KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 資料
  • 外務大臣
  • 総会
  • 政治家
  • まつ
  • 東京駅
  • 出発
  • 外交官
  • 白鳥敏夫

「松岡洋右」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
68
( 1 68 件を表示)
  • 1
68
( 1 68 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • -
    (まつおか・ようすけ) 松岡洋右

    外交官、政治家、衆議院議員、外務大臣、拓務大臣、満鉄総裁=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080201898

  • -
    (まつおか・ようすけ) 松岡洋右

    外交官、政治家、衆議院議員、外務大臣、拓務大臣、満鉄総裁=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080202005

  • 1979年08月01日
    (まつおか・ようすけ) 松岡洋右

    死亡・昭和21年6月27日、外務大臣、国際連盟代表、A級戦犯=1979(昭和54)年8月、複写、良

    商品コード: 2004100700029

  • -
    (まつおか・ようすけ) 松岡洋右

    外交官、政治家、衆議院議員、外務大臣、拓務大臣、満鉄総裁=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080201922

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1946年07月01日
    松岡洋右氏葬儀

    東京・神田三崎町のカトリック教会で行われた松岡洋右氏の葬儀=1946(昭和21)年7月1日

    商品コード: 2014061600435

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1940年09月27日
    II. WK - Deutsch-japanische Beziehungen 1940

    キーワード:オイゲン・オット、ドイツ大使、松岡洋右外務大臣、Das Motiv aus der nationalsozialistischen Propaganda zeigt den japanischen Außenminister Matsuoka Yosuke (v.l.n.r.), den italienischen Botschafter Mario Indelli, den deutschen Botschafter Eugen Ott und den deutschen Gesandten Heinrich Georg Stahmer nach der Unterzeichnung des Dreimächtepaktes am 27.09.1940 in Tokio. Die nationalsozialistische Berichterstattung schreibt auf der Rückseite des Bildes: “Erste Originalaufnahme aus Tokio. Der Abschluß des Dreimächtepaktes. Der japanische Außenminister Matsuoka tauscht nach der Unterzeichnung des Dreimächtepaktes telefonische Glückwünsche mit deutschen und italiensichen Diplomaten in Berlin aus. Hinter Matsuoka (von links nach rechts): der italienische Botschafter Indelli, der deutsche Botschafter General Ott und Gesandter Stahmer.“ Foto: Berliner Verlag / Archiv - KEINE BILDFUNKVERWENDUNG - | Verwendung weltweit、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120315710

  • 1940年10月05日
    Japanese Threat of War on the United States

    1940 front page Daily Mirror Japanese Threat of War on the United States. 5th October 1940 issue. Date: 1940、クレジット:?John Frost Newspapers/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019092402607

  • 1941年02月22日
    1941 Daily Herald US faces Trade Embargo

    1941 front page Daily Herald U.S. faces Trade Embargo and Japan denies causing crisis in Pacific Date: 22nd February 1941、クレジット:?John Frost Newspapers/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019092402674

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1940年09月27日
    II. WK - Deutsch-japanische Beziehungen 1940

    キーワード:オイゲン・オット ドイツ大使(左から2人目)、松岡洋右駐日大使、星野直樹、Das Motiv aus der nationalsozialistischen Propaganda zeigt die feierliche Unterzeichnung des Dreimächtepaktes in Tokio am 27.09.1940 durch deutsche, italienische und japanische Regierungsvertreter. Die nationalsozialistische Berichterstattung schreibt auf der Rückseite des Bildes: “Erstes Originalbild von der Unterzeichnung des Drei-Mächte-Pakts in Tokio. Am 27. September 1940 wurde im Palais des Ministeriums des Äusseren in Tokio die Unterzeichnung feierlich begangen. Unser Bild zeigt in der ersten Reihe v.r.n.l.: H[einrich] G[eorg] Stahmer, deutscher Botschafter, Eugen Ott, deutscher Botschafter, Yosuke Matsuoka, japanischer Minister des Äusseren, hinter diesem Mario Indelli, italienischer Botschafter, weiter nach links: Naoki Hoshino, Minister ohne Portefeuille, Hideki Tojo, Kriegsminister, und Toshio Shiratori, Ministerialrat am Ministerium des Äusseren.“ Foto: Berliner Verlag / Archiv - KEINE BILDFUNKVERWENDUNG - | Verwendung weltweit、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120315705

  • 1933年03月27日

    昭和 82 ◎松岡洋右、政治家、国際連盟で演説する松岡洋右、昭和8年、月日は不明

    商品コード: 2003112100147

  • 1940年12月31日
    YOSUKE MATSUOKA Japanese politician and Minister of Foreign Affairs

    YOSUKE MATSUOKA Japanese politician and Minister of Foreign Affairs (1940-41; allied Japan with Axis powers. Photographed here with Adolf Hitler. Date: 1880 - 1946、クレジット:Mary Evans Picture Library/WEIMAR ARCHIVE/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月29日
    松岡洋右 「結論先送り」の末に

    松岡洋右

    商品コード: 2021072911134

  • 1933年03月31日

    昭和 86 ◎松岡洋右、政治家、向かって左の人物、昭和8年3月

    商品コード: 2003120400016

  • 1941年04月02日
    松岡外相訪欧

    バチカン宮殿の松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月2日(番号なし)

    商品コード: 2015101900474

  • 1941年04月21日
    松岡外相訪欧

    ポツダムに於ける松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月(番号なし)

    商品コード: 2015101900485

  • 1941年04月07日
    松岡外相訪欧

    モスクワ駅到着の松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月7日(番号なし)

    商品コード: 2015101900501

  • 1941年04月17日
    松岡外相訪欧

    閲兵する松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月、ベルリン(番号なし)

    商品コード: 2015101900503

  • 1941年04月20日
    松岡外相訪欧

    ベルリン駅頭で閲兵する松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月(番号なし)

    商品コード: 2015101900505

  • 1941年03月12日

    昭和 425 ◎松岡洋右外相、ソ・独・伊へ出発、昭和16年3月12日

    商品コード: 2004040800126

  • 1941年04月02日
    松岡外相訪欧

    バチカン宮殿の松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月22日(番号なし)

    商品コード: 2015101900475

  • 1941年04月24日
    松岡外相訪欧

    民衆に応える松岡洋右外相=整理1941(昭和16)年4月24日、ローマ(番号なし)

    商品コード: 2015101900473

  • 1941年03月31日
    松岡外相訪欧

    チアノ伊外相と松岡洋右外相=1941(昭和16)年3月31日(番号なし)

    商品コード: 2015101900476

  • 1941年04月17日
    松岡外相訪欧

    マルキニア駅で独少女と松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月(番号なし)

    商品コード: 2015101900509

  • 1941年04月20日
    松岡外相訪欧

    ベルリン・アンハルター駅に降り立った松岡洋右外相=整理1941(昭和16)年4月20日(番号なし)

    商品コード: 2015101900491

  • 1941年04月13日
    日ソ中立条約成立

    日ソ中立条約成立後、スターリン書記長(左)と記念写真に納まる松岡洋右外相=1941年4月13日

    商品コード: 2014021800320

  • 1941年04月18日
    松岡外相訪欧

    リッペントロップ独外相と松岡洋右外相=整理1941(昭和16)年4月18日(番号なし)

    商品コード: 2015101900497

  • 1940年09月27日
    日独伊3国同盟締結

    日独伊3国同盟締結の祝賀会で、スターマー・ドイツ特使(左)と握手する松岡洋右外相=1940年9月27日、外相公邸

    商品コード: 1997051400146

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1941年04月13日
    日ソ中立条約調印

    1941(昭和16)年4月13日、モスクワで日ソ中立条約に調印する松岡洋右外相。右端はスターリン・ソ連首相。

    商品コード: 1900010153015

  • 1941年04月03日
    松岡外相訪欧

    伊無名戦士の墓での松岡洋右外相=整理1941(昭和16)年4月3日、ローマ(番号なし)

    商品コード: 2015101900477

  • 1941年04月21日
    松岡外相訪欧

    リッペントロップ独外相と第2次会談に臨む松岡洋右外相=1941(昭和16)年4月、ベルリン(番号なし)

    商品コード: 2015101900484

  • 1969年10月23日
    (こばやし・しゅんぞう) 小林俊三

    弁護士、極東国際軍事裁判A級弁護人(松岡洋右を弁護)、最高裁判事、臨時大学問題審議会委員、中外合同法律事務所、三菱財団理事=1969(昭和44)年10月14日撮影

    商品コード: 2006010400077

  • 1997年05月16日

    S 4259 ◎イタリアを訪問した松岡外相 ムソリーニ(ムッソリーニ)首相とイタリア民衆に応える松岡外相 1941(昭和16)年(松岡洋右)

    商品コード: 2005081100081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年07月31日
    モロトフ外相 ソ連の複数司令官案を拒否

    日ソ中立条約に署名するソ連のモロトフ外相(前列中央)。同右は松岡洋右外相。後列右から2人目はスターリン首相=1941年4月13日、モスクワ

    商品コード: 2015073100495

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年10月11日
    日本電報通信社資料

    ジュネーブの国際連盟会議出席を前に、桃山御陵に参拝する日本首席全権の松岡洋右衆院議員(右端)=1932(昭和7)年10月11日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932101100002

  • 1933年02月28日
    記念撮影する日本代表団 国際連盟総会

    国際連盟総会引き上げ後、記念撮影する日本代表団。最前列中央が松岡洋右代表=1933(昭和8)年2月、スイス・ジュネーブ

    商品コード: 1933022850001

  • 1933年04月27日

    HC 64 ◎松岡全権帰国、皇居へ 宮城遙拝を終えてハンカチで涙をぬぐう松岡洋右全権=1933年4月27日、皇居・二重橋前 「ハッチャーコレクション」

    商品コード: 2007082900083

  • 1932年10月21日
    日本電報通信社資料

    ジュネーブの国際連盟特別総会に向かう首席全権の松岡洋右氏の見送りに押し寄せた群集=1932(昭和7)年10月21日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015080500326

  • 1933年12月08日
    日本電報通信社資料

    松岡洋右氏(左)は8日午後9時45分東京駅発列車にて郷里山口に向け西下した=1933(昭和8)年12月8日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2016020500391

  • 1933年04月27日

    HC 42 ◎松岡全権帰国 国際連盟より帰国 船上より日章旗をかざし出迎えへ答える松岡洋右全権=1933年4月27日正午、横浜港 「ハッチャーコレクション」

    商品コード: 2007072000059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年07月26日
    日本電報通信社資料

    調査視察のため満州に向かう国際連盟協会の帝国代表松岡洋右衆院議員(右)と見送りの芳沢謙吉前外相=1932(昭和7)年7月26日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932072600001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1969年10月17日
    (こばやし・しゅんぞう) 小林俊三

    弁護士、極東国際軍事裁判A級弁護人(松岡洋右を弁護)、最高裁判事、三菱財団理事=1969(昭和44)年10月14日撮影

    商品コード: 1969101700006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年10月21日
    日本電報通信社資料

    大勢の見送りを受けジュネーブの国際連盟特別総会に向け出発する首席全権の松岡洋右氏(左上)=1932(昭和7)年10月21日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932102100004

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年04月13日
    日本電報通信社資料

    帰京した上海事変停戦協定調印の功労者松岡洋右氏(手前左)と、右は出迎えの芳沢謙吉外相=1932(昭和7)年4月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932041300001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年06月03日
    日本電報通信社資料

    第62臨時議会。衆院本会議で質問する松岡洋右氏(上)と山崎達之輔氏=1932(昭和7)年6月3日、掛け合わせ(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932060300003

  • 1941年04月13日
    日ソ中立条約調印

    1941(昭和16)年4月13日、日・ソ中立条約調印する松岡外相(松岡洋右、まつおか・ようすけ、外務大臣、国際連盟代表、A級戦犯)

    商品コード: 2004022800097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1941年04月13日

    S 503 ◎日ソ中立条約調印式 モスクワで日ソ中立条約に調印する松岡洋右・外相、後方2人おいて宮川参事官、建川大使、ロゾフスキー人民委次長、モロトフ外相、スターリン書記長、加瀬俊一=1941(昭和16)年4月13日

    商品コード: 2004053100121

  • 1941年04月13日

    昭和 426 ◎日ソ中立条約成立 モスクワでの調印式でサインするモロトフ外務人民委員、右後方に松岡洋右外相とスターリン、満州国および外蒙の領土保全と不可侵を声明、昭和16年4月13日

    商品コード: 2004030100163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1940年07月19日
    国防・外交の四者会談

    国防・外交の四者会談。後に「荻窪会談」と呼ばれる。左から近衛文麿首相、外相候補の松岡洋右氏、留任予定の吉田善吾海相、陸相候補の東条英機中将=1940(昭和15)年7月19日、東京・荻窪の荻外荘

    商品コード: 2003112300035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月21日
    第3次近衛内閣 日本軍、南部仏印に上陸

    北進論の松岡洋右外相を外し、後任に豊田貞次郎(3列目左端)を据えて1941年7月18日に発足した第3次近衛文麿内閣(最前列右が近衛首相)。近衛には日米交渉継続の意思があったが、軍は28日、南部仏印に進駐する=首相官邸

    商品コード: 2016063000939

  • 1932年10月22日
    ジュネーブに向う松岡氏

    午後2時、連絡船天草丸にて、松岡洋右氏(右から2人目)は敦賀港より浦塩(ウラジオ)経由にて寿府(ジュネーブ)に向った=1932(昭和7)年10月22日(日本電報通信社撮影)(了) 19321022

    商品コード: 2016103100130

  • 1995年02月24日
    ゾルゲが事前通報

    松岡洋右外相の訪ソ直前の動きを通報したソ連スパイ、リヒャルト・ゾルゲの1941年3月10日付極秘電報の一部。左上に手書きで「コピーを同志スターリン、モロトフへ」とある(共同)

    商品コード: 1995022400059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年10月10日
    日本電報通信社資料

    ジュネーブの国際連盟特別総会出席を前に、伊勢神宮と桃山御陵の参拝、西園寺公訪問のため東京駅を出発する日本首席全権の松岡洋右衆院議員=1932(昭和7)年10月10日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932101000008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年10月22日
    日本電報通信社資料

    ジュネーブの国際連盟特別総会出席のため経由地ウラジオストクに向け出発する松岡洋右首席全権(右から2人目)=1932(昭和7)年10月22日、福井県・敦賀港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932102200001

  • 1997年05月14日
    祝う松岡外相と駐日大使 日独伊三国同盟締結

    S 3951 日独伊三国同盟締結を祝う(左から)東条英機陸相、星野直樹無任所相、インデルリ駐日伊大使、松岡洋右外相、オットー駐日独大使=1940(昭和15)年9月27日、外相官邸

    商品コード: 1997051400153

  • 1941年03月01日

    S 501 ◎松岡洋右・政治、まつおか・ようすけ、外務大臣、国際連盟代表、A級戦犯、昭和16年3月、ヴェネチア宮殿から民衆にあいさつする松岡外相(左)とムソリーニ(ムッソリーニ)首相

    商品コード: 2005081100087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年10月21日
    日本電報通信社資料

    ジュネーブの国際連盟特別総会に向け出発する首席全権の松岡洋右氏(手前中央)と、見送りの内田康哉外相(左端)、南次郎大将(松岡氏と内田外相の間)、荒木貞夫陸相(右端)ら=1932(昭和7)年10月21日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932102100003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年11月21日
    日本電報通信社資料

    ジュネーブの国際連盟特別総会に出席する日本首席全権の松岡洋右氏の第一声をラジオで聞く留守宅の(右から)龍子夫人、三男震三さん、長男謙一郎さん、四男志郎さん、次男洋二さん、長女周子さん(左手前)、秘書の林静夫氏=1932(昭和7)年11月21日、東京・代々木初台の松岡邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932112100001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月07日
    モスクワで松岡外相 日ソ中立条約調印

    1941(昭和16)年4月13日、モスクワで日ソ中立条約に調印する松岡洋右外相。右端にはスターリン書記長。南進を図り背後の脅威を除きたい日本と、ドイツに備えるソ連の利害が一致し、お互い相手の戦争に中立を守ると規定した。しかし、第2次世界大戦末期の45年8月8日、ソ連は対日宣戦を布告し条約を破棄。

    商品コード: 2011040700237

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1940年07月22日

    資料 52460 ◎第2次近衛内閣 初閣議を終え記念撮影に納まる第2次近衛内閣閣僚。(前列)近衛文麿首相、(2列目右から)松岡洋右外相、河田烈大蔵相、吉田善吾海相、東条英機陸相、風見章司法相、(3列目右から)村田省蔵逓信相、安井英二内務相、小林一三商工相、橋田邦彦文相、星野直樹企画院=昭和15年7月22日、首相官邸

    商品コード: 2008051200348

  • 1940年09月27日
    日・独・伊三国同盟

    日独伊三国同盟締結を記念して開かれた祝賀パーティー。松岡洋右外相(中央)、その右はオットー(Otto)駐日ドイツ大使、左後方はインデルリ(Indelri)駐日イタリア大使。左端は白鳥敏夫外務顧問、(その右へ)東条英機陸相、星野直樹無任所相=1940(昭和15)年9月27日、外相公邸(資料30615A)

    商品コード: 2003120800122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1940年09月27日
    日独伊三国同盟締結

    日独伊三国同盟締結を祝って開かれた祝賀会で乾杯の音頭を取る松岡洋右外相(右から4人目)。来賓の外国人は(右から)スターマー・ドイツ特派公使、オットー・ドイツ大使、インデルリ・イタリア大使。松岡の左へ、星野直樹無任所相、東条英機陸相、白鳥敏夫外務顧問=1940(昭和15)年9月27日、東京の外相官邸

    商品コード: 1940092750001

  • 1939年06月01日
    (おおはし・ちゅういち) 大橋忠一

    外交官、政治家。1893年生まれ。ハルビン総領事、満州国外交部次長、同国参議などを経て、松岡洋右外相のもとで外務次官を務める。太平洋戦争後は衆議院議員に当選3回、1959年から駐カンボジア大使も務めた。1975年12月没=1939(昭和14)年6月複写(撮影年月日不詳)

    商品コード: 1939060100002

  • 1940年09月27日
    日独伊3国同盟が締結

    日独伊3国同盟締結を記念し開かれた祝賀会で乾杯の音頭を取る松岡洋右外相(右から4人目)と、(右端から)来賓のスターマ-・ドイツ特派公使、オットー・駐日ドイツ大使、インデルリ駐日イタリア大使。松岡の左へ星野直樹無任所相、東条英機陸相、白鳥敏夫外務省顧問(マイクがかぶっている)=1940(昭和15)年9月27日、外相公邸

    商品コード: 2005102600041

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1940年12月26日
    第2次近衛改造内閣閣僚

    院内大臣室ベランダで記念撮影に納まる第2次近衛改造内閣閣僚。。(前列右から)小林一三商工相、橋田邦彦文相、秋田清拓務相、平沼騏一郎内務相、近衛文麿首相、金光庸夫厚相、東条英機陸相、(後列右から)富田健治書記官長、小川郷太郎鉄道相、石黒忠篤農相、河田烈大蔵相、松岡洋右外相、及川古志郎海相、村田省蔵逓信相。左端は不明=1940(昭和和15)年12月26日

    商品コード: 2008102800271

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1940年12月26日

    資料 52461 ◎第2次近衛改造内閣 議会開院式を前に行幸を待つ近衛改造内閣閣僚。(前列右から)小林一三商工相、橋田邦彦文相、秋田清拓務相、平沼騏一郎内務相、近衛文麿首相、金光庸夫厚相、東条英機陸相、(後列右から)富田健治書記官長、小川郷太郎鉄道相、石黒忠篤農相、河田烈大蔵相、松岡洋右外相、及川古志郎海相、村田省蔵逓信相=昭和15年12月26日、国会

    商品コード: 2008051200349

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年10月14日
    日本電報通信社資料

    ジュネーブの国際連盟特別総会に出席する日本首席全権の松岡洋右衆院議員(前列左から2人目)と随員一行を招待して斎藤実首相(前列右から2人目)が送別午餐会を開催。記念撮影する(前列左から)鳩山一郎文相、松岡議員、斎藤首相、山本達雄内相、中列左から岡田啓介海相、内田康哉外相、小山松吉法相、永井柳太郎拓相、(上段左から)南逓信相、一人置いて柴田書記官長=1932(昭和7)年10月14日、首相官邸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932101400001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1946年05月03日
    法廷内の被告たち 東京裁判始まる

    裁判初日、入廷する裁判長らを迎え起立する法廷内の被告たち。最後列右から板垣征四郎、鈴木貞一、白鳥敏夫、嶋田繁太郎、佐藤賢了、重光葵、松岡洋右、東郷茂徳、平沼騏一郎、大川周明、松井石根、大島浩、永野修身、小磯国昭、橋本欣五郎、その前列右から木村兵太郎、木戸幸一、賀屋興宣、星野直樹、武藤章、荒木貞夫、梅津美治郎、岡敬純、東条英機、南次郎、広田弘毅、畑俊六、土肥原賢二の各被告=1946(昭和21)年5月3日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(現防衛省市ヶ谷記念館)(極東国際軍事裁判)(戦犯21)

    商品コード: 1946050350002

  • 2014年09月11日
    東京裁判始まる A級戦犯を裁いた軍事裁判

    東京裁判開廷の日、入廷する裁判長らを迎え起立する28名の被告たち。最後列右から板垣征四郎、鈴木貞一、白鳥敏夫、嶋田繁太郎、佐藤賢了、重光葵、松岡洋右、東郷茂徳、平沼騏一郎、大川周明、松井石根、大島浩、永野修身、小磯国昭、橋本欣五郎、その前列右から木村兵太郎、木戸幸一、賀屋興宣、星野直樹、武藤章、荒木貞夫、梅津美治郎、岡敬純、東条英機、南次郎、広田弘毅、畑俊六、土肥原賢二の各被告=1946(昭和21)年5月3日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(現防衛省市ヶ谷記念館)(極東国際軍事裁判)「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P69)

    商品コード: 2014091100374

  • 1