KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • タクラマカン砂漠
  • 丁磊
  • 令和
  • 記者
  • 仕事
  • 所属
  • 通常
  • スキャン
  • ステップ
  • データ

「検波」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    石油資源を探る地球物理探査隊の女性隊員新疆ウイグル自治区

    14日、使用に備え検波器を検査するライン調査作業員の王輪(おう・りん)さん。石油・天然ガス開発の基礎工程である地球物理学的探査の仕事は通常、荒涼とした不毛の砂漠地帯で行われ、きつい仕事と劣悪な労働環境のため女性の作業員はほとんどいない。その中で中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊に所属する60余人の女性調査隊員は、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地で長期間にわたり男性隊員と同じ業務を担っている。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100673

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    14日、検波器を1セット設置し終え、腰を伸ばして休息をとる配線作業員の張進秀(ちょう・しんしゅう)さん。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000739

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    石油資源を探る地球物理探査隊の女性隊員新疆ウイグル自治区

    14日、使用に備え検波器を点検するライン調査作業員。(小型無人機から)石油・天然ガス開発の基礎工程である地球物理学的探査の仕事は通常、荒涼とした不毛の砂漠地帯で行われ、きつい仕事と劣悪な労働環境のため女性の作業員はほとんどいない。その中で中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊に所属する60余人の女性調査隊員は、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地で長期間にわたり男性隊員と同じ業務を担っている。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100611

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    14日、検波器の配線を束ねて車に積む配線作業員。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000741

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    石油資源を探る地球物理探査隊の女性隊員新疆ウイグル自治区

    14日、使用に備え検波器を点検するライン調査作業員の王秋玲(おう・しゅうれい)さん。石油・天然ガス開発の基礎工程である地球物理学的探査の仕事は通常、荒涼とした不毛の砂漠地帯で行われ、きつい仕事と劣悪な労働環境のため女性の作業員はほとんどいない。その中で中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊に所属する60余人の女性調査隊員は、新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地で長期間にわたり男性隊員と同じ業務を担っている。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012100664

  • 1