KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 地球
  • 令和
  • 元日
  • 北京
  • 地表
  • 天問
  • 活動
  • 火星表面
  • 祝融
  • 複数

「極冠」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1990年04月24日
    Ultraviolet image of an electric-blue aurora glowing on the giant planet Jupiter

    Hubble Space Telescope, ultraviolet image of an electric-blue aurora glowing on the giant planet Jupiter. Auroras are curtains of light resulting from high-energy electrons racing along the planet‘s magnetic field into the upper atmosphere. The electrons excite atmospheric gases, causing them to glow. The image shows the main oval of the aurora, which is cantered on the magnetic north pole, plus more diffuse emissions inside the polar cap. Though the aurora resembles the same phenomenon that crowns Earth‘s polar regions, the Hubble image shows unique emissions from the magnetic ‘footprints‘ of three of Jupiter‘s largest moons. Auroral footprints can be seen in this image from Io (along the left-hand limb), Ganymede (near the centre), and Europa (just below and to the right of Ganymede‘s Auroral footprint). 、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018111215800

  • 1999年08月05日
    極冠とアルシア山 火星の南極に春が到来

    米探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーが撮影した火星の南半球の春。南極の白い極冠(下方)は二酸化炭素の氷。左上に火山地帯のタルシス高地南端にあるアルシア山のカルデラが見える(NASA提供・共同)

    商品コード: 1999080500011

  • 2000年03月09日
    公開された火星南極の画像 極冠の幾何学模様鮮明に

    米国の無人探査機が撮影した火星南極の極冠。縦9キロ、横3キロの範囲を映し出している=8日(NASA提供・共同)

    商品コード: 2000030900009

  • 2003年06月27日
    宇宙望遠鏡が撮影した火星 火星が8月27日、超大接近

    ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した火星。下の南極部分にある白いところは、ドライアイスでできているとみられる極冠=01年6月(NASA提供・共同)

    商品コード: 2003062700022

  • 2003年08月27日
    ハッブルで撮影した火星 夏の夜空に赤い輝き

    ハッブル宇宙望遠鏡が日本時間27日午前7時20分から同8時12分にかけて撮影した火星。最接近の11時間前で、地球との距離は5576万220キロ。表面が克明に写され、円形の小さなクレーターが多く見える。中央やや右に、直径約450キロの巨大なホイヘンスクレーターが写っている。下の南極冠は小さくなっており、火星が夏であることを示している(NASA提供・共同)

    商品コード: 2003082700204

  • 2004年01月24日
    水の存在示す火星の南極冠

    欧州宇宙機関(ESA)の火星探査機マーズエクスプレスが撮影、画像処理された火星の南極冠の合成写真。23日、火星での水の存在を示すものとしてESAが公表した。右は氷、中央は火星の大気のほとんどを占めるドライアイス、左は濃く青い部分が氷の存在を示している(ロイター=共同)

    商品コード: 2004012400134

  • 2022年01月02日
    (3)「天問1号」から届いた火星の画像中国国家航天局が元日に公開

    「天問1号」から送信された写真に写る周回機と火星。(資料写真)中国国家航天局は1日、中国初の火星探査機「天問1号」から送信された鮮明な画像を公開した。画像は周回機と火星、周回機の一部、火星の北極冠、火星探査車「祝融」が撮影した火星の地表など複数。天問1号の周回機は昨年12月31日までに軌道上を526日間運行し、現在は地球から約3億5千万キロの距離にある。探査車の火星表面での活動は火星時間で225日間に上り、走行距離は累計1400メートルを超えている。(北京=新華社配信/国家航天局提供)= 配信日: 2022(令和4)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010205890

  • 2022年01月02日
    (4)「天問1号」から届いた火星の画像中国国家航天局が元日に公開

    火星探査車「祝融」が撮影した火星の地表。(資料写真)中国国家航天局は1日、中国初の火星探査機「天問1号」から送信された鮮明な画像を公開した。画像は周回機と火星、周回機の一部、火星の北極冠、火星探査車「祝融」が撮影した火星の地表など複数。天問1号の周回機は昨年12月31日までに軌道上を526日間運行し、現在は地球から約3億5千万キロの距離にある。探査車の火星表面での活動は火星時間で225日間に上り、走行距離は累計1400メートルを超えている。(北京=新華社配信/国家航天局提供)= 配信日: 2022(令和4)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010205892

  • 2022年01月02日
    (1)「天問1号」から届いた火星の画像中国国家航天局が元日に公開

    「天問1号」から送信された写真に写る周回機の一部。(資料写真)中国国家航天局は1日、中国初の火星探査機「天問1号」から送信された鮮明な画像を公開した。画像は周回機と火星、周回機の一部、火星の北極冠、火星探査車「祝融」が撮影した火星の地表など複数。天問1号の周回機は昨年12月31日までに軌道上を526日間運行し、現在は地球から約3億5千万キロの距離にある。探査車の火星表面での活動は火星時間で225日間に上り、走行距離は累計1400メートルを超えている。(北京=新華社配信/国家航天局提供)= 配信日: 2022(令和4)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010205880

  • 2022年01月02日
    (2)「天問1号」から届いた火星の画像中国国家航天局が元日に公開

    「天問1号」から送信された写真に写る火星の北極冠。(資料写真)中国国家航天局は1日、中国初の火星探査機「天問1号」から送信された鮮明な画像を公開した。画像は周回機と火星、周回機の一部、火星の北極冠、火星探査車「祝融」が撮影した火星の地表など複数。天問1号の周回機は昨年12月31日までに軌道上を526日間運行し、現在は地球から約3億5千万キロの距離にある。探査車の火星表面での活動は火星時間で225日間に上り、走行距離は累計1400メートルを超えている。(北京=新華社配信/国家航天局提供)= 配信日: 2022(令和4)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010205889

  • 1