KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • トマト
  • ナス
  • ヒト
  • メリット
  • 人間
  • 令和
  • 可能性
  • 増殖
  • 実用化
  • 山陽新聞

「植物病理学」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Julius Gotthelf Kuehn, 23 October 1825 - 14 April 1910,

    Julius Gotthelf Kuehn, 23 October 1825 - 14 April 1910, was a German academic and agronomist and he is one of the founders of Plant Pathology, Reproduction of a photo/image from the year 1890, digital improved.、クレジット:Bildagentur-online  /Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514034

  • 2020年03月25日
    月桃に抗ウイルス効果 ヒトへの応用期待

    岡山県生物科学研究所と東京大の研究グループが植物ウイルス病を防ぐ成分を突き止めた「月桃」=同研究所。岡山県生物科学研究所(同県吉備中央町吉川)と東京大の研究グループは、沖縄県や鹿児島県に自生する植物「月桃」に、トマトやナスなどの成長を阻害する植物ウイルス病を防ぐ成分があることを突き止めた。A型インフルエンザウイルスの増殖を抑えることも確認しており、ヒトへの応用が期待される。研究グループは今後、この抗ウイルス成分を使った農薬の実用化を急ぐほか、鳥インフルエンザウイルスや豚コレラウイルスへの応用も研究を進める。グループの鳴坂義弘専門研究員(植物病理学)は「自然由来で人間が体に取り入れても害がないメリットもある。幅広いウイルスへの利用が見込め、新型コロナウイルスへも効果を発揮する可能性がある」としている。=2020(令和2)年3月25日、岡山県吉備中央町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033105108

  • 1