KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 絶滅危惧種
  • 発見
  • 研究者
  • 生息域外保全
  • 文字
  • 制作
  • 創作
  • 資料

「極小」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
114
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
114
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    THE “EIRA“ ARCTIC RELIEF EXPEDITION UNDER CAPTAIN SIR ALLEN YOUNG: THE EXPLORING STEAM VESSEL “HOPE“.

    THE “EIRA“ ARCTIC RELIEF EXPEDITION UNDER CAPTAIN SIR ALLEN YOUNG: THE EXPLORING STEAM VESSEL “HOPE“.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020080403778

  • 1950年06月30日
    対馬・豆酸灯台から遠望(資料)

    長崎県対馬の豆酸(つつ)灯台沖を航行する米軍輸送船(極小)=1950(昭和25)年6月(撮影日不明)(25年内地なし)

    商品コード: 2013090500402

  • 1950年06月30日
    対馬・豆酸灯台から遠望(資料)

    長崎県対馬の豆酸(つつ)灯台沖を航行する米軍輸送船(極小)=1950(昭和25)年6月(撮影日不明)(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013090500403

  • 1950年08月25日
    湯川秀樹博士が母校訪問

    母校の京極小学校を訪れ子どもたちに囲まれる湯川秀樹博士=1950(昭和25)年8月25日、京都市内

    商品コード: 1950082500006

  • 1966年01月01日
    LINO VENTURA in LET‘S NOT GET ANGRY (1966) -Original title: NE NOUS FACHONS PAS-, directed by GEORGES LAUTNER.

    LINO VENTURA in LET‘S NOT GET ANGRY (1966) -Original title: NE NOUS FACHONS PAS-, directed by GEORGES LAUTNER.、クレジット:GAUMONT/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021052900622

  • 1993年09月01日
    新1万円札の見本 偽造防止の新札完成

    特殊インキや極小文字が印刷された偽造防止の新1万円札見本

    商品コード: 1993090100060

  • 1994年12月19日
    光に向かう極小ロボット

    セイコーエプソンが販売するおもちゃの極小ロボット「ニーニョ」

    商品コード: 1994121900048

  • 1996年06月19日
    極小芸術、マッチの先の詩

    マッチの先に書き込んだ自作の詩を示しているのは、台湾の芸術家チェン・フォンシエンさん(40)。チェンさんは、虫眼鏡と超極細のペン(虫眼鏡中央)を使って、マッチや米粒、針、昆虫の体などに器用に、唐詩や、農民の生活を題材にした詩を書き込みます。(ロイター=共同)

    商品コード: 1996061900038

  • 1997年11月12日
    小さな「人気者」

    おじさんの指に乗っている極小サイズのカメレオン。クロアチア共和国南部のスプリトで開かれた、は虫類展に登場しました。集まったヘビやクモなど約五十種のは虫類の中でも、小さな小さな人気者です。(ロイター=共同)

    商品コード: 1997111200030

  • 2001年03月15日
    スプリング8 微量元素で産地も判定

    )、社会454S、20日付朝刊以降使用、解禁厳守  考古学でも威力を発揮している兵庫県・播磨科学公園都市の「SPring(スプリング)8」

    商品コード: 2001031500079

  • 2001年03月15日
    タンデム型加速器 放射性炭素法が高精度に

    )、社会452S、20日付朝刊以降使用、解禁厳守(一括使用可)  高精度の年代測定で考古学界を揺らす名古屋大のタンデム型加速器

    商品コード: 2001031500076

  • 2002年12月06日
    極小型カメラ スパイカメラが大集合

    世界最小カメラとしてギネスブックにも認定された極小型カメラ「ペタル」(左)。大きさは500円硬貨ほど

    商品コード: 2002120600113

  • 2003年06月17日
    文字が描かれた繊維 極小の絵描ける繊維を開発

    シキボウが開発したレーザー光線で細かい文字が描ける繊維

    商品コード: 2003061700114

  • 2008年01月22日
    病院の極小未熟児 小さな命、風前のともしび

    21日、ガザ市のシファ病院で、看護師の世話を受ける体重800グラムの極小未熟児(共同)

    商品コード: 2008012200133

  • 2012年07月03日
    仏像を見る来館者 3ミリの極小仏像を初公開

    初めて一般公開された極小仏像「芥子仏」を見る来館者=6月22日、佐賀市の佐賀県立博物館

    商品コード: 2012070300011

  • 2012年07月03日
    公開された芥子仏 3ミリの極小仏像を初公開

    初めて一般公開された約3ミリの木製仏像「芥子仏」=6月22日、佐賀市の佐賀県立博物館

    商品コード: 2012070300012

  • 2012年08月16日
    日本人初のノーベル賞受賞 湯川博士が母校訪問

    1950(昭和25)年8月25日、湯川秀樹博士が母校、京都市の京極小学校を訪問した。前年12月に「中間子理論」の提唱が評価され、日本人初のノーベル物理学賞に輝いたが、米国に滞在中で2年ぶりに帰国したばかり。後輩たちを励ました後、恩師や30人余の同級生と昼食を共にし思い出話に浸った。

    商品コード: 2012081600316

  • 2013年10月17日
    極小

    エクアドルの首都キトにある両生類の研究施設で撮影されたカエル。指に乗るほどの小さな体。うっかり見失わないように。(ロイター=共同)

    商品コード: 2013101700429

  • 2014年08月28日
    絶滅寸前の植物「漾濞槭」の全DNA解析に成功中科院昆明植物研究所

    「漾濞槭」の果実。(資料写真)中国科学院昆明植物研究所はこのほど、同研究所の科学研究チームが極小個体群の野生植物「漾濞槭(ようびせき、Aceryangbiense)」の全DNA解析に成功したことを明らかにした。論文は英科学誌「ギガサイエンス(GigaScience)」に掲載された。これは世界で初めてのカエデ科(Aceraceae)カエデ属(Acer)植物の全DNA解析事例であり、この極小個体群野生植物についての保護と研究をさらに進める上での重要な基礎を築いた。(昆明=新華社配信/刀志霊)=2014(平成26)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103454

  • 2015年02月14日
    絶滅寸前の植物「漾濞槭」の全DNA解析に成功中科院昆明植物研究所

    「漾濞槭」の雌花序。(資料写真)中国科学院昆明植物研究所はこのほど、同研究所の科学研究チームが極小個体群の野生植物「漾濞槭(ようびせき、Aceryangbiense)」の全DNA解析に成功したことを明らかにした。論文は英科学誌「ギガサイエンス(GigaScience)」に掲載された。これは世界で初めてのカエデ科(Aceraceae)カエデ属(Acer)植物の全DNA解析事例であり、この極小個体群野生植物についての保護と研究をさらに進める上での重要な基礎を築いた。(昆明=新華社配信/楊静)=2015(平成27)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103436

  • 2015年03月23日
    大島堅一氏 実態は東電負担の極小化

    大島堅一・立命館大教授

    商品コード: 2015032300758

  • 2015年08月20日
    日本人初のノーベル賞受賞 湯川博士が母校訪問

    1950(昭和25)年8月25日、湯川秀樹博士が母校、京都市の京極小学校を訪問した。前年12月に「中間子理論」の提唱が評価され、日本人初のノーベル物理学賞に輝いたが、米国に滞在中で2年ぶりに帰国したばかり。後輩たちを励ました後、恩師や30人余の同級生と昼食を共にし思い出話に浸った。

    商品コード: 2015082000238

  • 2017年06月20日
    極小部屋が入る建物 不動産、物価の高騰が圧迫

    香港・深水埗の極小部屋が入る建物(共同)

    商品コード: 2017062000657

  • 2018年02月02日
    値上げする極小粒ミニ3 おかめ納豆27年ぶり値上げ

    タカノフーズが4月1日に出荷価格を引き上げる「極小粒ミニ3」

    商品コード: 2018020200604

  • 2018年03月09日
    絶滅寸前の植物「漾濞槭」の全DNA解析に成功中科院昆明植物研究所

    「漾濞槭」の雄花序。(資料写真)中国科学院昆明植物研究所はこのほど、同研究所の科学研究チームが極小個体群の野生植物「漾濞槭(ようびせき、Aceryangbiense)」の全DNA解析に成功したことを明らかにした。論文は英科学誌「ギガサイエンス(GigaScience)」に掲載された。これは世界で初めてのカエデ科(Aceraceae)カエデ属(Acer)植物の全DNA解析事例であり、この極小個体群野生植物についての保護と研究をさらに進める上での重要な基礎を築いた。(昆明=新華社配信/姚剛)=2018(平成30)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103476

  • 2018年05月17日
    ハッチョウトンボ舞い始める

    湿地の植物の葉に止まり、羽を休めるハッチョウトンボ。世界最小級のトンボ・ハッチョウトンボが、岡山県総社市福井のヒイゴ池湿地で舞い始めた。周囲の水と緑に〝極小の赤〞が彩りを添え、散策に訪れた市民らの目を楽しませている。ハッチョウトンボは日当たりのよい湿地に生息。体長2センチほどで、1円玉(直径2センチ)にすっぽり隠れる大きさ。成長するにつれ雄だけが鮮やかな赤色になる。=2018(平成30)年5月17日、岡山県総社市福井、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200682

  • 2018年05月22日
    極小粒ミニ3 納豆粘れず、相次ぎ値上げ

    タカノフーズの「極小粒ミニ3」

    商品コード: 2018052201357

  • 01:08.71
    2018年09月11日
    「新華社」コムギの発芽防ぐ極小「レインコート」技術開発

    中国科学院合肥物質科学研究院はこのほど、同研究院技術生物所の研究員が、手を加えた天然のナノメートル素材を使用して一種の麦穂発芽防止剤を開発したことを明らかにした。コムギの粒をナノメートル素材の「レインコート」で覆うような作用を発揮して発芽を防止するもので、化学農薬による麦穂発芽抑制方法に取って代わることが可能であるという。このプロジェクトは、同研究院技術生物所の呉麗芳(ご・れいほう)研究員の研究チームが推進したもので、関連の成果は米国化学会発行の学術誌「サスティナブルケミストリー&エンジニアリング」に発表された。コムギの収穫期は長雨や高湿度の季節に重なることが多く、麦穂の発芽が頻繁に発生する。それはコムギの生産量に影響し、また加工品質と使用価値をはなはだしく低下させるなど経済的な損失につながり、世界的な農業問題となっている。科学研究者によると、抗発芽性品種と適正な時期の種まき、化学的抑制が発芽抑制の通常の方法だが、化学的抑制はコストが高く、安定性に欠け、環境汚染を起こしやすく、汚染予防の的確な方法がないなどの明白な欠点があるという。現在では、人々のより良い生活と食品品質に対するニーズが増大するのに伴って、低コストで、無害で、効率的な発芽抑制技術への市場のニーズが高まっている。研究チームは天然ナノメートル素材のアタパルジャイト(天然の硅酸塩鉱物で、酸性白土と総称される吸着性粘土の一種)に手を加え、一種の疎水性ナノメートル素材を開発した。同素材はコムギの粒の表面に緻密な疎水層を形成し、コムギの種子の呼吸と水分吸収を顕著に抑制する。この技術は使用が簡単で、環境に優しいなどの利点を備え、コムギ品質の向上と化学農薬使用量の低減に重要な意義を持ち、高い将来性を備えている。(記者/曹力)<映像内容>研究の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015443

  • 2019年01月15日
    中国文化の真髄を作品に注ぐ微雕名人·朱次元氏

    15日、湖州市呉興(ごこう)区飛英街道米行街社区の自宅で「微雕」作品を制作する朱次元氏。中国の伝統芸術「微雕(びちょう)」は、微細で精緻な彫刻を得意とし、古くから「絶技」と呼ばれてきた。微雕界の巨匠とされる朱次元(しゅ・じげん)氏(75)は、浙江省湖州(こしゅう)市で木製模型の製作に従事していたが、1980年代に微雕を知り、微雕や極小文字で文章を書き込む「微書」、髪の毛に彫刻を施す「髪刻」などの創作に没頭した。三十数年の間に全国レベルの作品展で6つの金賞を獲得したほか、浙江省人民政府から「浙江省工芸美術大師」の称号を授与されている。朱氏の精巧な微雕技法は、業界からも「細入毫髪、巨納乾坤」(繊細な毛髪に森羅万象を宿らせる)と絶賛されている。朱氏は「外観を忠実に写し描くのではなく、中国文化の真髄を注ぎ込むことを追求している。寿山石(じゅざんせき)に山水画を彫刻する場合でも、作品に模倣のできない唯一無二の精神性を持たせている」と述べた。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820242

  • 2019年01月15日
    中国文化の真髄を作品に注ぐ微雕名人·朱次元氏

    15日、寿山石に山水画を彫刻した朱次元氏の「微雕」作品。中国の伝統芸術「微雕(びちょう)」は、微細で精緻な彫刻を得意とし、古くから「絶技」と呼ばれてきた。微雕界の巨匠とされる朱次元(しゅ・じげん)氏(75)は、浙江省湖州(こしゅう)市で木製模型の製作に従事していたが、1980年代に微雕を知り、微雕や極小文字で文章を書き込む「微書」、髪の毛に彫刻を施す「髪刻」などの創作に没頭した。三十数年の間に全国レベルの作品展で6つの金賞を獲得したほか、浙江省人民政府から「浙江省工芸美術大師」の称号を授与されている。朱氏の精巧な微雕技法は、業界からも「細入毫髪、巨納乾坤」(繊細な毛髪に森羅万象を宿らせる)と絶賛されている。朱氏は「外観を忠実に写し描くのではなく、中国文化の真髄を注ぎ込むことを追求している。寿山石(じゅざんせき)に山水画を彫刻する場合でも、作品に模倣のできない唯一無二の精神性を持たせている」と述べた。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820462

  • 2019年01月15日
    中国文化の真髄を作品に注ぐ微雕名人·朱次元氏

    15日、寿山石に唐代詩人・李白の詩「将進酒」の全文を刻んだ朱次元氏の「微雕」作品。中国の伝統芸術「微雕(びちょう)」は、微細で精緻な彫刻を得意とし、古くから「絶技」と呼ばれてきた。微雕界の巨匠とされる朱次元(しゅ・じげん)氏(75)は、浙江省湖州(こしゅう)市で木製模型の製作に従事していたが、1980年代に微雕を知り、微雕や極小文字で文章を書き込む「微書」、髪の毛に彫刻を施す「髪刻」などの創作に没頭した。三十数年の間に全国レベルの作品展で6つの金賞を獲得したほか、浙江省人民政府から「浙江省工芸美術大師」の称号を授与されている。朱氏の精巧な微雕技法は、業界からも「細入毫髪、巨納乾坤」(繊細な毛髪に森羅万象を宿らせる)と絶賛されている。朱氏は「外観を忠実に写し描くのではなく、中国文化の真髄を注ぎ込むことを追求している。寿山石(じゅざんせき)に山水画を彫刻する場合でも、作品に模倣のできない唯一無二の精神性を持たせている」と述べた。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820806

  • 2019年01月15日
    中国文化の真髄を作品に注ぐ微雕名人·朱次元氏

    15日、湖州市呉興(ごこう)区飛英街道米行街社区の自宅で「微雕」作品を制作する朱次元氏。中国の伝統芸術「微雕(びちょう)」は、微細で精緻な彫刻を得意とし、古くから「絶技」と呼ばれてきた。微雕界の巨匠とされる朱次元(しゅ・じげん)氏(75)は、浙江省湖州(こしゅう)市で木製模型の製作に従事していたが、1980年代に微雕を知り、微雕や極小文字で文章を書き込む「微書」、髪の毛に彫刻を施す「髪刻」などの創作に没頭した。三十数年の間に全国レベルの作品展で6つの金賞を獲得したほか、浙江省人民政府から「浙江省工芸美術大師」の称号を授与されている。朱氏の精巧な微雕技法は、業界からも「細入毫髪、巨納乾坤」(繊細な毛髪に森羅万象を宿らせる)と絶賛されている。朱氏は「外観を忠実に写し描くのではなく、中国文化の真髄を注ぎ込むことを追求している。寿山石(じゅざんせき)に山水画を彫刻する場合でも、作品に模倣のできない唯一無二の精神性を持たせている」と述べた。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820266

  • 2019年01月15日
    中国文化の真髄を作品に注ぐ微雕名人·朱次元氏

    15日、湖州市呉興(ごこう)区飛英街道米行街社区の自宅で「微雕」作品を制作する朱次元氏。中国の伝統芸術「微雕(びちょう)」は、微細で精緻な彫刻を得意とし、古くから「絶技」と呼ばれてきた。微雕界の巨匠とされる朱次元(しゅ・じげん)氏(75)は、浙江省湖州(こしゅう)市で木製模型の製作に従事していたが、1980年代に微雕を知り、微雕や極小文字で文章を書き込む「微書」、髪の毛に彫刻を施す「髪刻」などの創作に没頭した。三十数年の間に全国レベルの作品展で6つの金賞を獲得したほか、浙江省人民政府から「浙江省工芸美術大師」の称号を授与されている。朱氏の精巧な微雕技法は、業界からも「細入毫髪、巨納乾坤」(繊細な毛髪に森羅万象を宿らせる)と絶賛されている。朱氏は「外観を忠実に写し描くのではなく、中国文化の真髄を注ぎ込むことを追求している。寿山石(じゅざんせき)に山水画を彫刻する場合でも、作品に模倣のできない唯一無二の精神性を持たせている」と述べた。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820901

  • 2019年01月15日
    中国文化の真髄を作品に注ぐ微雕名人·朱次元氏

    15日、湖州市呉興(ごこう)区飛英街道米行街社区の自宅で、寿山石に山水画を彫刻した「微雕」作品を見せる朱次元氏。中国の伝統芸術「微雕(びちょう)」は、微細で精緻な彫刻を得意とし、古くから「絶技」と呼ばれてきた。微雕界の巨匠とされる朱次元(しゅ・じげん)氏(75)は、浙江省湖州(こしゅう)市で木製模型の製作に従事していたが、1980年代に微雕を知り、微雕や極小文字で文章を書き込む「微書」、髪の毛に彫刻を施す「髪刻」などの創作に没頭した。三十数年の間に全国レベルの作品展で6つの金賞を獲得したほか、浙江省人民政府から「浙江省工芸美術大師」の称号を授与されている。朱氏の精巧な微雕技法は、業界からも「細入毫髪、巨納乾坤」(繊細な毛髪に森羅万象を宿らせる)と絶賛されている。朱氏は「外観を忠実に写し描くのではなく、中国文化の真髄を注ぎ込むことを追求している。寿山石(じゅざんせき)に山水画を彫刻する場合でも、作品に模倣のできない唯一無二の精神性を持たせている」と述べた。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820488

  • 2019年01月15日
    中国文化の真髄を作品に注ぐ微雕名人·朱次元氏

    15日、寿山石に唐代の文学者、韓愈(かんゆ)の「師説」全文を刻んだ朱次元氏の「微雕」作品。中国の伝統芸術「微雕(びちょう)」は、微細で精緻な彫刻を得意とし、古くから「絶技」と呼ばれてきた。微雕界の巨匠とされる朱次元(しゅ・じげん)氏(75)は、浙江省湖州(こしゅう)市で木製模型の製作に従事していたが、1980年代に微雕を知り、微雕や極小文字で文章を書き込む「微書」、髪の毛に彫刻を施す「髪刻」などの創作に没頭した。三十数年の間に全国レベルの作品展で6つの金賞を獲得したほか、浙江省人民政府から「浙江省工芸美術大師」の称号を授与されている。朱氏の精巧な微雕技法は、業界からも「細入毫髪、巨納乾坤」(繊細な毛髪に森羅万象を宿らせる)と絶賛されている。朱氏は「外観を忠実に写し描くのではなく、中国文化の真髄を注ぎ込むことを追求している。寿山石(じゅざんせき)に山水画を彫刻する場合でも、作品に模倣のできない唯一無二の精神性を持たせている」と述べた。(湖州=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820922

  • 2019年05月08日
    新素材がデザイン広げる

    ウルトラスエードのワンピースの袖の部分。極小のパンチング加工は人工皮革ならでは=東京都渋谷区

    商品コード: 2019050800445

  • 2019年05月23日
    岡山県総社市福井 ハッチョウトンボ 湿地彩る

    湿地の植物に止まり、羽を休めるハッチョウトンボ。総社市福井のヒイゴ池湿地で、世界最小級のトンボ・ハッチョウトンボが舞い始めた。〝極小の赤〞がふわりと飛んだり、羽を休めたりと、湿地の水と緑に彩りを添えている。=2019(令和元)年5月23日、岡山県総社市福井、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052902804

  • 2019年06月08日
    中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見

    葉身に斑点がある「玉竜杓蘭」。(6月8日撮影)中国科学院昆明植物研究所は7日、同研究所麗江高山植物園の研究員が玉竜雪山での調査で中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」(Cypripediumforrestii)の野生の群生を発見したと発表した。「玉竜杓蘭」は雲南省北西部にのみ分布するラン科「杓蘭属」(アツモリソウ属、Cypripedium)の極小種で、植物学者のジョージ・フォレストが1913年に麗江地区で採集し命名した。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/明昇平)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904015

  • 2019年06月08日
    中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見

    「玉竜杓蘭」の群生環境。(6月8日撮影)中国科学院昆明植物研究所は7日、同研究所麗江高山植物園の研究員が玉竜雪山での調査で中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」(Cypripediumforrestii)の野生の群生を発見したと発表した。「玉竜杓蘭」は雲南省北西部にのみ分布するラン科「杓蘭属」(アツモリソウ属、Cypripedium)の極小種で、植物学者のジョージ・フォレストが1913年に麗江地区で採集し命名した。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/明昇平)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407334

  • 2019年06月08日
    中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」、玉竜雪山で再発見

    葉身に斑点のない「玉竜杓蘭」。(6月8日撮影)中国科学院昆明植物研究所は7日、同研究所麗江高山植物園の研究員が玉竜雪山での調査で中国特有の絶滅危惧植物「玉竜杓蘭」(Cypripediumforrestii)の野生の群生を発見したと発表した。「玉竜杓蘭」は雲南省北西部にのみ分布するラン科「杓蘭属」(アツモリソウ属、Cypripedium)の極小種で、植物学者のジョージ・フォレストが1913年に麗江地区で採集し命名した。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/明昇平)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407338

  • 2019年07月31日
    絶滅寸前の植物「漾濞槭」の全DNA解析に成功中科院昆明植物研究所

    野生で成長した「漾濞槭」の木。(資料写真)中国科学院昆明植物研究所はこのほど、同研究所の科学研究チームが極小個体群の野生植物「漾濞槭(ようびせき、Aceryangbiense)」の全DNA解析に成功したことを明らかにした。論文は英科学誌「ギガサイエンス(GigaScience)」に掲載された。これは世界で初めてのカエデ科(Aceraceae)カエデ属(Acer)植物の全DNA解析事例であり、この極小個体群野生植物についての保護と研究をさらに進める上での重要な基礎を築いた。(昆明=新華社配信/楊静)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103497

  • 2019年08月01日
    絶滅寸前の植物「漾濞槭」の全DNA解析に成功中科院昆明植物研究所

    「漾濞槭」のDNAの基本的特徴と野生個体群分布の現状、基本的な生物学的性質の特徴(上)および昆明植物園への移植・保護に成功した「漾濞槭」の成熟した株(下)。(資料写真)中国科学院昆明植物研究所はこのほど、同研究所の科学研究チームが極小個体群の野生植物「漾濞槭(ようびせき、Aceryangbiense)」の全DNA解析に成功したことを明らかにした。論文は英科学誌「ギガサイエンス(GigaScience)」に掲載された。これは世界で初めてのカエデ科(Aceraceae)カエデ属(Acer)植物の全DNA解析事例であり、この極小個体群野生植物についての保護と研究をさらに進める上での重要な基礎を築いた。(昆明=新華社配信/中国科学院昆明植物研究所提供)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211166

  • 2020年05月26日
    世界最小2センチのハッチョウトンボ

    湿地で羽を休めるハッチョウトンボ。世界最小級のトンボ・ハッチョウトンボが、総社市福井のヒイゴ池湿地で舞い始めた。羽を休めたり、ふわりと飛び立ったり、緑の中に〝極小の赤〞が彩りを添えている。=2020(令和2)年5月26日、岡山県総社市福井、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209755

  • 2020年09月23日
    極小ルービックキューブ 世界最小のルービック登場

    お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区 ※使用の際には、写真と同一ページのどこかにクレジットの明記が必須です。ⓒ1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved

    商品コード: 2020092401133

  • 2020年09月23日
    極小ルービックキューブ 世界最小の六面パズル登場

    お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区 ※使用の際には、写真と同一ページのどこかにクレジットの明記が必須です。ⓒ1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved

    商品コード: 2020092401162

  • 2020年09月23日
    極小ルービックキューブ 世界最小のルービック登場

    お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区 ※使用の際には、写真と同一ページのどこかにクレジットの明記が必須です。ⓒ1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved

    商品コード: 2020092401196

  • 2020年09月23日
    極小ルービックキューブ 世界最小のルービック登場

    お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区 ※使用の際には、写真と同一ページのどこかにクレジットの明記が必須です。ⓒ1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved

    商品コード: 2020092401227

  • 2020年09月23日
    極小ルービックキューブ 世界最小のルービック登場

    お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区 ※使用の際には、写真と同一ページのどこかにクレジットの明記が必須です。ⓒ1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved

    商品コード: 2020092401252

  • 2020年09月23日
    極小ルービックキューブ 世界最小のルービック登場

    お披露目された、公式商品として世界最小のルービックキューブ=23日午前、東京都港区 ※使用の際には、写真と同一ページのどこかにクレジットの明記が必須です。ⓒ1974 Rubik’s(R)Used under licence Rubiks Brand Ltd.All rights reserved

    商品コード: 2020092401276

  • 00:52.15
    2020年09月27日
    「新華社」中国の科学者、雲南省でランの新種を発見

    中国雲南省保山市の竜陵小黒山省級自然保護区で野生動植物のバックグラウンド資源調査を実施した研究者が、キョウチクトウ科サクララン属の新種を発見し「高黎貢サクララン(Hoyagaoligongensis)」と命名した。研究成果はこのほど、国際的植物分類学誌「Phytotaxa」に掲載された。論文の筆頭著者で国家林業・草原局昆明勘察設計院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、今回発見した高黎貢サクラランは、森林の質や湿度、気温など生息環境条件に対する要求が非常に厳しく、現在は原生林でしか見られない。新種のランは現時点では、高黎貢山の北側と南側にのみ分布しており、分布場所は10カ所未満となっている。趙氏は、今回の発見で中国のサクララン属は48種と1変種に増えたと説明。研究チームが全体的に評価した結果、高黎貢サクラランは典型的な極小サイズの個体群の種であることが判明したと述べた。(記者/林碧鋒、張雯)<映像内容>雲南省で発見されたランの新種、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093008759

  • 2020年10月02日
    四川省で体長15ミリ未満の極小トンボ見つかる

    四川省で見つかった世界最小のトンボの個体。(10月2日撮影)中国四川省の成都華希昆虫博物館が8月に収集したトンボの標本の中から、世界最小種のハッチョウトンボ(Nannophyapygmaea)がこのほど、見つかった。同種が省内で発見されたのは今回が初めてで、世界最小となる体長15ミリ未満の個体も確認された。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604178

  • 2020年10月16日
    四川省で体長15ミリ未満の極小トンボ見つかる

    四川省で見つかった体長15ミリ未満の世界最小トンボの個体。(10月16日撮影)中国四川省の成都華希昆虫博物館が8月に収集したトンボの標本の中から、世界最小種のハッチョウトンボ(Nannophyapygmaea)がこのほど、見つかった。同種が省内で発見されたのは今回が初めてで、世界最小となる体長15ミリ未満の個体も確認された。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112604232

  • 2020年10月16日
    四川省で体長15ミリ未満の極小トンボ見つかる

    世界最小のトンボ、ハッチョウトンボ(中央上)と他種の比較。(10月16日撮影)中国四川省の成都華希昆虫博物館が8月に収集したトンボの標本の中から、世界最小種のハッチョウトンボ(Nannophyapygmaea)がこのほど、見つかった。同種が省内で発見されたのは今回が初めてで、世界最小となる体長15ミリ未満の個体も確認された。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112709322

  • 2020年10月20日
    極小サイズの将棋盤 町工場の技光る極小将棋盤

    自動車部品製造会社「コーキ・エンジニアリング」が製作した、縦横が実際の4分の1、面積だと16分の1となる極小サイズの将棋盤

    商品コード: 2020102002932

  • 2020年10月20日
    極小の将棋盤 町工場の技光る極小将棋盤

    自動車部品製造会社「コーキ・エンジニアリング」が製作した、縦横が実際の4分の1、面積だと16分の1となる極小サイズの将棋盤。盤は上下に分かれる箱状で、内部に駒を収納できる

    商品コード: 2020102002935

  • 2020年10月20日
    極小の将棋盤と伏屋社長 町工場の技光る極小将棋盤

    縦横が実際の4分の1、面積だと16分の1となる極小サイズの将棋盤と、製作した自動車部品製造会社「コーキ・エンジニアリング」の社長伏屋勝彦さん=岐阜県岐南町

    商品コード: 2020102002939

  • 2020年10月20日
    極小の将棋盤と通常の駒 町工場の技光る極小将棋盤

    自動車部品製造会社「コーキ・エンジニアリング」が製作した、縦横が実際の4分の1、面積だと16分の1となる極小サイズの将棋盤。右下は比較用に置かれた通常の駒

    商品コード: 2020102003064

  • 2020年10月20日
    極小将棋盤と伏屋社長 町工場の技光る極小将棋盤

    縦横が実際の4分の1、面積だと16分の1となる極小サイズの将棋盤と、製作した自動車部品製造会社「コーキ・エンジニアリング」の社長伏屋勝彦さん。右下は比較用に置かれた通常の駒=岐阜県岐南町

    商品コード: 2020102003069

  • 2020年10月29日
    (5)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝にある密葉イチイを含む植物群落。(2020年10月29日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:Taxus contorta Griffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。 趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2020(令和2)年10月29日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310143

  • 2020年12月23日
    (7)山東省の無形文化遺産ミニチュア彫刻極小の絶技

    11日、山東省済南市でミニチュア彫刻を制作する王天明さん。中国山東省の無形文化遺産継承者、王天明(おう・てんめい)さん(71)は、35年間にわたり精巧なミニチュア彫刻作品を制作してきた。自らの目と日々の修練によって身に着けた感覚を頼りに、翡翠(ひすい)や急須、米粒のみならず、髪の毛にも微細な文字や模様を施すことができる。王さんは「ミニチュア彫刻家には書道や絵画の基礎が必要だが、次に大切なのは忍耐強さだ」と語った。(済南=新華社配信/趙暁明)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402348

  • 2020年12月23日
    (3)山東省の無形文化遺産ミニチュア彫刻極小の絶技

    11日、山東省済南市で自身のミニチュア彫刻作品を披露する王天明さん。中国山東省の無形文化遺産継承者、王天明(おう・てんめい)さん(71)は、35年間にわたり精巧なミニチュア彫刻作品を制作してきた。自らの目と日々の修練によって身に着けた感覚を頼りに、翡翠(ひすい)や急須、米粒のみならず、髪の毛にも微細な文字や模様を施すことができる。王さんは「ミニチュア彫刻家には書道や絵画の基礎が必要だが、次に大切なのは忍耐強さだ」と語った。(済南=新華社配信/趙暁明)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402343

  • 2020年12月23日
    (1)山東省の無形文化遺産ミニチュア彫刻極小の絶技

    11日、山東省済南市で、ミニチュア彫刻作品を手にする王天明さん。書き込まれた文字は300字に上る。中国山東省の無形文化遺産継承者、王天明(おう・てんめい)さん(71)は、35年間にわたり精巧なミニチュア彫刻作品を制作してきた。自らの目と日々の修練によって身に着けた感覚を頼りに、翡翠(ひすい)や急須、米粒のみならず、髪の毛にも微細な文字や模様を施すことができる。王さんは「ミニチュア彫刻家には書道や絵画の基礎が必要だが、次に大切なのは忍耐強さだ」と語った。(済南=新華社配信/趙暁明)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402367

  • 2020年12月23日
    (4)山東省の無形文化遺産ミニチュア彫刻極小の絶技

    11日、山東省済南市のミニチュア彫刻家、王天明さんが使用している道具類。中国山東省の無形文化遺産継承者、王天明(おう・てんめい)さん(71)は、35年間にわたり精巧なミニチュア彫刻作品を制作してきた。自らの目と日々の修練によって身に着けた感覚を頼りに、翡翠(ひすい)や急須、米粒のみならず、髪の毛にも微細な文字や模様を施すことができる。王さんは「ミニチュア彫刻家には書道や絵画の基礎が必要だが、次に大切なのは忍耐強さだ」と語った。(済南=新華社配信/趙暁明)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402363

  • 2020年12月23日
    (2)山東省の無形文化遺産ミニチュア彫刻極小の絶技

    11日、山東省済南市で自身のミニチュア彫刻作品を披露する王天明さん。中国山東省の無形文化遺産継承者、王天明(おう・てんめい)さん(71)は、35年間にわたり精巧なミニチュア彫刻作品を制作してきた。自らの目と日々の修練によって身に着けた感覚を頼りに、翡翠(ひすい)や急須、米粒のみならず、髪の毛にも微細な文字や模様を施すことができる。王さんは「ミニチュア彫刻家には書道や絵画の基礎が必要だが、次に大切なのは忍耐強さだ」と語った。(済南=新華社配信/趙暁明)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402347

  • 2020年12月23日
    (6)山東省の無形文化遺産ミニチュア彫刻極小の絶技

    11日、山東省済南市で自身のミニチュア彫刻作品を披露する王天明さん。中国山東省の無形文化遺産継承者、王天明(おう・てんめい)さん(71)は、35年間にわたり精巧なミニチュア彫刻作品を制作してきた。自らの目と日々の修練によって身に着けた感覚を頼りに、翡翠(ひすい)や急須、米粒のみならず、髪の毛にも微細な文字や模様を施すことができる。王さんは「ミニチュア彫刻家には書道や絵画の基礎が必要だが、次に大切なのは忍耐強さだ」と語った。(済南=新華社配信/趙暁明)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402352

  • 2020年12月23日
    (5)山東省の無形文化遺産ミニチュア彫刻極小の絶技

    11日、山東省済南市でミニチュア彫刻に文字を入れる王天明さん。中国山東省の無形文化遺産継承者、王天明(おう・てんめい)さん(71)は、35年間にわたり精巧なミニチュア彫刻作品を制作してきた。自らの目と日々の修練によって身に着けた感覚を頼りに、翡翠(ひすい)や急須、米粒のみならず、髪の毛にも微細な文字や模様を施すことができる。王さんは「ミニチュア彫刻家には書道や絵画の基礎が必要だが、次に大切なのは忍耐強さだ」と語った。(済南=新華社配信/趙暁明)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122402365

  • 00:59.86
    2021年01月07日
    「新華社」清代の逸品一堂に遼寧省博物館で初の「嗅ぎたばこ入れ」展

    中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館でこのほど、「鼻煙壷精品展」が開催された。同館で鼻煙壷(びえんこ、嗅ぎタバコ入れ)をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。同展に展示された251点の文化財はすべて同館の所蔵品で、そのほとんどが初めて一般に公開されたという。たばこや喫煙具はもともと、明代に輸入された舶来品だったが、西洋の技術を取り入れ、中国の文化と融合した鼻煙壷は、清代康熙年間(1662~1722年)に職人による改良を経て作られたもので、すでに300年余りの歴史を持ち、「中国の工芸美術分野を集大成した極小の芸術品」の美称を持つ。(記者/李昂) =配信日: 2021(令和3)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010801292

  • 2021年02月03日
    (2)鉛筆の芯が生む極小アート河北省保定市

    李明君さんが鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真)中国河北省保定市淶水(らいすい)県南龐(なんほう)村に住む李明君(り・めいくん、22)さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る彫刻家。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに、芯を使って創作することを思いついた。これがきっかけで、鉛筆彫刻にのめり込むようになった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020401202

  • 2021年02月03日
    (3)鉛筆の芯が生む極小アート河北省保定市

    李明君さんが鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真)中国河北省保定市淶水(らいすい)県南龐(なんほう)村に住む李明君(り・めいくん、22)さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る彫刻家。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに、芯を使って創作することを思いついた。これがきっかけで、鉛筆彫刻にのめり込むようになった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020401203

  • 2021年02月03日
    (1)鉛筆の芯が生む極小アート河北省保定市

    李明君さんが鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真)中国河北省保定市淶水(らいすい)県南龐(なんほう)村に住む李明君(り・めいくん、22)さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る彫刻家。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに、芯を使って創作することを思いついた。これがきっかけで、鉛筆彫刻にのめり込むようになった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020401200

  • 2021年02月03日
    (5)鉛筆の芯が生む極小アート河北省保定市

    李明君さんが鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真)中国河北省保定市淶水(らいすい)県南龐(なんほう)村に住む李明君(り・めいくん、22)さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る彫刻家。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに、芯を使って創作することを思いついた。これがきっかけで、鉛筆彫刻にのめり込むようになった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020401201

  • 2021年02月03日
    (4)鉛筆の芯が生む極小アート河北省保定市

    李明君さんが制作に使う道具。(資料写真)中国河北省保定市淶水(らいすい)県南龐(なんほう)村に住む李明君(り・めいくん、22)さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る彫刻家。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに、芯を使って創作することを思いついた。これがきっかけで、鉛筆彫刻にのめり込むようになった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020401198

  • 2021年02月03日
    (6)鉛筆の芯が生む極小アート河北省保定市

    李明君さんが鉛筆の芯に施した極小彫刻作品。(資料写真)中国河北省保定市淶水(らいすい)県南龐(なんほう)村に住む李明君(り・めいくん、22)さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る彫刻家。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに、芯を使って創作することを思いついた。これがきっかけで、鉛筆彫刻にのめり込むようになった。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020401199

  • 00:50.88
    2021年02月03日
    「新華社」鉛筆の芯が生む極小アート河北省保定市

    中国河北省保定市淶水(らいすい)県南龐(なんほう)村に住む李明君(り・めいくん、22)さんは、鉛筆の芯を彫って作品を作る彫刻家。高校で美術を専攻していた李さんは、毎日教室で鉛筆を削っているうちに、芯を使って創作することを思いついた。これがきっかけで、鉛筆彫刻にのめり込むようになった。最初の頃は2Bの鉛筆を使っていたが、その後、芯が細めのHBや柔らかい8Bも試すようになり、さらには0・7ミリや0・5ミリのシャープペンシルの芯での作品作りにも挑戦するようになった。作品の題材は、漫画やアニメ、人物、動物、文学、楽器など多岐にわたる。李さんは「簡単なものなら完成まで基本的に1日、複雑なデザインだと1週間もしくはそれ以上かかる」と語った。(記者/白明山)=配信日:2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020404841

  • 2021年03月19日
    2・5グラムの極小酒器に彫刻300字済南微雕の魅力

    自宅で微雕作品を制作する王天明さん。(3月19日撮影)中国山東省の無形文化遺産「済南微雕(びちょう)」の代表的伝承者、王天明(おう・てんめい)さん(72)は、毎日午前中を創作の時間に充てている。直径0・3ミリの彫刻刀を持つと、木の板に文字を刻み始め、30秒もかからずに5文字を刻み終える。文の長さは1・5センチしかない。(済南=新華社記者/張力元)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041312020

  • 2021年03月19日
    2・5グラムの極小酒器に彫刻300字済南微雕の魅力

    王天明さんが制作した微雕作品。(3月19日撮影)中国山東省の無形文化遺産「済南微雕(びちょう)」の代表的伝承者、王天明(おう・てんめい)さん(72)は、毎日午前中を創作の時間に充てている。直径0・3ミリの彫刻刀を持つと、木の板に文字を刻み始め、30秒もかからずに5文字を刻み終える。文の長さは1・5センチしかない。(済南=新華社記者/張力元)=配信日:2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041312017

  • 2021年03月23日
    (1)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310137

  • 2021年03月23日
    (4)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310138

  • 2021年03月23日
    (2)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310135

  • 2021年03月23日
    (3)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032310136

  • 00:36.75
    2021年03月23日
    「新華社」絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032314022

  • 2021年04月11日
    (1)2・5グラムの極小酒器に彫刻300字済南微雕の魅力

    王天明さんが制作した微雕作品。表面には李白の詩「将進酒」が刻まれている。(3月19日撮影)中国山東省の無形文化遺産「済南微雕(びちょう)」の代表的伝承者、王天明(おう・てんめい)さん(72)は、毎日午前中を創作の時間に充てている。直径0・3ミリの彫刻刀を持つと、木の板に文字を刻み始め、30秒もかからずに5文字を刻み終える。文の長さは1・5センチしかない。(済南=新華社記者/張力元)= 配信日: 2021(令和3)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041106354

  • 2021年05月12日
    7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県にある陝西トキ救護飼育センターの放鳥用ケージ。(5月12日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)=2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052810986

  • 2021年05月20日
    7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    20日、洋県謝村鎮小池村の水田で餌を探す2羽のトキ。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)=2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052810999

  • 2021年05月21日
    7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村にある密林で、ひなを見守るトキの成鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)=2021(令和3)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052810996

  • 2021年05月25日
    (11)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県にあるトキ生態パーク内のトキ。(5月13日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510231

  • 2021年05月25日
    (4)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村の密林で、ひなに餌を与えるトキの成鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510225

  • 2021年05月25日
    (3)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県溢水鎮老荘村で、餌をとって巣に戻るトキの成鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510227

  • 2021年05月25日
    (5)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村の密林にあるトキの巣で、餌を探しに行った親鳥の帰りを待つ2羽の幼鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510228

  • 01:43.91
    2021年05月25日
    「新華社」7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(記者/張晨俊)=配信日:2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052708546

  • 2021年05月25日
    (8)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    洋県トキ生態パークに生息するトキ。(5月12日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510229

  • 2021年05月25日
    (10)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県にあるトキ生態パーク内のトキ。(5月13日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510230

  • 2021年05月25日
    (13)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、けがをしたトキの幼鳥をトキ生態パークの飼育センターに送り届ける洋県紙坊街道紙坊街村2組の村民、韓成林(かん・せいりん)さん(中央)。洋県の都市や農村では、トキの保護に対する人々の意識が高く、毎年、何羽かのけがをしたトキが救助されている。トキ保護ステーションの職員が迅速に治療に当たりトキが無事に成長できるよう守っている。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510232

  • 2021年05月25日
    (6)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    20日、洋県溢水鎮老荘村で巣にいる3羽のトキの幼鳥。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510222

  • 2021年05月25日
    (1)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    21日、洋県竜亭鎮梁河村の密林で、ひなを守るトキのつがい。1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510223

  • 2021年05月25日
    (2)7羽から4千羽へトキの個体群再生に至る40年の道のり

    漢中市洋県姚家溝にある1981年に7羽のトキが再発見された場所。(5月12日撮影)1981年5月23日、中国科学院のトキ専門家チームは、3年の歳月と5万キロの旅の果てにたどり着いた陝西省漢中市洋県で、世界に7羽のみ残存していた野生のトキを発見し、この種の保全と回復に一筋の希望を見出した。それから40年経った今日、極めて小さな個体群だったトキは、「再発見」から「繁殖と再生」に至り、中国におけるトキ保護活動の目覚ましい成果は、人類が絶滅危惧種を救う取り組みの成功モデルとなった。陝西省漢中トキ国家級自然保護区の研究者らは、1990年から飼育管理や人工繁殖における多くの技術的課題を次々と克服し、トキの確実な飼育繁殖技術を築き上げた。さらに、トキの種源や保護・繁殖・飼育技術の輸出を通じて国内外に十数カ所の人工繁殖施設を設立し、10世代余りの個体繁殖を成功させている。2020年末までに、同省の安康市寧陝県や銅川市、宝鶏市、河南省信陽市羅山県、浙江省湖州市徳清県でトキの生息域外保全が行われたほか、日本や韓国で相次いで人工個体群の放鳥プロジェクトが実施され、放鳥後の野生での自然繁殖の成功により、現在の生息地域におけるトキの安定的な保護と人工繁殖、野外放鳥という保護目標の好循環の発展を実現させた。わずか7羽の極小の個体群から発展した原生トキの個体群数は、現在では4千羽を超え、活動範囲は再発見時の5平方キロ足らずから陝西省の漢中、宝鶏、安康の3市10県・区以上1万5千平方キロメートルに拡大し、さらに広がりを見せている。(漢中=新華社記者/劉瀟)= 配信日: 2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052510224

  • 2021年06月15日
    重慶市の自然保護区で中国のサクラソウ希少固有種見つかる

    重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で見つかったサクラソウの希少固有種「川東灯台報春」。(資料写真)中国重慶市巫渓(ふけい)県の陰条嶺国家級自然保護区管理局はこのほど、重慶師範大学生命科学学院の唐安軍(とう・あんぐん)教授の研究チームと官山営林場で実施したサクラソウ科植物の調査で、「川東灯台報春(PrimulamallophyllaBalf.f.)」と呼ばれるサクラソウ希少種の極小個体群を発見したと発表した。保護区は今月、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹「穂花杉」の発見も発表しており、貴重な絶滅危惧植物の発見が続いた。今回発見された川東灯台報春は主に林の端の路辺に生育し、帯状に分布していた。分布面積は約6千平方メートルで、約2100株余りが群生している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061510665

  • 2021年07月16日
    店長の江尻真奈美さん 極小映画館で濃厚体験を

    名古屋市の「シアターカフェ」店長の江尻真奈美さん

    商品コード: 2021071602521

  • 2021年07月16日
    上映スペース 極小映画館で濃厚体験を

    「シアターカフェ」の上映スペース=名古屋市

    商品コード: 2021071602493

  • 01:18.80
    2021年09月01日
    「新華社」絶滅危惧種の巧家五針松、科学的保護で個体数が大幅増雲南省

    中国雲南省の薬山国家級自然保護区で保護されている絶滅危惧種のマツ「巧家五針松(PinussquamataX.W.Li)」の個体群が大幅に増えたことが、同保護区管理保護局科学研究所のモニタリング調査で分かった。個体群は各方面による30年余りの科学的保護を経て、当初の野生株34株から、人工繁殖を通じて移植保存された苗木や幼木が5千株余りに増えた。巧家五針松は五針白皮松ともいい、国家1級重点保護野生植物に指定されている。1990年代初めに発見された雲南省昭通市巧家県にのみ分布する希少樹木で、極小個体群野生植物に属し、国際自然保護連合(IUCN)レッドリストの絶滅危惧種(CR)にも指定されている。野生株34株は現在も残っており、同県の白鶴灘鎮楊家湾村や中寨郷付山村に分布している。巧家五針松の野生株の分布域とその周辺1100ヘクタール余りの森林は2005年、雲南薬山国家級自然保護区に組み込まれた。野生株の発見以降、地元は関係部門や機関と連携して個体群の生息域内保全を図り、徐々に近隣への移植を実施。科学的研究と緊急保護を進めてきた。雲南省は現在、34の野生株に整理番号を付け、GPS測位で長期モニタリングを行っている。これまでに人工繁殖を通じて移植保存された苗木や幼木は5千株余りで、うち活着した3千株余りが巧家県や昆明市、楚雄市、大理市などに分布するほか、2千株余りの苗木が巧家県の苗圃(びょうほ)に保存されている。(記者/林碧鋒) =配信日: 2021(令和3)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090206228

  • 1
  • 2