KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 自宅
  • 避難
  • 夫婦
  • 線路
  • 被災
  • 道路
  • 鮮魚店
  • いくら
  • 爪痕
  • 道具

「森下恵子」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月10日
    自宅に向かう森下さん 九州の豪雨、各地で被害

    球磨川の氾濫で流木などが引っかかった建物の前を通り、自宅へ向かう森下恵子さん(下)。孤立した集落から自衛隊のヘリコプターに救助され、避難先から6日ぶりに戻るという。「泥水が家の目の前でぐるぐると渦巻いた」と豪雨を振り返る。道中、災害の爪痕を目の当たりにし「言葉が出なか…」と目を潤ませた=10日午後0時20分、熊本県八代市

    商品コード: 2020071008688

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    (18)森下恵子さん 残る爪痕、長雨追い打ち

    7月10日、「ここは人が優しい。(自分たちが)被災しているのにみんな助けてくれる」。熊本県八代市の道路が崩落し、線路沿いを避難先から自宅へ向かう森下恵子さん(上)=(70)。8月2日、夫婦で営む鮮魚店の片付けに汗を流していた。「魚屋なんていくらでもあるのに、お得意様が待ってくれているから」。痛む腰をかばいながら、ゆっくりと道具を運んだ

    商品コード: 2020080303171

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    定点撮影・森下恵子さん 九州豪雨きょう1カ月

    九州を襲った豪雨から4日で1カ月。熊本県八代市の道路が崩落し、線路沿いを避難先から自宅へ向かっていた森下恵子さん(上、7月10日)を再び訪ねた。「ここは人が優しい。(自分たちが)被災しているのにみんな助けてくれる」と話す森下さん。夫婦で営む鮮魚店の片付けに汗を流し「魚屋なんていくらでもあるのに、お得意様が待ってくれている」。痛む腰をかばいながら、ゆっくりと道具を運んだ=2日

    商品コード: 2020080304733

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月25日
    鮮魚店の森下恵子さん 「支えてくれた人のため」

    2020年7月10日、道路が崩落し、線路沿いを避難先から自宅へ向かう森下恵子さん(上)。2021年6月15日、被災した夫婦で営む鮮魚店の改装を終え、2月から営業を再開した。しかし今も雨が降るとあのときを思い出す。「また大きな被害を受けるかもしれないと怖くなる。それでもいつかお得意様全員に魚を届けられたら」と話した=熊本県八代市

    商品コード: 2021062509672

  • 1