KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 張楠
  • 低木
  • 再生
  • 景観
  • 森林
  • 植樹
  • 深さ
  • 環境

「梨樹県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池を訪れた人々。(小型無人機から)中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804942

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池を訪れた人々。中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804903

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池を訪れた人々。(小型無人機から)中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804955

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池。(小型無人機から)中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804799

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池。(小型無人機から)中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804846

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池。(小型無人機から)中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804887

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池で魚に餌をやる女性。中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804893

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池。(小型無人機から)中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804856

  • 2020年06月22日
    吉林省梨樹県、露天掘り鉱山周辺で植生回復10万本植樹

    22日、吉林省梨樹県馬油坊村の池。(小型無人機から)中国吉林省四平市梨樹県孟家嶺鎮馬油坊村にある池は、降雨でできたもので、かつては深さ40メートルの露天掘りの鉱山だった。1970年代以降、長期の採掘作業によって周辺で破壊された森林の面積は20ヘクタールに及ぶ。同県は2019年に同鉱山の植生回復事業を開始し、10万本以上の木や低木を植えた。現在、荒れ地を再生させたこの周辺に50ヘクタールのエコツーリズム地域を設立する計画を進めている。(四平=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062804952

  • 2020年07月22日
    習近平氏、吉林省を視察

    22日、四平市梨樹県にある国家百万ムー緑色食品原料(トウモロコシ)標準化生産基地の核心モデル区で、食糧生産や黒土土壌の保護と利用などの状况を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、吉林省を視察した。(四平=新華社記者/燕雁)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700571

  • 2020年07月22日
    習近平氏、吉林省を視察

    22日、四平市梨樹県にある盧偉農機農民専業合作社(協同組合)で、農業の機械化・規範化経営などの状况を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、吉林省を視察した。(四平=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700479

  • 2020年07月22日
    習近平氏、吉林省を視察

    22日、四平市梨樹県にある盧偉農機農民専業合作社(協同組合)で、農業の機械化・規範化経営などの状况を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、吉林省を視察した。(四平=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700496

  • 2020年07月22日
    習近平氏、吉林省を視察

    22日、四平市梨樹県にある国家百万ムー緑色食品原料(トウモロコシ)標準化生産基地の核心モデル区で、食糧生産や黒土土壌の保護と利用などの状况を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、吉林省を視察した。(四平=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700423

  • 2020年07月22日
    習近平氏、吉林省を視察

    22日、四平市梨樹県にある盧偉農機農民専業合作社(協同組合)で、農業の機械化・規範化経営などの状况を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、吉林省を視察した。(四平=新華社記者/鞠鵬)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700440

  • 2020年07月22日
    習近平氏、吉林省を視察

    22日、四平市梨樹県にある国家百万ムー緑色食品原料(トウモロコシ)標準化生産基地の核心モデル区で、食糧生産や黒土土壌の保護と利用などの状况を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、吉林省を視察した。(四平=新華社記者/燕雁)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700426

  • 2020年07月22日
    習近平氏、吉林省を視察

    22日、四平市梨樹県にある国家百万ムー緑色食品原料(トウモロコシ)標準化生産基地の核心モデル区で、食糧生産や黒土土壌の保護と利用などの状况を視察する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は22日、吉林省を視察した。(四平=新華社記者/王曄)=2020(令和2)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700685

  • 2021年07月30日
    (8)吉林省、今年の食糧作付面積が8550万ムー超に

    29日、吉林省梨樹県にある国家百万ムー緑色食品原料(トウモロコシ)標準化生産基地の核心モデル区。中国吉林省の食糧の生産状況は良好で、主要作物であるトウモロコシの保苗率は前年同期比0・15ポイント増の96・21%に達し、トウモロコシや水稲などの作物が順調な成長ぶりを見せた。吉林省政府がこのほど開いた同省の経済運行状況に関する記者会見で明らかにした。統計によると、現在、同省の食糧作付面積は8550万ムー(570万ヘクタール)を超え、昨年より約50万ムー(約3万3300ヘクタール)増加した。そのうち、保護措置が講じられた黒土の面積は2800万ムー(約186万6700ヘクタール)余りに達し、食糧の作付面積の3分の1近くを占めている。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106394

  • 2021年07月30日
    (9)吉林省、今年の食糧作付面積が8550万ムー超に

    29日、吉林省梨樹県にある国家百万ムー緑色食品原料(トウモロコシ)標準化生産基地の核心モデル区。中国吉林省の食糧の生産状況は良好で、主要作物であるトウモロコシの保苗率は前年同期比0・15ポイント増の96・21%に達し、トウモロコシや水稲などの作物が順調な成長ぶりを見せた。吉林省政府がこのほど開いた同省の経済運行状況に関する記者会見で明らかにした。統計によると、現在、同省の食糧作付面積は8550万ムー(570万ヘクタール)を超え、昨年より約50万ムー(約3万3300ヘクタール)増加した。そのうち、保護措置が講じられた黒土の面積は2800万ムー(約186万6700ヘクタール)余りに達し、食糧の作付面積の3分の1近くを占めている。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106424

  • 2021年07月30日
    (10)吉林省、今年の食糧作付面積が8550万ムー超に

    29日、吉林省梨樹県にある国家百万ムー緑色食品原料(トウモロコシ)標準化生産基地の核心モデル区。中国吉林省の食糧の生産状況は良好で、主要作物であるトウモロコシの保苗率は前年同期比0・15ポイント増の96・21%に達し、トウモロコシや水稲などの作物が順調な成長ぶりを見せた。吉林省政府がこのほど開いた同省の経済運行状況に関する記者会見で明らかにした。統計によると、現在、同省の食糧作付面積は8550万ムー(570万ヘクタール)を超え、昨年より約50万ムー(約3万3300ヘクタール)増加した。そのうち、保護措置が講じられた黒土の面積は2800万ムー(約186万6700ヘクタール)余りに達し、食糧の作付面積の3分の1近くを占めている。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106382

  • 1