レベルの市)東峰鎮で栽培されているカカンソウチク。栽培面積は3千ムー(200ヘクタール)以上に達し、良質なタケノコを産出する。(小型無人機から)中国福建省南平市はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然には金銀同様の価値がある)」という理念を実行に移し、環境にやさしい自然資源利用を積極的に探究している。現代農業や観光、健康・保養、デジタル情報、先進製造、文化・クリエーティブなどのグリーン(環境配慮型)産業の育成に力を入れ、特色ある発展の道を歩んでいる。同市は2019年、「国家森林都市」に指定された。現時点で森林被覆率は省内2位、蓄積量は首位となっている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052001558

  • 2020年11月03日
    試験田のもみ米収量、1ムー当たり1トン突破福建省

    3日、福建省建甌市東峰鎮にあるハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田で、たわわに実った稲穂。中国福建省建甌市東峰鎮にあるハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田でこのほど、中国水稲研究所や福建農林大学などの専門家によるもみ米収量の検収が行われた。単作水稲の1ムー(約667平方メートル)当たり収穫量は現地の新記録となる1008・51キロに達し、高い品質と耐病性を兼ね備えた品種であることが明らかになった。(福州=新華社記者/林超)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904557

  • 2020年11月03日
    試験田のもみ米収量、1ムー当たり1トン突破福建省

    3日、福建省建甌市東峰鎮にあるハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田で、稲穂の成長具合を確認する中国水稲研究所の曹立勇(そう・りつゆう)研究員。中国福建省建甌市東峰鎮にあるハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田でこのほど、中国水稲研究所や福建農林大学などの専門家によるもみ米収量の検収が行われた。単作水稲の1ムー(約667平方メートル)当たり収穫量は現地の新記録となる1008・51キロに達し、高い品質と耐病性を兼ね備えた品種であることが明らかになった。(福州=新華社記者/林超)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904461

  • 2020年11月03日
    試験田のもみ米収量、1ムー当たり1トン突破福建省

    3日、福建省建甌市東峰鎮にあるハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田で、作業を行う刈り取り機。中国福建省建甌市東峰鎮にあるハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田でこのほど、中国水稲研究所や福建農林大学などの専門家によるもみ米収量の検収が行われた。単作水稲の1ムー(約667平方メートル)当たり収穫量は現地の新記録となる1008・51キロに達し、高い品質と耐病性を兼ね備えた品種であることが明らかになった。(福州=新華社記者/林超)=2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110904221

  • 00:50.04
    2020年11月09日
    「新華社」試験田のもみ米収量、1ムー当たり1トン突破福建省

    中国福建省建甌市東峰鎮にあるハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田でこのほど、中国水稲研究所や福建農林大学などの専門家によるもみ米収量の検収が行われた。単作水稲の1ムー(約667平方メートル)当たり収穫量は現地の新記録となる1008・51キロに達し、高い品質と耐病性を兼ね備えた品種であることが明らかになった。専門家グループは農業農村部のスーパー水稲のもみ米収量測定検収方法に従い、代表的な水田3カ所を任意に選び、収量を測定した。福建省で大規模栽培されている水田のうち、1ムー当たりの収穫量が1千キロを超えた品種は初めて。専門家グループのリーダーで中国水稲研究所研究員の曹立勇(そう・りつゆう)氏は「この品種は栽培が容易で、特別な栽培技術がなくても一般農民が高収穫を達成でき、普及の土台を備えている」と述べた。福建農林大学の周元昌(しゅう・げんしょう)教授は、今回測定した品種は収穫量が高く、品質が優れ、いもち病や倒れに強いと指摘。「収量が高いと品質が低い、収量が高いと病気に弱い」という水稲によく見られる難題を克服し、育種専門家らが求めてきた理想的な品種を実現したとした。「浙優21」は浙江省農業科学院作物・核技術利用研究所が育種し、福建省が19年に試験栽培のため導入した。同研究所の王建軍(おう・けんぐん)副所長は、福建省での試験栽培の結果が示したように、「浙優21」は食糧栽培収益の低下という問題を解決し、農業効率化と農民増収を促し、食糧安全を保障する上で前向きな役割を果たしていると述べた。(記者/林超)<映像内容>ハイブリッド水稲「浙優21」の試験栽培田、収穫や検収の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111006283

  • 1