KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しょう
  • ドットコム
  • リアルタイム
  • 人件費
  • 人工知能
  • 作業
  • 削減
  • 動物
  • 大手
  • 天井

「林精」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1989年10月15日
    美幸子ちゃんの通夜

    誘拐され殺害された小林美幸子ちゃんの通夜でがっくり肩を落とす父親の小林精さん=1989(平成元)年10月15日午後8時、愛知県豊橋市西山町

    商品コード: 2020051904231

  • 1989年10月16日
    美幸子ちゃん安らかに

    小林美幸子ちゃんの告別式で、悲しみにくれる父親の小林精さん(左奥)と遺族=1989(平成元)年10月16日午前11時50分、愛知県豊橋市西山町

    商品コード: 2020051904252

  • 2010年06月19日
    日本酒を楽しむ同級生ら “なんちゃって同窓会”

    「小林酒造」の専務小林精志さん(右上)の用意した日本酒を楽しむ「同級生」ら=5月、札幌市中央区

    商品コード: 2010061900213

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場で豚を放牧する従業員。(6月13日撮影)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902763

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場の全景。(6月13日撮影、小型無人機から)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902770

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    監視モニターの前で豚舎の様子を確認する精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場の従業員。(6月13日撮影)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902748

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場の豚舎の天井に設置されたロボット。中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(長春=新華社配信/吉林精気神有機農業股份有限公司提供)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:吉林精気神有機農業股份有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600264

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場の豚舎の前で子豚を抱く従業員。(6月13日撮影)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902764

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場が導入した給餌ロボット。(6月13日撮影)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902742

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業の「山黒豚」長白山養豚場が導入した給餌ロボット。(6月13日撮影)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902760

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場が導入した豚の顔を識別できる顔認証カメラ。(6月13日撮影)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902747

  • 2019年06月13日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    スマートフォンアプリで豚舎のデータを確認する精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場の従業員。(6月13日撮影)中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(撫松=新華社記者/金良快)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902766

  • 2019年07月16日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    7月16日、精気神有機農業の長春市内のオフィスに設置された長白山養豚場の豚舎の様子を映す人工知能(AI)モニター。中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(長春=新華社記者/関子儒)=2019(令和元)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071902757

  • 2019年07月19日
    東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    精気神有機農業「山黒豚」長白山養豚場が導入した人工知能(AI)モニターの画面。中国吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある吉林精気神有機農業の「山黒豚」飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが天井から養豚場の状況を監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度と湿度、アンモニアやPM10の濃度などをリアルタイムに把握することができる。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚事業に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づきいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)が節約できる。AIは豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し清掃が必要かどうかも教えてくれる。飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたという。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になった。(長春=新華社配信/吉林精気神有機農業股份有限公司提供)=撮影日不明、クレジット:吉林精気神有機農業股份有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600275

  • 00:44.31
    2019年07月19日
    【字幕あり】「新華社」東北地区の養豚場、AI技術で豚の顔認証

    中国では、駅の入場や買い物での支払いなど顔認証技術は既に珍しくなくなっているが、東北地区ではこの技術が養豚に使われている。吉林省白山市撫松(ぶしょう)県の長白山奥地にある「山黒豚」の飼育場では、靴箱ほどの大きさのロボットが養豚場の状況を天井から監視しており、数百キロ離れた省都、長春で豚の活動状況や養豚場の温度、湿度、アンモニア濃度、PM10などをリアルタイムに把握することができる。吉林精気神有機農業の張遠征(ちょう・えんせい)常務副総経理は「ロボットが豚の顔をスキャンすると、その豚の飼育期間や体重、防疫情報などが映し出される」と説明する。同社は2017年、EC大手の京東集団(JDドットコム)傘下の京東数字科技(JDDigits)と提携し、人工知能(AI)技術を養豚に導入した。「豚の顔認証」もそのうちの一つ。これにより給餌ロボットはそれぞれの豚の状況に基づいて餌を与えることができるようになった。生産量が20万頭であれば年間1200万元(1元=約16円)の節約が見込まれる。張常務副総経理は、AIが豚舎内のアンモニア濃度を自動測定し、清掃が必要かどうか教えてくれるので、飼育員の無駄な作業が減り、人件費も削減できたと語る。以前は飼育員1人で200頭の豚を管理していたが、AIの導入で800頭の管理が可能になったという。同社の孫延群(そん・えんぐん)総経理は、AIによるトレーサビリティーシステムにより、豚の餌の量や体重の増加速度に基づき栄養プランを適時調整し、豚の肉質を改善できようになったと説明する。吉林省農業科学院牧畜科学分院の張樹敏(ちょう・じゅびん)2級研究員は「中国では個人経営の養豚業者が多く、飼育方法も比較的放任的だ」と指摘。AIは高いレベルの技術が使われておりコストも高いため、多くは大型養豚場で使用されているという。中国は世界最大の養豚国であり、東北地区だけでも世界の約6%の豚を生産している。張研究員もAIの養豚への応用は一つの流れだが、今後広がるかどうかは具体的な状況を見る必要があるとの見方を示す。(記者/関子儒、金良快)<映像内容>AI技術を活用した養豚場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072600331

  • 2020年09月30日
    GASOLINE FROM IRAN ARRIVES IN VENEZUELA

    September 29, 2020, Puerto Cabello, Carabobo, Venezuela: Caption:September 29, 2020.The Iranian ship, Forest (behind) is located at the dock of the El Palito refinery, where it arrived after 1 am this Tuesday, September 29. In Puerto Cabello, Carabobo state. Photo: Juan Carlos Hernテ。ndez. (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093005368

  • 2020年09月30日
    GASOLINE FROM IRAN ARRIVES IN VENEZUELA

    September 29, 2020, Puerto Cabello, Carabobo, Venezuela: Caption:September 29, 2020.The Iranian ship, Forest (behind) is located at the dock of the El Palito refinery, where it arrived after 1 am this Tuesday, September 29. In Puerto Cabello, Carabobo state. Photo: Juan Carlos Hernández. (Credit Image: © Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire)、クレジット:©Juan Carlos Hernandez/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093005433

  • 2021年11月10日
    Japanese PM Kishida‘s New Cabinet Members

    キーワード:第2次岸田内閣、発足、記念撮影、首相官邸、岸田文雄、首相、岸田文雄首相、岸田首相、新内閣、閣僚=2021(令和3)年11月10日-November 10, 2021, Tokyo, Japan: Japan‘s Prime Minister FUMIO KISHIDA (front 2nd R) and his cabinet ministers prepare for leave from a photo session at Kishida‘s official residence in Tokyo, Japan. (Credit Image: © POOL via ZUMA Press Wire)、クレジット:©POOL via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111106467

  • 1