KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • せりふ
  • せん
  • センセーション
  • テーマ
  • フートン
  • 俳優
  • 入学
  • 公演
  • 内容
  • 再演

「桃花扇」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:51.42
    2019年05月15日
    「新華社」欧陽予倩生誕130周年を記念、「桃花扇」上演中央戯劇学院

    中国北京市東城区の東綿花胡同(フートン、路地)にある中央戯劇学院東城キャンパス実験劇場に楽器の音と力強いせりふが響き渡っている。同学院2016年入学の表演系(演技学部)現代劇および映画・テレビ演技専攻1組の学生たちが、観客を前に見事な現代劇「桃花扇(とうかせん)」を上演しているところだ。「桃花扇」は清代の文学者、孔尚任(こう・しょうじん)が書いた脚本を、中国の著名な劇作家・俳優で同学院の初代院長を務めた欧陽予倩(おうよう・よせん)が抗日戦争期間中に、現代劇に翻案した戯曲で、上演されるやセンセーションを巻き起こした。同学院では、今回欧陽予倩生誕130周年に「桃花扇」を改めて上演することで、初代院長を記念し、敬意を表したいとの考えだ。欧陽予倩の生誕130周年を記念し、同学院では「桃花扇」の再演以外にも欧陽予倩の生涯の業績をテーマとした展覧会や学術シンポジウムなどの活動を行い、その業績に敬意を表す。(記者/田晨旭、樊攀)<映像内容>学生たちが現代劇「桃花扇」上演の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2019051600514

  • 1