KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ミャオ
  • 人々
  • 令和
  • ちりとり
  • ニーズ
  • 倹約
  • 勤勉
  • 同地
  • 庶民
  • 民族文化

「椒園鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
20
( 1 20 件を表示)
  • 1
20
( 1 20 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月13日
    春節ムードあふれる百年の歴史ある町湖北省恩施

    13日、恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の慶陽古街で、竜の舞の稽古に励む民間芸人。年越しを目前に控え、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州の宣恩県椒園鎮にある慶陽古街では、春節(中国の旧正月)ムードが次第に高まりをみせている。ここでは地元の人々が伝統的なしきたりに基づいて年越し用品を揃え始め、至るところで賑やかな光景が広がっている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722603

  • 2019年01月13日
    春節ムードあふれる百年の歴史ある町湖北省恩施

    13日、恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の慶陽古街で、竜の舞の稽古に励む民間芸人。年越しを目前に控え、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州の宣恩県椒園鎮にある慶陽古街では、春節(中国の旧正月)ムードが次第に高まりをみせている。ここでは地元の人々が伝統的なしきたりに基づいて年越し用品を揃え始め、至るところで賑やかな光景が広がっている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722593

  • 2019年01月13日
    春節ムードあふれる百年の歴史ある町湖北省恩施

    13日、恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の慶陽古街にある洋服の仕立て屋に、新しい服をオーダーする地元の人。年越しを目前に控え、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州の宣恩県椒園鎮にある慶陽古街では、春節(中国の旧正月)ムードが次第に高まりをみせている。ここでは地元の人々が伝統的なしきたりに基づいて年越し用品を揃え始め、至るところで賑やかな光景が広がっている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722556

  • 2019年01月13日
    春節ムードあふれる百年の歴史ある町湖北省恩施

    13日、恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の慶陽古街で、年越し用品を買い求める人々。年越しを目前に控え、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州の宣恩県椒園鎮にある慶陽古街では、春節(中国の旧正月)ムードが次第に高まりをみせている。ここでは地元の人々が伝統的なしきたりに基づいて年越し用品を揃え始め、至るところで賑やかな光景が広がっている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722639

  • 2019年01月13日
    春節ムードあふれる百年の歴史ある町湖北省恩施

    13日、恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の慶陽古街で、観光客と糍粑(ツーバと呼ばれる餅の一種)作りを楽しむ地元の人々。年越しを目前に控え、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州の宣恩県椒園鎮にある慶陽古街では、春節(中国の旧正月)ムードが次第に高まりをみせている。ここでは地元の人々が伝統的なしきたりに基づいて年越し用品を揃え始め、至るところで賑やかな光景が広がっている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011722659

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、竹を削ぎ、修理に使う竹ひごを作る王維和さん。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200335

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんが両手を巧みに操り、背負いかごを編みなおしている。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200300

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんが背負いかごの底部分を修理している。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200358

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、背負いかごの底部分を編みなおす王維和さん。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200406

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんが背負いかごを修理している。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200409

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんが細い竹ひごを使って背負いかごを修理している。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200410

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんに背負いかごの修理代を尋ねる農家の女性。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200317

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんが背負いかごの肩紐(ひも)を換えている。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200294

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんに修理代を支払う女性。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200326

  • 2019年05月02日
    慶陽古街に店を構える竹製品の修理職人湖北省恩施

    2日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街で、王維和さんが背負いかごを編みなおしている。今年76歳になる王維和(おう・いわ)さんは、中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県の椒園鎮にある慶陽古街(古い町並み)で、竹製品専門の修理店を営んでいる。ここでの竹製品はトゥチャ族の人々が使用する竹製の背負いかごや竹かご、ちりとり、竹がさなどの生活道具を指し、同地の庶民の生活に欠かせないものとなっている。竹製品専門の修理職人という仕事は、よく使う生活道具が壊れたら、直してもう一度使いたいという勤勉で倹約家のトゥチャ族の人々のニーズから生まれたと言えるだろう。両手を巧みに操って壊れた部分を元通りに直し、修理代も3元(1元=約16円)か5元ほどしか受け取らない王さんは、地元の人々に慕われている。(恩施=新華社配信/宋文)=2019(令和元)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200305

  • 2020年10月10日
    地下に広がる秋の風景湖北省宣恩県

    10日、鑼圏岩天坑の中で生育する植物。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県椒園鎮の鑼圏岩(らけんがん)村には、深さ290メートル余りの自然形成された巨大な陥没孔「鑼圏岩天坑」がある。このほど陥没孔に霧が立ち込め、地下に独特な秋の風景が広がった。(恩施=新華社配信/宋文)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400193

  • 2020年10月10日
    地下に広がる秋の風景湖北省宣恩県

    10日、鑼圏岩天坑の中で生育するシュロの木。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県椒園鎮の鑼圏岩(らけんがん)村には、深さ290メートル余りの自然形成された巨大な陥没孔「鑼圏岩天坑」がある。このほど陥没孔に霧が立ち込め、地下に独特な秋の風景が広がった。(恩施=新華社配信/宋文)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400210

  • 2020年10月10日
    地下に広がる秋の風景湖北省宣恩県

    10日、鑼圏岩天坑の中で生育するシュロの木。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県椒園鎮の鑼圏岩(らけんがん)村には、深さ290メートル余りの自然形成された巨大な陥没孔「鑼圏岩天坑」がある。このほど陥没孔に霧が立ち込め、地下に独特な秋の風景が広がった。(恩施=新華社配信/宋文)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400220

  • 2020年10月10日
    地下に広がる秋の風景湖北省宣恩県

    10日、鑼圏岩天坑の底で、腐食した切り株から力強く生長する寄生植物。中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県椒園鎮の鑼圏岩(らけんがん)村には、深さ290メートル余りの自然形成された巨大な陥没孔「鑼圏岩天坑」がある。このほど陥没孔に霧が立ち込め、地下に独特な秋の風景が広がった。(恩施=新華社配信/宋文)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101400235

  • 2022年02月10日
    (8)中国各地の工場が仕事始め

    9日、湖北省宣恩県椒園鎮にある靴メーカーの生産ラインで働く従業員。中国の春節(旧正月)連休(1月31日~2月6日)が明け、全国各地の多くの工場で仕事始めを迎えた。(宣恩=新華社配信/宋文)= 配信日: 2022(令和4)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021006430

  • 1