KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日露戦争
  • 帝国海軍
  • メアリーエバンス
  • 東郷元帥
  • シャン族
  • 中国甘粛省
  • 国内唯一
  • 堅塁攻略
  • 変化甘粛省
  • 海軍大将

「東郷平八郎」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
139
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
139
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月22日
    植樹する島津会長ら 東郷ゆかりのイチョウ植樹

    東郷平八郎元帥ゆかりのイチョウを植樹する鹿児島日英協会の島津公保会長(中央)ら=22日午前、鹿児島市

  • 2020年04月22日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、4月22日撮影)下:那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、2019年3月6日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、4月22日撮影)下:那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、2019年3月6日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、4月22日撮影)下:那勒寺鎮の移住・転居による貧困救済事業の後続産業育成プロジェクトの建設現場。(小型無人機から、2019年3月6日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、完成し開業した拱北湾幼児教育センター。(4月21日撮影)下:建設中の拱北湾幼児教育センター。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(小型無人機から、4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(小型無人機から、2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の完成し開校した拱北湾豪客来希望小学校。(4月21日撮影)下:同自治県竜泉鎮拱北湾小学校の臨時校舎。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、完成し開校した拱北湾豪客来希望小学校。(4月21日撮影)下:建設中の拱北湾豪客来希望小学校。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県竜泉鎮の、すでに住民が入居している拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用住宅。(4月21日撮影)下:拱北湾村移住・転居による貧困救済事業で建設中の移転者用住宅。(2019年3月5日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月20日
    貧困脱却堅塁攻略がもたらした1年の変化甘粛省トンシャン族自治県

    上:甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県達板鎮の移住・転居による貧困救済事業で建設された移転者用集合住宅。(4月20日撮影)下:達板鎮で建設中の移住・転居による貧困救済事業の移転者用集合住宅。(2019年3月4日撮影)中国甘粛省臨夏回族自治州トンシャン族自治県は国内唯一のトンシャン族を主体とする県。同県では多年にわたる努力により、貧困人口は2013年末の10万9200人から2019年末には1万2800人に減少し、貧困発生率は38・7%から4・3%に低下した。このうち、2019年には3万6500人が貧困から脱却している。(組み合わせ写真、東郷=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月17日
    防衛した渡辺明棋王 渡辺棋王が8連覇

    第45期棋王戦五番勝負の第4局で本田奎五段(手前)を破りタイトルを防衛した渡辺明棋王=17日午後、東京都渋谷区の東郷神社

  • 2020年03月17日
    防衛した渡辺明棋王 渡辺棋王が8連覇

    第45期棋王戦五番勝負の第4局で本田奎五段(右)を破りタイトルを防衛した渡辺明棋王=17日午後、東京都渋谷区の東郷神社

  • 2020年03月05日
    小学生が料亭で昼食 京都の料亭開放、自習室に

    料亭「神泉苑平八」で昼食を食べる小学生ら=5日午後、京都市

    撮影: 5日午後、京都市

  • 2020年03月05日
    自習室として開放の料亭 京都の料亭開放、自習室に

    客間を自習室として小学生らに開放した料亭「神泉苑平八」=5日午後、京都市

    撮影: 5日午後、京都市

  • 2020年03月05日
    料亭で昼食の小学生 京都の料亭開放、自習室に

    料亭「神泉苑平八」で昼食を食べる小学生=5日午後、京都市

    撮影: 5日午後、京都市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月24日
    帰郷したイチョウの苗木 ゆかりのイチョウ「帰郷」

    英国から「帰郷」した、東郷平八郎元帥ゆかりのイチョウの苗木=24日午後、広島市植物公園

    撮影: 24日午後、広島市植物公園

  • 2019年12月24日
    ゆかりのイチョウ「帰郷」
  • 2019年12月24日
    ゆかりのイチョウ「帰郷」
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月24日
    イチョウの苗木が帰郷 ゆかりのイチョウ「帰郷」

    英国から「帰郷」した、東郷平八郎元帥ゆかりのイチョウの苗木=24日午後、広島市植物公園

    撮影: 24日午後、広島市植物公園

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月21日
    東郷平八郎元帥 東郷元帥ゆかりのイチョウ

    旧日本海軍の東郷平八郎元帥

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月06日
    近代の自立の道を求めて

    日露戦争で活躍した戦艦三笠を展示する三笠公園。東郷平八郎の銅像も=神奈川県横須賀市

    撮影: 神奈川県横須賀市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年05月08日
    時空超え平和を体感

    日露戦争で活躍した戦艦三笠を展示する三笠公園。東郷平八郎の銅像も=神奈川県横須賀市

    撮影: 神奈川県横須賀市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.34
    2016年05月16日
    空撮 横須賀の老舗料亭で火災 東郷平八郎ゆかり品を所有

    16日午後5時10分ごろ、神奈川県横須賀市米が浜通2丁目の料亭「小松」の建物から火が出ていると、通行人の男性が119番した。市消防局によると、女性1人が煙を吸って病院に運ばれた。けがの程度は不明。 横須賀市や市史によると、1885年創業で、多くの海軍軍人が利用。東郷平八郎や山本五十六らの書や遺品を所有していた。〈映像内容〉煙を上げる火災現場や消防の放水作業などを共同通信ヘリから撮影した映像。

  • 2015年07月29日
    Heichahiro, Marquis Togo

    Heichahiro, Marquis Togo (1846 - 1934) Japanese admiral 、クレジット:Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

  • 2014年05月13日
    日本海海戦紀念碑 東郷神社(福津市)

    東郷平八郎自身の書が刻まれた「日本海海戦紀念碑」は玄界灘を見下ろす丘に立つ=2014年頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2014年頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

  • 2012年01月24日
    公開された作品 邦人写真家の作品発見

    松江歴史館で報道陣に公開された、写真家・堀市郎の作品。手前は東郷平八郎、その右は野口英世の妻メリー=24日午後、松江市

    撮影: 24日午後、松江市

  • 2011年12月17日
    東郷元帥の特別展

    神奈川県横須賀市に保存されている記念艦「三笠」で開かれている「元帥東郷平八郎」特別展

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年04月14日
    ゲオルギ・アブラーモフ氏

    東郷平八郎元帥の子孫らと初めて交流したロシアの日本海海戦遺族会会長、ゲオルギ・アブラーモフさん

  • 2004年03月16日

    「カラー」【】 ◎保坂宗子(ほさか・むねこ)、東郷平八郎元帥のひ孫、2004年2月20日撮影、顔

  • 2004年03月02日
    保坂宗子さん

    ロシアの日露戦争遺族会と初めて交流する東郷平八郎元帥のひ孫、保坂宗子(ほさか・むねこ)さん

  • 2004年02月07日
    コルバコフさんと作品 日露戦争の連作に挑む

    従軍画家ベレシチャーギンを描いた大作の前に立つコルバコフさん。左手前は制作中の東郷平八郎・連合艦隊司令長官の肖像画(共同)

  • 2002年08月12日
    東副社長と庄司専務 日ハム幹部の聴取開始

    日本ハムの東平八郎副社長、庄司元昭専務

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年08月09日
    頭を下げる大社社長ら 中四国でも牛肉偽装

    記者会見で頭を下げる(左から)庄司元昭日本フード取締役(日本ハム専務)、大社啓二日本ハム社長、東平八郎日本フード社長(日本ハム副社長)=9日午後、東京・大手町

  • 2002年08月09日
    会見終えた副社長と専務 本社専務が証拠隠滅

    記者会見を終えた日本ハムの東平八郎副社長(左)と庄司元昭専務=9日夜、東京・大手町

  • 2002年08月09日
    東平八郎氏 本社専務が証拠隠滅

    日本ハムの東平八郎副社長(日本フード社長)

  • 2002年08月09日
    記者会見する大社社長ら 中四国でも牛肉偽装

    牛肉偽装問題で記者会見する日本ハムの(左から)庄司元昭専務、大社啓二社長、東平八郎副社長=9日午後、東京・大手町

  • 1993年01月06日
    東郷平八郎

    (明治38年10月22日・海軍幹部)連合艦隊司令長官

  • 1989年12月31日
    建設工事中の八幡製鐵所を見に来た東郷元帥(写真前列中央)

    建設工事中の八幡製鐵所を見に来た東郷元帥(写真前列中央)=1989(明治32)年、福岡県鞍手郡八幡町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

  • 1989年11月17日
    人形峠の放射線量は異常

    異常な放射線量を記録した東郷鉱山・神倉地区。ウラン残土たい積場の植生が変わりカヤだらけ

  • 1989年06月13日
    サラリーマン新党の木本平八郎氏 宇野首相、女性問題で釈明

    参院予算委で質問するサラリーマン新党の木本平八郎氏=1989(平成元)年6月13日

    撮影: 1989

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1942年05月26日
    第1773号 「同盟写真特報」

    皇国の興廃在此一戦、今こそ我が胸にZ旗を掲げる秋なのだ、写真は日本海々戦を偲ぶ記録写真の数々(1)ネボガトフ司令官以下、帝国海軍に降伏の歴史的瞬間、左から朝日、浅間、富士、敷島、三笠、厳島、アブラクシン、ニコライ一世、出雲水雷艇、セニャーウヰン、アリヨール、常磐、八雲、磐手(2)晩年の東郷平八郎元帥(3)元帥の書(4)時の連合艦隊旗艦三笠(5)勇躍、出動を開始する連合艦隊(6)明治38年4月8日シンガポール沖を通過するロシア太平洋第二艦隊(7)全国民を狂喜せしめた敵艦隊撃滅の号外、昭和17年5月26日(火曜日)第1773号

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の葬儀 東京・麹町区三番町の東郷元帥の自邸=1934(昭和9)年6月5日(ネガの日付 撮影日不確定)

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 東郷元帥の遺族=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 日比谷公園の葬場から多摩墓地へ向かう葬列=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 多摩墓地へ向かう霊車=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 日比谷公園の葬場に入る葬列=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 日比谷公園の葬場に入る霊車=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 日比谷公園に入る葬列=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 葬列を見送る市民(桜田門付近)=1934(昭和9)年6月5日

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 半蔵門付近を行く葬列=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 半蔵門付近を行く霊車=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 半蔵門付近を行く葬列=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 日比谷公園の斎場へ向かう霊車と整列する兵士(桜田門付近)=1934(昭和9)年6月5日

  • 1934年06月05日
    旧帝国海軍

    東郷平八郎元帥の国葬 靖国神社付近を行く東郷元帥の葬列=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1934年06月05日
    日比谷斎場に向かう葬列 東郷平八郎元帥国葬

    日比谷公園斎場に向かう東郷平八郎元帥の葬列。ひと目見ようと沿道には多くの人々が詰めかけた=1934(昭和9)年6月5日

    撮影: 1934

  • 1934年06月05日

    昭和 107 ◎東郷平八郎元帥の国葬、昭和9年6月5日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1934年06月05日
    日比谷斎場に到着の葬列 東郷平八郎元帥国葬

    霊車とした海軍陸戦隊の砲車に置かれ、両側を陸海軍の大将らに守られて、国葬場となった日比谷公園斎場に到着した東郷平八郎元帥の棺(中央)=1934(昭和9)年6月5日、東京・日比谷

  • 1934年06月05日

    昭和 108 ◎東郷平八郎元帥の国葬、昭和9年6月5日

  • 1934年05月30日
    Heiachiro Togo (1847-1934) Japanese naval commander.

    Heiachiro Togo (1847-1934) Japanese naval commander. Commander-in-Chief during Russo-Japanese War 1904-1905.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

  • 1934年05月30日
    Heihachiro Togo (1847-1934) Japanese naval commander.

    Heihachiro Togo (1847-1934) Japanese naval commander. Commander-in-Chief of Japanese Navy during Russo-Japanese War 1904-1905.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

  • 1933年09月17日
    日本電報通信社資料

    黄海海戦記念日に当る17日、東郷平八郎元帥(右)謝恩会の太平安民氏他は、麹町の元帥を訪問。祝言を述べ、元帥もまた温厚な笑みをたたえ激励、元帥を中心に記念撮影をなして、一行は感激しつつ辞去した=1933(昭和8)年9月17日(日本電報通信社撮影)

  • 1933年05月27日
    日本電報通信社資料

    第28回海軍記念日で奉迎の海軍星将。右から東郷平八郎元帥、財部彪大将、加藤寛治大将、安保清種大将、谷口尚真大将、有馬良吉大将、その他=1933(昭和8)年5月27日、芝公園の水交社(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1933

  • 1933年01月02日
    日本電報通信社資料

    東郷平八郎元帥を訪問し、祝詞朗読する少年東郷会の代表=1933(昭和8)年1月2日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1933

  • 1932年11月04日
    日本電報通信社資料

    海軍将官会議に出席の各将星を昼食会に招待した斎藤実首相(前列中央)。前列右から谷口尚真大将、安保清種大将、斎藤実首相、東郷平八郎元帥、加藤寛治大将らと閣僚=1932(昭和7)年11月4日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

  • 1932年07月19日
    日本電報通信社資料

    東郷平八郎元帥(右)を訪れ訓示を聞く海国健児幼年航空兵150人=1932(昭和7)年7月19日(日本電報通信社撮影)

  • 1932年06月08日
    日本電報通信社資料

    海軍軍令部次長室に掲げられた東郷平八郎元帥直筆の書=1932(昭和7)年6月8日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1932

  • 1932年05月29日

    DN2947 ◎海軍省の倉庫で発見された1879(明治12)年に撮影された東郷平八郎元帥30代のころの写真とサイン=1932(昭和7)年5月29日(日本電報通信社撮影)

  • 1932年05月27日
    日本電報通信社資料

    海軍記念日。東郷平八郎元帥(奥中央左)に感謝の意を表する市内小学校代表生=1932(昭和7)年5月27日、東郷元帥私邸(日本電報通信社撮影)

  • 1932年05月27日
    日本電報通信社資料

    海軍記念日。連合婦人会員たちが東郷平八郎元帥(中央左)に御礼=1932(昭和7)年5月27日、東郷元帥私邸(日本電報通信社撮影)

  • 1932年05月27日

    DD2941 ◎日本海海戦をしのぶ第27回海軍記念日に、東郷平八郎元帥(左中央)に感謝の意を表し、万歳三唱する東郷少年団員=1932(昭和7)年5月27日、東郷元帥私邸(日本電報通信社撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年05月21日

    DA2911 ◎五・一五事件。西園寺公望公訪問を終え退出する東郷平八郎元帥=1932(昭和7)年5月21日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1932

  • 1932年03月24日
    日本電報通信社資料

    第2艦隊司令長官の末次信正以下偉勲の凱旋将軍を出迎える海軍の(左から)東郷平八郎元帥、大角岑生海相ら陸海軍将軍=1932(昭和7)年3月24日(日本電報通信社撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年02月29日
    日本電報通信社資料

    満州事変と上海事変の戦死者を慰霊する日本一の石塔婆を建立することになり、東郷平八郎元帥の書を石面に張る小笠原長生子爵(左)。右は大圓寺の服部太元住職。塔婆は36センチ角で高さ6・3メートル。4月10日に建立式が行われる=1932(昭和7)年2月29日、東京・本郷の大圓寺(日本電報通信社撮影)

  • 1932年02月10日
    日本電報通信社資料

    陸海軍軍事参議官会議に出席の東郷平八郎元帥=1932(昭和7)年2月10日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1932

  • 1932年01月05日
    日本電報通信社資料

    宮中の新年宴会に参内する東郷平八郎元帥=1932(昭和7)年1月5日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1932

  • 1932年01月04日
    日本電報通信社資料

    明治天皇が軍人勅諭を下賜して50周年を記念し、「勅諭の大御心」と題して初めてラジオを通じて講演する東郷平八郎元帥=1932(昭和7)年1月4日、東京都麹町く下六番町の私邸(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1932

  • 1932年01月04日
    日本電報通信社資料

    父君東郷平八郎元帥の記念放送を聞く長男の東郷彪夫妻一家=1932(昭和7)年1月4日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1932

  • 1931年09月29日
    日本電報通信社資料

    満州事変について開かれた陸海軍首脳部会議を終えて退出する東郷平八郎元帥(左)と、見送る(右から)南次郎陸相、金谷範三参謀総長ら=1931(昭和6)年9月29日、東京・永田町の陸相官邸(日本電報通信社撮影)

  • 1931年06月27日
    日本電報通信社資料

    東郷平八郎元帥(左)を訪問した日本一健康児の峰村一雄君(右手前)と江連ミツ子さん(右手前から3人目)=1931(昭和6)年6月27日東京都麹町区上六番町の東郷邸(日本電報通信社撮影)

  • 1931年06月27日
    日本電報通信社資料

    東郷平八郎元帥(中央)を訪問した日本一健康児の峰村一雄君(神奈川県)と江連ミツ子さん(栃木県)=1931(昭和6)年6月27日東京都麹町区上六番町の東郷邸(日本電報通信社撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1931年05月27日
    日本電報通信社資料

    第26回海軍記念日祝賀会場の水交社で、天皇陛下の行啓を待つ海軍の重鎮ら。右から永野修身中将、安保清種海相(水交社社長)、山本権兵衛元首相、東郷平八郎元帥、倉富勇三郎枢密院議長ら=1931(昭和6)年5月27日、東京・芝公園(日本電報通信社撮影)

  • 1931年05月27日
    日本電報通信社資料

    海軍記念日に東郷平八郎元帥(後方中央)を訪問する少年団=1931(昭和6)年5月27日、麹町上六番町の東郷元帥自邸(日本電報通信社撮影)

  • 1931年05月27日
    日本電報通信社資料

    海軍記念日に東郷平八郎元帥(後方中央)を訪問する少年団=1931(昭和6)年5月27日、麹町上六番町の東郷元帥自邸(日本電報通信社撮影)

  • 1931年05月17日
    日本電報通信社資料

    史跡・桜井の駅に建てられた楠公父子訣別600年記念碑の除幕式。明治天皇の御製「子わかれの松のしつくに袖ぬれて昔をしのぶさくらゐのさと」が東郷平八郎元帥の揮毫で彫られている=1931(昭和6)年5月17日、現大阪府三島郡島本町桜井(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1931

  • 1931年05月15日
    日本電報通信社資料

    楠公父子訣別600年を記念して史跡・桜井の駅に完成した石碑。明治天皇の御製「子わかれの松のしつくに袖ぬれて昔をしのぶさくらゐのさと」を東郷平八郎海軍大将が揮毫し、碑に彫られている。17日に除幕式を迎える=1931(昭和6)年5月15日、現大阪府三島郡島本町桜井(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1931

  • 1931年01月01日
    日本電報通信社資料

    東郷平八郎元帥(右の和服姿)に新年のあいさつをする全国海洋少年団代表たち=1931(昭和6)年1月1日、元帥の自邸(日本電報通信社撮影)

  • 1930年10月20日
    日本電報通信社資料

    東郷平八郎元帥(中央左和服姿)を訪問した北海道の優秀児童たち=1930(昭和5)年10月20日(日本電報通信社撮影)

  • 1930年10月10日
    特別大演習観艦式記念メダル

    特別大演習観艦式記念メダル。右がお召し艦「霧島」を描いた表面、左が東郷平八郎元帥の揮毫「皇威輝八荒」を描いた裏面=1930(昭和5)年10月10日(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1930

  • 1930年07月31日
    日本電報通信社資料

    葉山に伺候する東郷平八郎元帥(手前左)=1930(昭和5)年7月23日、東京駅(日本電報通信社撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1930年07月28日
    日本電報通信社資料

    日ロ戦争で撃沈された常陸丸の殉難記念碑に文字を彫る職人たち。碑は高さ29尺5寸(8.9メートル)、厚さ2尺の仙石石で、碑文は東郷平八郎元帥が揮毫、裏に殉難者1200人の氏名が一寸角で彫られる。九段下に建立される=1930(昭和5)年7月28日(日本電報通信社撮影)

  • 1930年07月23日
    日本電報通信社資料

    葉山に伺候する東郷平八郎元帥(左)と谷口尚真軍令部長=1930(昭和5)年7月23日、東京駅(日本電報通信社撮影)

  • 1930年07月23日
    日本電報通信社資料

    参議会に列席するため私邸を出る東郷平八郎元帥=1930(昭和5)年7月23日、東京市麹町区(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1930

  • 1930年07月23日
    日本電報通信社資料

    葉山に伺候する東郷平八郎元帥(左)と谷口尚真軍令部長=1930(昭和5)年7月23日(日本電報通信社撮影)

  • 1930年05月30日
    日本電報通信社資料

    日本海海戦25周年を祝し開催された「海と空の博覧会」を見物する東郷平八郎元帥(中央、杖を手にする)=1930(昭和5)年5月30日、東京・上野(日本電報通信社撮影)

  • 1930年05月27日
    日本電報通信社資料

    日本海海戦25周年の祝典に向かう際、子どもたちから祝賀を受ける東郷平八郎元帥=1930(昭和5)年5月27日、千代田区三番町の自邸(日本電報通信社撮影)

    撮影: 1930

  • 1930年05月19日
    日本電報通信社資料

    ロンドン海軍軍縮会議を終え帰国の財部彪全権(海相)を出迎えに、東京駅頭に立つ(前列右から)東郷平八郎元帥、山本権兵衛伯爵(元首相で財部の義父)、浜口雄幸首相と閣僚ら=1930(昭和5)年5月19日(日本電報通信社撮影)

  • 1930年05月19日

    SK21-180 ◎ロンドン海軍軍縮会議を終え帰国の全権財部彪海相を出迎えに、東京駅頭に立つ東郷平八郎元帥(中央右)、山本権兵衛伯爵(中央)、浜口雄幸首相(中央左)と閣僚ら=1930(昭和5)年5月19日(日本電報通信社撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1930年04月29日
    日本電報通信社資料

    靖国神社春季大祭 参拝に向かう海軍の東郷平八郎元帥(右端)、加藤寛治軍司令官(右から3人目)ら=1930(昭和5)年4月29日(日本電報通信社撮影)

  • 1
  • 2