KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • らん
  • 農業
  • 景観
  • 歴史
  • 平成
  • ムー
  • ドローン
  • 空撮

「桂花」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
83
( 1 83 件を表示)
  • 1
83
( 1 83 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1990年02月19日
    2人が手掛かり写真公表

    中国残留日本人孤児の肉親捜しで、養父の写真を公表した呂娜さん(左)と若い時の自身の写真を公表した庄桂花さん=1990(平成2)年2月19日夕、東京・代々木の国立青少年センター

    商品コード: 2020091701937

  • 1993年10月15日
    「中国残留日本人孤児」(8)の(5)

    李中山、董懐志、賈桂花、曲岐禎(注)董懐志は現在のみ

    商品コード: 1993101500074

  • 1994年05月11日
    会見する花枝さん 桂花枝さん、あやめを襲名

    三代目桂あやめ襲名の会見をする桂花枝さん=11日午後、大阪・難波千日前の吉本会館(和服・笑顔)

    商品コード: 1994051100053

  • 2009年11月30日
    桂花の香りの保湿クリーム 商品ニュース

    カネボウ化粧品の「華やぎ アロマハンド&ネイルクリーム」

    商品コード: 2009113000144

  • 2015年04月27日
    (かつら・はなだんじ) 桂花団治

    落語家=2015年3月31日、大阪市

    商品コード: 2015042700408

  • 2018年09月14日
    雲海に包まれた棚田陝西省安康市

    14日、嵐皋県南宮山鎮桂花村で実りの季節を迎えた棚田を通り抜ける村民。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村は、標高1500メートルの巴山の奥に位置し、300年の歴史を持つ古い棚田がある。秋になると、山の麓から中腹まで千ムー(約66ヘクタール)の水田がきらきらと輝き、夢のように美しい田園風景が広がる。(安康=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816036

  • 2018年09月14日
    雲海に包まれた棚田陝西省安康市

    14日、空から見た嵐皋県南宮山鎮桂花村に古くからある棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村は、標高1500メートルの巴山の奥に位置し、300年の歴史を持つ古い棚田がある。秋になると、山の麓から中腹まで千ムー(約66ヘクタール)の水田がきらきらと輝き、夢のように美しい田園風景が広がる。(安康=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816400

  • 2018年09月14日
    雲海に包まれた棚田陝西省安康市

    14日、嵐皋県南宮山鎮桂花村に古くからある棚田で実った稲。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村は、標高1500メートルの巴山の奥に位置し、300年の歴史を持つ古い棚田がある。秋になると、山の麓から中腹まで千ムー(約66ヘクタール)の水田がきらきらと輝き、夢のように美しい田園風景が広がる。(安康=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816531

  • 2018年09月14日
    雲海に包まれた棚田陝西省安康市

    14日、空から見た嵐皋県南宮山鎮桂花村の黄金色に染まった水田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村は、標高1500メートルの巴山の奥に位置し、300年の歴史を持つ古い棚田がある。秋になると、山の麓から中腹まで千ムー(約66ヘクタール)の水田がきらきらと輝き、夢のように美しい田園風景が広がる。(安康=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091816014

  • 2018年09月14日
    雲海に包まれた棚田陝西省安康市

    14日に撮影した嵐皋県南宮山鎮桂花村の高山にある水田と村落。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村は、標高1500メートルの巴山の奥に位置し、300年の歴史を持つ古い棚田がある。秋になると、山の麓から中腹まで千ムー(約66ヘクタール)の水田がきらきらと輝き、夢のように美しい田園風景が広がる。(安康=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815947

  • 2018年09月15日
    雲海に包まれた棚田陝西省安康市

    15日、雲海に包まれた歴史ある棚田の上空を飛ぶ鳥。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村は、標高1500メートルの巴山の奥に位置し、300年の歴史を持つ古い棚田がある。秋になると、山の麓から中腹まで千ムー(約66ヘクタール)の水田がきらきらと輝き、夢のように美しい田園風景が広がる。(安康=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091815929

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村で稲刈りをする参加者ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924909

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村で稲刈りをする参加者ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924947

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村で稲刈りをする参加者ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924901

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村の豊作収穫祭で行われた稲刈り開始の儀式。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924926

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村で稲刈り後に笑顔を見せる91歳の羅延徳(ら・えんとく)さん。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924916

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村の棚田で稲刈りをする参加者ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924890

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村の豊作収穫祭で獅子舞を披露する人々。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924898

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村で稲刈りをする参加者ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924907

  • 2018年09月17日
    豊作を祝う棚田の収穫祭陝西省安康市

    17日、嵐皋県南宮山鎮桂花村で稲刈りをする参加者ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮桂花村の300年以上の歴史持つ棚田で17日、1年に1度の収穫祭が行われ、今年の「中国農民豊作節」に花を添えた。同村では秋になると、山の麓から中腹へ何層にも重なった水田がきらきらと輝き、見事な風景が広がる。(嵐皋=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924839

  • 2018年10月13日
    モクセイの花香る上海

    13日、桂林公園内で販売されている季節商品、桂花酒(モクセイ酒)。中国上海市ではこのほど、各公園のモクセイの花が満開の時期を迎えた。モクセイで有名な桂林(けいりん)公園では、ウスギモクセイ、ギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上が花でいっぱいになった。辺りに甘い香りが漂い、多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉頴)=2018(平成30)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517409

  • 02:42.66
    2018年10月17日
    「新華社」「旬のお茶」桂花龍井が出回る季節に浙江省杭州

    10月、秋たけなわの頃、杭州の街はキンモクセイの香りに包まれる。生活の情緒に富み、美的センスを持つ杭州の人々は、キンモクセイと特産の龍井茶を自然に結び付けたのだろう。このように、「花の香りとお茶の香り」を併せ持つ桂花龍井茶(「桂花」はキンモクセイ、およびモクセイ属全般の花を指す)は、秋に杭州の人々の間で最も人気のある「旬のお茶」となっている。中国浙江省の西湖龍井原産地1級保護区の龍井村では、毎年この時期になると、村人たちが自分の家のキンモクセイの枝木を竹竿で軽くたたいて、落ちてきた花を集め、桂花龍井茶の香りづけ作業を始める。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>桂花龍井茶を作る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818279

  • 2018年11月10日
    「ネーブルオレンジの里」、収穫期迎える江西省尋烏県

    10日、江西省尋烏県晨光鎮(しんこうちん)桂花村で、ネーブルオレンジを運ぶ果樹栽培農家。中国江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県にある約20万ムー(約1万3300ヘクタール)の果樹園でこのほど、ネーブルオレンジが収穫期を迎えた。同果樹園では、現地の果樹栽培農家が晴れの日をねらって忙しそうにネーブルオレンジの摘み取り作業をする光景を見ることができる。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111314144

  • 2018年11月10日
    「ネーブルオレンジの里」、収穫期迎える江西省尋烏県

    10日、江西省尋烏県晨光鎮(しんこうちん)桂花村で、摘みたてのネーブルオレンジを選別する果樹栽培農家中国江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県にある約20万ムー(約1万3300ヘクタール)の果樹園でこのほど、ネーブルオレンジが収穫期を迎えた。同果樹園では、現地の果樹栽培農家が晴れの日をねらって忙しそうにネーブルオレンジの摘み取り作業をする光景を見ることができる。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111314289

  • 2018年11月10日
    「ネーブルオレンジの里」、収穫期迎える江西省尋烏県

    10日、江西省尋烏県晨光鎮(しんこうちん)桂花村で、ネーブルオレンジを摘み取る果樹栽培農家。中国江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県にある約20万ムー(約1万3300ヘクタール)の果樹園でこのほど、ネーブルオレンジが収穫期を迎えた。同果樹園では、現地の果樹栽培農家が晴れの日をねらって忙しそうにネーブルオレンジの摘み取り作業をする光景を見ることができる。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111314356

  • 2018年11月10日
    「ネーブルオレンジの里」、収穫期迎える江西省尋烏県

    10日、江西省尋烏県晨光鎮(しんこうちん)桂花村で、摘みたてのネーブルオレンジを集める果樹栽培農家。中国江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県にある約20万ムー(約1万3300ヘクタール)の果樹園でこのほど、ネーブルオレンジが収穫期を迎えた。同果樹園では、現地の果樹栽培農家が晴れの日をねらって忙しそうにネーブルオレンジの摘み取り作業をする光景を見ることができる。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111314382

  • 2018年11月10日
    「ネーブルオレンジの里」、収穫期迎える江西省尋烏県

    10日、江西省尋烏県晨光鎮(しんこうちん)桂花村で、ネーブルオレンジを摘み取る果樹栽培農家。中国江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県にある約20万ムー(約1万3300ヘクタール)の果樹園でこのほど、ネーブルオレンジが収穫期を迎えた。同果樹園では、現地の果樹栽培農家が晴れの日をねらって忙しそうにネーブルオレンジの摘み取り作業をする光景を見ることができる。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111314266

  • 2018年11月10日
    「ネーブルオレンジの里」、収穫期迎える江西省尋烏県

    10日、江西省尋烏県晨光鎮(しんこうちん)桂花村で、ネーブルオレンジを運ぶ果樹栽培農家。中国江西省贛州(かんしゅう)市尋烏(じんう)県にある約20万ムー(約1万3300ヘクタール)の果樹園でこのほど、ネーブルオレンジが収穫期を迎えた。同果樹園では、現地の果樹栽培農家が晴れの日をねらって忙しそうにネーブルオレンジの摘み取り作業をする光景を見ることができる。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111314281

  • 02:00.66
    2019年07月04日
    「新華社」数十万のシラサギが「定住」江西省泰和県

    中国の井岡山麓に位置する江西省泰和県は植生が茂り、農村の至る所に湖や池があり、数十万羽のシラサギが生息している。同県澄江鎮桂花村では、1本の川が蛇行しながら、美しい湾曲を作り出している。ここではさまざまな針葉樹や広葉樹が豊かな森林を形成しており、毎年数千羽のシラサギが住み着き、子育てを行っている。シラサギの群れは大空を旋回したり、静かに枝に止まって羽を休めたりしている。また、小さなシラサギたちは梢の上でじゃれ合いながら、まだ生えそろっていない羽をバタバタさせて飛びたがっている。カメラマンのレンズを通して、シラサギの一挙手一投足が、一枚一枚の優れた芸術写真となっている。泰和県は近年、「緑水青山こそが金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」という理念をしっかりと確立し、生態環境管理プロジェクトを全面的に実施。山林の管理や植樹造林など一連の生態環境の構築に注力し、森林率は67%に達している。美しい生態環境がシラサギの大群を呼び込み、繁殖のために生息するようになった。(記者/黄和遜)<映像内容>数十万羽のシラサギのいる風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070405271

  • 00:49.51
    2019年07月09日
    「新華社」井岡山の山麓を舞う30万羽のシラサギ江西省

    井岡山(せいこうざん)の麓に位置する中国江西省泰和県は、森林率が67%に達し、その良好な生態環境から30万羽以上のシラサギが山中に定住している。同県郊外の桂花村では、湾曲した川の周りに広がる松林に数千羽のシラサギが巣を作り、子育てに精を出している。現地の大勢の写真愛好家は、白い「精霊」たちが枝の先でじゃれ合ったり、白い雲の間に飛んでいく様子をカメラに収めた。(記者/余剛)<映像内容>井岡山のシラサギの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019070903590

  • 01:47.98
    2019年09月13日
    「新華社」月餅と桂花酒で月見の宴横浜中華街で初の中秋節イベント

    旧暦8月15日の中秋節にあたる13日、日本神奈川県横浜市にある中華街の中にある山下町公園で、中秋節を祝うイベントが盛大に開かれた。主催者によると、中華街ではこれまで小規模な「月餅節(祭)」イベントだけを実施してきたが、今年は初めて中秋節を祝う大型イベントを行ったという。会場では奉納舞や楽器演奏、砂絵などが披露され、大勢の観光客で賑わった。また、伝統的な文化・芸能公演のほか、紹興酒や桂花酒、桂花茶などの飲み物や、横浜中華街の20店舗が手作りしたさまざまな月餅も振る舞われ、大いに人気を集めていた。(記者/郭威)<映像内容>山下町公園で開催された中秋節のイベントの様子、撮影日:2019(令和元)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091904843

  • 2019年09月30日
    モクセイの香りが観光客を魅了上海市

    30日、上海桂林公園で販売されている桂花酒(モクセイ酒)。中国上海市では、モクセイの花が満開を迎えている。モクセイで有名な桂林公園では、ウスギモクセイやギンモクセイ、キンモクセイなど合計1千株以上がたくさんの花をつけ、甘い香りに誘われて訪れた多くの市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102007

  • 01:16.75
    2020年02月08日
    「新華社」独特の食感「老陳酢元宵」山西省太原市

    中国で旧暦1月15日の伝統祝日「元宵節(げんしょうせつ)」を迎えた8日、山西省太原市では地元の特産として全国で知られる黒酢「老陳酢」のメーカーが作った老陳酢入りの元宵(餡の入ったもち米団子)「老陳酢元宵」が人気を集めた。餡に8年熟成させた手作りの老陳酢を加えているため、甘さや油っこさが適度に和らぎ、食感も良い。ここ数年は毎年1500キロ前後を販売しており、製造が追いつかないという。製造工程が複雑な「老陳酢元宵」だが、黒ごまや五仁(五種類の種子)、桂花、柚子、サジー(グミ科果実)、チョコレートの6種類の風味があり、顧客が選べるようになっている。同メーカーのスタッフ、尹霞(いん・か)さんによると、2010年の発売当初はあまり売れなかったが、時が経つにつれ多くの人に知られるようになった。甘過ぎずさっぱりした風味が人気となり、購入者もますます増えたという。(記者/魏飈)<映像内容>老陳酢入り元宵の製造の様子、撮影日:2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021405396

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県菱角(りょうかく)鎮桂花村で地元特産の柑橘類「沃柑」を収穫する村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030900891

  • 2020年02月22日
    重慶市の貧困県、感染対策と貧困扶助・農作業再開を同時進行

    2月22日、重慶市巫渓(ふけい)県菱角(りょうかく)鎮桂花村で地元特産の柑橘類「沃柑」を収穫する村民。中国南西部の秦嶺山脈と大巴山脈から成る秦巴山地に位置する広域特殊困難地区では、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が効果的に抑制されていることから、春の農作業が相次いで再開されている。地元の農村幹部によると、感染予防・抑制措置をしっかり行うと同時に、農業生産の再開が積極的に推し進めるよう村民らに呼び掛けているという。(重慶=新華社配信/黄偉)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020030901022

  • 2020年05月10日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    10日、棚田で田植えをする桂花村の住民ら。中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800707

  • 2020年05月10日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    10日、夕日に照らされた桂花村の棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800670

  • 2020年05月10日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    10日、夕日に照らされた桂花村の棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800691

  • 2020年05月10日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    10日、棚田で田植えをする桂花村の住民ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800664

  • 2020年05月11日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    11日、棚田で田植えをする桂花村の住民ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800704

  • 2020年05月11日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    11日、苗を背負ってあぜ道を歩く桂花村の住民ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800702

  • 2020年05月11日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    11日、棚田で田植えをする桂花村の住民ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800663

  • 2020年05月11日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    11日、棚田で田植えをする桂花村の住民ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800709

  • 2020年05月11日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    11日、苗を背負って棚田のあぜ道を歩く桂花村の住民。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800711

  • 2020年05月11日
    陝西省の棚田で田植えが本格化

    11日、棚田で田植えをする桂花村の住民ら。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県の桂花村では、歴史ある棚田に湧き水が引かれ、村民らが伝統的な方法で田植えを行っている。田んぼのあぜ道は縦横に交差し、大地に壮麗な模様を描き出している。(西安=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800669

  • 2021年08月28日
    (3)バリアフリーで障害者の生活をより快適に湖南省長沙市

    25日、長沙地下鉄1号線の桂花坪駅の入口で、車いす兼用エレベーターを待つ伍樹林(ご・じゅりん)さん。中国湖南省の長沙市障害者連合会は2010年から2020年にかけて、障害者を抱える貧困家庭7272世帯に累計約4300万元(1元=約17円)を、社区(コミュニティー)78カ所に1560万元をそれぞれ投入し、バリアフリー改修工事を行った。同市は障害者が移動しやすいよう、市内の地下鉄や公園などの公共の場にもバリアフリー設備と関連のサービスを設けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082810146

  • 2021年08月28日
    (1)バリアフリーで障害者の生活をより快適に湖南省長沙市

    25日、長沙地下鉄1号線の桂花坪駅で、優先通路を通る伍樹林(ご・じゅりん)さん(右)。中国湖南省の長沙市障害者連合会は2010年から2020年にかけて、障害者を抱える貧困家庭7272世帯に累計約4300万元(1元=約17円)を、社区(コミュニティー)78カ所に1560万元をそれぞれ投入し、バリアフリー改修工事を行った。同市は障害者が移動しやすいよう、市内の地下鉄や公園などの公共の場にもバリアフリー設備と関連のサービスを設けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082810141

  • 2021年09月03日
    (9)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区にある仰天湖桂花坪小学校の体育の授業で縄跳びをする児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311146

  • 2021年09月03日
    (1)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区の仰天湖桂花坪小学校前で検温を受ける児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311003

  • 2021年09月03日
    (14)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区にある仰天湖桂花坪小学校の国旗掲揚式で敬礼する児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311004

  • 2021年09月03日
    (11)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区の仰天湖桂花坪小学校で、手の洗い方を学ぶ児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311461

  • 2021年09月03日
    (3)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区の仰天湖桂花坪小学校で、新型コロナ対策の知識を教える教員。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311466

  • 2021年09月03日
    (10)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区の仰天湖桂花坪小学校で、あいさつを交わす児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311007

  • 2021年09月03日
    (6)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区の仰天湖桂花坪小学校前で手を消毒する児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311157

  • 2021年09月03日
    (4)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区にある仰天湖桂花坪小学校の始業式で演技を披露する児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311463

  • 2021年09月03日
    (12)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区にある仰天湖桂花坪小学校で音楽の授業をする教員。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311511

  • 2021年09月03日
    (5)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区の仰天湖桂花坪小学校で、休み時間に卓球をする児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311042

  • 2021年09月03日
    (2)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区の仰天湖桂花坪小学校で、休み時間に遊ぶ児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311392

  • 2021年09月03日
    (13)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区にある仰天湖桂花坪小学校の体育の授業で縄跳びをする児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311422

  • 2021年09月03日
    (8)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区にある仰天湖桂花坪小学校の始業式で、国旗を掲揚する児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311474

  • 2021年09月03日
    (7)湖南省長沙市の小中高校で授業開始

    2日、湖南省長沙市天心区にある仰天湖桂花坪小学校の体育の授業で縄跳びをする児童。中国湖南省長沙市の小中高校は2日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で授業を開始した。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090311464

  • 2021年09月21日
    (2)老舗店の月餅、新たな技と味で若者取り込む

    17日、上海市のスーパー「聯華超市」に並ぶ月餅。新発売された月餅には伝統的な味のほか、チーズ味やミルクティー味など新たな風味のものもある。中国上海市では、21日の中秋節を前に、今年も南京路歩行街にある老舗レストラン「新雅粤菜館」に月餅を買い求める人々の長い列ができた。同店は今年、定番の肉入り月餅のほか、キンモクセイとラードの入ったこしあんの「桂花猪油細沙月餅」や陳皮と小豆あんの「陳皮豆沙月餅」などの新商品も売り出した。多くの老舗が新商品を売り出す以外に、開発から生産、販売の全プロセスにオリジナル要素を加え、若い消費者との距離間を縮める努力をしている。(上海=新華社記者/周蕊)= 配信日: 2021(令和3)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092111623

  • 2021年09月21日
    (1)老舗店の月餅、新たな技と味で若者取り込む

    上海市南京路の新雅粤菜館で月餅を買い求める人々。(8月20日撮影)中国上海市では、21日の中秋節を前に、今年も南京路歩行街にある老舗レストラン「新雅粤菜館」に月餅を買い求める人々の長い列ができた。同店は今年、定番の肉入り月餅のほか、キンモクセイとラードの入ったこしあんの「桂花猪油細沙月餅」や陳皮と小豆あんの「陳皮豆沙月餅」などの新商品も売り出した。多くの老舗が新商品を売り出す以外に、開発から生産、販売の全プロセスにオリジナル要素を加え、若い消費者との距離間を縮める努力をしている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092111622

  • 2021年12月28日
    (13)特色ある産業で農村振興を促進広西チワン族自治区

    広西チワン族自治区桂林市平楽県張家鎮で、摘んだばかりの桂花梨(中国ナシの一種)を運ぶ村民。(7月15日撮影)中国広西チワン族自治区はこの1年、特色ある産業の発展・拡大を、人々の増収を促進するための重点政策として位置づけ、特色ある産業の配置、発展、質的向上に取り組んできた。これらの産業は現在、農村振興をけん引する重要な役割を担いつつある。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122807678

  • 2022年01月06日
    (14)省内最大の移転居住地で新たな暮らし湖南省平江県

    2021年12月30日、洪家塅安居小区の桂花学校で休み時間を過ごす子どもたち。中国湖南省岳陽市平江県の洪家塅安居小区(居住区)は、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる救済政策「易地扶貧搬遷」で同省最大の移転先となっている。2018年の運用開始以降、7千人以上が転入した。同小区が属する洪家塅社区(コミュニティー)では、住民サービスセンターや医療保健室、スーパーマーケット、貧困者支援作業場、文化・スポーツ広場、小中一貫校の設置など、基本的な公共サービスの強化・改善のため多くの措置を講じるとともに、雇用の質を確保、向上させることで住民がより良い新生活を送れるよう努めている。(岳陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2022(令和4)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010611007

  • 2022年01月06日
    (13)省内最大の移転居住地で新たな暮らし湖南省平江県

    2021年12月30日、洪家塅安居小区の桂花学校で休み時間を過ごす子どもたち。中国湖南省岳陽市平江県の洪家塅安居小区(居住区)は、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる救済政策「易地扶貧搬遷」で同省最大の移転先となっている。2018年の運用開始以降、7千人以上が転入した。同小区が属する洪家塅社区(コミュニティー)では、住民サービスセンターや医療保健室、スーパーマーケット、貧困者支援作業場、文化・スポーツ広場、小中一貫校の設置など、基本的な公共サービスの強化・改善のため多くの措置を講じるとともに、雇用の質を確保、向上させることで住民がより良い新生活を送れるよう努めている。(岳陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2022(令和4)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010611006

  • 2022年01月06日
    (15)省内最大の移転居住地で新たな暮らし湖南省平江県

    2021年12月30日、洪家塅安居小区の桂花学校で授業に聞き入る子どもたち。中国湖南省岳陽市平江県の洪家塅安居小区(居住区)は、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる救済政策「易地扶貧搬遷」で同省最大の移転先となっている。2018年の運用開始以降、7千人以上が転入した。同小区が属する洪家塅社区(コミュニティー)では、住民サービスセンターや医療保健室、スーパーマーケット、貧困者支援作業場、文化・スポーツ広場、小中一貫校の設置など、基本的な公共サービスの強化・改善のため多くの措置を講じるとともに、雇用の質を確保、向上させることで住民がより良い新生活を送れるよう努めている。(岳陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2022(令和4)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010611010

  • 2022年01月06日
    (12)省内最大の移転居住地で新たな暮らし湖南省平江県

    2021年12月30日、洪家塅安居小区にある桂花学校。(小型無人機から)中国湖南省岳陽市平江県の洪家塅安居小区(居住区)は、貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる救済政策「易地扶貧搬遷」で同省最大の移転先となっている。2018年の運用開始以降、7千人以上が転入した。同小区が属する洪家塅社区(コミュニティー)では、住民サービスセンターや医療保健室、スーパーマーケット、貧困者支援作業場、文化・スポーツ広場、小中一貫校の設置など、基本的な公共サービスの強化・改善のため多くの措置を講じるとともに、雇用の質を確保、向上させることで住民がより良い新生活を送れるよう努めている。(岳陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2022(令和4)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010611011

  • 2022年01月07日
    (5)かんきつ類の産業チェーン構築で農村振興を後押し重慶市忠県

    忠県新立鎮桂花村にあるかんきつ類の高付加価値加工工場で働く地元住民。(2021年12月28日撮影)中国の長江三峡ダム地区中心部に位置する重慶市忠県はここ数年、かんきつ類関連産業の発展と質や効率の向上を継続的に進めてきた。これまで数十万ムー(1ムー=約667平方メートル)にかんきつ類を植栽し、果実からジュースなどまで一貫した高付加価値加工産業チェーンを構築したほか、国家級田園複合施設「三峡橘郷」を設置。住民の自宅近くでの就業・起業、収入増を支援することで、農村振興を後押ししている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2022(令和4)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010713080

  • 2022年02月17日
    (4)国の無形文化遺産になったトラの布人形「黎侯虎」山西省

    自宅でトラの尾を縫う黎城県北桂花村の村民。(1月12日撮影)中国の無形文化遺産に指定されているトラの布人形「山西黎侯虎」は、黄色い布の皮をまとい、頭を高く上げて立ち、ふっくらとした体は見る人に、愛らしくも威風堂々とした印象を与える。黎侯虎(れいこうこ)の名前は地元の文化と切っても切り離せない。商周時代の山西省長治市黎城(れいじょう)県は、古代黎国の所在地だったと伝えられている。2006年に行われた同県西関墓地の緊急発掘調査によって、この言い伝えが実証された。考古学者は、黎侯の家臣の吹(すい)とその妻の墓を発見し、近くにあった盗掘被害の深刻な墓道付きの大型墓が黎侯墓で、西周から東周にかけて建てられたものと推測した。大型墓からは玉のトラも1点出土した。皮の模様が二重の陰刻線で施されたトラは、勇猛で威厳に満ちて見える。高秋英(こう・しゅうえい)さんが作ったトラの布人形(黎侯虎)が1998年に寅年の干支切手の図案に選ばれ、「黎侯虎」は太行山脈を越えて省外に広まった。黎城県のトラの布人形(黎侯虎)は2008年に国の無形文化遺産に登録された。現在、省、市、県レベルで6人の黎侯虎の伝承者がいる。(太原=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021710384

  • 2022年03月30日
    Hanami Season in Tokyo, Japan - 30 Mar 2022

    March 30, 2022, Tokyo, Japan: Visitors enjoy boating in Chidorigafuchi moat near the Imperial palace in central Tokyo during cherry blossom season. Cherry tree blossom season is peaking in Tokyo. Citizens and visitors from other parts of Japan visit public parks to enjoy the beautiful blooming Sakura trees. A symbol of spring and the course of life, the trees will lose the petals quickly to make space for green leaves‘ (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040711029

  • 2022年03月30日
    Hanami Season in Tokyo, Japan - 30 Mar 2022

    March 30, 2022, Tokyo, Japan: Visitors enjoy boating in Chidorigafuchi moat near the Imperial palace in central Tokyo during cherry blossom season. Cherry tree blossom season is peaking in Tokyo. Citizens and visitors from other parts of Japan visit public parks to enjoy the beautiful blooming Sakura trees. A symbol of spring and the course of life, the trees will lose the petals quickly to make space for green leaves‘ (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040711290

  • 2022年03月30日
    Hanami Season in Tokyo, Japan - 30 Mar 2022

    March 30, 2022, Tokyo, Japan: Japanese Sakura trees inside Chidorigafuchi moat near the Imperial palace in central Tokyo during cherry blossom season. Cherry tree blossom season is peaking in Tokyo. Citizens and visitors from other parts of Japan visit public parks to enjoy the beautiful blooming Sakura trees. A symbol of spring and the course of life, the trees will lose the petals quickly to make space for green leaves‘ (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040711523

  • 2022年03月30日
    Hanami Season in Tokyo, Japan - 30 Mar 2022

    March 30, 2022, Tokyo, Japan: Visitors enjoy boating underneath Sakura trees in Chidorigafuchi moat near the Imperial palace in central Tokyo during cherry blossom season. Cherry tree blossom season is peaking in Tokyo. Citizens and visitors from other parts of Japan visit public parks to enjoy the beautiful blooming Sakura trees. A symbol of spring and the course of life, the trees will lose the petals quickly to make space for green leaves‘ (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040711296

  • 2022年03月31日
    (6)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105382

  • 2022年03月31日
    (1)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105370

  • 2022年03月31日
    (8)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105385

  • 2022年03月31日
    (5)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105386

  • 2022年03月31日
    (2)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105371

  • 2022年03月31日
    (4)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105380

  • 2022年03月31日
    (7)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105381

  • 2022年03月31日
    (3)田植えシーズンの棚田に引水陝西省嵐皋県

    28日、陝西省嵐皋県桂花村に広がる棚田。(小型無人機から)中国陝西省安康市嵐皋(らんこう)県南宮山鎮の桂花村では田植えシーズンを迎え、山あいの斜面に連なる千ムー(約67ヘクタール)の棚田に水が引き込まれた。棚田は銀のネックレスのよう輝き、みずみずしい田園風景を作り出している。(嵐皋=新華社記者/陶明)= 配信日: 2022(令和4)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033105383

  • 2022年04月07日
    (1)環境配慮型の清明節、新しい方式と変わらぬ思い

    浙江省湖州市呉興区道場郷の桂花山公墓で、墓参りを代行するスタッフ。(3月30日撮影)中国の各地方政府は清明節の連休(今年は4月3~5日)中、新型コロナウイルス感染症対策と環境保護の要求に合った墓参りの方式を模索、推進し、新たな風習の普及を促した。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2022(令和4)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040712024

  • 1