KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • さくらんぼ
  • アプリ
  • スマートシティ
  • セルフサービス
  • データ
  • マウス
  • 伝統産業
  • 値段
  • 停滞
  • 利便性

「楊渓郷」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年04月19日
    「スマート生活」がさらに身近なものに江西省余江県

    19日、中国江西省余江県楊渓郷の霊渓小鎮生態楽園で、スマートかごを手にサクランボ狩りを楽しむ観光客。この果物狩り無人管理システムは、従来の果物狩りを利用者がセルフサービスで利用できる方式に変えたもので、ユーザーの利便性が向上したユーザー本位の果樹園スマート化サービスとなっている。観光客がスマートかごを手に持っただけで、自動で位置確認や果物の計量、値段の計算ができる。マウスをクリックしただけで、スマートビニールハウスの温度を自動調整し、自動で水をやり、肥料を与える。この他、数多くのスマート街灯や靴のスマートソール、シェアバイクなど、余江県では「スマート生活」が市民にとってさらに身近なものとなっている。スマート産業で未来を照らすため、同県は2017年以降、IoT向けLTE通信規格「NB-IoT」技術の応用により、新技術や新モデル、新業態を積極的に有し、スマート産業の発展を強力に支援し、伝統産業の停滞した部分を最適化している。通信設備の建設によって農業や製造業、各種新興産業の高度化や発展を促進し、市民が「スマートシティ」による「スマート生活」を享受できるようにする。(余江=新華社記者/宋振平)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100798

  • 1