KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 世界遺産
  • 中庭
  • 修学旅行
  • 再建
  • 屋外
  • 平成
  • 建物
  • 復元
  • 日本

「桐油」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  首里城正殿
    2015年02月17日
    首里城正殿

    キーワード:屋外、観光、観光名所、建物、御庭、公園、再建、首里城、首里城公園、首里城正殿、修学旅行、焼失、城、世界遺産、正殿、青空、中庭、日本、無人、木造、歴史、復元、建築、桐油、琉球王国、龍柱、朱色、国殿、百浦添御殿、御庭、琉球王国、風景メイン写真、琉球伝統建築、琉球文化、琉球装飾、大龍柱、小龍柱、浮道=2015(平成27)年2月17日、沖縄県那覇市、クレジット:Kenjiro_Asaki/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515407

  •  首里城正殿
    2015年02月17日
    首里城正殿

    キーワード:屋外、観光、観光名所、建物、御庭、公園、再建、首里城、首里城公園、首里城正殿、修学旅行、焼失、城、世界遺産、正殿、青空、中庭、日本、敷石、無人、木造、歴史、復元、建築、桐油、琉球王国、龍柱、朱色、国殿、百浦添御殿、御庭、琉球王国、風景メイン写真、琉球伝統建築、琉球文化、琉球装飾、大龍柱、小龍柱=2015(平成27)年2月17日、沖縄県那覇市、クレジット:Kenjiro_Asaki/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030515468

  •  中国、アブラギリの遺伝資源バンク拡充300以上の資源を収集
    2019年12月27日
    中国、アブラギリの遺伝資源バンク拡充300以上の資源を収集

    アブラギリの種子。種子から桐油が採取できる。桐油は中国の伝統的な輸出品で、化学工業や農業、医療・薬品、印刷、電気通信、船舶輸送、国防、精密機械工業など幅広い分野で利用される。(資料写真)中国で最大面積と最多品種を有するアブラギリ(油桐)遺伝資源バンクである湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州のアブラギリ国家林木遺伝資源バンクは22日、これまでに317点のアブラギリの遺伝資源を収集し、バンクのさらなる拡充が進んだことを明らかにした。(永順=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602684

  •  「新華社」文房四宝に秘められた中国の記憶「絳墨」山西省新絳県
    01:10.61
    2022年01月01日
    「新華社」文房四宝に秘められた中国の記憶「絳墨」山西省新絳県

    文房四宝、すなわち筆、墨、紙、硯は、中国独自の書画道具であり、中国伝統文化の重要な要素でもある。絳墨(こうぼく)は新絳墨錠とも呼ばれ、その製法は山西省の無形文化遺産に登録されている。同省運城市新絳県にある積文齋筆墨荘は、数百年の歴史を持つ伝統的な工房で、60歳近い絳墨制作技法の伝承者、王壮昇(おう・そうしょう)さんと息子の剛(ごう)さんが、昔ながらの制作方法を守り続けている。絳墨は、にかわや辰砂(しんしゃ)、麝香(じゃこう)など10種類以上の貴重な中薬材を調合して作られ、製造機関は短くて半年、長ければ1年に及ぶ。昔ながらの絳墨作りは、10以上の工程と技術的要点に分けられる。まず、桐油を不完全燃焼させてすすを抽出する。職人は心を静め、ひと椀ずつすすを集めていく。その後、にかわと水をかき混ぜて溶かし、6~8時間煮詰める。鍋から取り出した墨の塊をたたき台の上に置き、5キロのハンマーで百回以上たたいて紙のような薄さにする。それを4~5回繰り返し、鍋に入れて蒸す。鍋から取り出し、完全に結合するまでたたき続ける。最後に日陰で乾燥させ、10~20度の部屋で7カ月寝かせる。(記者/呂夢琦、趙陽、王皓、高剣飛、陳志豪) =配信日: 2022(令和4)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010103290

  • 1