KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 栃錦清隆
  • 昭和
  • 蔵前国技館
  • 両国国技館
  • 年寄
  • 四股名
  • 本名
  • しき
  • 太刀持ち
  • 春日野部屋

「栃錦」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
97
( 1 97 件を表示)
  • 1
97
( 1 97 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 1983年01月21日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、本名・大塚→中田清、春日野部屋、四股名・大塚、栃錦(横綱)、年寄名・春日野、1982年12月24日撮影

    商品コード: 2004033100036

  • 1974年03月14日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、横綱、本名・大塚→中田清、所属部屋・春日野、四股名・大塚→栃錦、年寄名・春日野=1974(昭和49)年2月撮影

    商品コード: 2005050600078

  • 1969年06月12日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、横綱、本名・大塚→中田清、四股名・大塚→栃錦、所属部屋・春日野、年寄名・春日野=1969(昭和44)年6月2日撮影

    商品コード: 2005121400128

  • 1969年06月02日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、横綱、本名・大塚→中田清、所属部屋・春日野、四股名・大塚→栃錦、年寄名・春日野=1969(昭和44)年6月2日撮影

    商品コード: 2007052400031

  • 1954年11月01日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    1954(昭和29)年10月8日、打ち上がった横綱締めた化粧まわし姿の栃錦(大相撲、本名・大塚、中田清、春日野部屋、四股名・大塚、栃錦(横綱)年寄名・春日野)

    商品コード: 1954110100007

  • 1976年01月13日
    栃錦清隆

    栃錦清隆、大相撲、とちにしき・きよたか、本名・大塚清(おおつか・きよし)→中田清(なかた・きよし)、死去・1990(平成2)年1月10日、春日野部屋、四股名・大塚→栃錦(横綱)、優勝10回、技能賞9回など、年寄名・春日野、日本相撲協会理事長、NHK放送文化賞受賞、都民文化栄誉章受章=1976(昭和51)年1月13日

    商品コード: 1975120100072

  • 1982年05月19日
    栃錦清隆

    栃錦清隆、大相撲、とちにしき・きよたか、死去・1990年1月10日、本名・大塚清・中田清、春日野部屋、四股名・大塚清・栃錦清隆、第44代横綱、年寄名・春日野清隆、日本相撲協会理事長・相談役、勲二等瑞宝章受章=1982(昭和57)年5月19日

    商品コード: 1982082000033

  • 1968年11月14日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、横綱、本名・大塚→中田清、所属部屋・春日野、四股名・大塚→栃錦、年寄名・春日野=1968(昭和43)年9月26日撮影

    商品コード: 1968111400017

  • 1985年02月28日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、本名・大塚、中田清、春日野部屋、四股名・大塚、栃錦(横綱)、年寄名・春日野=1985(昭和60)年1月19日撮影

    商品コード: 2004012100023

  • 1982年06月11日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、本名・大塚→中田清、所属部屋・春日野、四股名・大塚→栃錦(横綱)、年寄名・春日野=1982(昭和57)年6月19日撮影

    商品コード: 2004060200043

  • 1976年02月05日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、横綱、本名・大塚→中田清、所属部屋・春日野、四股名・大塚→栃錦(横綱)、年寄名・春日野=1976(昭和51)年1月13日撮影

    商品コード: 2005020300040

  • 1974年02月07日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、横綱、本名・大塚→中田清、所属部屋・春日野、四股名・大塚→栃錦、年寄名・春日野=1974(昭和49)年1月29日撮影

    商品コード: 2005042800041

  • 1977年09月25日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、本名・大塚、中田清、春日野部屋、四股名・大塚、栃錦(横綱)年寄名・春日野、死亡・平成2年1月10日=1977(昭和52)年9月25日撮影、土俵上で賞状を読む、千秋楽で

    商品コード: 1977100900005

  • 1980年10月01日
    (とちにしき・きよたか) 栃錦清隆

    大相撲、横綱、本名・大塚→中田清、四股名・大塚→栃錦、所属部屋・春日野、年寄名・春日野=1980(昭和55)年10月撮影(左は勝子夫人)

    商品コード: 1980100100032

  • 1960年01月24日
    賜杯持つ栃錦 栃錦10度目の優勝

    大相撲初場所で10度目の優勝を飾り、賜杯を手に喜びの栃錦=1960(昭和35)年1月24日、東京・蔵前国技館 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第10巻使用画像(P190)

    商品コード: 2015062400488

  • 1959年03月22日
    栃錦が8度目の優勝

    8度目の優勝を果たし賜杯を手にする横綱栃錦=1959(昭和34)年3月22日、大阪府立体育館

    商品コード: 1959032200004

  • 2011年01月20日
    栃若時代の名人横綱 栃錦10度目の優勝

    1960(昭和35)年1月24日、大相撲初場所で「名人横綱」栃錦が14勝1敗で10度目となる最後の優勝を果たす。軽量ながら多彩な技を駆使する技能派力士として出世し、体重が増すと押し、寄りの正攻法に変わりテレビ創成期に若乃花との栃若時代を築いた。日本相撲協会の春日野理事長として両国国技館を建設した。

    商品コード: 2011012000167

  • 1960年10月01日
    栃錦最後の土俵入り

    断髪式を前に最後の土俵入りをする栃錦。左は太刀持の若乃花、右は露払の朝潮=1960(昭和35)年10月1日、蔵前国技館

    商品コード: 2008051200486

  • 1955年01月01日
    今年のホープ 栃錦

    横綱をしめる栃錦=1955(昭和30)年1月1日掲載用

    商品コード: 2012072400180

  • 2015年01月15日
    栃若時代の名人横綱 栃錦10度目の優勝

    1960(昭和35)年1月24日、大相撲初場所で「名人横綱」栃錦が14勝1敗で10度目となる最後の優勝を果たす。軽量ながら多彩な技を駆使する技能派力士として出世し、体重が増すと押し、寄りの正攻法に変わりテレビ創成期に若乃花との栃若時代を築いた。日本相撲協会の春日野理事長として両国国技館を建設した。

    商品コード: 2015011500217

  • 1958年06月02日
    栃錦にぶら下がる子ども 栃錦、子どもたちと対戦

    横綱栃錦に一斉にぶら下がるのは、栃錦に招待された養護施設の子どもたち。若乃花(初代)との2強による「栃若時代」がスタートしたころで、人気絶頂の横綱との〝対戦〟に稽古場は笑いに包まれた=1958(昭和33)年6月2日、東京都墨田区の春日野部屋

    商品コード: 2021032201509

  • 1947年05月26日
    夏場所大相撲番付発表

    新入幕の栃錦(右)と新十両の泉州山(左)(栃錦清隆)

    商品コード: 2005031500388

  • 2002年03月20日
    史上初楽日に横綱全勝対決

    1960年春場所、史上初めて千秋楽横綱が全勝対決。若乃花が栃錦を寄り切りで破る(右が栃錦)

    商品コード: 2002032000059

  • 1960年03月20日
    栃若時代

    「名人横綱栃錦」と「土俵の鬼若乃花」の名勝負が戦後の大相撲の黄金時代を築いた。3月20日大相撲春場所の千秋楽は史上初の横綱同士の全勝対決となり若乃花(写真左)が栃錦を寄り切りで破った=1960(昭和35)年3月20日(栃錦清隆、若乃花幹士)

    商品コード: 2003012700058

  • 1960年03月20日
    若乃花―栃錦 栃若、千秋楽に全勝対決

    「名人横綱」栃錦と「土俵の鬼」若乃花(初代)が、史上初めて横綱同士の千秋楽全勝対決。若乃花が栃錦を寄り切った。=1960(昭和35)年3月20日、大阪府立体育会館(栃錦清隆、若乃花幹士)

    商品コード: 2021032201438

  • 2011年10月12日

    別人K 56161-2 ◎新横綱栃錦の綱打ち 打ち上がったばかりの横綱を締める新横綱の栃錦=1954(昭和29)年、10月8日、東京都墨田区の春日野部屋

    商品コード: 2011101200147

  • 1989年11月09日
    大相撲の春日野親方が死去

    35年初場所、10回目の優勝を果たし賜杯を手に喜びの栃錦=1960(昭和35)年1月24日、蔵前国技館(栃錦清隆)(運動214)

    商品コード: 1989110900023

  • 1958年01月25日

    通 4702 ◎昭和33年初場所14日目 若乃花―栃錦 横綱栃錦(右)と大関若乃花の一番=1958(昭和33)年1月25日、蔵前国技館

    商品コード: 2010021800283

  • 1960年01月24日

    人物64507 ◎栃錦が10回目の優勝 10回目の優勝を果たしパレードに出発する横綱栃錦=1960(昭和35)年1月24日、蔵前国技館

    商品コード: 2011101300337

  • 2011年10月13日

    人物64507 ◎横綱栃錦が10度目の優勝 千秋楽結びの一番で朝汐を寄り切りで破り10度目の優勝を果たした横綱栃錦=1960(昭和35)年1月24日、蔵前国技館

    商品コード: 2011101300342

  • 2018年05月30日
    元春日野親方 春日野の重み、いま一度

    横綱栃錦として活躍した元春日野親方

    商品コード: 2018053000019

  • 2021年06月08日
    出身地の駅構内に勇姿

    東京都江戸川区・横綱栃錦の像

    商品コード: 2021060805764

  • 2009年03月12日
    千秋楽に全勝対決 栃若時代

    1960(昭和35)年3月20日、「名人横綱」栃錦と「土俵の鬼」若乃花(初代)が、史上初の横綱同士の千秋楽全勝対決。若乃花が栃錦を寄り切った。テレビの普及とともに大相撲の黄金期「栃若時代」を築いた。優勝はともに10回。全勝1回、連勝記録も同じ24。対戦成績は栃錦の19勝15敗。

    商品コード: 2009031200168

  • 2021年06月08日
    出身地の駅構内に勇姿

    東京都江戸川区・横綱栃錦の像

    商品コード: 2021060805763

  • 2021年06月08日
    栃錦像 出身地の駅構内に勇姿

    土俵入り姿の横綱栃錦像=東京都江戸川区

    商品コード: 2021060805750

  • 2021年06月08日
    出身地の駅構内に勇姿

    東京都江戸川区・横綱栃錦の像

    商品コード: 2021060805762

  • 2021年06月08日
    出身地の駅構内に勇姿

    東京都江戸川区・横綱栃錦の像

    商品コード: 2021060805765

  • 1958年05月17日
    栃錦の攻めこらえる若乃花 栃若時代

    大相撲夏場所14日目。栃錦(右)の激しい攻めを土俵際でこらえる若乃花。栃錦は若乃花を寄り切りに破り、千秋楽を待たずに13勝1敗で7度目の優勝を決めた=1958(昭和33)5月17日、蔵前国技館

    商品コード: 2021062806548

  • 1958年01月25日
    若乃花―栃錦 昭和33年初場所14日目

    大関若乃花 小手投げ 横綱栃錦(右)=1958(昭和33)年1月25日、蔵前国技館

    商品コード: 2010021800314

  • 2014年09月29日
    千秋楽に全勝対決 栃若時代

    春場所で栃錦と若乃花(初代)が、史上初の横綱同士の千秋楽全勝対決となり、若乃花が栃錦を寄り切りで破った。大相撲の黄金期を担い、「栃若時代」を築いた2横綱だが、優勝はともに10回。全勝1回、連勝記録も同じ24。対戦成績は栃錦の19勝15敗=1960(昭和35)年3月20日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第4巻使用画像(P187)

    商品コード: 2014092900366

  • 1985年05月07日
    春日野理事長還暦土俵入り

    日本相撲協会・春日野理事長=1985(昭和60)年5月7日(栃錦清隆)

    商品コード: 1985050700039

  • 2018年03月07日
    栃若時代の幕が開く

    数々の熱戦を繰り広げた栃錦(右)と若ノ花(のち若乃花)=1956年

    商品コード: 2018030700266

  • 2003年01月08日
    金城、49歳の“旅立ち”

    断髪式の金城。後ろではさみを入れるのは師匠の春日野親方(元横綱栃錦)=ともに故人

    商品コード: 2003010800034

  • 2004年04月28日
    アマレスから力士に

    アマチュアレスリングから大相撲入りした宮内輝和、右は春日野親方(故元横綱栃錦)

    商品コード: 2004042800059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年09月01日
    若乃花―栃錦 花田勝治氏が死去

    1958年初場所、横綱栃錦(右)と大関若乃花の取組は、水入り2回の大相撲=東京・蔵前国技館

    商品コード: 2010090100469

  • 1958年01月04日
    明治神宮で手数入り

    横綱栃錦の手数入り。太刀持ち栃光、露払い八染=1958(昭和33)年1月4日、東京・渋谷区代々木の明治神宮

    商品コード: 2011122100378

  • 2018年11月05日
    栃錦と若乃花 「昭和」伝えた名実況

    大相撲で数々の名勝負を繰り広げ、「栃若時代」を築いた栃錦(右)と若乃花(当時若ノ花)=1956年

    商品コード: 2018110512909

  • 1988年01月24日
    旭富士が初優勝 大相撲初場所千秋楽

    春日野理事長(右)から賜杯を受ける旭富士=1988年1月24日、両国国技館(旭富士正也、栃錦清隆)

    商品コード: 1988012400007

  • 2014年11月07日
    王座決定戦の記念写真 番付にない「幻の5横綱」

    大阪の大相撲王座決定戦で勢ぞろいする(左から)栃錦、千代の山、東富士、吉葉山、鏡里の5人の横綱。東富士が直前の9月場所で引退届けを出し、入れ替わるように連続優勝の栃錦が横綱に昇進したため5横綱の勢ぞろいは番付上では見られない=1954(昭和29)年11月3日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第2巻使用画像(P185)

    商品コード: 2014110700625

  • 2015年10月29日
    王座決定戦の記念写真 「幻の5横綱」勢揃い

    1954(昭和29)年11月3日、大相撲王座決定戦(大阪)で勢ぞろいした(左から)栃錦、千代の山、東富士、吉葉山、鏡里の5人の横綱。番付上では見られない「幻の5横綱」の記念写真が残されたのは、東富士が直前の9月場所で引退届を出し、入れ替わるように連続優勝の栃錦が横綱に昇進していたため実現。

    商品コード: 2015102900360

  • 2012年10月25日
    王座決定戦の記念写真 「幻の5横綱」勢揃い

    1954(昭和29)年11月3日、大阪の大相撲王座決定戦で勢ぞろいする(左から)栃錦、千代の山、東富士、吉葉山、鏡里の5人の横綱。番付上では見られない「幻の5横綱」の記念写真が残されたのは、東富士が直前の9月場所で引退届けを出し、入れ替わるように連続優勝の栃錦が横綱に昇進していたため実現。

    商品コード: 2012102500225

  • 2012年05月10日
    横綱若乃花6度目の優勝 まわし姿でパレード

    1959(昭和34)年5月17日、千秋楽に全勝の栃錦を倒し、横綱同士初の優勝決定戦でも勝ち6度目の優勝を果たした若乃花(初代)。予期していなかった結果に紋付きの用意はなく、まわし姿のまま若秩父(左)や若三杉(手前)とともにパレード。「土俵の鬼」若乃花の優勝回数はライバル栃錦と同数の10回。

    商品コード: 2012051000165

  • 1958年06月14日
    横綱が官邸で土俵入り

    首相官邸の庭で栃錦の土俵入りを見る岸首相ら各大臣=1958(昭和33)年6月14日

    商品コード: 2012021400216

  • 1957年02月03日
    節分の豆まき

    東京・深川八幡宮で節分の豆をまく千代の山(右)と栃錦関=1957(昭和32)年2月3日

    商品コード: 2012061100432

  • 1956年02月20日
    栃若時代

    横綱栃錦(寄り切り)大関若ノ花 名古屋場所(9日目)=1956(昭和31)年2月20日、名古屋(若乃花)

    商品コード: 1956022050001

  • 1987年05月16日
    天皇陛下がご観戦 大相撲夏場所7日目

    春日野理事長(左)の解説で熱心に取り組みをご覧になる天皇陛下=5月16日、両国国技館(栃錦清隆)

    商品コード: 1987051600010

  • 1985年09月29日
    北の湖の引退披露大相撲

    北の湖の断髪式ではさみを入れる春日野理事長=1985年9月29日、両国国技館(北の湖敏満、栃錦清隆)

    商品コード: 1985092900012

  • 1958年05月17日
    栃錦 寄り切り 若乃花 大相撲夏場所14日目

    栃錦(右)は若乃花を寄り切りに破り、千秋楽を待たずに13勝1敗で優勝を決めた=1958(昭和33)5月17日、蔵前国技館

    商品コード: 2006072100216

  • 1956年02月20日
    栃錦寄り切りで若乃花下す 大相撲「栃若時代」

    名古屋準本場所9日目、横綱栃錦(右)が寄り切りで大関若乃花(当時若ノ花)を下す=1956(昭和31)年2月20日、名古屋市金山体育館

    商品コード: 2010021900635

  • 1958年01月25日

    通 4603-2 ◎昭和33年初場所14日目 大関若乃花(左)  小手投げ 横綱栃錦(その2)=1958(昭和33)年1月25日、蔵前国技館

    商品コード: 2010022200180

  • 1985年01月26日
    綛田、春日野部屋入り

    春日野部屋入りが決まり記者会見する明大の綛田、右は春日野理事長=1985(昭和60)年1月26日、両国国技館記者クラブ 両国発(栃錦清隆、栃乃和歌清隆)

    商品コード: 1985012600019

  • 1985年01月09日
    国技館落成式

    両国国技館の披露パーティーであいさつする中曽根康弘首相。左は春日野理事長=1985(昭和60)年1月9日、東京都墨田区横網(栃錦清隆)

    商品コード: 1985010900014

  • 1959年05月17日
    横綱若乃花が6度目の優勝

    横綱栃錦との対決を制して6度目の優勝を果たし賜杯を手にする横綱若乃花=1959(昭和34)年5月17日、蔵前国技館

    商品コード: 1959051700002

  • 2011年10月25日

    ◎若乃花が7度目の優勝 大相撲秋場所結びの一番で横綱栃錦をよりきりで破り、14勝1敗で7度目の優勝を決めた横綱若乃花=1959(昭和34)年9月27日、蔵前国技館

    商品コード: 2011102500061

  • 1960年03月20日

    通 559ー4 ◎昭和35年春場所千秋楽 横綱若乃花 寄り切り 横綱栃錦(右)=1960(昭和35)年3月20日、大阪府立体育会館

    商品コード: 2010022200097

  • 1960年03月20日

    通 559 ◎昭和35年春場所千秋楽 横綱若乃花 寄り切り 横綱栃錦(左)=1960(昭和35)年3月20日、大阪府立体育会館

    商品コード: 2010022200107

  • 1958年01月25日

    通 4603-1 ◎昭和33年初場所14日目 大関若乃花(左)  小手投げ 横綱栃錦(その1)=1958(昭和33)年1月25日、蔵前国技館

    商品コード: 2010022200172

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年09月01日
    栃錦を破り優勝 花田勝治氏が死去

    1960年の春場所千秋楽で、史上初の横綱同士の全勝対決となり、栃錦(右)を寄り切りで破り優勝した若乃花=大阪府立体育会館

    商品コード: 2010090100422

  • 1994年09月05日
    うまさの栃、強さの若

    昭和35年春場所千秋楽の全勝対決。手前の若乃花が寄り切りで栃錦を破る(企画・戦後スポーツライバル史)(資料81766)(大相撲)

    商品コード: 2003012700057

  • 1984年09月20日
    栃若時代 姿を消す蔵前国技館

    ファンを魅了した栃若対決。昭和33年の夏場所14日目、水入り後の大一番で栃錦(右)は若乃花を寄り切って優勝を決めた=1958(昭和33)年5月17日、蔵前国技館

    商品コード: 2020012704785

  • 1958年01月25日

    通 4603-3 ◎昭和33年初場所14日目 大関若乃花(左) 小手投げ 横綱栃錦(その3)=1958(昭和33)年1月25日、蔵前国技館

    商品コード: 2010022200185

  • 1985年09月29日
    北の湖の引退披露大相撲

    太刀持ち千代の富士、露払い北天佑を従え最後の土俵入りをする北の湖=1985(昭和60)年9月29日、両国国技館(北の湖敏満、栃錦清隆)

    商品コード: 1985092900011

  • 1985年01月09日
    国技館落成式

    両国国技館の落成式に出席した春日野理事長(右)と二子山理事=1985(昭和60)年1月9日、東京都墨田区横網(栃錦清隆、若乃花幹士)

    商品コード: 1985010900022

  • 1994年09月05日
    うまさの栃、強さの若

    昭和35年10月、栃錦の断髪式でハサミを入れる若乃花(企画)(戦後スポーツライバル史)(資料)(別KA6879)(大相撲)

    商品コード: 1994090500029

  • 1985年12月21日
    発表する春日野理事長 花籠親方が廃業

    花籠親方の廃業を発表する春日野理事長(左)。中央は二子山親方=1985(昭和60)年12月21日、両国国技館(元横綱輪島、栃錦清隆、先代若乃花)

    商品コード: 1985122100019

  • 1985年01月09日
    国技館落成式

    両国国技館に入る中曽根康弘首相(左端)を迎える春日野理事長(右端)=1985(昭和60)年1月9日、東京都墨田区横網(栃錦清隆)

    商品コード: 1985010900015

  • 1985年05月07日
    春日野理事長(元横綱栃錦) 還暦祝いの土俵入り

    還暦を祝って春日野理事長(元横綱栃錦)が土俵入り。太刀持ちは二子山(元若乃花)、露払いは出羽海(元佐田の山)の両親方が務めた=1985(昭和60)年5月7日、東京・両国国技館

    商品コード: 1985050750001

  • 1980年01月26日
    握手する春日野理事長ら 〝栃若内閣〟が誕生

    がっちりと手を握る(左から)二子山理事(元横綱若乃花)、春日野理事長(元横綱栃錦)、大鵬理事(元横綱大鵬)=1980(昭和55)年1月26日、蔵前国技館(昭和55年運動2296)

    商品コード: 2017030800208

  • 2011年10月12日

    別人K56163 ◎5横綱が勢ぞろい 大相撲王座決定戦後、記念写真に納まる5横綱。左から栃錦、準優勝の千代の山、東富士、優勝の吉葉山、鏡里=1954(昭和29)年11月3日、大阪市の大阪プール特設会場

    商品コード: 2011101200222

  • 1985年06月06日
    千代の富士ら首相にあいさつ

    大相撲ニューヨーク公演を前に、中曽根康弘首相(中央)にあいさつする(左から)武隈親方、春日野理事長、横綱千代の富士、横綱隆の里=1985(昭和60)年6月6日、首相官邸(北の洋昇、栃錦清隆、千代の富士貢、隆の里俊英)

    商品コード: 1985060600025

  • 1985年05月07日
    元横綱栃錦の春日野理事長 還暦祝いの土俵入り

    還暦を祝っての土俵入りを披露する元横綱栃錦の春日野理事長(中央)。太刀持ちは二子山親方(元若乃花)、露払いは出羽海親方(元佐田の山)=1985(昭和60)年5月7日、東京・両国国技館

    商品コード: 1985050750002

  • 1985年05月07日
    春日野理事長が土俵入り

    土俵入りする元横綱・栃錦の春日野理事長。左は太刀持ちの元横綱・若乃花(現二子山親方)、右は露払いの元横綱・佐田の山(現出羽海親方)=1985(昭和60)年5月7日、両国国技館

    商品コード: 1985050700037

  • 2011年10月10日

    別人K 95393-2 ◎横綱若乃花が6度目の優勝 横綱栃錦との対決を制して6度目の優勝を果たし、パレードに出発する横綱若乃花(右)。左は若秩父、左手前は若三杉。優勝を予期しておらず、羽織はかまの用意が無く、まわし姿のままのパレードとなった=1959(昭和34)年5月17日、蔵前国技館

    商品コード: 2011101000082

  • 2015年03月05日
    軽量、豪快な若乃花(初代) 「土俵の鬼」初の土俵入り

    1958(昭和33)年3月9日、横綱に昇進した若乃花(初代)が大阪の春場所で土俵入りを初披露。軽量ながら豪快な取り口で人気を集め、日活映画「土俵の鬼」にも自身で出演し子どものファンも多かった。栃錦とともに戦後最初の大相撲黄金期「栃若時代」を築き、10回の優勝。

    商品コード: 2015030500281

  • 2015年04月30日
    赤い綱締め雲竜型 春日野理事長還暦土俵入り

    1985(昭和60)年5月7日、日本相撲協会の春日野理事長(元横綱栃錦)が赤い綱を締め両国国技館で「還暦土俵入り」。太刀持ちに二子山親方(初代若乃花)、露払いに出羽海親方(佐田の山)を従え、雲竜型を披露。昭和に入って4人目の還暦土俵入りは先々代出羽海(常ノ花)以来、29年ぶり。

    商品コード: 2015043000371

  • 2015年06月04日
    第2次岸内閣を祝福 3横綱が官邸で土俵入り

    1958(昭和33)年6月14日、首相官邸の中庭で土俵入りをするのは横綱栃錦。第2次岸内閣の発足を祝い千代の山、若乃花の3横綱が芝生の上で次々と力強い土俵入りを披露。椅子に座って見詰めるのは(右から左へ)岸信介首相、川島正次郎自民党幹事長、佐藤栄作蔵相、池田勇人国務相ら閣僚と党役員。

    商品コード: 2015060400293

  • 2009年02月12日
    33年冬/節分/それぞれの「福」求め 「昭和」戦後の記憶 レンズが見た栃木の世相

    相撲横町/佐野市では横綱栃錦、千代の山、若乃花らが出場して東京大相撲が行われた。のぼりが並ぶ伊賀町通りは相撲横町と呼ばれた[下野新聞掲載日:1958(昭和33)年2月/2009(平成21)年2月12日]=1958(昭和33)年2月、栃木県佐野市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081905204

  • 2010年04月29日
    赤い綱締め雲竜型 春日野理事長還暦土俵入り

    1985(昭和60)年5月7日、日本相撲協会の春日野理事長(元横綱栃錦)が赤い綱を締め両国国技館で「還暦土俵入り」。太刀持ちに二子山親方(初代若乃花)、露払いに出羽海親方(佐田の山)を従え、雲竜型を披露。昭和に入って4人目の還暦土俵入りは、先々代出羽海(常ノ花)以来、29年ぶり。

    商品コード: 2010042900101

  • 2010年01月07日
    胸毛の人気力士 横綱朝潮が引退

    1962(昭和37)年1月12日、鹿児島県徳之島出身で濃い胸毛と太いまゆ毛の横綱朝潮が高砂部屋で引退の記者会見。大阪場所の優勝が多く「大阪太郎」の異名をとった。右上手に左はずの体勢になれば栃錦、若乃花も寄せ付けなかった。腰椎(ようつい)分離症に悩まされながら5回優勝したが、全勝や連覇はなかった。

    商品コード: 2010010700136

  • 1959年05月23日
    最後の土俵入り 千代の山が引退

    太刀持ちに横綱栃錦、露払いに横綱若乃花を従え、最後の土俵入りをする横綱千代の山。行司は木村庄之助(第22代)=1959(昭和34)年5月23日、蔵前国技館 (ちよのやま・まさのぶ、本名・杉村昌治、出羽海部屋、四股名・杉村、千代ノ山、千代の山年寄名・千代の山、九重、死亡・昭和52年10月29日、ウ8468

    商品コード: 1959052300004

  • 2012年05月17日
    若乃花ら従え土俵入り 千代の山最後の雄姿

    1959(昭和34)年5月23日、横綱千代の山が断髪式を前に最後の土俵入り。太刀持ちに栃錦、露払い若乃花(左)の両横綱が花を添えた。強烈な突っ張りを武器に6回の幕内優勝。引退後は年寄九重を襲名したが、その後出羽海部屋の後継者となれず、北の富士ら10力士を連れて独立、破門の形で高砂一門に移籍。

    商品コード: 2012051700466

  • 2012年06月07日
    第2次岸内閣を祝福 3横綱が官邸で土俵入り

    1958(昭和33)年6月14日、首相官邸の中庭で土俵入りをするのは横綱栃錦。第2次岸内閣の発足を祝い千代の山、若乃花の3横綱が芝生の上で次々と力強い土俵入りを披露。椅子に座って見詰めるのは(右から左へ)岸信介首相、川島正次郎自民党幹事長、佐藤栄作蔵相、池田勇人国務相ら閣僚と党役員。

    商品コード: 2012060700209

  • 01:11.12
    1961年01月28日
    信夫山引退

    東京蔵前国技館で、去年の秋場所で引退した郷土の名力士・信夫山の年寄襲名披露が行われた。断髪式では、まず堀切県人会長がまげにはさみを入れる。続いて横綱若乃花や、友人の出羽錦ら各界代表83人がはさみを入れた。先日行われた栃錦の断髪式が87人で、それに次ぐ盛大な式だった。20年で技能賞6回。今後は山響親方として後輩の指導をする。 撮影日:1961(昭和36)年1月28日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070800795

  • 1988年02月01日
    「栃若」交代 二子山理事長が誕生

    花束を手にがっちりとバトンタッチの握手をする二子山新理事長(右)と春日野前理事長=両国国技館

    商品コード: 2005061500023

  • 1985年01月09日
    新国技館落成式

    新しい国技館で春日野理事長(右)の説明を聞く中曽根首相=1985(昭和60)年1月9日

    商品コード: 1985010900016

  • 1985年06月05日
    大相撲ニューヨーク場所 訪米を前に米大使を訪問

    大相撲ニューヨーク場所を前に米大使館を訪問、マンスフィールド大使にコーヒーを勧められる千代の富士。左から2人目は春日野理事長、右端は朝潮=1985(昭和60)年6月5日、東京都港区の米国大使館

    商品コード: 1985060500017

  • 1985年06月06日
    大相撲NY場所で 訪米を前に首相を訪問

    大相撲ニューヨーク場所を前に中曽根首相を訪れた春日野理事長(左)、千代の富士(右から2人目)、隆の里(右)=1985(昭和60)年6月6日、首相官邸

    商品コード: 1985060600009

  • 1