KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • こういち
  • 内容
  • 場所
  • 宝塚音楽学校
  • 映像
  • タカラジェンヌ
  • 平成
  • 様子
  • ダンス
  • 卒業式

「林公一」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2004年07月22日
    小林公一さん

    90周年を迎えた宝塚歌劇団の新理事長に就任した小林公一(こばやし・こういち)さん

    商品コード: 2004072200100

  • 2014年04月15日
    宝塚歌劇団の小林理事長 「今後もさらなる発展を」

    関西プレスクラブの会合で講演する宝塚歌劇団の小林公一理事長=15日午後、大阪市

    商品コード: 2014041500432

  • 2014年05月20日
    歌劇団の小林理事長 宝塚歌劇・資料

    宝塚歌劇団の小林公一理事長=2014年4月4日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場

    商品コード: 2014052000345

  • 2014年05月30日
    (こばやし・こういち) 小林公一

    宝塚歌劇団理事長=2014年5月27日、兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団事務所

    商品コード: 2014053000247

  • 04:55.22
    2018年03月01日
    40人がタカラジェンヌに 宝塚音楽学校で卒業式

    兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一(こばやし・こういち)校長)で1日、第104期生の卒業式が開かれた。2年間にわたるダンスや歌唱、礼儀作法の厳しい指導をくぐりぬけた40人は、4月からタカラジェンヌとして舞台生活を始める。式に臨んだ卒業生は黒紋付きに深緑色のはかま姿。1人ずつ名前を呼ばれると元気な声で返事し、卒業証書を受け取った。〈映像内容〉卒業式の様子(卒業証書授与、小林校長の式辞、卒業生代表の越智愛梨(おち・あいり)さんのあいさつ、校歌斉唱など)、記念撮影、会場の外観、撮影日:2018(平成30)年3月1日、撮影場所:兵庫県宝塚市

    商品コード: 2018030200333

  • 03:58.60
    2018年04月17日
    宝塚で晴れの入学式 音楽学校に40人

    兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)は17日、同校で106期生の入学式を開いた。新入生は24・1倍の難関をくぐり抜けた17都府県の40人。晴れの式を終えると、タカラジェンヌとして舞台に立つため2年間、歌や演技などの稽古を重ねる。入学式に、新入生はグレーの制服姿で出席。新入生総代の木村鞠菜さん(大阪府吹田市)は「立派な舞台人になるよう限りない芸の道に精進することを誓う」とあいさつした。〈映像内容〉初登校する新入生、新入生全員の記念撮影、入学式の様子(木村さんの答辞、校歌の斉唱、本科生が新入生に校章を付けるセレモニーなど)。入学式終了後に行われた新入生の囲みで、総代の木村さんインタビュー、撮影日:2018(平成30)年4月17日、撮影場所:兵庫県宝塚市

    商品コード: 2018041800228

  • 01:58.01
    2019年03月01日
    宝塚音楽学校で卒業式 初舞台へ40人が巣立ち

    兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一(こばやし・こういち)校長)で1日、2017年4月に入学した第105期生の卒業式が開かれた。ダンスや歌唱、礼儀作法の厳しい稽古を終えた40人は、宝塚歌劇団の一員として4月の初舞台で新たなスタートを切る。〈映像内容〉卒業式の様子、ハーバート真唯さんの卒業生総代答辞、校歌斉唱、卒業生の記念撮影、撮影日:2019(平成31)年3月1日、撮影場所:兵庫県宝塚市 ※松岡修造さんの長女恵さんが卒業証書を受け取る場面を含みます

    商品コード: 2019030500270

  • 01:12.40
    2019年03月28日
    歌劇スター目指し第一歩 宝塚音楽学校で合格発表

    兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一(こばやし・こういち)校長)は28日、今春の入学試験の合格者を発表した。難関突破で107期生となり、宝塚歌劇団のスターを目指し2年間にわたる教育を受ける。入試は1次から3次まであり、面接や歌唱、ダンスを通じて資質を判断した。合格者は4月18日に入学式を迎え、タカラジェンヌとして舞台に立つため歩みだす。〈映像内容〉宝塚音楽学校で合格者の受験番号が掲示され歓声を上げる受験生、合格した受験生のインタビュー、在校生と抱き合って喜ぶ受験生、撮影日:2019(平成31)年3月28日、撮影場所:兵庫県宝塚市

    商品コード: 2019032802472

  • 01:55.14
    2019年04月18日
    「限りない芸の道進む」 宝塚音楽学校で入学式

    将来のタカラジェンヌを育てる兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一(こばやし・こういち)校長)で18日、22・9倍の難関をくぐり抜けて入学試験に合格した107期生40人の入学式が開かれた。新入生で横浜市青葉区出身の関谷美咲(せきや・みさき)さんは「限りない芸の道に精進する。夢と希望の道を選ばせてくれた両親にも感謝したい」とあいさつした。宝塚歌劇団雪組組長の奏乃(そうの)はるとさんが「伝統の灯を共に受け継いでいくことになる。『清く、正しく、美しく』の言葉を念頭に、かけがえのない日々を過ごしてほしい」とエールを送った。〈映像内容〉入学生代表の関谷美咲さんのあいさつ、校歌斉唱、上級生によるバッジを着けるセレモニー、入学式後の囲みインタビュー、宝塚音楽学校の外観など、撮影日:2019(平成31)年4月18日、撮影場所:兵庫県宝塚市

    商品コード: 2019041812137

  • 02:14.33
    2020年03月02日
    宝塚音楽学校で卒業式 39人が巣立ち、舞台の道へ

    兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一(こばやし・こういち)校長)で2日、2018年春に入学した第106期生の卒業式が開かれた。卒業生は黒紋付きに深緑色のはかま姿で出席。校長に1人ずつ名前を呼ばれると、はつらつとした声で返事し、両手で卒業証書を受け取った。小林校長は「皆さんは令和最初の卒業生。宝塚音楽学校の伝統を今の時代に適した形で引き継いでくれた。大きな壁に当たったときも、己を信じて乗り越えて」と門出を祝った。卒業生代表で東京都世田谷区出身の平野花奈(ひらの・かな)さんは「歩み出す芸の道にはたくさんの試練が待ち受けているが、学校で学んだ舞台人としての基礎と同期生との絆を胸に、より一層精進して参ります」と決意を述べた。<映像内容>卒業証書授与の様子、小林校長の式辞、卒業生代表の平野花奈(ひらの・かな)さんによる答辞、校歌斉唱、式雑観、記念撮影、さいたま市出身の円福寺萌花(えんぷくじ・もえか)さんと神奈川県鎌倉市出身の柴崎(しばさき)のあんさんの囲み取材、宝塚音楽学校の外観、撮影日:2020(令和2)年3月2日、撮影場所:兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校

    商品コード: 2020030206006

  • 1