KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 粉彩
  • 建築
  • 制作
  • 南昌
  • 最初
  • 構成
  • おじ
  • おばあちゃん

「染付」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
69
( 1 69 件を表示)
  • 1
69
( 1 69 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Jar from Ming Dynasty 1426.

    Jar from Ming Dynasty 1426. Porcelain painted in underglaze blue.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041900128

  • -
    Dish - porcelain with decoration in underglaze blue.

    Dish - porcelain with decoration in underglaze blue. Birds and plants with geometric border. Chinese : Jingdezhen kilns (Shonzui type) circa 1620-1640.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041900101

  • -
    Jar from Ming Dynasty 1426.

    Jar from Ming Dynasty 1426. Porcelain painted in underglaze blue.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041900121

  • -
    『閨の雛形』 正月, Plate from the Erotic Book Mounds of Dyed Colors: A Pattern Book for the Boudoir

    『閨の雛形』 正月, Plate from the Erotic Book Mounds of Dyed Colors: A Pattern Book for the Boudoir (Someiro no yama neya no hinagata), First Month, Edo period (1615–1868), ca. 1736–44, Japan, Hand-colored woodblock illustration; ink and color on paper, H. 9 9/16 in. (24.3 cm); W. 14 1/4 in. (36.2 cm), Prints, Okumura Masanobu (Japanese, 1686–1764), The source of red for beni-e coloring, as shown here, was safflower (benibana). Beautifully hand-colored prints like this one clearly foretell the technique of multicolored brocade prints invented by Suzuki Harunobu in 1765.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071613268

  • 1954年09月02日
    スケッチ16772 山梨ブドウ娘が街頭宣伝

    「山梨勝沼」と染め付けられた前掛けを着け、街行く人にブドウを配る山梨ブドウ娘たち=1954(昭和29)年9月2日、東京都中央区銀座の数寄屋橋付近

    商品コード: 2017060600178

  • 1998年10月20日
    瀬戸焼の染め付け 日本磁器の特別展を開催

    展示される「染付花鳥図獅子鈕蓋付大飾壺」(そめつけかちょうずししちゅうふたつきだいかざりつぼ)、明治時代初期、瀬戸焼、瀬戸市歴史民族資料館所蔵

    商品コード: 1998102000006

  • 2001年05月23日
    「染付金彩柘榴壺」 人間国宝の世界展

    人間国宝の世界展に展示されている近藤悠三氏の「染付金彩柘榴壺」(近藤悠三記念館所蔵)

    商品コード: 2001052300172

  • 2002年07月22日
    小島功さん絵皿に初挑戦

    染め付け大皿展を初めて開いた小島功さん=東京都中央区の丸善日本橋店

    商品コード: 2002072200137

  • 2006年05月27日
    染め付けをする首脳夫人 シーサー、紅型色付け挑戦

    「紅型」の染め付けをする、太平洋・島サミットに参加した首脳の夫人ら=27日午前、沖縄県読谷村のテーマパーク「むら咲むら」

    商品コード: 2006052700046

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年07月03日
    染め付け作業の西野さん 相馬野馬追の指旗を制作

    「相馬野馬追」で騎馬武者が使う指旗の染め付けをする西内清実さん。「武士の名刺代わり」といわれる代々の紋を絹地に描いていく。今年は震災の影響で縮小開催を余儀なくされたが「野馬追をみんな心待ちにしている」=3日午後、福島県南相馬市

    商品コード: 2011070300250

  • 2018年06月25日
    修復された皿 日台共同で伊万里焼修復

    伝統技法「金継ぎ」で修復された伊万里焼「染付柳鳥文皿」。割れ線に金の装飾が見える=25日、台北市の故宮博物院(共同)

    商品コード: 2018062501101

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月16日
    海上シルクロードの歴史の証しブルネイ海事博物館を訪ねて

    16日、ブルネイの首都バンダルスリブガワンにある海事博物館に並ぶ中国からの青花瓷(染め付けの陶磁器)。ブルネイは古くから浡泥(ボルネオ)と呼ばれ、古来より海上シルクロードの重要な構成部分だ。中国とブルネイは早くも中国の前漢(前202年~後8年)の時代から、この海上ルートを通じて互いに足りない部分を補い合って交流してきた。ブルネイの首都バンダルスリブガワンにある海事博物館が所蔵する古代の沈没船から見つかった遺物は、まさに海上シルクロードを通じて往来してきた両国の歴史の証しとなっている。(バンダルスリブガワン=新華社配信/王申)=2018(平成30)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112009374

  • 02:31.14
    2019年01月19日
    「新華社」済南市で革新融合劇「ねずみの嫁入り」が初演無形文化遺産が舞台に

    「ねずみの嫁入り」は中国の昔話だ。古くからの習慣として、多くの地域で正月にねずみを祭る伝統がある。山東省済南市の児童芸術劇院は19日、省内に伝わる「楊家埠(ようかふ)の木版年画」や「濰坊(いぼう)の凧」などの無形文化遺産を題材に新たに創作した物語を上演した。伝統的な画風と革新的なスタイルを融合させた劇は観客から好評を博した。革新融合劇「ねずみの嫁入り」は、児童劇特有の表現形式を元に、伝統演劇など定型化された演劇形式を加えたもので、同省の民間音楽の曲調や京劇の調子を添え、チャルメラや琵琶、高胡(高音の胡弓)などの中国の伝統民族楽器を用い、省内のさまざまな無形文化遺産の要素を融合し作られている。例えば舞台の背景には「絞り染め」「箸」「染付」などを用い、さらに済南市商河県の民間舞踊「商河鼓子秧歌」や「獅子舞」などの民間伝統芸能の表現形式を取り込んでいる。同劇は融合を通じて革新を成し遂げた。「フィジカル・シアター」を大胆に取り入れた劇は全体を通してセリフなしで進む。役者は言葉の代わりに誇張した表情や肢体の動きで表現し、観客に深い印象を与えた。(記者/趙小羽)<映像内容>革新融合劇「ねずみの嫁入り」上映の様子、撮影日:2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301429

  • 2019年04月12日
    景徳鎮修復磁器、上海で一般公開へ

    12日、出土した青花磁器(染付け磁器)の皿の破片。中国江西省の景徳鎮陶瓷考古研究所・文物修復センターは、上海で6月に開催される「明代15世紀中期景徳鎮磁器大展」に向け、御窯廠(ぎょようしょう)遺跡で出土した磁器の修復作業に追われている。今回の展覧会では御窯磁器の逸品170点が公開される。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041701141

  • 2019年10月18日
    景徳鎮国際陶磁博覧会始まる内外の陶磁器メーカー約千社が出展

    18日、染付の制作過程を紹介するオランダ・デルフトの陶磁職人。中国江西省景徳鎮市で18日、2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会が開幕した。国内とイタリア、オランダなどの国から集まった陶磁器メーカー約千社が出展し、3500人以上のバイヤーが買い付けに訪れた。会期は22日まで。同博覧会は商務部と中国国際貿易促進委員会、中国軽工業連合会、江西省人民政府が共催。計1900のブースには、地元をはじめ、世界各地の芸術品や日用品などさまざまな陶磁器が並ぶ。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104112

  • 2019年10月18日
    景徳鎮国際陶磁博覧会始まる内外の陶磁器メーカー約千社が出展

    18日、染付の制作過程を紹介するオランダ・デルフトの陶磁職人。中国江西省景徳鎮市で18日、2019中国景徳鎮国際陶磁博覧会が開幕した。国内とイタリア、オランダなどの国から集まった陶磁器メーカー約千社が出展し、3500人以上のバイヤーが買い付けに訪れた。会期は22日まで。同博覧会は商務部と中国国際貿易促進委員会、中国軽工業連合会、江西省人民政府が共催。計1900のブースには、地元をはじめ、世界各地の芸術品や日用品などさまざまな陶磁器が並ぶ。(景徳鎮=新華社記者/周密)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104126

  • 2019年12月16日
    百花の美競う工芸の魅力

    サンゴ染め。最初に染め付けた瞬間、林小如さんは、ぱっと笑顔に=那覇市

    商品コード: 2019121600536

  • 2019年12月24日
    明清時代の青花磁器、天津で展示

    24日、元代の「青花纏枝牡丹文獣耳罐」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901742

  • 2019年12月24日
    明清時代の青花磁器、天津で展示

    24日、清・康熙帝時代の「青花花卉文盤」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901752

  • 2019年12月24日
    明清時代の青花磁器、天津で展示

    24日、展示品を撮影する来場者。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901678

  • 2019年12月24日
    明清時代の青花磁器、天津で展示

    24日、清・雍正款が入った「青花纏枝蓮文蒜頭瓶」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901665

  • 2019年12月24日
    明清時代の青花磁器、天津で展示

    24日、明・天啓帝時代の「青花嬰戲図碗」。中国天津博物館は、青花磁器(中国の染付)の独特な魅力を伝えようと、明清時代の青花磁器を常設展示している。同博物館は多くの明清時代の青花磁器を所蔵しており、現在は250点(組)の貴重な作品が並ぶ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901735

  • 2020年07月14日
    湖南省の塘沙屋遺跡で緊急発掘が完了葬送習慣の変化を裏付け

    塘沙屋遺跡の地層断面。(資料写真)中国湖南省の文物考古研究所は2日、同省岳陽市平江県での高速道路建設に伴う考古調査で発見された塘沙屋(とうさや)遺跡の緊急発掘調査がこのほど完了したと明らかにした。地層から多数の青花(染付)磁器片が発見されたほか、発掘エリア東部で清代の墓葬が見つかった。(岳陽=新華社配信/張世軒)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507703

  • 2020年07月29日
    湖南省の塘沙屋遺跡で緊急発掘が完了葬送習慣の変化を裏付け

    塘沙屋遺跡から出土した青花磁器片。(資料写真)中国湖南省の文物考古研究所は2日、同省岳陽市平江県での高速道路建設に伴う考古調査で発見された塘沙屋(とうさや)遺跡の緊急発掘調査がこのほど完了したと明らかにした。地層から多数の青花(染付)磁器片が発見されたほか、発掘エリア東部で清代の墓葬が見つかった。(岳陽=新華社配信/張世軒)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507874

  • 2020年08月04日
    湖南省の塘沙屋遺跡で緊急発掘が完了葬送習慣の変化を裏付け

    上空から見た塘沙屋遺跡。(資料写真)中国湖南省の文物考古研究所は2日、同省岳陽市平江県での高速道路建設に伴う考古調査で発見された塘沙屋(とうさや)遺跡の緊急発掘調査がこのほど完了したと明らかにした。地層から多数の青花(染付)磁器片が発見されたほか、発掘エリア東部で清代の墓葬が見つかった。(岳陽=新華社配信/張世軒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507695

  • 2020年08月04日
    湖南省の塘沙屋遺跡で緊急発掘が完了葬送習慣の変化を裏付け

    塘沙屋遺跡で見つかった清代の墓葬。(資料写真)中国湖南省の文物考古研究所は2日、同省岳陽市平江県での高速道路建設に伴う考古調査で発見された塘沙屋(とうさや)遺跡の緊急発掘調査がこのほど完了したと明らかにした。地層から多数の青花(染付)磁器片が発見されたほか、発掘エリア東部で清代の墓葬が見つかった。(岳陽=新華社配信/張世軒)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080507677

  • 00:32.92
    2020年09月07日
    「新華社」南昌鉄路局、浪費防止に列車内で小鉢料理弁当を発売

    国鉄路南昌局集団(南昌鉄路局)はこのほど、15本の「動車組(動力分散式列車)」内で、染め付け風デザインの容器に盛った「小碗菜(小鉢料理)」を相次いで発売した。今回販売の小鉢料理弁当は、これまで提供していた弁当とは異なり、料理とご飯が個別に小分けで盛られている。1人前1小鉢、1料理1包装で、肉類と野菜の組み合わせが合理的で、乗客は人数や味の好みに合わせて自由に注文することができる。小鉢料理の試験販売を始めて以来、乗客の評判は良好で、食品の浪費も減少し、列車1本の販売量が最高で500人前以上に達したこともあるという。(記者/彭菁)<映像内容>列車で小碗菜(小鉢料理)の販売、食事する乗客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090803188

  • 2020年12月28日
    (12)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、「快雪時晴」の作品を鑑賞する訪問客。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803592

  • 2020年12月28日
    (11)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で完成品の検査をする職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803593

  • 2020年12月28日
    (14)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    22日、インターネット販売用に陶磁器の写真を撮る職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803595

  • 2020年12月28日
    (7)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で半製品の寸法を測る職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803585

  • 2020年12月28日
    (3)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、機械を使って陶磁器の原料を研磨する職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803587

  • 2020年12月28日
    (5)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で半乾きの素地の表面を整える職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803589

  • 2020年12月28日
    (9)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で陶磁器に絵付けをする職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803590

  • 2020年12月28日
    (1)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で陶磁器に彫刻を施す職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803584

  • 2020年12月28日
    (8)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で焼成前の陶磁器を点検する職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803591

  • 2020年12月28日
    (10)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で陶磁器を窯に入れる職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803594

  • 2020年12月28日
    (13)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    22日、インターネットを利用したライブコマースで陶磁器を販売する職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803596

  • 2020年12月28日
    (4)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房で土練りをする職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803586

  • 2020年12月28日
    (6)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、工房でうわぐすりを吹き付ける職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803588

  • 2020年12月28日
    (2)陶磁器の匠、たゆまぬ創意工夫江西省景徳鎮市

    23日、コンパスを使って器の底に円を描く職人。中国江西省景徳鎮市の高新技術産業開発区にある陶磁器工房「快雪時晴」では、青花(染付)や粉彩(上絵付け)など多彩な伝統技法を融合し、透き通るような薄さの杯や茶わんなどを生み出している。卵の殻のように薄い器の制作から新たな材料の研究開発まで、職人らはたゆまぬ創意工夫を重ねている。(景徳鎮=新華社記者/胡晨歓)= 配信日: 2020(令和2)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122803583

  • 2021年01月26日
    知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の青花(染付)の杯。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012902513

  • 2021年01月28日
    (12)知識欲と食欲を満たす成都川菜博物館四川省成都市

    清代の青花(染付)、粉彩(上絵付け)の磁器のさじ。(資料写真)中国四川省成都市郫都(ひと)区にある成都川菜博物館は、敷地面積約40ムー(約2・7ヘクタール)、収蔵品6千点以上を有する川菜(四川料理)の美食文化をテーマとした博物館。煮炊きや盛り付け用の器、酒器、食器、茶器などが展示され、その材質は青銅、動物の歯や骨、陶土、磁土、鉄、木、竹など多岐にわたる。同館は四川料理だけでなく、四川の酒や茶、芸能、建築、庭園といった、地元文化の重要な部分も包括しながら紹介している。来館者は展示品を見学する一方で、実際の食事や調理体験もでき、知識欲と胃袋を同時に満たせる博物館となっている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802608

  • 2021年03月18日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、「磁器の城」の外壁にはめ込まれた磁器の像。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205071

  • 2021年03月18日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、観光客と一緒に写真に納まる余二妹さん(左から3人目)。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205064

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、上空から見た「磁器の城」の全景。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205067

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の正門。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205069

  • 2021年03月19日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、写真を撮る観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205066

  • 2021年03月20日
    夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月20日、上空から見た「磁器の城」。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)=配信日:2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205070

  • 2021年04月01日
    (8)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の前で、観光客を案内する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114846

  • 2021年04月01日
    (11)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」に展示されている磁器製のドラゴンボートを見つめる観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114928

  • 2021年04月01日
    (14)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、壁にはめ込まれた陶板画について説明する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114914

  • 2021年04月01日
    (12)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、「磁器の城」に展示されている磁器製のドラゴンボートの一部。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114915

  • 2021年04月01日
    (1)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、壁にはめ込まれた陶板画について説明する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114624

  • 2021年04月01日
    (5)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の中を見学する観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114790

  • 2021年04月01日
    (6)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月20日、上空から見た「磁器の城」。(小型無人機から)中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114791

  • 2021年04月01日
    (10)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」の中を見学する観光客。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114877

  • 2021年04月01日
    (16)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月18日、「磁器の城」の内部を彩る十二支の動物をかたどった磁器タイルアート。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114927

  • 2021年04月01日
    (3)夢をかなえたおばあちゃんの「磁器の城」江西省景徳鎮市

    3月19日、「磁器の城」で、観光客を案内する余二妹さん。中国江西省景徳鎮市浮梁県新平村には、土楼(どろう)に似た、個性的な外観を持つ磁器でできた円形の建物が数軒立ち並ぶ。これらの「磁器の城」の壁には、青花(染付)や粉彩(上絵付け)、顔色釉(釉掛け)などさまざまな技法を凝らした磁器の瓶や碗、皿、陶板画などがはめ込まれている。「磁器の城」のあるじは「磁器の城のおばあちゃん」と呼ばれる余二妹(よ・にまい)さん(91)。余さんは12歳から母方のおじの陶磁器工房で陶芸を学び始めた。2009年に出張で天津を訪れた際、偶然目にした磁器タイルで作られた「磁器ハウス」に深い感銘を受け、故郷に自分の「磁器の城」を建てようと決意した。2011年、80歳になった余さんは、「磁器の城」の夢の実現に向けて行動を開始。16年に最初の磁器の城が人々の前に姿を現した。同村にはこれまでに4棟の「城」が建てられ、建築群が構成されている。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040114688

  • 01:04.16
    2021年09月30日
    「新華社」雲南省で新たな明清時代の青花磁器窯跡見つかる

    中国雲南省昭通市鎮雄県でこのほど実施された赤水河流域文化の文化財調査で、青花磁器の窯跡が発見された。その後の専門家による実地調査により、明清時代の青花磁器製造遺跡と判明した。同省文物鑑定専門家委員会が28日明らかにした。窯跡は同県以勒(いろく)鎮金鐘社区(コミュニティー)碗廠(わんしょう)集落の農地で見つかり、概算面積は100ムー(約6・7ヘクタール)近くある。実地調査に参加した同委員会の張永康(ちょう・えいこう)主任によると、採集標本の初期分析で、同窯跡がかつて竜窯柴焼、渋圏畳焼の焼成方法を用い、青釉や青花(染付)、藍釉などの装飾が施された盃や皿、碗、すり鉢、双耳缶などを生産していたことが分かった。磁器の標本には、明代と清代のものがあり、窯が比較的長期間使用されていたことを物語っているという。雲南省博物館文物鑑定ステーションの趙雲(ちょう・うん)副主任は、同省北東部で今回のような規模と質の青花磁器窯跡が見つかることは珍しく、雲南、四川、貴州3省の過去の交易関係を研究する上で重要な意義を持つと述べた。同省は青花磁器の重要な歴史的産地の一つで、これまでに建水窯や玉渓窯、大理窯などの窯跡が見つかっている。今回見つかった鎮雄窯は、同省における古窯跡考古学分野の新たな重要発見であり、明清時代の同県の交通と商業、交易、製造業の発展水準も示している。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102844

  • 2021年12月30日
    (1)中国の芸術家21人が競演上海で青花作品の学術招待展

    27日、白明(はく・めい)氏の作品「線釈水」「青山仁愛」「大地窓花」。中国の芸術家21人の青花(染付)作品を集めた「青藍-2021中国当代青花学術招待展」が27日、上海市の豫園商城にある華宝楼で始まった。上海豫園文化商業集団と景徳鎮陶磁大学の共催で、山水や花鳥、人物、抽象などを題材とした磁板画や彫刻、陶磁器などの作品70点(組)余りを展示している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004677

  • 2021年12月30日
    (2)中国の芸術家21人が競演上海で青花作品の学術招待展

    27日、羅小聡(ら・しょうそう)氏の作品「美麗中国」と「聖」。中国の芸術家21人の青花(染付)作品を集めた「青藍-2021中国当代青花学術招待展」が27日、上海市の豫園商城にある華宝楼で始まった。上海豫園文化商業集団と景徳鎮陶磁大学の共催で、山水や花鳥、人物、抽象などを題材とした磁板画や彫刻、陶磁器などの作品70点(組)余りを展示している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004680

  • 2021年12月30日
    (3)中国の芸術家21人が競演上海で青花作品の学術招待展

    27日、兪暁夫(ゆ・ぎょうふ)氏の作品「音楽家」を鑑賞する来場者。中国の芸術家21人の青花(染付)作品を集めた「青藍-2021中国当代青花学術招待展」が27日、上海市の豫園商城にある華宝楼で始まった。上海豫園文化商業集団と景徳鎮陶磁大学の共催で、山水や花鳥、人物、抽象などを題材とした磁板画や彫刻、陶磁器などの作品70点(組)余りを展示している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004689

  • 2021年12月30日
    (5)中国の芸術家21人が競演上海で青花作品の学術招待展

    27日、冷軍(れい・ぐん)氏の作品「高秋図」「高枝図」「風枝」。中国の芸術家21人の青花(染付)作品を集めた「青藍-2021中国当代青花学術招待展」が27日、上海市の豫園商城にある華宝楼で始まった。上海豫園文化商業集団と景徳鎮陶磁大学の共催で、山水や花鳥、人物、抽象などを題材とした磁板画や彫刻、陶磁器などの作品70点(組)余りを展示している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004690

  • 2021年12月30日
    (4)中国の芸術家21人が競演上海で青花作品の学術招待展

    27日、李津(り・しん)氏の作品「降福保安康」を鑑賞する来場者。中国の芸術家21人の青花(染付)作品を集めた「青藍-2021中国当代青花学術招待展」が27日、上海市の豫園商城にある華宝楼で始まった。上海豫園文化商業集団と景徳鎮陶磁大学の共催で、山水や花鳥、人物、抽象などを題材とした磁板画や彫刻、陶磁器などの作品70点(組)余りを展示している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004688

  • 2022年01月18日
    (5)トラにまつわる文物展、上海で中日共同開催

    17日、青花(染め付け)陶磁器に描かれた「日本虎」。中国の上海博物館で18日、今年の干支の「壬寅(みずのえとら)」にちなんだ特別展「虎笑寅年-中日虎年迎春展」が開幕した。同博物館が日本の九州国立博物館と共同で開催し、中国で間もなく到来する春節(旧正月)と中日国交正常化50周年を祝い、アジアの古代のトラに関連した文物を展示する。会期は2月27日まで。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011812839

  • 2022年01月18日
    (4)トラにまつわる文物展、上海で中日共同開催

    17日、九州国立博物館所蔵の染付虎竹図十二角大皿。中国の上海博物館で18日、今年の干支の「壬寅(みずのえとら)」にちなんだ特別展「虎笑寅年-中日虎年迎春展」が開幕した。同博物館が日本の九州国立博物館と共同で開催し、中国で間もなく到来する春節(旧正月)と中日国交正常化50周年を祝い、アジアの古代のトラに関連した文物を展示する。会期は2月27日まで。(上海=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011812840

  • 2022年01月19日
    (5)寅年を迎える文物展、上海で中日共同開催

    18日、上海博物館に展示された九州国立博物館所蔵の染付竹虎図十二角大皿。中国の上海博物館で18日、今年の干支の「壬寅(みずのえとら)」にちなんだ特別展「虎笑寅年-中日虎年迎春展」が開幕した。同博物館が日本の九州国立博物館と共同で開催し、中国で間もなく到来する春節(旧正月)と中日国交正常化50周年を祝い、アジアの古代のトラに関連した文物を展示する。会期は2月27日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911759

  • 2022年01月19日
    (4)寅年を迎える文物展、上海で中日共同開催

    18日、上海博物館に展示された九州国立博物館所蔵の染付竹虎図十二角大皿に見入る来場者。中国の上海博物館で18日、今年の干支の「壬寅(みずのえとら)」にちなんだ特別展「虎笑寅年-中日虎年迎春展」が開幕した。同博物館が日本の九州国立博物館と共同で開催し、中国で間もなく到来する春節(旧正月)と中日国交正常化50周年を祝い、アジアの古代のトラに関連した文物を展示する。会期は2月27日まで。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911761

  • 1