KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景
  • 令和
  • 平成
  • 観光客
  • 人々
  • 旧正月
  • 春節
  • 農家
  • カエデ
  • 家屋

「楊敏」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2012年06月27日
    端午節連休の国内観光客4880万9千人

    27日、重慶市黔江(けんこう)区芭拉胡(ばらこ)風景区で、雨の中散策する観光客。中国は25日から27日まで端午節の連休で、3日間の国内観光客は4880万9千人、観光収入は122億8千万元(1元=約15円)だった。文化・観光部が発表した。(重慶=新華社配信/楊敏)=2012(平成24)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002393

  • 2019年01月06日
    春節を迎えるちょうちん飾り重慶市濯水古鎮

    6日、重慶市黔江区の濯水古鎮で撮影した赤いちょうちんと紙傘。春節(旧正月)を控え、中国重慶市黔江(けんこう)区の濯水(たくすい)古鎮では、ちょうちんや飾りつけが人々の目を楽しませ、お祭り気分を盛り上げている(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920930

  • 2019年01月06日
    春節を迎えるちょうちん飾り重慶市濯水古鎮

    6日、重慶市黔江区の濯水古鎮を訪れた観光客。春節(旧正月)を控え、中国重慶市黔江(けんこう)区の濯水(たくすい)古鎮では、ちょうちんや飾りつけが人々の目を楽しませ、お祭り気分を盛り上げている(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920882

  • 2019年01月06日
    春節を迎えるちょうちん飾り重慶市濯水古鎮

    6日、重慶市黔江区の濯水古鎮で、ほころび始めた梅と互い引き立て合う赤いちょうちん。春節(旧正月)を控え、中国重慶市黔江(けんこう)区の濯水(たくすい)古鎮では、ちょうちんや飾りつけが人々の目を楽しませ、お祭り気分を盛り上げている(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920884

  • 2019年01月06日
    春節を迎えるちょうちん飾り重慶市濯水古鎮

    6日、重慶市黔江区の濯水古鎮で撮影した赤いちょうちん。春節(旧正月)を控え、中国重慶市黔江(けんこう)区の濯水(たくすい)古鎮では、ちょうちんや飾りつけが人々の目を楽しませ、お祭り気分を盛り上げている(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920917

  • 2019年01月06日
    春節を迎えるちょうちん飾り重慶市濯水古鎮

    6日、重慶市黔江区の濯水古鎮で撮影した赤いちょうちん。春節(旧正月)を控え、中国重慶市黔江(けんこう)区の濯水(たくすい)古鎮では、ちょうちんや飾りつけが人々の目を楽しませ、お祭り気分を盛り上げている(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920885

  • 2019年01月06日
    春節を迎えるちょうちん飾り重慶市濯水古鎮

    6日、重慶市黔江区の濯水古鎮で撮影した赤いちょうちんと紙傘。春節(旧正月)を控え、中国重慶市黔江(けんこう)区の濯水(たくすい)古鎮では、ちょうちんや飾りつけが人々の目を楽しませ、お祭り気分を盛り上げている(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920914

  • 2019年01月17日
    厳冬に咲くロウバイの花

    17日、中国重慶市黔江(けんこう)区の河浜公園で、ロウバイの木の枝にとまる小鳥。1月の寒い時期に、蝋細工のような黄色い美しい花を咲かせるロウバイ(蝋梅)が見頃を迎えた。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200366

  • 2019年01月17日
    厳冬に咲くロウバイの花

    17日、中国重慶市黔江(けんこう)区の河浜公園で、ロウバイの木の枝にとまる小鳥。1月の寒い時期に、蝋細工のような黄色い美しい花を咲かせるロウバイ(蝋梅)が見頃を迎えた。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200310

  • 2019年01月21日
    年の瀬感じさせる「五穀糍粑」の香り重慶市

    21日、トウモロコシの入った「糍粑」を作る黔江区馬喇(ばらつ)鎮印合村の莫露(ばく・ろ)さん(左)。中国重慶市黔江(けんこう)区の農家では春節(旧正月)を前に、伝統食品の五穀糍粑(ツーバー)作りに忙しい。この地の人々の「年越し」に欠かせない特産の「黔江五穀糍粑」は、餅米を主な原料に、コーリャンやアワ、トウモロコシなどの穀類を混ぜ、浸水後に木製の蒸し器で蒸し、つぶして丸い餅状に整形した食品。一家団らんやめでたさの象徴として親しまれている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821640

  • 2019年01月21日
    年の瀬感じさせる「五穀糍粑」の香り重慶市

    21日、餅米の「糍粑」を並べる黔江区馬喇(ばらつ)鎮印合村の莫露(ばく・ろ)さん。中国重慶市黔江(けんこう)区の農家では春節(旧正月)を前に、伝統食品の五穀糍粑(ツーバー)作りに忙しい。この地の人々の「年越し」に欠かせない特産の「黔江五穀糍粑」は、餅米を主な原料に、コーリャンやアワ、トウモロコシなどの穀類を混ぜ、浸水後に木製の蒸し器で蒸し、つぶして丸い餅状に整形した食品。一家団らんやめでたさの象徴として親しまれている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821643

  • 2019年01月21日
    年の瀬感じさせる「五穀糍粑」の香り重慶市

    21日、餅米の「糍粑」に花の絵の印を押す黔江区馬喇(ばらつ)鎮印合村の莫露(ばく・ろ)さん。中国重慶市黔江(けんこう)区の農家では春節(旧正月)を前に、伝統食品の五穀糍粑(ツーバー)作りに忙しい。この地の人々の「年越し」に欠かせない特産の「黔江五穀糍粑」は、餅米を主な原料に、コーリャンやアワ、トウモロコシなどの穀類を混ぜ、浸水後に木製の蒸し器で蒸し、つぶして丸い餅状に整形した食品。一家団らんやめでたさの象徴として親しまれている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821642

  • 2019年01月21日
    年の瀬感じさせる「五穀糍粑」の香り重慶市

    21日、トウモロコシの入った「糍粑」を整理する黔江区馬喇(ばらつ)鎮印合村の莫珊(ばく・さん)さん。中国重慶市黔江(けんこう)区の農家では春節(旧正月)を前に、伝統食品の五穀糍粑(ツーバー)作りに忙しい。この地の人々の「年越し」に欠かせない特産の「黔江五穀糍粑」は、餅米を主な原料に、コーリャンやアワ、トウモロコシなどの穀類を混ぜ、浸水後に木製の蒸し器で蒸し、つぶして丸い餅状に整形した食品。一家団らんやめでたさの象徴として親しまれている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821461

  • 2019年01月21日
    年の瀬感じさせる「五穀糍粑」の香り重慶市

    21日、餅米の「糍粑」を整理する黔江区馬喇(ばらつ)鎮印合村の莫露(ばく・ろ)さん(左)、莫珊(ばく・さん)さん。中国重慶市黔江(けんこう)区の農家では春節(旧正月)を前に、伝統食品の五穀糍粑(ツーバー)作りに忙しい。この地の人々の「年越し」に欠かせない特産の「黔江五穀糍粑」は、餅米を主な原料に、コーリャンやアワ、トウモロコシなどの穀類を混ぜ、浸水後に木製の蒸し器で蒸し、つぶして丸い餅状に整形した食品。一家団らんやめでたさの象徴として親しまれている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821645

  • 2019年02月21日
    春の繁忙期迎えた中国各地の農家

    21日、重慶市黔江(けんこう)区蓬東郷でロサ・キネンシスの接ぎ木をする農家。春を迎え、中国各地の田畑でこのところ、農作業にいそしむ人々の姿が見られるようになった。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(平成31)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701665

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、空から見た古楓寨の一角。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001230

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、民家の屋根を点検修理する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001302

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古いカエデの木の生育状況を観察する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001225

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、米を分別する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001222

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の民家で農産物を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001149

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の民家で魚を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001152

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の「吊脚楼」と呼ばれる高床式家屋で布団を干す村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001227

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、空から見た古楓寨の一角。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001229

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、古楓寨の民家で農産物を干す村民。(小型無人機から)中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001224

  • 2019年06月02日
    トゥチャ族風情が残る300年の歴史持つ古楓寨重慶市黔江区

    2日、竹製品を確認する村民。中国重慶市黔江(けんこう)区小南海鎮橋梁村の古楓寨(こほうさい)は、トゥチャ族が暮らす集落で300年以上の歴史があり、美しい風景と素朴な民族風情が特徴となっている。集落の周りに100本以上のカエデの古木があることから、「古楓寨」と名付けられた。集落には吊脚楼(ちょうきゃくろう)という木造の高床式家屋が40棟余りあり、そこではトゥチャ族の生産様式と生活習慣が今でも受け継がれている。同村は近年、民族風情村としての開発を着々と進めており、ますます多くの観光客が訪れている。(重慶=新華社配信/楊敏)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001138

  • 2019年10月25日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    25日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、楊敏(よう・びん)氏の作品「油滴盞(ゆてきさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000281

  • 2019年10月25日
    第3回建窯建盞文化博覧会が開幕福建省南平市

    25日、博覧会開幕に先立ち公開された建陽区の工芸師、楊敏(よう・びん)氏の作品「兎毫盞(とごうさん)」。中国福建省南平市建陽区で26日、第3回建窯(けんよう)建盞(けんさん)文化博覧会が開幕した。建窯は中国の有名な古窯の一つで、唐末から五代に焼成が始まり、これまで千年余りの歴史を持つ。窯跡は同区水吉鎮の後井村と池中村にある。同区はここ数年、建窯および同窯で焼かれた茶碗「建盞」(日本では天目茶碗と呼ばれる)の歴史的、文化的長所を十分に引き出し、建盞文化産業を発展させている。区内には現在、建盞を制作する企業と個人事業主が約2800社(人)あり、約2万人が就業している。(建陽=新華社記者/張国俊)=2019(令和元)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000322

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、買い取った繭を運ぶ作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500374

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、買い取った繭を袋詰めする作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500159

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、繭を整理する作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500188

  • 2020年10月31日
    繭が豊作で倉庫作業も大忙し養蚕業の発展に取り組む重慶市黔江区

    10月31日、重慶市黔江区の双河シルク工場で、買い取った繭を袋詰めする作業員。中国重慶市黔江(けんこう)区は長い養蚕の歴史を持ち、近年は養蚕を農民増収のための重要な貧困支援産業として発展を推進。良質な養蚕拠点の建設を急ぎ、シルク産業を拡大・増強させ、企業、生産拠点、農家を組み合わせた発展モデルを採用して、農民の増収を実現している。(重慶=新華社配信/楊敏)=2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500180

  • 2021年04月06日
    (12)中国各地に春の訪れ

    5日、重慶市黔江(けんこう)区の城市大峡谷風景区で、断崖絶壁に設けられた桟道を歩く観光客。春を迎え、中国各地では思い思いに春の風景を楽しむ人々の姿が見られた。(重慶=新華社配信/楊敏)= 配信日: 2021(令和3)年4月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040611539

  • 2022年02月21日
    (9)中国各地に早春の雪景色

    19日、重慶市黔江区の灰千梁子風景区で雪景色を楽しむ観光客。中国の一部地域でこのほど、雪が降り、美しい白銀の世界が広がった。(重慶=新華社配信/楊敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022103009

  • 2022年02月21日
    (10)中国各地に早春の雪景色

    19日、重慶市黔江区の灰千梁子風景区で雪景色を楽しむ観光客。中国の一部地域でこのほど、雪が降り、美しい白銀の世界が広がった。(重慶=新華社配信/楊敏)= 配信日: 2022(令和4)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022103012

  • 2022年05月12日
    (3)初夏到来養蚕や田植えに励む中国各地の農家

    8日、重慶市黔江(けんこう)区濯水鎮双竜村の畑で、桑の葉の成長を確認する村民。(小型無人機から)初夏を迎えた中国各地では、農家の人たちが桑の栽培や養蚕、田植えなどの作業に精を出している。(重慶=新華社配信/楊敏)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051209661

  • 2022年06月13日
    (13)「文化・自然遺産の日」中国各地で多彩なイベント

    11日、重慶市黔江(けんこう)区の武陵水岸で、太極拳を披露する愛好家。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日)に当たる11日、中国各地ではさまざまなイベントが開かれ、参加者が伝統文化の魅力を味わった。(重慶=新華社配信/楊敏)= 配信日: 2022(令和4)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061309927

  • 1