KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 北朝鮮の核実験
  • 核実験反対
  • 核実験実施
  • 安全保障理事会
  • 平壌国際空港
  • 朝鮮労働党
  • 水爆実験
  • 首都平壌
  • アントニオ猪木
  • フェルトマン

「核実験」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:41.96
    2019年11月24日
    真の平和は非武装以外あり得ない ローマ教皇、広島で呼び掛け

    ローマ・カトリック教会の頂点に立つ教皇(法王)フランシスコは24日、被爆地の長崎に続いて夕方には広島を訪問した。広島市の平和記念公園での「平和のつどい」で演説し、「真の平和は非武装の平和以外にあり得ない」として、被爆地訪問は自らの義務だと感じていたと述べた。<映像内容>教皇の平和記念公園の入り、献花と黙とう、教皇の演説、撮影日:2019(令和元)年11月24日、撮影場所:広島県 広島市 平和記念公園 ※演説の発言は以下の通り「私は平和の巡礼者として、この場所を訪れなければならないと感じていました」「戦争のために原子力を使用することは、現代において、犯罪以外の何ものでもありません」「戦争のための最新鋭で強力な兵器を製造しながら、平和について話すことなどどうしてできるでしょうか」「核戦争の脅威で威嚇することに頼り続けながら、どうして平和を提案できるでしょうか」「真の平和とは、非武装の平和以外にありえません」「原爆と核実験とあらゆる紛争の全犠牲者の名によって、声を合わせて叫びましょう。戦争はもういらない!」

    撮影: 2019(令和元)年11月24日

  • 00:20.75
    2019年06月05日
    「新華社」次世代制御核融合研究装置の据え付け開始四川省成都市

    中国四川省成都市で5日、トカマク型の次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」(HL-2M)の据え付けが始まった。中国核工業集団傘下の核工業西南物理研究院が建造する同装置は、核融合炉のコア技術を研究するための重要なプラットフォームとなる。核融合反応によるエネルギー発生の原理は、太陽が発光、発熱する仕組みと似ているため、クリーンエネルギーの探求を目的とする制御核融合研究装置は「人工太陽」とも呼ばれる。同装置の核心的な部品の一つである本体コイルシステムは、中心の柱の総重量が約90トン。製造が難しいだけでなく、強い衝撃荷重下で運用寿命10万回以上が求められるという。同研究院の劉永(りゅう・えい)院長は、「中国還流器2号M」は国内の同種の装置と比べると規模もパラメーターも大きく、より先進的な構造と制御方式を採用しており、プラズマ温度は2億度を超えるだろうと説明。国際熱核融合実験炉(ITER)の関連する実験と運用や、将来的な国産核融合炉の設計・建造に重要な技術的サポートを提供することになると述べた。同装置の本体コイルシステムは同日午後、製造を担当した東方電気集団傘下の東方電機から引き渡され、華西集団傘下の四川省工業設備安装が全面的な据え付け工事を開始した。(記者/李華梁、謝佼)<映像内容>次世代制御核融合研究装置「中国還流器2号M」据え付け開始、撮影日:2019(令和元)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.15
    2018年04月21日
    経済建設の新路線を支持 北朝鮮・平壌市民ら

    北朝鮮が核開発路線の転換や核実験場閉鎖などを発表した21日、平壌市民らからは金正恩朝鮮労働党委員長が提示した経済建設に総力を集中する新たな路線を支持する声が聞かれた。平壌市内の科学者向け高層住宅団地「未来科学者通り」に設置された大型スクリーン前では、発表を伝える朝鮮中央テレビのニュースを市民らが見守っていた。<映像内容>北朝鮮の首都・平壌の市内(未来科学者通り周辺)街頭雑観、スマートフォンなどでニュースを見る市民らの様子、大型スクリーン前でニュースを見守る市民らなど、撮影日:2018(平成30)年4月21日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2018(平成30)年4月21日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:14.47
    2017年12月07日
    北朝鮮外相と国連事務次長が会談

    北朝鮮を訪問中の国連のフェルトマン事務次長(政治局長)は7日、平壌で李容浩(リ・ヨンホ)外相と会談した。北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会決議の順守を求め、衝突の懸念も出ている米国との対話を働き掛けた可能性がある。 <映像内容>北朝鮮・平壌での国連のフェルトマン事務次長と李容浩外相と会談の様子。現地時間7日撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.08
    2017年12月06日
    北朝鮮外務次官と会談 国連事務次長、自制要請か

    北朝鮮を訪問している国連のフェルトマン事務次長(政治局長)は6日、朴明国外務次官と会談した。朝鮮半島情勢が緊迫化する中、核実験や弾道ミサイル発射の自制を促し、対立を深める米国との緊張緩和の糸口を探った可能性がある。フェルトマン氏は9日まで平壌に滞在し、李容浩外相との会談も予定されている。会談には国連開発計画(UNDP)の北朝鮮常駐代表らが同席した。<映像内容>会場の外観、出迎えや握手、会談の様子など。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.08
    2017年12月05日
    国連事務次長が訪朝 軍事衝突回避へ調停

    国連のフェルトマン事務次長(政治局長)は5日、北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)を訪問した。北朝鮮による核・ミサイル開発で米朝の緊張が激化する中、軍事衝突を避けるため調停役として対話の糸口を探り、核実験や弾道ミサイル発射の自制も促す。8日まで滞在し李容浩(リ・ヨンホ)外相らと会談する予定。国連高官の訪朝は2011年以来。<映像内容>国連のフェルトマン事務次長が平壌に到着した際の映像。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:57.85
    2017年09月15日
    北朝鮮がミサイル発射 札幌市内の様子

    政府によると、北朝鮮が日本時間15日午前6時57分ごろ、弾道ミサイル1発を北東方向に発射した。ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬の東約2千キロの太平洋上に落下した。全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動した。日米韓がミサイルの種類などの分析を急いでいる。国連安全保障理事会は11日、北朝鮮による6回目の核実験を受けて、新たな制裁決議を採択。北朝鮮は国際社会の圧力に対抗して核・ミサイル開発を続ける強硬姿勢を鮮明にした。〈映像内容〉北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、地下鉄さっぽろ駅とJR札幌駅の様子。撮影は15日、午前7時から8時ごろ。

  • 03:09.82
    2017年09月12日
    「極めて強力、採択を歓迎」 安保理決議で菅官房長官

    国連安全保障理事会は11日、6回目の核実験を強行した北朝鮮に関する公開会合を開き、石油精製品の供給や原油輸出に上限を設けることを柱とする米国主導の制裁強化決議案を全会一致で採択した。菅義偉官房長官は12日午前の閣議後記者会見で「極めて強力な安保理決議が全会一致で採択されたことを歓迎する」と述べた。<映像内容>官房長官入り、記者会見、質疑応答など。撮影は首相官邸で12日午前10時5分から20分ごろ。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:39.08
    2017年09月11日
    首相「北朝鮮抑止へ行動」 自衛隊幹部に訓示

    安倍晋三首相は11日、防衛省での自衛隊高級幹部会同で訓示し、北朝鮮による核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射に関し「北朝鮮が挑発行為を繰り返す中、その脅威を抑止しなければならない。米国と共に防衛態勢と能力の向上を図るべく、具体的な行動を取る」と述べた。自衛隊の弾道ミサイル防衛(BMD)と、米軍の空母や戦略爆撃機との共同訓練を強化する方針を踏まえた発言だ。<映像内容>自衛隊高級幹部会同。栄誉礼、安倍首相の訓示など。東京都新宿区の防衛省で11日、午前10時から11時ごろに撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.97
    2017年09月08日
    北朝鮮外交トップと会談 猪木氏、日朝関係議論か

    北朝鮮を訪問しているアントニオ猪木参院議員は8日、朝鮮労働党で国際部門を統括する李洙墉副委員長と平壌で会談した。スポーツ交流を中心に日朝関係を話し合ったほか、北朝鮮が実施した核実験や弾道ミサイル発射についても意見交換した可能性がある。李氏は朝日友好親善協会の顧問を務めている。金正恩党委員長のスイス留学を世話し、金氏の信頼が厚いとされる。会談には同協会会長の劉明善党副部長も同席した。  〈映像内容〉猪木参院議員の入り、出迎えられ、会談する様子。平壌市内で8日撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:30.75
    2017年09月03日
    北朝鮮が6回目核実験 「水爆実験の可能性も」と官房長官

    日本政府によると、北朝鮮北東部で日本時間の3日午後0時29分ごろ、マグニチュード(M)6・1の地震波が観測された。北朝鮮国営メディアは同日、「重大報道」を通じ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に「完全成功」したと発表した。北朝鮮の核実験は6回目、昨年9月9日の建国記念日以来で、今年1月のトランプ米政権発足後は初めて。場所は北東部豊渓里(プンゲリ)とみられ、爆発規模は過去最大。菅官房長官は3日夕の記者会見で、今回の核実験に関し「今回の実験が水爆実験であった可能性は否定できない」と述べた。<映像内容>3日夕方に行われた官房長官記者会見。撮影は3日午後5時55分ごろから同6時すぎまで、首相官邸で。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:37.49
    2017年09月03日
    北朝鮮が6回目の核実験 NSC後の官房長官記者会見

    日本政府によると、北朝鮮北東部で日本時間の3日午後0時29分ごろ、マグニチュード(M)6・1の地震波が観測された。北朝鮮国営メディアは同日、「重大報道」を通じ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に「完全成功」したと発表した。北朝鮮の核実験は6回目、昨年9月9日の建国記念日以来で、今年1月のトランプ米政権発足後は初めて。場所は北東部豊渓里(プンゲリ)とみられ、爆発規模は過去最大。菅官房長官は3日午後、国家安全保障会議の関係閣僚会合後の記者会見で、北朝鮮の核実験強行を断じて容認できないとする内閣総理大臣声明を発表。「わが国の安全に対するより重大かつ差し迫った新たな段階の脅威だ。地域および国際社会の平和と安全を著しく損なうもので、到底容認できない」などと述べた。<映像内容>官房長官入り、記者会見など。撮影は3日午後2時45分ごろ~午後3時ごろ、首相官邸で。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:14.12
    2017年04月25日
    北朝鮮で軍創建記念日 銅像に献花する人々

    北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85年の記念日を迎えた。中心部の「万寿台の丘」に立つ金主席と故金正日総書記の銅像の前に早朝から軍人や市民が献花に並んだ。北朝鮮では5年ごとの節目が重視され、故金日成主席の生誕105年だった15日には首都平壌で大規模な軍事パレードが行われたが、軍創建記念日に際しては、大型行事は事前に予告されていない。日米韓は、北朝鮮が記念日に合わせて6回目の核実験や弾道ミサイル発射実験に踏み切る恐れもあるとみて警戒を強化している。<映像内容>銅像に献花する市民や軍人、記念日を祝う旗や看板の飾られた平壌街頭を車中から撮影した映像、万寿台の丘の様子、献花に訪れた軍人金成洙さん(50)へのインタビューなど。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:20.70
    2017年04月25日
    北朝鮮で軍創建記念日 銅像に献花する人々

    北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85年の記念日を迎えた。中心部の「万寿台の丘」に立つ金主席と故金正日総書記の銅像の前に早朝から軍人や市民が献花に並んだ。北朝鮮では5年ごとの節目が重視され、故金日成主席の生誕105年だった15日には首都平壌で大規模な軍事パレードが行われたが、軍創建記念日に際しては、大型行事は事前に予告されていない。日米韓は、北朝鮮が記念日に合わせて6回目の核実験や弾道ミサイル発射実験に踏み切る恐れもあるとみて警戒を強化している。<映像内容>銅像に献花する市民や軍人、記念日を祝う旗や看板の飾られた平壌街頭を車中から撮影した映像、万寿台の丘の様子、献花に訪れた軍人金成洙さん(50)へのインタビューなど。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:26.84
    2017年04月23日
    北朝鮮 平壌 朝鮮人民軍 国防体育競技大会 平壌で「国防体育」大会 軍創建記念、平穏な市内

    北朝鮮の首都平壌で23日、朝鮮人民軍創建85年(25日)を記念する「国防体育競技大会」が開かれ、数百人の高校生らが参加した。日米韓は北朝鮮が軍創建85年に合わせて核実験や弾道ミサイル発射に踏み切る恐れもあるとみて警戒を強めているが、平壌市内は休日で外出する家族連れが行き交い、公園で若者らがバレーボールに興じるなど、緊張感は薄かった。〈映像内容〉金日成広場で開かれた国防体育競技大会の様子。行進のほか、綱引きをする学生たち、インタビューに答える高校生など。

  • 01:18.71
    2016年10月24日
    中国外務次官が北朝鮮入り 高官訪問は2月以来

    中国の劉振民外務次官が24日、北朝鮮・平壌を空路で訪問した。中朝間の国境に関する会議に出席する。中国高官による訪朝は2月以来で、北朝鮮が9月に5回目の核実験を実施して以降は初めて。<映像内容>平壌国際空港に到着した中国の劉外務次官、記念撮影をする様子など、撮影日:2016(平成28)年10月24日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2016(平成28)年10月24日

  • 05:31.93
    2016年09月13日
    「核実験は米国向け」  猪木氏に北朝鮮高官

    北朝鮮を訪れたアントニオ猪木参院議員は13日夜、日本に帰国し羽田空港で記者会見した。朝鮮労働党で国際部門を統括する李洙〓(土ヘンに庸)(リ・スヨン)副委員長と10日に会談し、李氏が「核実験は日本ではなく、米国に向けたものだ」と説明したと明らかにした。<映像内容> 北朝鮮から帰国し羽田空港で記者会見したアントニオ猪木参院議員の様子など、撮影日:2016(平成28)年9月13日、撮影場所:東京都大田区の羽田空港

    撮影: 2016(平成28)年9月13日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:28.63
    2016年09月12日
    北朝鮮の核・ミサイル問題 首相「前例のない事態」

    安倍晋三首相は12日午前、防衛省での自衛隊高級幹部会同で訓示した。一連の北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射に関し「わずか9カ月の間に、2度にわたって核実験を強行した。断じて容認できない」と述べた。「国際社会の非難の声を無視し、弾道ミサイルの発射も繰り返している。前例のない事態だ」と強調。首相の後、稲田朋美防衛相も訓示した。<映像内容>安倍首相の訓示、稲田防衛相の訓示、儀礼式のもよう、雑観など、撮影日:2016(平成28)年9月12日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2016(平成28)年9月12日

  • 01:21.11
    2016年09月10日
    猪木氏 朝鮮労働党副委員長と会談 核実験にも言及か

    北朝鮮の平壌(ピョンヤン)を訪問しているアントニオ猪木参院議員は10日、朝鮮労働党で国際部門を統括する李 洙墉(リ・スヨン)副委員長と会談した。猪木氏はスポーツ交流を目的に訪朝しているが、9日に北朝鮮が強行した5回目の核実験について意見交換した可能性もある。李氏は朝日友好親善協会の顧問を務めており、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長に近いとされる。<映像内容>李副委員長と握手を交わす猪木氏、会談雑観など、撮影日:2016(平成28)年9月10日、撮影場所:北朝鮮・平壌

    撮影: 2016(平成28)年9月10日

  • 05:28.36
    2016年09月09日
    防衛相ら日米の緊密連携確認 ケネディ駐日米大使

    稲田朋美防衛相とケネディ駐日米大使は9日午後、防衛省で会談し、北朝鮮の核実験を受け、日米で緊密に連携して対応する方針を確認した。〈映像内容〉 防衛省での稲田朋美防衛相とケネディ駐日米大使の会談の様子、撮影日:2016(平成28)年9月9日、撮影場所:防衛省

    撮影: 2016(平成28)年9月9日

  • 00:38.70
    2016年09月09日
    核実験実施に「誇り」 平壌市民、金正恩氏称賛

    北朝鮮が5回目の核実験に踏み切った9日、平壌駅前の大型スクリーンで放送された核実験実施の報道に触れた市民らは、金正恩朝鮮労働党委員長の業績をたたえ、米国と渡り合える核能力を保有したとの「誇り」を口にした。<映像内容> 平壌駅前の大型スクリーンで放送された核実験実施の報道に触れた市民らの様子とインタビューなど、撮影日:2016(平成28)年9月9日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2016(平成28)年9月9日

  • 05:31.29
    2016年08月20日
    「ルポ」国連制裁下の北朝鮮・平壌 「繁栄」支える労働強化

    北朝鮮の4回目の核実験を受け、国連安全保障理事会が「過去最強」とされる制裁決議を採択して5カ月余り。北朝鮮・平壌では高層マンションが急ピッチで建設、娯楽施設には市民があふれ、外観上は制裁の影響は直に感じられない。しかし、首都の「繁栄」を支えるのは国民総動員の労働強化。国外では北朝鮮外交官の亡命などエリート層の動揺も伝えられる。〈映像内容〉建設中の高層マンションの外観、自然博物館と中央動物園の雑観、リニューアルオープンしたデパート「未来商店」の外観と店内、8月中旬に撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    10:21.22
    2016年05月11日
    党大会祝賀の音楽公演 北朝鮮、指導部が観覧

    北朝鮮・平壌で11日、36年ぶりに開かれた朝鮮労働党大会を祝う音楽公演が開かれた。女性音楽グループ「牡丹峰(モランボン)楽団」や軽音楽グループ「青峰(チョンボン)楽団」など同国を代表する楽団の合同公演で、訪朝している外国報道陣にも公開された。金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は観覧しなかったが、最高人民会議の金永南(キム・ヨンナム)常任委員長ら党大会で選出された指導部メンバーらが出席した。曲目は、朝鮮労働党をたたえ忠誠を誓う歌が中心。ステージの背景スクリーンには、金委員長が1月の4回目の核実験を命じた文書や、2月の事実上の長距離弾道ミサイル発射の映像も映し出された。<映像内容>音楽公演会場の外観や、金永南常任委員長らの入場、楽団の公演の模様など、撮影日:2016(平成28)年5月11日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2016(平成28)年5月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:59.92
    2016年01月07日
    朝鮮総連前で核実験に抗議 民団関係者、混乱警戒も

    北朝鮮による水爆実験発表から一夜明けた7日、東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)本部前では、在日本大韓民国民団(民団)関係者ら約50人が、抗議の声を上げた。民団関係者らは「北朝鮮は核兵器を放棄しろ」と書かれた横断幕を手にこぶしを突き上げ、「アジアを脅かす暴挙に対し断固糾弾する」との抗議文を読み上げた。周辺には制服姿の警察官が配置され、大きな混乱は起きていない。警視庁は6日に続き、警察官や警備車両の数を増やすなどして警戒を続ける。<映像内容>7日午前の総連本部外観、看板、出入りする関係者、警備の様子、民団関係者らの抗議活動、シュプレヒコール、民団東京本部の李寿源(イ・スウォン)監察委員長による抗議文読み上げ、抗議に訪れた在日本大韓民国青年会中央本部の徐史晃(ソ・サファン)会長へのぶら下がりなど、撮影日:2016(平成28)年1月7日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2016(平成28)年1月7日

  • 01:58.95
    2016年01月06日
    初の水爆実験と北朝鮮 首都・平壌の様子

    北朝鮮は6日、初の水爆実験を実施したと発表した。首都・平壌の駅前では市民が「特別重大報道」に見入り、拍手を送った。4回目の核実験で­、金正恩第1書記の体制下では2013年2月に続き2回目。北東部の咸鏡北道豊渓里の­実験場で行ったとみられる。〈映像内容〉平壌駅前で大型モニターを見る市民、市民の話、撮影日:2016(平成28)年1月6日、撮影場所:北朝鮮 平壌

    撮影: 2016(平成28)年1月6日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:59.68
    2007年02月15日
    「道徳大国」目指せ 義理でなく是非の論理を 心配な右傾化、過去賛美 金大中氏単独会見 (1/10)

    韓国の金大中(キム・デジュン)前大統領が15日、ソウル市内で共同通信と会見した。【六カ国協議合意への評価(1)】米朝ともに核問題を解決せざるを得ない。アメリカは中東に足を引っ張られていて北朝鮮への軍事的〞処罰〞はできない。何もしないでいるとこれまでのように北朝鮮がNPTを脱退しIAEA査察官を追放したり、長距離ミサイルを発射、核実験を行うなど悪いことばかり進展した<映像内容>金大中図書館外観、入室する金前大統領、インタビューに応じる前大統領、撮影日:2007(平成19)年2月15日、撮影場所:韓国ソウル市

    撮影: 2007(平成19)年2月15日

  • 02:30.55
    2006年10月22日
    「信じられない」と原田氏 衆院大阪9区補選

    「信じられない」。22日の衆院大阪9区補選で、激戦の末に初当選を果たした自民党の原田憲治(はらだ・けんじ)氏(58)はほおを緩ませた。「運が良かった」と陣営。一方、民主党の大谷信盛(おおたに・のぶもり)氏(43)の支援者は「北朝鮮から北風が吹いた」と声を絞り出すように話した<映像内容>当確報道後、選挙事務所に入る原田氏、当選の弁を述べる様子、花束を受け取り万歳三唱する様子、事務所外観、撮影日:2006(平成18)年10月22日、撮影場所:大阪府茨木市

    撮影: 2006(平成18)年10月22日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:59.37
    2006年10月19日
    キティホークの訓練を公開 緊迫の中、大島沖で米海軍

    北朝鮮による核実験で日本周辺や朝鮮半島情勢が緊迫化する中、米海軍は19日、東京・大島沖で艦載機の離着陸訓練を繰り返す空母キティホーク(86,000トン)を日本の報道陣に公開した。同空母は17日に横須賀基地(神奈川県)を出港し、翌18日から艦載機を使った訓練を開始。飛行甲板では、最新鋭のFA18Eスーパーホーネット戦闘攻撃機などが1分弱の間隔で猛烈な爆音をたてながら離着艦を繰り返すなど、実戦さながらの光景が見られた<映像内容>空母キティホークの飛行甲板で離着艦を繰り返す戦闘攻撃機の様子、撮影日:2006(平成18)年10月19日、撮影場所:東京・大島沖

    撮影: 2006(平成18)年10月19日

  • 01:38.23
    2004年11月12日
    「AP」日本政府、韓国の核実験に関するIAEAレポートに言及

    JAPAN SOUTH KOREAA Japanese Foreign Ministry spokesman said on Friday that Tokyo was studying the contents of a report made public by IAEA , the International Atomic Energy Agency, regarding South Korean nuclear experiments revealed earlier this year.The IAEA had reported on Thursday that some of the nuclear materials produced by South Korean experiments were close to weapons grade, but that the experiments were not linked to any secret weapons development programme.Hatsuhisa Takashima said Japan had received the report but that it could not disclose the contents of the report as it is classified.But Takashima said the Japanese government was satisfied with the state of cooperation extended by the South Korean government to the IAEA inspectors. クレジット:AP/共同通信イメージズ ※テレビ番組利用はできません。販売価格が異なりますので、別途お問合わせ下さい。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.57
    1962年05月01日
    「福島民報」「民報ニュース」メーデー

    メーデーは五月晴れ。福島、郡山、平など県内28カ所で大会が行われ、約3万5000人が参加した。家族ぐるみの楽しいお祭り。福島市の中央メーデーは8000人。核実験反対、賃上げ要求などのプラカードを掲げ、県庁まで行進。=撮影日:1962(昭和37)年5月1日、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    撮影: 撮影日:1962

  • 1