KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 収穫
  • ヘクター
  • ムー
  • 品質
  • 市場
  • 販売
  • ふえん
  • 産業

「東方紅村」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
29
( 1 29 件を表示)
  • 1
29
( 1 29 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「新華社」東北ヒョウ、吉林省琿春市に出現、村人と対面
    01:53.51
    2018年09月26日
    「新華社」東北ヒョウ、吉林省琿春市に出現、村人と対面

    中国吉林省琿春(こんしゅん)東北トラ国家級自然保護区管理局は、同市哈達門(はたつもん)郷東方紅村の村民が26日、野生の東北ヒョウ(シベリアヒョウ)の出現現場を目撃し、東北ヒョウと相対し貴重な動画を撮影したと明らかにした。同村の于彦啓(う・げんけい)さんは同日、保護区管理局馬滴達(ばてきたつ)保護所の職員に、自身が手入れするぶどう園に「珍客」が訪れたと通報した。于さんによると、同日正午ごろ、于さんと友人が室内で食事をしていると、庭の犬が狂ったように吠えるのが聞こた。見てみると、ヒョウがぶどう園に出現し、園内で飼育していたニワトリ100羽以上のうち、約30羽がヒョウに咬まれ、死んだりケガをしたりした。犬もヒョウとの格闘により、頸部を咬まれてケガをした。<映像内容>野生の東北ヒョウが村のぶどう園に侵入、撮影日:2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100119452

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の倉庫で、家畜の飼料を準備する康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408983

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ウサギに水をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408960

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ブタに餌をやる康麗艶さん(左)と夫の馬広生さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408980

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村の自宅の庭でニワトリに与える野菜を摘む康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409015

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、アヒルとガチョウを柵の中に入れる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409065

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ニワトリを鶏小屋に入れる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408976

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ニワトリに餌をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409066

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、アヒルとガチョウに餌をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408965

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ブタに餌をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071409024

  •  中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    2020年07月10日
    中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    10日、黒竜江省撫遠市濃橋鎮東方紅村にある自宅の庭で、ウサギに水をやる康麗艶さん。中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020071408949

  •  「新華社」中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省
    00:33.77
    2020年07月13日
    「新華社」中国最東端の市に住む夫妻、家畜飼育で貧困脱却黒竜江省

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市は「中国最東端」の地に当たる。同市濃橋鎮東方紅村の畜産農家、康麗艶(こう・れいえん)さんは「自宅の庭でブタ6匹、ガチョウ15羽、アヒル22羽、ニワトリ50羽、ヒツジ2頭、ウサギ1羽、それから番犬2匹飼っている。とてもにぎやかで、まるで動物園のよう」と笑顔で語る。身体があまり丈夫でない康さんと夫の馬広生(ば・こうせい)さんは、2017年までは老朽化した草ぶきの家に住み、臨時的な仕事をして暮らしていた。しかし、近年、貧困支援政策により村の居住条件が改善され、住民に対する医療保障が強化された。また、太陽光発電などの産業が定着し、夫婦は豊かな生活を送り始めた。2017年に貧困からの脱却を果たした康さん一家は、草ぶきの家から50平方メートル余りの新築のレンガ造りの家に引っ越した。新居には水道やトイレが設置され、敷地内にはブタ小屋も建てられた。家の蓄えが増えるにつれて、康さん夫婦が飼育する家畜の種類と数も次第に増えていった。康さんは、今年自宅庭での家畜飼育による増収が2万元(1元=約15円)余りに上ると予想している。(記者/謝剣飛)<映像内容>貧困脱却を果たした一家の家畜飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300531

  •  産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省
    2020年07月14日
    産業による貧困脱却支援が奏功黒竜江省

    黒竜江省撫遠(ふえん)市濃橋鎮東方紅村の自宅で、自家製の粉皮(幅広の春雨に似た食品)を梱包する貧困世帯の村民。(7月14日撮影)中国黒竜江省では収穫の最盛期を迎え、至る所に豊作の喜びがあふれている。同省はここ数年、貧困脱却支援産業の発展に力を入れ、省を挙げて農業の優位性を生かした特色ある産業プロジェクト4千件近くを実行に移した。2017~19年末までに、同省の現行基準で累計61万3千人が貧困から脱却し、貧困発生率は0・07%まで低下。省内の国家級貧困県20県、省級貧困県8県全てが貧困指定から外れ、貧困村1778村全てが貧困脱却を果たし、地域全体の貧困解決を1年前倒しで達成した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102206303

  •  (3)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (3)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシをを収穫する村民。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605470

  •  (10)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (10)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する人。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605492

  •  (1)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (1)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605463

  •  (16)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (16)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、収穫した赤トウガラシをトラクターで運ぶ村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605510

  •  (5)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (5)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村の農家の庭に積み上げられた赤トウガラシとトウモロコシ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605476

  •  (2)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (2)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605534

  •  (14)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (14)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605513

  •  (7)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (7)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605490

  •  (12)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (12)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを天日干しする村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605496

  •  (11)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (11)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する人。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605494

  •  (6)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (6)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、天日干しを終えた赤トウガラシを集めるブルドーザー。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605474

  •  (8)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (8)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605493

  •  (15)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (15)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605512

  •  (4)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (4)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村の畑で収穫を待つ赤トウガラシ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605475

  •  (13)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (13)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605514

  •  (1)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区
    2022年11月23日
    (1)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区通遼市開魯県東方紅村。(10月25日、小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市は重要な商品穀物の生産地で、穀物の栽培面積と収穫量が自治区内で最も多く「内モンゴルの穀倉」と呼ばれている。同市の最新農業生産データによると、市内の開魯県にある180万ムー(12万ヘクタール)余りのトウモロコシ畑で、1ムー(667平方メートル)当たりの平均収量が約130キロ増え、同県全体のトウモロコシ収量が約23万5千トン増加した。一般農家がトウモロコシの豊作を実現したのは、主に浅層埋設点滴かんがい技術の応用による。同県開魯鎮団結村の農家、張国文(ちょう・こくぶん)さんは「トウモロコシ畑60ムー(4ヘクタール)に浅層埋設点滴かんがい技術を活用し、単位面積当たりの平均収量が以前より100キロ以上多い850キロ余りになった」と語った。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112400953

  • 1