KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • うけい
  • しゃくじょう
  • はり
  • 井戸
  • 全国重点文物保護単位
  • 創建
  • 北宋
  • 千年
  • 同地

「梅庵」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (23)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月21日
    (23)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の建築群。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107435

  •  肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵境内にある六祖慧能生平故事陳列館。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107437

  •  肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵周辺の様子。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107442

  •  肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の入場口内側にある常光亭。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107434

  •  肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿の廊下。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107443

  •  (17)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (17)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵六祖殿の側面。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607935

  •  (13)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (13)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿の廊下。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607925

  •  (18)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (18)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵六祖殿に安置された六祖像。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607936

  •  (24)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (24)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の入場口にある菩提樹。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100380

  •  (9)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (9)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵山門殿の後ろにある韋駄天像。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607916

  •  (23)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (23)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の建築群。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100467

  •  (6)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (6)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵山門前に咲く梅。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607912

  •  (10)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (10)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の大雄宝殿。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607917

  •  (7)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (7)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の山門殿。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607914

  •  (8)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (8)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の山門殿。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607915

  •  (11)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (11)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿前の中庭。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607918

  •  (21)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (21)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵観音殿前の高深莫測池(左)。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607941

  •  (22)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (22)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵境内にある六祖植梅像。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607942

  •  (1)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (1)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の入場口。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607693

  •  (16)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (16)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵六祖殿の正面。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607934

  •  (15)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (15)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿内の主梁。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607927

  •  (19)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (19)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵禅脈堂の内部。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607937

  •  「新華社」肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    00:59.35
    2021年02月26日
    「新華社」肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/壮錦、映像提供/肇慶市広播電視台) =配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600635

  •  (5)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (5)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵山門前の六祖井。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607913

  •  (14)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (14)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿の梁(はり)と柱。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607926

  •  (20)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省
    2021年02月26日
    (20)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵禅脈堂内に展示されている六祖壇経。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607938

  •  (11)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (11)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で写真撮影を楽しむ観光客。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707790

  •  (7)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (7)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で咲く2色の花。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707806

  •  (1)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (1)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707775

  •  (8)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (8)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で咲く梅の花。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707779

  •  (2)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (2)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で写真撮影を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707809

  •  (12)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (12)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で写真撮影を楽しむ観光客。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707804

  •  (4)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (4)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で花見を楽しむ観光客。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707791

  •  (5)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (5)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で写真撮影を楽しむ観光客。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707803

  •  (10)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (10)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707808

  •  (6)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (6)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で写真撮影を楽しむ観光客。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707800

  •  (3)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (3)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で花見を楽しむ観光客。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707801

  •  (9)青島で梅祭りが開幕山東省
    2023年03月17日
    (9)青島で梅祭りが開幕山東省

    16日、青島市李滄区の十梅庵梅園で写真撮影を楽しむ観光客。中国山東省青島市で16日、第23回中国・青島梅祭りが開幕した。梅の花が野山を埋め尽くすように咲き、散策する市民や観光客を楽しませている。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2023(令和5)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031707774

  • 1