KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 人々
  • 記者
  • 風景
  • ようこう
  • タイトスカート
  • プラットフォーム
  • ベスト
  • 一種
  • 上着
  • 人口

「植物染料」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1970年04月16日
    八丈紬 昭和の風景・資料

    八丈島で織られる絹織物、八丈絹の一種、植物染料で染められる=1970(昭和45)年4月16日

    商品コード: 2018112105424

  • 02:31.96
    2018年10月08日
    「新華社」独特の文化残すロッバ族の村落

    中国チベット自治区林芝(ニンティ)市東南部の米林(メンリン)県に位置する南伊溝(なんいごう)では、広大な原生林が巧みに配置された味わいのある農家の住居を取り囲み、牛や羊の群れが山腹や谷間で餌を探している。春には桃の花が咲き乱れ、秋には枝いっぱいに果実をつける。ここは中国最大のロッパ族の居住地、チベット自治区ニンティ市の南伊ロッパ民族郷だ。ロッパ族は中国国内でも特に人口の少ない少数民族で、長い間高山と渓谷の間で暮らしてきた。彼らの伝統的な服飾は、かつての狩猟採集時の服装が変化したもので、野生の植物繊維と獣皮を原材料としており、ロッパ族の野性的で豪放な性質を表している。ロッパ族の人々は長い生産生活の中で糸を紡ぎ布を織る技術を身に付けており、植物染料で着色した毛糸でベストや上着、タイトスカートなどを作る。これまでに、ロッパ族の服飾とロッパ族の始祖伝説が国家級無形文化遺産に、織布と竹細工、刀舞が自治区級無形文化遺産に指定されている。(記者/張宝亢)<映像内容>ロッバ族の村落の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920291

  • 2020年05月28日
    Uターン起業したトン族女性、伝統の染織工芸で貧困扶助貴州省

    5月28日、植物染料で黒く染まった両手を見せる楊成蘭さん(手前)と弟子。中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮豊登トン寨に暮らす1980年代生まれのトン族女性、楊成蘭(よう・せいらん)さんは、2016年に夫とともに都会での仕事を辞め、故郷に戻って起業する道を選んだ。夫婦は空き家の2部屋を工房に改造し、故郷に伝わる機織り技術を生かして手織りの布や衣服、インテリア雑貨など一連のテキスタイル製品の生産・加工を行い、電子商取引(EC)プラットフォームで販売している。楊さんは18年、村に伝統織染合作社(協同組合)を設立し、村内および周辺集落の貧困世帯に出資を呼びかけた。地元の貧困世帯や村民の合作社への参加を促し、織りや染色、藍栽培などの産業に従事してもらうことで、民族に伝わる伝統の手工芸を継承すると同時に、村の人々の貧困脱却と増収につなげている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508769

  • 1