KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東京電力
  • 定点素材
  • 県別被害者
  • 都道県別
  • 仮設住宅
  • 岩手県大槌町
  • 電気予報
  • 岩手県釜石市
  • 宮城県女川町
  • 放射線量

「東日本大震災」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
41,165
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
41,165
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    気仙沼向洋高の旧校舎 東日本大震災・資料

    宮城県気仙沼市の気仙沼向洋高校の旧校舎。東日本大震災の震災遺構として保存されている=2021年1月9日(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月9日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    お供えをする多恵さん 後生につなぐ震災の記憶

    2013年2月11日、米沢商会ビルを訪れお供え物をする米沢祐一さん(左)と当時2歳の多恵さん=岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    ビルに上る米沢祐一さん 後生につなぐ震災の記憶

    東日本大震災の津波から逃れるため米沢祐一さんは地上約15㍍のビルの煙突に避難した(中央上)。ビルは海に沈み足元まで波が迫った。かさ上げされた土地に当時のまま残された米沢商会ビルに多くの見学者が訪れる=9日、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    陸前高田の花火 後生につなぐ震災の記憶

    2020年10月、三陸地域を盛り上げようと1万発以上の花火が打ち上げられた。米沢商会ビルの周囲は観覧客の車で埋まった。「高田に人が集まってくれてうれしかった」と米沢さん=岩手県陸前高田市

    撮影: 岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    米沢さんと多恵さん 後生につなぐ震災の記憶

    父祐一さん(左)から初めて震災の話を聞いた時、米沢多恵さんは怖くて泣いたが「もっと知りたい」と思った。家族の思い出と津波の爪痕を残すビルは「大切なもの、ずっと残したい」=9日、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    米沢さんと多恵さん 後生につなぐ震災の記憶

    日頃から亡くなった家族の思い出を多恵さんに聞かせている米沢祐一さん(左)。「おばあちゃんは縫い物が得意だったんだよ。今いてくれたら鬼滅(の刃)の服を縫ってもらってる」と多恵さん。一緒に過ごした時間は短かったが、心の中でみんな生きている=9日、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    お宮参りの写真 後生につなぐ震災の記憶

    2011年3月11日、お宮参りで記念撮影する米沢祐一さん(後列左から2人目)一家。下は生後約1カ月の孫多恵さんを抱く母静枝さん。この写真が撮影された数時間後、東日本大震災が発生した

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    浮き上がったマンホール 埋め立て地襲った液状化

    東日本大震災の液状化現象で浮き上がった千葉県浦安市のマンホール。震災遺構として保存されている=2020年12月

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月15日
    浮き上がったマンホール 埋め立て地襲った液状化

    東日本大震災の液状化現象で浮き上がった千葉県浦安市のマンホール。震災遺構として保存されている=10日

    撮影: 10日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月13日
    かつて土葬された場所 火葬追い付かず土葬に

    東日本大震災当時、犠牲者が一時、土葬された宮城県石巻市のサッカー場=7日

    撮影: 7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    スケートボードをする親子 変わる町並みに驚き

    東日本大震災で被災した宮城県女川町にスケートボードの施設がオープンし、地元のスケーターらでにぎわっている。女川港に面する施設の近くには、震災遺構「旧女川交番」(手前)が残され、津波被害の壮絶さを今に伝えている。仙台市から家族で訪れた庄子亮さん(38、左)は被災前の町しか知らない。かつての商店街は姿を消し、駅前の高台造成地に新しい店が並ぶ。「景色が変わって寂しいが仕方がない」と復興工事で様変わりした町並みに驚いていた=11日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    自宅跡地訪れた熊川勝さん 思い出される妻の背中

    「正直者でみんなから愛された―」。東日本大震災から9年10カ月。福島県浪江町の熊川勝さん(83)は津波にのまれ、亡くなった妻の洋子さん(当時=72)をしのんだ。コロナ禍の今年は一人きりの寂しい正月。亡き妻には墓参りで話を聞いてもらう。自宅跡地に立てば、夫婦の日常が思い出される。台所で果物を切る後ろ姿、花が咲き誇る庭、田んぼが見えるのどかな暮らし。「俺が生きている間は、ここを残してほしい」と話し、枯れ草に覆われたかつての住まいを後にした=11日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    自宅跡地に立つ熊川勝さん 思い出される妻の背中

    「正直者でみんなから愛された―」。東日本大震災から9年10カ月。福島県浪江町の熊川勝さん(83)は津波にのまれ、亡くなった妻の洋子さん(当時=72)をしのんだ。コロナ禍の今年は一人きりの寂しい正月。亡き妻には墓参りで話を聞いてもらう。自宅跡地に立てば、夫婦の日常が思い出される。台所で果物を切る後ろ姿、花が咲き誇る庭、田んぼが見えるのどかな暮らし。「俺が生きている間は、ここを残してほしい」と話し、枯れ草に覆われたかつての住まいを後にした=11日

  • 2021年01月11日
    復旧補助後、92事業者倒産

    グループ補助金交付先事業者の倒産件数

  • 2021年01月11日
    復旧補助後、92事業者倒産

    グループ補助金交付先事業者の倒産件数

  • 2021年01月11日
    復旧補助後、92事業者倒産

    グループ補助金交付先事業者の倒産件数

  • 2021年01月11日
    復旧補助後、92事業者倒産

    グループ補助金交付先事業者の倒産件数

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    間隔を空けて座る新成人 震災被災地でも成人式

    新型コロナ感染対策で、間隔を空けて座る新成人たち=10日午後、仙台市のユアテックスタジアム仙台

    撮影: 10日午後、仙台市のユアテックスタジアム仙台

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    間隔を空けて座る新成人 震災被災地でも成人式

    雪が舞う中、ユアテックスタジアム仙台で行われた成人式。新型コロナ感染対策で、間隔を空けて座った=10日午後、仙台市

    撮影: 10日午後、仙台市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    式を終えた新成人たち 震災被災地でも成人式

    式典後、新成人らでごった返すユアテックスタジアム仙台の周辺=10日午後、仙台市

    撮影: 10日午後、仙台市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    式を終えた新成人たち 震災被災地でも成人式

    式典後、新成人らでごった返すユアテックスタジアム仙台の周辺=10日午後、仙台市

    撮影: 10日午後、仙台市

  • 2021年01月10日
    成人式迎えた大谷一真さん 「再び、にぎわう町に」

    岩手県陸前高田市を見渡す高台で、大工としての夢を語る大谷一真さん=10日午後

    撮影: 10日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    福島県のJR双葉駅周辺 ドローンで見る震災10年

    東京電力福島第1原発事故のため大半が帰還困難区域の福島県双葉町。JR常磐線・双葉駅(奥)周辺など一部で避難指示が解除され立ち入りが可能になっている=2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    式典に臨む新成人ら 震災被災地でも成人式

    マスクを着用し、式典に臨む新成人ら=10日午後、宮城県東松島市

    撮影: 10日午後、宮城県東松島市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    記念写真に納まる新成人ら 震災被災地でも成人式

    式典後、集合写真に納まる新成人ら=10日午後、宮城県東松島市

    撮影: 10日午後、宮城県東松島市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    集合写真に納まる新成人ら 震災被災地でも成人式

    式典後、集合写真に納まる新成人ら=10日午後、宮城県東松島市

    撮影: 10日午後、宮城県東松島市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    マスク姿の新成人 震災被災地でも成人式

    式典後、恩師からのメッセージを見つけ笑顔を見せる新成人=10日午後、福島県富岡町

    撮影: 10日午後、福島県富岡町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    マスク姿の新成人 震災被災地でも成人式

    マスクを着用し、式典に臨む新成人たち=10日午後、福島県富岡町

    撮影: 10日午後、福島県富岡町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    誓いの言葉の鶴飼さん 震災被災地でも成人式

    成人式でフェースシールドを着用し、アクリル板越しに誓いの言葉を述べる鶴飼美桜さん=10日午後、福島県富岡町

    撮影: 10日午後、福島県富岡町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    誓いの言葉の鶴飼さん 震災被災地でも成人式

    成人式でフェースシールドを着用し、アクリル板越しに誓いの言葉を述べる鶴飼美桜さん。間隔を空けるため、座席には着席禁止の張り紙が並んだ=10日午後、福島県富岡町

    撮影: 10日午後、福島県富岡町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    写真撮影する新成人たち 震災被災地でも成人式

    式典後、笑顔で記念写真に納まる新成人たち=10日午前、岩手県陸前高田市

    撮影: 10日午前、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    笑顔を見せる新成人たち 震災被災地でも成人式

    式典前に笑顔を見せる新成人たち=10日午前、岩手県陸前高田市

    撮影: 10日午前、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    陸前高田市の成人式 震災被災地でも成人式

    新型コロナの感染対策で、少人数が代表として出席した岩手県陸前高田市の成人式。その模様は動画投稿サイトでライブ配信された=10日午前

    撮影: 10日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    岩手県陸前高田市の成人式 震災被災地でも成人式

    新型コロナの感染対策で、少人数が代表として出席した岩手県陸前高田市の成人式。その模様は動画投稿サイトでライブ配信された=10日午前

    撮影: 10日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    岩手県陸前高田市の成人式 震災被災地でも成人式

    新型コロナの感染対策で、少人数が代表として出席した岩手県陸前高田市の成人式。その模様は動画投稿サイトでライブ配信された=10日午前

    撮影: 10日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    仮設住宅と大谷一真さん 「再び、にぎわう町に」

    以前住んでいた岩手県陸前高田市の仮設住宅前で、思い出を語る大谷一真さん=10日午後

    撮影: 10日午後

  • 2021年01月10日
    再建した住宅と大谷さん 「再び、にぎわう町に」

    大工として自らも再建に携わった自宅前に立つ大谷一真さん=10日午後、岩手県陸前高田市

    撮影: 10日午後、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    仙台市・荒浜の震災遺構 ドローンで見る震災10年

    震災遺構として保存されている、仙台市若林区荒浜地区の住宅基礎。6世帯の土台や壁、津波でえぐられた地面などが、できるだけ手を加えず残されている。同地区は高さ13㍍超の津波に襲われ、190人以上が犠牲になった。朝日に照らされ、訪れた人の影が長く伸びた=2020年12月

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    宮城県気仙沼市の防潮堤 ドローンで見る震災10年

    宮城県気仙沼市の防潮堤。海抜7・2㍍の巨大な壁に守られ、石油製品の貯蔵所や造船所が営業する。奥は三陸沿岸道の一部として整備が進む気仙沼湾横断橋=2020年12月(パノラマ合成)

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    宮城県の気仙沼向洋高 ドローンで見る震災10年

    震災遺構として公開されている、宮城県気仙沼市の気仙沼向洋高旧校舎。4階のベランダには津波で流されてきた冷凍工場が激突した跡が残る。安全に展示するため、一部コンクリート片はレプリカで再現している=9日

    撮影: 9日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    岩手県田野畑村の防潮堤 ドローンで見る震災10年

    岩手県田野畑村の震災遺構「明戸海岸防潮堤」(上)。津波で決壊した防潮堤がほぼ当時のまま保存されている。周辺に整備された公園では、降り積もった雪が模様を作っていた=2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    岩手県大槌町の役場跡 ドローンで見る震災10年

    岩手県大槌町の旧役場庁舎跡地。津波で当時の町長と職員計28人が犠牲となった。庁舎の保存を巡り住民の意見が分かれたが、2019年に解体された。跡地は緑地として整備され、災害時には車を乗り捨てる場所としても活用される=2020年12月

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    岩手県山田町の防潮堤 ドローンで見る震災10年

    東日本大震災発生から間もなく10年となる岩手県山田町にそびえる海抜9・7㍍の直立型防潮堤。震災前より約3㍍高く造られ、真新しい住宅や商店が立ち並ぶ町を守っている=2020年12月

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    イチゴ狩りをする親子 イチゴ姿も味わって

    イチゴのイラストで縁取られたフェースシールドを着けイチゴ狩りを楽しむ親子。東日本大震災で被災した宮城県山元町の「山元いちご農園」の岩佐隆社長がコロナ禍でも楽しんでできる感染症対策を考案した。今シーズンは、台湾など海外からの観光客が渡航できず来場者は激減。「先が見通せず不安は消えないが、下ばかり向いてもいられない」と踏ん張る。イチゴが大好きな娘の優苺葉ちゃんと訪れた角田市の斎藤李紗さんは「コロナは不安だったけどかわいいし、安心して楽しめた」と笑顔をみせた=8日

    撮影: 8日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    イチゴ狩りをする親子 イチゴ姿も味わって

    イチゴのイラストで縁取られたフェースシールドを着けイチゴ狩りを楽しむ親子。東日本大震災で被災した宮城県山元町の「山元いちご農園」の岩佐隆社長がコロナ禍でも楽しんでできる感染症対策を考案した。今シーズンは、台湾など海外からの観光客が渡航できず来場者は激減。「先が見通せず不安は消えないが、下ばかり向いてもいられない」と踏ん張る。イチゴが大好きな娘の優苺葉ちゃんと訪れた角田市の斎藤李紗さんは「コロナは不安だったけどかわいいし、安心して楽しめた」と笑顔をみせた=8日

    撮影: 8日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    ビニールハウスの夜景 闇夜にともる実りの明かり

    暗闇に幻想的に浮かび上がるビニールハウス。日照時間の短くなる冬季に、イチゴの生育を促すための照明だ。東日本大震災の津波で、大きな被害を受けた宮城県山元町と亘理町では被災農家らが集まり、大規模な「いちご団地」を形成。最新設備で効率化が進み、生産量は震災前より増えた。山元町の農家、深沼陽一代表によると、昨年12月はコロナ禍の巣ごもり需要で影響は少なかったが、今年になり市場単価が下落。収益の不安はあるが「必死に10年間やってきた。コロナなんかには負けない」と意気込む。照明は最盛期の2月ごろまでともされる=9日夜、宮城県山元町

    撮影: 9日夜、宮城県山元町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    10年で自治体53%被災

    災害救助法に関する集計のポイント

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    10年で自治体53%被災

    災害救助法に関する集計のポイント

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    10年で自治体53%被災

    災害救助法に関する集計のポイント

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    10年で自治体53%被災

    災害救助法に関する集計のポイント

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月08日
    捜索する南相馬署員 不明者の手掛かり求め捜索

    東日本大震災発生から9年10カ月となるのを前に、行方不明者の手掛かりを求めて沿岸部を捜索する警察官=8日午前、福島県南相馬市

    撮影: 8日午前、福島県南相馬市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月08日
    捜索する南相馬署員 不明者の手掛かり求め捜索

    東日本大震災発生から9年10カ月となるのを前に、行方不明者の手掛かりを求めて沿岸部を捜索する警察官=8日午前、福島県南相馬市

    撮影: 8日午前、福島県南相馬市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月05日
    被災地の住宅団地 住宅集団移転、UR代行

    東日本大震災の被災地で都市再生機構が整備した住宅団地。沿岸部から集団移転した被災者が暮らす=2017年2月、岩手県宮古市田老地区

    撮影: 2017年2月、岩手県宮古市田老地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月04日
    奇跡の一本松 津波に耐えた奇跡の一本松

    岩手県陸前高田市の奇跡の一本松。震災遺構の市立気仙中旧校舎(手前)には津波の爪痕が残り、東日本大震災の被害を伝える=2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月04日
    奇跡の一本松 津波に耐えた奇跡の一本松

    岩手県陸前高田市の奇跡の一本松。震災遺構の市立気仙中旧校舎(手前)には津波の爪痕が残り、東日本大震災の被害を伝える=2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    保管されているカメラ 4市町思い出の品返却終了

    福島県浪江町の施設に並ぶ、津波被災地で見つかったカメラ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    保管されているランドセル 4市町思い出の品返却終了

    福島県浪江町の施設に並ぶ、津波被災地で見つかったランドセル

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    保管されているボール 4市町思い出の品返却終了

    福島県浪江町の施設に並ぶ、津波被災地で見つかったバスケットボール

  • 2021年01月02日
    保管されているアルバム 4市町思い出の品返却終了

    岩手県陸前高田市の「三陸アーカイブ減災センター」に保管されている写真アルバム=2020年12月(画像の一部を加工しています)

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    ランドセルと川口さん 4市町思い出の品返却終了

    津波被災地で見つかったランドセルを手にする川口登さん=2020年12月、福島県浪江町

    撮影: 2020年12月、福島県浪江町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    思い出の品 4市町思い出の品返却終了

    東日本大震災の津波被災地で見つかり、施設で保管されている「思い出の品」。(上段左から)メダル、トロフィー、「甲子園へ」と書かれた野球ボール、(中段左から)アクセサリー、「6年間おつかれ」と書かれたランドセル、カメラ、(下段左から)木彫りの七福神、「祝結婚」と書かれたラグビーボール、ぬいぐるみ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    思い出の品の施設と川口氏 4市町思い出の品返却終了

    津波被災地で見つかったランドセルを手にする川口登さん。施設には写真などの「思い出の品」がずらりと並ぶ=2020年12月、福島県浪江町

    撮影: 2020年12月、福島県浪江町

  • 2020年12月31日
    JR双葉駅周辺 復興「順調」福島は30%

    福島県双葉町のJR双葉駅(中央奥)周辺。駅の奥では居住エリアの整備が進む=2020年12月(小型無人機から)

  • 2020年12月31日
    釜石市両石地区 復興「順調」福島は30%

    災害公営住宅や真新しい民家が立ち並ぶ、岩手県釜石市両石地区=2020年12月(小型無人機から)

    撮影: 2020年12月

  • 2020年12月31日
    釜石市両石地区 復興「順調」福島は30%

    災害公営住宅や真新しい民家が立ち並ぶ、岩手県釜石市両石地区=2020年12月(小型無人機から)

    撮影: 2020年12月

  • 2020年12月31日
    大川原地区 復興「順調」福島は30%

    福島県大熊町の大川原地区。奥は東京電力福島第1原発=2020年2月

    撮影: 2020年2月

  • 2020年12月31日
    大熊町大川原地区 復興「順調」福島は30%

    災害公営住宅が立ち並ぶ福島県大熊町の大川原地区=2020年12月(小型無人機から)

    撮影: 2020年12月

  • 2020年12月31日
    名取市の閖上地区 復興「順調」福島は30%

    災害公営住宅などが立ち並ぶ宮城県名取市の閖上地区=2020年12月

    撮影: 2020年12月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    荷物片付ける岩崎夫妻 再建後回し、ようやく退去

    仮設住宅の荷物を片付ける岩崎政夫さん(右)、明子さん夫妻=16日、岩手県釜石市鵜住居町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    荷物片付ける岩崎夫妻 再建後回し、ようやく退去

    仮設住宅の荷物を片付ける岩崎政夫さん(右)、明子さん夫妻=16日、岩手県釜石市鵜住居町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    岩崎政夫さん 再建後回し、ようやく退去

    仮設住宅の片付けを終えた岩崎政夫さん=16日、岩手県釜石市鵜住居町

    撮影: 16日、岩手県釜石市鵜住居町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    荷物片付ける岩崎政夫さん 再建後回し、ようやく退去

    仮設住宅の荷物を片付ける岩崎政夫さん=16日、岩手県釜石市鵜住居町

    撮影: 16日、岩手県釜石市鵜住居町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    片付け終えた岩崎夫妻 再建後回し、ようやく退去

    仮設住宅の片付けを終えた岩崎政夫さん(右)、明子さん夫妻=16日、岩手県釜石市鵜住居町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    片付けを終えた岩崎夫妻 再建後回し、ようやく退去

    仮設住宅の片付けを終えた岩崎政夫さん(右)、明子さん夫妻=16日、岩手県釜石市鵜住居町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    荷物片付ける岩崎夫妻 再建後回し、ようやく退去

    仮設住宅の荷物を片付ける岩崎政夫さん(中央)、明子さん(右)夫妻=16日、岩手県釜石市鵜住居町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅=24日

    撮影: 24日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。集会所はイルミネーションに彩られていたが、明かりがともる部屋は少なかった=24日

    撮影: 24日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    夕闇が迫る岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。集会所はイルミネーションに彩られていたが、明かりがともる部屋は少なかった=24日

    撮影: 24日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田市の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    夕闇が迫る岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。明かりがともる部屋は少なかった=27日

    撮影: 27日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    岩手・宮城の仮設、解消へ

    東日本大震災の仮設住宅入居戸数

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    岩手・宮城の仮設、解消へ

    東日本大震災の仮設住宅入居戸数

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    岩手・宮城の仮設、解消へ

    東日本大震災の仮設住宅入居戸数

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    岩手・宮城の仮設、解消へ

    東日本大震災の仮設住宅入居戸数

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田市の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    夕闇が迫る岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。集会所はイルミネーションに彩られていたが、明かりがともる部屋は少なかった=27日

    撮影: 27日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    陸前高田市の仮設住宅 岩手・宮城の仮設、解消へ

    岩手県陸前高田市のプレハブ仮設住宅。大半はすでに退去している=27日

    撮影: 27日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月29日
    声を掛けられる上皇さま 原発事故で天皇避難打診

    被災者に声を掛けられる上皇さま=2011年5月、福島県相馬市の市立中村第二小学校

    撮影: 2011年5月、福島県相馬市の市立中村第二小学校

  • 2020年12月29日
    司会の瀬尾さんと桃生さん 「10年目の手記」募集中

    インターネットラジオ「モノノーク」で司会を務める瀬尾夏美さん(手前右)と桃生和成さん(同左)=11月、仙台市

  • 2020年12月28日
    大学練習船、災害仕様に

    国立の大学・高専の練習船

  • 2020年12月28日
    大学練習船、災害仕様に

    国立の大学・高専の練習船

  • 2020年12月25日
    早期復興へ事前準備55%

    国土交通省が示した市街地復興事業の事前準備

  • 2020年12月25日
    早期復興へ事前準備55%

    国土交通省が示した市街地復興事業の事前準備

  • 2020年12月25日
    早期復興へ事前準備55%

    国土交通省が示した市街地復興事業の事前準備

  • 2020年12月25日
    早期復興へ事前準備55%

    国土交通省が示した市街地復興事業の事前準備

  • 2020年12月21日
    陸前高田市の造成地 被災地の宅地造成完了

    かさ上げした宅地の造成を終えた岩手県陸前高田市=21日午後

    撮影: 21日午後

  • 2020年12月21日
    造成を終えた陸前高田市 被災地の宅地造成完了

    かさ上げした宅地の造成を終えた岩手県陸前高田市=21日

    撮影: 21日

  • 2020年12月21日
    被災地の宅地造成完了

    整備された宅地数

  • 2020年12月21日
    被災地の宅地造成完了

    整備された宅地数

  • 2020年12月21日
    被災地の宅地造成完了

    整備された宅地数

  • 2020年12月21日
    被災地の宅地造成完了

    整備された宅地数

  • 2020年12月21日
    岩手県陸前高田市の造成地 被災地の宅地造成完了

    かさ上げされ整備された、岩手県陸前高田市の市街地=8月

    撮影: 8月

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...