KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 歴史
  • 記者
  • 北涼
  • 国宝
  • 創建
  • 位置
  • 全国重点文物保護単位
  • 景観
  • 観光

「東晋」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
101
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
101
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2004年05月12日
    会見する現代副会長 ダイムラーと資本関係解消

    12日、ソウル市内の現代自動車本社で記者会見する金東晋副会長(共同)

    商品コード: 2004051200224

  • 2013年11月18日
    成都の東華門遺跡、唐代の御苑「摩訶池」の調査進む四川省

    東華門遺跡から出土した東晋時代の獣面文瓦当(じゅめんもんがとう)。(資料写真)中国四川省成都市で22日、成都都市考古学研究会が開かれ、市の中心部で近年調査が進む東華門遺跡のこれまでの発掘成果や最新の調査状況が紹介された。遺跡で見つかった「摩訶(まか)池」は隋代(6世紀末~7世紀初め)に建設が始まり、約600年後の宋代に至るまで整備が続けられた。唐代には皇室所有の「皇家園林」とされ、詩人の杜甫(とほ)も訪れた。同遺構は2014年にその一部が見つかった後も断続的な発掘調査が行われており、これまでの調査で歩道や庭園建築、用水路、井戸、小さな池などが見つかり、大量の陶磁器や建築部材が出土している。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2013(平成25)年11月18日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211200

  • 2018年04月08日
    香港の千年古刹-青山禅院を訪ねて

    8日、青山禅院を訪れる観光客。香港三大古刹の一つに数えられる青山禅院は、東晋(317~420年)末期に新界屯門区の青山山麓に建立された。香港のアクションスター、ブルース・リーの映画「燃えよドラゴン」のロケ地としても知られている。静寂に包まれた優雅な境内には多くの文化財や旧跡があり、市民や観光客を引きつけている。(香港=新華社記者/李鵬)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041000678

  • 2018年04月08日
    香港の千年古刹-青山禅院を訪ねて

    8日、青山禅院を訪れる観光客。香港三大古刹の一つに数えられる青山禅院は、東晋(317~420年)末期に新界屯門区の青山山麓に建立された。香港のアクションスター、ブルース・リーの映画「燃えよドラゴン」のロケ地としても知られている。静寂に包まれた優雅な境内には多くの文化財や旧跡があり、市民や観光客を引きつけている。(香港=新華社記者/李鵬)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041000682

  • 2018年04月08日
    香港の千年古刹-青山禅院を訪ねて

    8日、緑に囲まれた静かな青山禅院の正門。香港三大古刹の一つに数えられる青山禅院は、東晋(317~420年)末期に新界屯門区の青山山麓に建立された。香港のアクションスター、ブルース・リーの映画「燃えよドラゴン」のロケ地としても知られている。静寂に包まれた優雅な境内には多くの文化財や旧跡があり、市民や観光客を引きつけている。(香港=新華社記者/李鵬)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041000656

  • 2018年04月08日
    香港の千年古刹-青山禅院を訪ねて

    8日、青山禅院を訪れる観光客。香港三大古刹の一つに数えられる青山禅院は、東晋(317~420年)末期に新界屯門区の青山山麓に建立された。香港のアクションスター、ブルース・リーの映画「燃えよドラゴン」のロケ地としても知られている。静寂に包まれた優雅な境内には多くの文化財や旧跡があり、市民や観光客を引きつけている。(香港=新華社記者/李鵬)=2018(平成30)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018041000680

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、東晋の書家王羲之(おう・ぎし)の代表的な3通の手紙(平安帖、何如帖、奉橘帖)から成る作品「平安何如奉橘三帖」(へいあん・かじょ・ほうきつさんじょう)を紹介する担当者。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919277

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、台北にある故宮博物院に展示された「宋仁宗皇后像」(そうじんそうこうごうぞう)。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918851

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、元代に活躍した文人、趙孟頫(ちょう・もうふ)の「鵲華秋色図」(じゃくかしゅうしょくず)を紹介する企画者。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919661

  • 2018年10月03日
    「国宝を再び-書画の精華特別展」台北故宮博物院で開催

    3日、南宋(1127~1279年)の画家、夏珪(か・けい)による「渓山清遠図」(けいざんせいえんず)を鑑賞する記者。中国台湾地区台北市にある故宮博物院で4日、「国宝を再び-書画の精華特別展」が始まった。特別展では高い歴史的、文化的、芸術的価値を兼ね備えた東晋(317~420年)から元代(1271~1368年)の国宝級書画26点が展示されている。(台北=新華社記者/金良快)=2018(平成30)年10月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918687

  • 2018年10月14日
    「石窟の元祖」天梯山石窟甘粛省武威市

    14日、天梯山石窟の大仏窟。中国甘粛省武威市中心部の南にある天梯山石窟(てんていさんせっくつ)は東晋十六国時代(317年~420年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。同石窟は中国で最も早い時期に開削された石窟の一つで、中国仏教史において重要な位置を占めており、「石窟の元祖」と称される。(武威=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606906

  • 2018年10月14日
    「石窟の元祖」天梯山石窟甘粛省武威市

    14日、天梯山石窟の全景。(小型無人機から)中国甘粛省武威市中心部の南にある天梯山石窟(てんていさんせっくつ)は東晋十六国時代(317年~420年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。同石窟は中国で最も早い時期に開削された石窟の一つで、中国仏教史において重要な位置を占めており、「石窟の元祖」と称される。(武威=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606901

  • 2018年10月14日
    「石窟の元祖」天梯山石窟甘粛省武威市

    14日、天梯山石窟の大仏窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市中心部の南にある天梯山石窟(てんていさんせっくつ)は東晋十六国時代(317年~420年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。同石窟は中国で最も早い時期に開削された石窟の一つで、中国仏教史において重要な位置を占めており、「石窟の元祖」と称される。(武威=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606684

  • 2018年10月14日
    「石窟の元祖」天梯山石窟甘粛省武威市

    14日、天梯山石窟の大仏窟。中国甘粛省武威市中心部の南にある天梯山石窟(てんていさんせっくつ)は東晋十六国時代(317年~420年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。同石窟は中国で最も早い時期に開削された石窟の一つで、中国仏教史において重要な位置を占めており、「石窟の元祖」と称される。(武威=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606908

  • 2018年10月14日
    「石窟の元祖」天梯山石窟甘粛省武威市

    14日、天梯山石窟の大仏窟。中国甘粛省武威市中心部の南にある天梯山石窟(てんていさんせっくつ)は東晋十六国時代(317年~420年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。同石窟は中国で最も早い時期に開削された石窟の一つで、中国仏教史において重要な位置を占めており、「石窟の元祖」と称される。(武威=新華社記者/範培珅)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101606741

  • 2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、東晋の女性の装飾品を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122702937

  • 2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、山西省大同市石家寨(せっかさい)村の北魏司馬金龍夫妻の合葬墓から出土した列女古賢漆絵屏風を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703576

  • 2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、江蘇省丹陽市の斉(南朝)帝陵から出土した、木の下の賢士を題材とする画像磚(がぞうせん)とその拓本を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122703318

  • 2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、江蘇省南京市の南朝墓から出土した陶牛車などの文化財を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122702872

  • 2018年12月21日
    「琅琊王-東晋から北魏まで」展、南京博物院で開幕

    21日、山西省大同市の北魏墓から出土した彩絵伎楽陶俑(手前)などの文化財を見学する来場者。「琅琊王(ろうやおう)-東晋から北魏まで」展が21日、中国江蘇省の南京博物院で開幕した。今回の展覧では、同省で出土した東晋(317〜420年)などの時代の文化財と山西省で出土した北魏平城時代(398〜494年)の文化財、計123件(セット)が展示されている。文化財の比較展示を通して、晋(266〜420年)と南北朝時代(420〜589年)の南北の異なる民族文化の交流と融合を紹介する。(南京=新華社記者/孫参)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122702830

  • 2019年11月13日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    13日夜、桃花源風景名勝区で実際の風景を背景に演じられた「桃花源記」の上演現場。中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902833

  • 2019年11月13日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    13日夜、桃花源風景名勝区で、実際の風景を背景にした「桃花源記」の舞台を舟の上から鑑賞する観光客。中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902830

  • 2019年11月13日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    13日夜、桃花源風景名勝区で、実際の風景を背景にした「桃花源記」の舞台を舟の上から鑑賞する観光客。中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902832

  • 2019年11月14日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    14日、湖南省常徳市桃源県の桃花源風景名勝区の「桃源工」芸術博物館で、岩柳の根を用いた彫刻作品「桃花源」を鑑賞する観光客。中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902834

  • 2019年11月14日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    14日、湖南省常徳市桃源県の桃花源風景名勝区。中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902753

  • 2019年11月14日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    14日、湖南省常徳市桃源県の桃花源風景名勝区にある、水面に二つの太陽が映り、同時に三つの太陽が見えることで人気の観光スポット。(小型無人機から)中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902840

  • 2019年11月14日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    14日、湖南省常徳市桃源県の桃花源風景名勝区に新たに開発された桃花源古鎮(左)。(小型無人機から)中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902722

  • 2019年11月14日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    14日、湖南省常徳市桃源県の桃花源風景名勝区。中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902842

  • 2019年11月14日
    中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県

    14日、湖南省常徳市桃源県の桃花源風景名勝区にある桃源工芸術博物館。中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902755

  • 2019年12月22日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    22日、墓葬から出土した文物。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社配信)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901726

  • 2019年12月26日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    26日、「大興四年」という文字が刻まれた墓磚(レンガ)。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901741

  • 2019年12月26日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    26日、mb考古調査作業員が出土した文物についた汚れを落としている。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901807

  • 2019年12月26日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    26日、墓葬から出土した銅鏡。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901862

  • 2019年12月26日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    26日、横枝崗の発掘現場。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901813

  • 01:42.92
    2019年12月26日
    「新華社」広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。考古プロジェクトの責任者、同研究院の易西兵(い・せいへい)副院長は、今回の探査で発見された古墓葬は、漢代と東晋南朝時代の墓に集中的に分布しており、数も多く、規模も大きいことから、広州の歴史地理学的変遷を研究するための豊富な考古資料になっていると説明した。漢代の墓はいずれも竪穴式の木槨墓(もっかくぼ、棺のまわりを木材で取り囲んで造った墓室を持つ墓)で、前漢後期から後漢にかけて造られ、保存状態も比較的良好だった。副葬品の多くは陶器だったが、銅剣や銅鏡、銅銭なども納められていた。また260個の水晶、瑪瑙(めのう)、琥珀(こはく)などでできた球形、菅形のビーズで作られた副葬品の装身具も見つかった。易氏は「現時点で、これらの材料の多くは域外のもので、海のシルクロードを通って広州に渡って来たものだと考えられる」との見方を示している。考古調査作業員らは、1950年代から横枝崗一帯で行われる建設プロジェクトに合わせて緊急発掘調査と発掘作業を複数回実施、前・後漢時代から明・清代にかけての墓葬千基近くを整理しており、同地からは大量の文物が出土している。(記者/鄧瑞璇)<映像内容>広州市横枝崗の発掘調査の様子、撮影日:2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005923

  • 2019年12月26日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    26日、発掘作業が行われている東晋時代のレンガ造りの墓葬。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901732

  • 2019年12月26日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    26日、出土した副葬品の装身具。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901736

  • 2019年12月26日
    広州市で漢代から清代にかけての墓57基が出土

    26日、墓葬から出土した文物の一部。中国広東省の広州市文物考古研究院は26日、同市内の横枝崗で発掘調査を行ったところ、漢代から清代にかけての墓葬57基と文化財500点(組)が出土したと明らかにした。同研究院は今年7月から12月にかけて、市内の麓湖公園南入り口を含む交通結節点の景観向上プロジェクトの建設に合わせ、プロジェクトの範囲内で考古学調査と探査を実施、見つかった古墓葬の緊急発掘調査を行った。目下、墓葬57基の整理作業が終わっており、そのうち11基が漢代、13基が東晋南朝時代、2基が唐代、1基が宋代、5基が明代、25基が清代のものだった。また、古墓葬から陶器や青銅器、鉄器、装身具などの文物500点(組)近くが出土した。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901781

  • 2020年01月11日
    冬の天梯山石窟甘粛省武威市

    11日、天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市に位置する天梯山は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、岩壁に中国の初期石窟芸術の傑作とされる天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(304年~439年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/馬寧)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012321078

  • 2020年01月11日
    冬の天梯山石窟甘粛省武威市

    11日、天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市に位置する天梯山は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、岩壁に中国の初期石窟芸術の傑作とされる天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(304年~439年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/馬寧)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322274

  • 2020年01月11日
    冬の天梯山石窟甘粛省武威市

    11日、天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市に位置する天梯山は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、岩壁に中国の初期石窟芸術の傑作とされる天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(304年~439年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/馬寧)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322487

  • 2020年01月11日
    冬の天梯山石窟甘粛省武威市

    11日、天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市に位置する天梯山は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、岩壁に中国の初期石窟芸術の傑作とされる天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(304年~439年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/馬寧)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322482

  • 2020年01月11日
    冬の天梯山石窟甘粛省武威市

    11日、天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市に位置する天梯山は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、岩壁に中国の初期石窟芸術の傑作とされる天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(304年~439年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/馬寧)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322498

  • 2020年01月11日
    冬の天梯山石窟甘粛省武威市

    11日、天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市に位置する天梯山は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、岩壁に中国の初期石窟芸術の傑作とされる天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(304年~439年)の北涼に造営が開始され、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/馬寧)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322475

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺が所蔵する費隠通容(ひいんつうよう)禅師が残した書画作品。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511636

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺にある古香禅院の心越印室。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511634

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺が所蔵する書画作品「隠元隆琦(いんげんりゅうき)自題画像」。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511697

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺にある迦陵講院の主殿、梵籟堂。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511618

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺の迦陵講院にある文景閣。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511645

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺が所蔵する書画作品「高木禅師自影」と「木庵性瑫(もくあんしょうとう)達摩像」。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511663

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    杭州永福寺が所蔵する隠元隆琦(いんげんりゅうき)禅師が残した書画作品。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511680

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺が所蔵する書画作品「木庵性瑫(もくあんしょうとう)観音像」。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511719

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺の雨花亭。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511734

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺の七仏塔。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511579

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺にある金剛殿の一角。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511616

  • 2020年10月07日
    1600年の歴史持つ人気スポット杭州永福寺を訪ねて

    永福寺が所蔵する書画作品「木庵性瑫(もくあんしょうとう)達摩渡江図」。(10月7日撮影)中国浙江省杭州市の永福寺は、霊隠寺から西へ約500メートルのところにある石筍峰の麓に位置し、東晋時代に慧理(えり)禅師が開山してから今まで、1600年余りの歴史を持つ。清の康熙10(1671)年に同寺に移り住んだ東皐心越(とうこうしんえつ)禅師は、5年後に招かれて日本に渡り、曹洞宗寿昌派の祖となった。また、古琴や書画、篆刻を伝え、日本で輝かしい栄誉を受けた。これまで幾度となく栄枯盛衰を繰り返してきた同寺は、2005年に再建されたもので、再建後の敷地面積は300ムー(20ヘクタール)余り。寺全体が普円浄院、迦陵講院、資岩慧院、古香禅院、福泉茶院など五つのエリアに分かれている。同寺は「中国で最も美しい寺院」と呼ばれ、インターネットで話題の人気スポットになっており、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット(LonelyPlanet)」にも同市の訪れる価値のある観光地として紹介されている。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511703

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112600886

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601000

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601037

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601283

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601427

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601222

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601432

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601596

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601010

  • 2020年11月19日
    仏教芸術の宝庫、天梯山石窟をゆく甘粛省

    19日、甘粛省武威市にある天梯山石窟の第13号窟。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)は、同省北西部にそびえる祁連山(きれんざん)の東に出た支脈であり、「登頂が天梯(天まで届くはしご)に登るように難しい」ことから、その名が付けられた。岩壁には全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の一つ、天梯山石窟がある。同石窟は東晋十六国時代(397~439年)の北涼に造営が始まり、約1600年の歴史を持つ。(武威=新華社記者/杜哲宇)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112601269

  • 2021年01月15日
    (4)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の大雄宝殿。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504656

  • 2021年01月15日
    (7)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の観音閣と鎮江市の市の花・ロウバイ(臘梅)。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504660

  • 2021年01月15日
    (1)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の蔵経閣と慈寿塔。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504647

  • 2021年01月15日
    (2)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の慈寿塔。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504648

  • 2021年01月15日
    (3)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の慈寿塔。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504650

  • 2021年01月15日
    (5)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の大雄宝殿。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504655

  • 2021年01月15日
    (8)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の江天一覧亭。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504661

  • 2021年01月15日
    (9)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の牌坊(はいぼう)と天王殿(奥)。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504668

  • 2021年01月15日
    (11)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の妙高台。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504670

  • 2021年01月15日
    (6)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の大雄宝殿と慈寿塔。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504657

  • 2021年01月15日
    (10)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の留玉閣。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504669

  • 2021年01月15日
    (12)鎮江市の金山寺を訪ねて江蘇省

    8日、金山寺の七峰亭。中国江蘇省鎮江市の金山と焦山、北固山はともに長江沿岸にあり、鎮江三山と呼ばれる。中でも金山は、金山寺があることで広く知られている。同寺は江天禅寺ともいい、東晋時代の創建から1600年以上の歴史を持つ。沢心寺、竜遊寺とも呼ばれ、清代には康熙帝が「江天禅寺」と揮毫(きごう)したが、民間では唐代以降、金山寺の名で親しまれている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011504671

  • 2021年01月28日
    (8)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    東晋の徳清窯の黒釉鶏首壺。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802526

  • 2021年05月15日
    (5)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    修復前の霊岩寺の迦留陀夷(かるだい、釈迦の弟子の一人)尊者像(宋代)。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508675

  • 2021年05月15日
    (7)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    霊岩寺の羅漢像の表面をきれいにする関係者。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508676

  • 2021年05月15日
    (2)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    修復後の霊岩寺の精進比丘鬼逼(しょうじんびくきひつ)禅師像(明代)。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508667

  • 2021年05月15日
    (1)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    修復前の霊岩寺の精進比丘鬼逼(しょうじんびくきひつ)禅師像(明代)。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508668

  • 2021年05月15日
    (9)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の羅漢像。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508680

  • 2021年05月15日
    (12)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    羅漢像の表面のひび割れを補修する保護・修復事業のスタッフ。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508690

  • 2021年05月15日
    (4)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    修復後の霊岩寺の定鼎玉林琇(ていていぎょくりんしゅう)国師羅漢像(明代)。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508678

  • 2021年05月15日
    (8)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の迦留陀夷(かるだい、釈迦の弟子の一人)尊者像(宋代)。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社記者/張力元)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508679

  • 2021年05月15日
    (3)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    修復前の霊岩寺の定鼎玉林琇(ていていぎょくりんしゅう)国師羅漢像(明代)。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508681

  • 2021年05月15日
    (6)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    修復後の霊岩寺の迦留陀夷(かるだい、釈迦の弟子の一人)尊者像(宋代)。(資料写真)中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508674

  • 2021年05月15日
    (11)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の羅漢像。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社記者/張力元)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508687

  • 2021年05月15日
    (10)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の羅漢像。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508689

  • 2021年05月18日
    (7)千年の窯跡にみる唐代の優美な暮らし四川省成都市

    8日、成都隋唐窯址博物館に展示された西晋~東晋時代の青釉磁の虎子(こし、しびん)(青羊宮窯)。中国四川省の成都隋唐窯址博物館がこのほど、全面リニューアルを経て再び一般公開された。千年の歴史を持つ窯跡が、唐代の成都に暮らした人々の洗練された生活を垣間見せてくれる。1954年に同地で初めて発見された古窯跡は、道教寺院「青羊宮」の近くにあったことから青羊宮窯と呼ばれ、また窯が使われた年代が隋~唐代に集中していたため、「隋唐窯跡」とも呼ばれる。同博物館が収蔵する器物は、陶器、磁器、窯道具、建築部材、陶俑、動物模型を中心に、貨幣、動物の骨、銅器や石器など約2千点。日常的に使われた器類や文房具が大半を占め、新石器時代から明代までに成都平原で行われた陶磁器生産の歴史を示している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051811312

  • 2021年09月01日
    (4)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、修復を終えた天梯山石窟第13号窟(部分)。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206142

  • 2021年09月01日
    (3)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206120

  • 2021年09月01日
    (6)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、修復を終えた天梯山石窟第13号窟を見学する観光客。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206147

  • 2021年09月01日
    (2)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、修復を終えた天梯山石窟第13号窟を見学する観光客。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206158

  • 2021年09月01日
    (5)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、天梯山石窟の全景。(小型無人機から)中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206144

  • 2021年09月01日
    (1)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、天梯山石窟の第13号窟。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206145

  • 2021年09月01日
    (7)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、修復を終えた天梯山石窟第13号窟の大仏足部。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206149

  • 2021年09月01日
    (8)天梯山石窟、修復作業終わる甘粛省武威市

    8月20日、修復を終えた天梯山石窟第13号窟(部分)。中国甘粛省武威市にある天梯山(てんていさん)石窟の第13号窟がこのほど、1年以上にわたる緊急修復作業を終えた。今回の修復は敦煌研究院などが実施した。雨水に浸食され崩れた大仏足部と両側壁面の損傷のひどい箇所を主に補修し、第13号窟大仏の全体性と美観性を回復させた。天梯山は、甘粛省と青海省の省境に連なる祁連(きれん)山脈の東側の支脈で、石窟の開削は東晋十六国の北涼時代(397~439年)にさかのぼる。約1600年の歴史を持ち、中国の初期石窟芸術の傑作とされる。(武威=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206131

  • 1
  • 2