KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 楷書体
  • 令和
  • 歴史
  • 文字
  • 書家
  • 記者
  • 文化財
  • 創建
  • 石碑
  • 発見

「楷書」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
109
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
109
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Who litigates has sleepless nights, print maker: Hendrick Goltzius, Maarten Spiegel, 1597.

    Who litigates has sleepless nights, print maker: Hendrick Goltzius, Maarten Spiegel, 1597.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022020103382

  • 01:41.16
    1969年01月31日
    1400人の書き初め大会

    キーワード:鏡餅、子供達、墨汁、行書体、楷書体、書き初め風景=製作年:1969(昭和44)年1月、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111004208

  • 2011年12月22日
    財務省はコンピューターで 省庁再編で看板衣替え

    2000(平成12)年12月26日、1月6日からの中央省庁再編に向け財務省(旧大蔵省)の看板作り。1府12省庁のうち1府7省が玄関の看板を一新する。初代大臣自ら筆をとったり書道家に依頼したが、同省は宮沢喜一蔵相が自筆を固辞、選んだ楷書体からコンピューターを使い東京芸術大がブロンズで作った。

    商品コード: 2011122200268

  • 2014年12月18日
    財務省はコンピューターで 省庁再編で看板衣替え

    2000(平成12)年12月26日、翌年1月6日からの中央省庁再編に向け財務省(旧大蔵省)の看板作り。1府12省庁のうち1府7省が玄関の看板を一新する。初代大臣自ら筆を執ったり書道家に依頼したりしたが、同省では宮沢喜一蔵相が自筆を固辞、選んだ楷書体からコンピューターを使い東京芸術大がブロンズで作製。

    商品コード: 2014121800313

  • 2018年02月18日
    唐代の木造建築、広仁王廟大殿を訪ねて山西省運城市

    広仁王廟に残る唐元和3(808)年の「広仁竜泉記」碑。村役人が村民のため竜泉を利用した水利工事を行ったことが「柳体(唐代の書道家柳公権の書体)」の楷書で記されている。(資料写真)中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県の県城(県政府所在地)から北3キロの古魏鎮中竜泉村に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される広仁王廟がある。大殿は中国に現存する最古の木造道教建築で、国内に数棟しか残されていない唐代木造建築の一つでもある。広仁王廟大殿は唐の大和5(831)年に創建され、千年以上の風雨により激しく破損していたが、2013年6月に地元文化財部門による大規模修復工事が実施された。工期は1年半に及び、今では大殿とその正面にある清代の舞台の修繕が完了している。(運城=新華社記者/王学濤)=2018(平成30)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703289

  • 03:02.99
    2018年12月07日
    「新華社」河北省臨西県で金代の陶製墓誌銘発見王朝交代の戦火を生きた庶民の姿を記録

    中国河北省邢台市臨西県の揺鞍鎮郷でこのほど、一軒の農家から中国の金王朝(1115年~1234年)時代の墓誌銘が完全な状態で見つかった。地元の歴史文化研究者が発見した。墓誌銘は長さ70センチ、幅37センチの長方形で厚さは9・5センチ。陶製で表面はきめ細かく、つやがあり、叩くと音がする。上方に篆書体で「金故郭公墓銘」の6文字が大きく刻まれており、銘文は楷書体で720文字刻まれている。「金代大定二十年」(1180年)に作られたもので、830年余りの歴史を持つ。墓誌銘には墓の主・郭琮(かく・そう)の家族構成が記載され、彼が一族のもめごとを処理するにあたり「役所に訴えようとしたが、義を損なうことを恐れ耐え忍んだ」という逸話を紹介し、その温和で善良な人柄や喜んで人を助け、見返りを求めない美徳を称賛している。銘文には、北宋の靖康(せいこう)年間(1126~1127年)に郭琮と父親が金軍との戦いに従軍し、自身が重傷を負って戻ったことや、父親が故郷からそう遠くない場所で戦死したいきさつが特に詳細に書かれている。知らせを受けた家族、墓主の妻・劉氏が命の危険を顧みず、父親の遺体を背負って郷里に戻り埋葬したことについては「いにしえの親孝行の嫁といえども滅多に聞く話ではなく、これも(郭)公の義挙の致すところでは?」「郷里で一番の善行と称えられる」などの記載が見られ、郭琮が孝道により家を治めたすぐれた家風を褒め称えている。(記者/張碩)<映像内容>金代の陶製墓誌銘発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020807

  • 03:32.86
    2019年01月25日
    「新華社」扇面画の展覧会始まる四川省成都市

    中国の扇面画の展覧会が25日、四川省成都市の武侯祠博物館で始まった。50点余りのうちわや扇子に描かれた名画が展示され、優美な中国の伝統絵画が来場者を魅了し、夢のような世界へといざなった。扇(うちわと扇子の総称)は中国で「揺風」「涼友」とも呼ばれ、優雅で精緻な意味が込められていた。明清時代では浙江省、四川省などで扇子の生産が盛んになり、扇子の題字や絵画もこれらの地で興隆した。同展は「草花と昆虫」「鳥獣」「山水」「庶民の生活」をテーマにした四つのエリアに分けられ、展示品はさまざまな題材を扱い、優れた趣に満ちている。行書や楷書、草書、隷書など多様な書体が用いられ、漁師や木こり美人を描いた絵など、多くは細密画法で自然の美しさを描き出した作品となっているが、個性が光る手の指で描いた作品もある。展示エリアをゆっくりと鑑賞して歩くと、数々の優美な扇面画の名作から、古人の美を愛でる風情が感じられ、現在の人々にスマートフォンをいじることをやめ、一時の休息を取ることを促しているようだ。(記者/楊華、劉海)<映像内容>扇面画の展覧会の様子、撮影日:2019(平成31)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010536

  • 02:13.44
    2019年02月15日
    「新華社」清朝康熙帝銘の「黄地三彩紫緑竜盤」展示始まる瀋陽故宮

    中国遼寧省にある瀋陽故宮の敬典閣で、このほど、瀋陽故宮博物院所蔵の「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」(清朝康熙帝銘の黄釉三彩による紫と緑の竜模様の大皿)が公開された。専門家によると、慈禧太后(西太后)がこの大皿を元にして、住まいである儲秀宮(しょしゅうきゅう)で使う大皿を作らせたという貴重な文化財だ。大皿の中心部には、2匹の竜が宝珠を奪い合う図が描かれている。紫と緑の2匹の蛟竜が雲や霧に乗って火炎宝珠を囲んでいる姿は、帝王と后妃の高い身分を象徴している。大皿の内側の側面には牡丹や桃、梅、椿など、8種類の花が描かれている。皿の縁と外側の側面は宝珠を追う雲竜の模様が飾られ、力強さと躍動感があふれている。皿の底面は、青い二重の円で囲まれた中央に、楷書で「大清康熙年製」と記されている。この「素三彩」(そさんさい)の技法による磁器は康熙年間以降、ほとんど作られなくなり、清末の光緒帝の時期になってようやく複製が作られた。国家1級文化財である「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」は今回、3カ月にわたって公開される。(記者/高銘)<映像内容>中国文化財の大皿「清康熙款黄地三彩紫緑竜盤」展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501694

  • 2019年03月31日
    台北故宮博物院の秘蔵品、シドニーで公開

    3月31日、豪シドニーのニュー・サウス・ウェールズ州立美術館で開かれた台北故宮博物院の「珍宝展」の会場で撮影した宋代の徽宗(きそう)皇帝の楷書作品「牡丹詩帖頁」。「天地人」をテーマにした中国の台北故宮博物院の「珍宝展」が、2月2日から5月5日まで豪シドニーのニュー・サウス・ウェールズ州立美術館で開かれている。台北故宮博物院の所蔵品が南半球で公開されるのは今回が初めて。(シドニー=新華社記者/白雪飛)=2019(平成31)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019040200332

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月19日
    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり

    内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901338

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月19日
    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり

    内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901334

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月19日
    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり

    内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901330

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月19日
    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり

    内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901333

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月19日
    河北省で500年前の香亭の石柱発見明代の地方志研究に手掛かり

    内丘県で発見された香亭の石柱。(4月19日撮影)中国河北省邢台(けいだい)市内丘(ないきゅう)県政府によると、同県の政治協商会議文史委員会の職員がこのほど、文化財の調査を行った際に500年以上前の明代正徳7年(1512年)の文字が刻まれた石製の「香亭(中に香炉を設置する建造物)」の柱を発見した。楷書で刻まれた文字は流麗で整った美しさを持つ。銘文には、香亭はもともと、県城(県政府の所在地)の南にある道観(道教寺院)内に設置され、道観は明の正徳年間に同県の知県(県の長官)と衙署(官庁)の官吏、皇室から派遣され内丘に駐在していた錦衣衛(きんいえい)(秘密警察・軍事組織)らが主導して建設したことが記されている。(邢台=新華社記者/李継偉)=2019(平成31)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901336

  • 00:53.27
    2019年06月11日
    「新華社」明代の官吏が記した434年前の「朱氏家譜」発見河北省南和県

    中国河北省邢台(けいたい)市南和県はこのほど、同県賈宋鎮朱営村で文化財保護員が明代の賢臣、朱正色(しゅ・せいしょく)による「朱氏家譜」を発見したことを明らかにした。手書きで書かれたこの家譜は朱氏一族の家系図としては中国で唯一の伝存本(孤本)で、今から434年前の明代万暦13年(1585年)12月(旧暦)に完成した。朱正色は明の順徳府南和(現在の邢台市南和県)の人で、万暦2年(1574年)に科挙に合格し、当時の官職である県令や兵部の員外郎、兵備道の僉事(せんじ)・副使、巡撫(じゅんぶ)、右副都御史、官階正二品に就いた。今回発見された「朱氏家譜」は糸とじの手書き本で、筆跡がはっきりしていて丁寧に書かれ、楷書体の文字は力強く、最後のページには「万暦13年冬12月、正色が酒泉の容膝亭(ようしつてい)で記す」などと書かれている。また、書かれてから長い時間が経過しているため、紙が黄変し、一部は破損している。内容は朱氏の繁栄の足跡や朱正色自身の学問探求の経歴の他、朱家のおきてや家訓、作法、家を治める格言なども書かれている。河北省の文化歴史学者、蘭剣輝(らん・けんき)氏によると、「家譜」は保存状態が良く、内容がはっきりしているので、朱正色の生涯や明代の政治、経済、文化、社会生活、書道、家風などを研究する上で比較的高い歴史的価値がある。(記者/李継偉)<映像内容>朱氏一族の家系図「朱氏家譜」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108275

  • 02:10.53
    2019年07月17日
    「新華社」邢台市で唐代の古碑見つかる1200年の歴史河北省

    中国河北省邢台市南和県でこのほど、文化財保護担当者が閆里(えんり)郷宋台(そうだい)村で古碑を発見した。鑑定の結果、唐の貞元10年(794年)3月に建立されたものであることが分かった。1225年の歴史を持つという。石碑は碑首と碑身、台石の3部分からなり、青石製の碑身は縦216センチ、横80センチ、幅22センチ。二つに折れており、上半分は欠けた部分があったが、下半分はほぼ完全に残っていた。台石の保存状態は良く、四面に美しい模様が刻まれている。碑首は既に失われていた。両面に文字が刻まれており、字体は楷書体で刻字ははっきりしている。銘文は1300字余りあり、宋台村が唐の宰相、宋璟(そう・けい)の故郷であることや当時の行政区画、古い廟の再建過程などが詳細に記されていた。宋璟(663年‐737年)は、現在の邢台市南和県の生まれで、唐の開元17年(729年)に尚書右丞相となり、当時の玄宗皇帝が「開元の治」をもたらすのを補佐した。房玄齢(ぼう・げんれい)や杜如晦(と・じょかい)、姚崇(よう・すう)とともに唐の四大賢相と呼ばれている。同県文化財保護所の要雅潔(よう・がけつ)所長は、石碑が宋璟や行政区画の沿革、宗教の伝承を研究する上で高い史料価値を持つと語った。(記者/李継偉)<映像内容>唐代の古碑発見の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071707075

  • 2019年08月07日
    河北省邢台市で明代の石碑発見地域の歴史・文化研究に価値

    7日、邢台市南和県で発見された明代の石碑。中国河北省邢台(けいだい)市南和県の文化財保護部門はこのほど、同県の文化財保護スタッフが県内の河郭郷樊牌村で、明の万暦6(1578)年に建立された石碑を発見したと公表した。441年の歴史を持つという。この石碑は全体が青石製で、高さ138センチ、幅48センチ、厚さは19センチある。碑首(上部)は半円形で、碑身(本体)はほぼ完全な状態だが、碑座(台座)はすでに失われている。石碑の正面には全部で518文字の碑文が、端正な楷書体ではっきりと刻まれている。樊(はん)氏一族が明代初期に山西省太原から移り住んで以来の家系の分岐と発展が詳細に書かれているほか、万暦年間(1573~1620年)の冀中南(現在の河北省の北京・天津以南)地域の社会・経済状況や現地の地理的環境、民間の風俗習慣なども記されている。同市の文化・歴史の専門家、蘭剣輝(らん・けんき)氏によると、この石碑の発見は、冀中南地域の移住者の歴史や当時の経済・社会の発展状況、民間の風俗習慣を研究する上で、高い歴史的価値があるという。(邢台=新華社記者/劉桃熊)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406902

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、邵武市和平鎮坪上村で見つかった清代康熙年間の「御茶園」石碑を運ぶ村民。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800812

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、「御茶園」石碑の碑文の左端に刻まれた「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800739

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、「御茶園」石碑を考証した文化財・古美術鑑定家の趙国進氏。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800727

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、「御茶園」石碑の碑首に刻まれた「竜橋記」の3文字。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800728

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、坪上村に唯一残る廟堂。高久住という元代の人物が祭られている。高久住は元朝の邵武路総監で武夷山御茶園の長官も兼任していた。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800636

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、「御茶園」石碑の碑文の右端に残る「御茶園」の文字。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800747

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、竜橋の修繕作業をする坪上村の職人。同村には二つの古い屋根付き橋が残されており、うち一つは地元民から竜橋と呼ばれている。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800744

  • 2019年10月17日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    17日、「御茶園」石碑の碑文の右端に残る「観音坑御茶園」の文字。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800887

  • 2019年10月18日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    18日、邵武市和平鎮坪上村の「御茶園」の跡地に再建された茶園の一部。栽培されているのは「小緑茶」と呼ばれる品種で樹齢は数百年とされる。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800635

  • 2019年10月18日
    清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    18日、「御茶園」茶山跡地で茶の木を覆う草やつるを取り除く坪上村の村民。中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。(邵武=新華社記者/彭張青)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102800818

  • 01:16.48
    2019年10月23日
    「新華社」貴重な研究価値持つ、石窟に刻まれた仏教経典河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰鉱区の響堂山には、1400年前に開削された16の石窟が残されている。その中の一面に経文(きょうもん)が刻まれた刻経洞は、特別な風格を持つ。専門家によると、中国書法(日本の書道に相当)史で書体が隷書から楷書へと変化する過渡期に彫られたもので、中国書法史と仏教経典刊刻史の研究に価値を持つという。響堂山刻経洞は三壁三龕(がん)形式の仏教石窟で、「維摩詰経」「無量義経偈(げ)」などの経文が彫られている。南響堂寺の第1窟と第2窟、第4窟内壁の刻経も含めると、響堂寺全体に残された経文は6万字余りに及ぶ。響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長は、「仏教経典は手書きによって写していくと、時を経て内容が変化してしまうが、ここには1400年前に石に刻まれた北斉時代のものがそのまま残されており、仏教経典の変化や書法の研究に非常に重要な価値を持つ」と話している。(記者/岳文婷)<映像内容>仏教経典が刻まれた石窟の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500750

  • 01:53.60
    2019年10月28日
    「新華社」清代の「功徳碑」、御茶園石碑を訪ねて福建省邵武市

    中国福建省南平市邵武(しょうぶ)市和平古鎮の西北部にある山村、坪上村には、2012年に見つかった清朝康熙(こうき)年間の「御茶園」石碑がある。記者はこのほど、石碑の秘密を解くために同村を訪れた。石碑の高さは約1・5メートルで、300文字余りが楷書体で刻まれている。上部の左角は欠けている。碑首には横書きで「竜橋記」と刻まれており、碑文の右端には「観音坑御茶園助銀三十両」、左端には「清康熙己亥五十八年五月十四日」の文字がはっきりと読み取れる。邵武市出身の文化財・古美術鑑定家、趙国進(ちょう・こくしん)さんによると、石碑は橋の建設資金を寄付した人々を称える「功徳碑」で、康熙58(1719)年に村で「竜橋」が建設された際に資金を寄付した人々の所在地や金額、姓名が記されている。寄付者の筆頭に名を連ねる「観音坑御茶園」は同村の一角に今もその跡地が残る。海抜は800メートル余りで、山の中腹以上は密生した針葉樹林、それ以下は広大な孟宗竹林となっている。現在は坪上村の製茶工場が300ムー(約20ヘクタール)を開拓し、古茶農園を経営している。趙さんは、功徳碑に刻まれた「観音坑御茶園助銀三十両」の文字は、橋を建設した康熙58年当時も「御茶園」が皇帝に献上する茶を生産していたことを証明していると語った。(記者/彭張青)<映像内容>2012年に見つかった御茶園石碑、山村の茶園の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000364

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:48.18
    2019年11月13日
    「新華社」河北省邢台市で唐代の墓誌銘見つかる1337年の歴史

    中国河北省邢台市臨西県搖鞍鎮の郷楊黄営村でこのほど、唐代永淳元年(紀元682年)の墓誌銘が農地を整備をしていた村民によって発見された。1337年前のものとみられる。同県の歴史・文化専門家は銘文から、三国志で有名な軍師、沮授(そ・じゅ)の子孫のものと判断した。文献資料によると、沮授は後漢末期の名武将、袁紹(えん・しょう)の幕下にいた軍師。袁紹の配下で青州、并州、幽州を奪取し、河北を統一した。「官渡の戦い」で大敗を喫した後、曹操軍の捕虜となった。その後、河北への脱走を図ったため処刑されたという。墓誌は青石製の正方形で蓋はなく、47センチ四方、厚さ12センチ。銘文は19行、405字から成る。「行楷」(行書と楷書の中間の書体)で刻まれた文字は滑らかさと流暢さ、および優雅さと力強さを備えている。また、唐代初期の官職「上柱国(じょうちゅうこく)」に就いていた子孫の沮義成(そ・ぎせい)の先祖や父親世代の境遇、功績、栄転といった家族史が記されており、主人の品性・教養などが称えられている。同県文物保護所の張霞(ちょう・か)所長によると、同地で見つかったこの墓誌銘は、冀南地区における唐代初期の歴史資料を充実させ、唐代の軍隊制度を裏付けるものとなったほか、当時の葬儀にまつわる風習や地域文化を理解し、歴史的な沿革を考証する上で、重要な意義があるという。(記者/李継偉、白明山)<映像内容>唐代の墓誌銘見つかる、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501275

  • 00:42.75
    2019年12月04日
    「新華社」南京博物院の秘蔵品を紹介-銅琺瑯菱花式三足彝炉

    中国江蘇省の南京博物院が所蔵する「銅琺瑯菱花三足彝炉(どうほうろうりょうかしきさんそくいろ)」。清朝乾隆年間(1736~95年)に鋳造され、高さは28・3センチ、口径37センチ。外側表面の青い琺瑯の上半分には9対の菱の花びら形の開光(枠)があり、中には吉祥花文が描かれている。下半分には花卉文(かきもん)が描かれている。口縁部の外側には「大清乾隆年制」の6文字の楷書款が彫られている。(記者/劉宇軒)<映像内容>南京博物院が所蔵する「銅琺瑯菱花三足彝炉」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406950

  • 2020年04月19日
    無錫博物院、新型コロナとの闘いの証となる物品を公募

    19日、無錫市の郵政宅配業が無錫博物院に寄贈した、新型コロナウイルス感染症の流行地域で物資輸送を支援した一部の車両の模型。中国江蘇省無錫(むしゃく)市にある無錫博物院は、新型コロナウイルス感染症との闘いの記憶を残すため、2月より社会に向け新型肺炎との闘いの証となる物品の公募を開始した。同博物院はすでに、最前線で働いた人々、一般市民および支援企業・事業所から、実物200点近くと写真・ビデオ600点余りを収集したという。同市から湖北省へ派遣された支援医療チーム第1陣の隊長、呉小竜(ご・しょうりゅう)氏が3月17日、隊員全員を率いて帰還した。32人の隊員は今月1日、2週間の隔離観察を終えた。呉隊長は隔離が解除された後、武漢市で新型コロナウイルス感染症との闘いで使用した物品約20点と資料を無錫博物院に寄贈した。寄贈品には、「戦疫情(感染との闘い)」という詩歌の自筆原稿、手描きTシャツ、武漢新型コロナウイルス感染症支援記念搭乗券、記念アルバム、医療チームの身分証明書などが含まれる。中国の著名書家、劉鉄平(りゅう・てっぺい)氏は、楷書体、隷書体、草書体の3つの書体で書かれた新型コロナウイルス感染症との闘いをテーマにした書道作品3点をこのほど、無錫博物院へ寄贈した。このほか、無錫市郵政管理局、無錫市宅配協会が同市の郵政宅配業界を代表し、新型コロナウイルス感染症の流行地域で物資輸送を支援した車両・航空機の模型、車両通行証、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策と操業・生産再開に関する文書およびビデオ、写真などの電子版データなど証となる物品を、無錫博物院に寄贈した。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709249

  • 2020年04月19日
    無錫博物院、新型コロナとの闘いの証となる物品を公募

    19日、無錫市の郵政宅配業が無錫博物院に寄贈した、新型コロナウイルス感染症の流行地域で物資輸送を支援した航空機の模型。中国江蘇省無錫(むしゃく)市にある無錫博物院は、新型コロナウイルス感染症との闘いの記憶を残すため、2月より社会に向け新型肺炎との闘いの証となる物品の公募を開始した。同博物院はすでに、最前線で働いた人々、一般市民および支援企業・事業所から、実物200点近くと写真・ビデオ600点余りを収集したという。同市から湖北省へ派遣された支援医療チーム第1陣の隊長、呉小竜(ご・しょうりゅう)氏が3月17日、隊員全員を率いて帰還した。32人の隊員は今月1日、2週間の隔離観察を終えた。呉隊長は隔離が解除された後、武漢市で新型コロナウイルス感染症との闘いで使用した物品約20点と資料を無錫博物院に寄贈した。寄贈品には、「戦疫情(感染との闘い)」という詩歌の自筆原稿、手描きTシャツ、武漢新型コロナウイルス感染症支援記念搭乗券、記念アルバム、医療チームの身分証明書などが含まれる。中国の著名書家、劉鉄平(りゅう・てっぺい)氏は、楷書体、隷書体、草書体の3つの書体で書かれた新型コロナウイルス感染症との闘いをテーマにした書道作品3点をこのほど、無錫博物院へ寄贈した。このほか、無錫市郵政管理局、無錫市宅配協会が同市の郵政宅配業界を代表し、新型コロナウイルス感染症の流行地域で物資輸送を支援した車両・航空機の模型、車両通行証、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策と操業・生産再開に関する文書およびビデオ、写真などの電子版データなど証となる物品を、無錫博物院に寄贈した。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709219

  • 2020年04月19日
    無錫博物院、新型コロナとの闘いの証となる物品を公募

    19日、無錫市から湖北省へ派遣された支援医療チーム第1陣の隊長、呉小竜氏らが寄贈した武漢市の子どもたちが作った手描きTシャツ。中国江蘇省無錫(むしゃく)市にある無錫博物院は、新型コロナウイルス感染症との闘いの記憶を残すため、2月より社会に向け新型肺炎との闘いの証となる物品の公募を開始した。同博物院はすでに、最前線で働いた人々、一般市民および支援企業・事業所から、実物200点近くと写真・ビデオ600点余りを収集したという。同市から湖北省へ派遣された支援医療チーム第1陣の隊長、呉小竜(ご・しょうりゅう)氏が3月17日、隊員全員を率いて帰還した。32人の隊員は今月1日、2週間の隔離観察を終えた。呉隊長は隔離が解除された後、武漢市で新型コロナウイルス感染症との闘いで使用した物品約20点と資料を無錫博物院に寄贈した。寄贈品には、「戦疫情(感染との闘い)」という詩歌の自筆原稿、手描きTシャツ、武漢新型コロナウイルス感染症支援記念搭乗券、記念アルバム、医療チームの身分証明書などが含まれる。中国の著名書家、劉鉄平(りゅう・てっぺい)氏は、楷書体、隷書体、草書体の3つの書体で書かれた新型コロナウイルス感染症との闘いをテーマにした書道作品3点をこのほど、無錫博物院へ寄贈した。このほか、無錫市郵政管理局、無錫市宅配協会が同市の郵政宅配業界を代表し、新型コロナウイルス感染症の流行地域で物資輸送を支援した車両・航空機の模型、車両通行証、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策と操業・生産再開に関する文書およびビデオ、写真などの電子版データなど証となる物品を、無錫博物院に寄贈した。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709283

  • 2020年04月19日
    無錫博物院、新型コロナとの闘いの証となる物品を公募

    19日、無錫市の湖北省支援医療チーム第1陣の隊長、呉小竜氏らが寄贈した新型コロナウイルス感染症との闘いの支援を記念する搭乗券。中国江蘇省無錫(むしゃく)市にある無錫博物院は、新型コロナウイルス感染症との闘いの記憶を残すため、2月より社会に向け新型肺炎との闘いの証となる物品の公募を開始した。同博物院はすでに、最前線で働いた人々、一般市民および支援企業・事業所から、実物200点近くと写真・ビデオ600点余りを収集したという。同市から湖北省へ派遣された支援医療チーム第1陣の隊長、呉小竜(ご・しょうりゅう)氏が3月17日、隊員全員を率いて帰還した。32人の隊員は今月1日、2週間の隔離観察を終えた。呉隊長は隔離が解除された後、武漢市で新型コロナウイルス感染症との闘いで使用した物品約20点と資料を無錫博物院に寄贈した。寄贈品には、「戦疫情(感染との闘い)」という詩歌の自筆原稿、手描きTシャツ、武漢新型コロナウイルス感染症支援記念搭乗券、記念アルバム、医療チームの身分証明書などが含まれる。中国の著名書家、劉鉄平(りゅう・てっぺい)氏は、楷書体、隷書体、草書体の3つの書体で書かれた新型コロナウイルス感染症との闘いをテーマにした書道作品3点をこのほど、無錫博物院へ寄贈した。このほか、無錫市郵政管理局、無錫市宅配協会が同市の郵政宅配業界を代表し、新型コロナウイルス感染症の流行地域で物資輸送を支援した車両・航空機の模型、車両通行証、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策と操業・生産再開に関する文書およびビデオ、写真などの電子版データなど証となる物品を、無錫博物院に寄贈した。(無錫=新華社配信)=2020(令和2)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709248

  • 2020年05月03日
    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市

    3日、山西博物院に展示された北宋時代の「至道元宝」(楷書、行書、草書の3書体による「御書銭」)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102767

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、趙樸初氏の貴重な遺作「延安礼賛」を上海博物館の楊志剛館長(右)に手渡す趙氏の遺族。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907〜2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800847

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、趙氏が生前使っていた貴重な印章の数々。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801042

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、趙樸初氏の貴重な遺作「延安礼賛」。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800932

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、上海博物館3階の展示ホールに設けられた「無尽意・趙朴初書道芸術展」の入り口。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801031

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、会場で展示の準備作業を行うスタッフ。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800974

  • 2020年05月11日
    上海博物館、著名書家・趙樸初没後20周年記念展開催

    11日、「大雄宝殿」や「無量寿」など仏教を主題とした書道作品の一部。中国上海市の上海博物館は5月21日から、中国の著名な書法家、社会活動家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ)(1907~2000年)の没後20年を記念する「無尽意・趙朴初書道芸術展」を開催する。趙氏の遺族は11日、同氏の貴重な遺作「延安礼賛」を同博物館の楊志剛(よう・しごう)館長に手渡した。作品は精巧な銀製の箱に入れられており、その表と裏には楷書で細かい字がびっしりと書かれている。趙氏は生涯を中国と外国の友好交流活動に捧げた。趙氏の呼びかけと指導のもと、中日両国の間で多くの宗教、書道芸術の交流活動が行われた。日本奈良県の名刹、唐招提寺にある鑑真和上の墓所の傍らには、趙氏の記念碑「趙樸初居士之碑」が建てられている。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051801057

  • 2020年07月03日
    河北省邢台市で清朝光緒年間の石碑を発見

    3日、河北省邢台市で見つかった清代の石碑の碑文。中国河北省邢台(けいだい)市南和区の文化財保護部門は、同区三思郷西北部村でこのほど、清の光緒16(1890)年に建てられた石碑を発見したと明らかにした。130年の歴史を持つ。石碑は青石製で高さ173センチ、幅69センチ、奥行き23センチ。ほぼ完全な状態で残されており、正面には楷書で207文字が刻まれていた。(石家荘=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900212

  • 2020年07月03日
    河北省邢台市で清朝光緒年間の石碑を発見

    3日、河北省邢台市で見つかった清代の石碑。中国河北省邢台(けいだい)市南和区の文化財保護部門は、同区三思郷西北部村でこのほど、清の光緒16(1890)年に建てられた石碑を発見したと明らかにした。130年の歴史を持つ。石碑は青石製で高さ173センチ、幅69センチ、奥行き23センチ。ほぼ完全な状態で残されており、正面には楷書で207文字が刻まれていた。(石家荘=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900244

  • 2020年07月03日
    河北省邢台市で清朝光緒年間の石碑を発見

    3日、河北省邢台市で見つかった清代の石碑。中国河北省邢台(けいだい)市南和区の文化財保護部門は、同区三思郷西北部村でこのほど、清の光緒16(1890)年に建てられた石碑を発見したと明らかにした。130年の歴史を持つ。石碑は青石製で高さ173センチ、幅69センチ、奥行き23センチ。ほぼ完全な状態で残されており、正面には楷書で207文字が刻まれていた。(石家荘=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900413

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓の墓室。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602631

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602753

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602710

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した元大謙の墓誌。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602691

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602645

  • 2020年07月06日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓内にある棺床。(7月6日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602719

  • 2020年09月30日
    没後20年、徐文達書道芸術回顧展山西省太原市

    9月30日、太原美術館で展示された徐文達氏の書道作品、楷書南北朝「木蘭辞」四条屏(拓本)。中国山西省太原市の太原美術館で9月30日、徐文達(じょ・ぶんたつ)書道芸術回顧展が開幕した。徐氏没後20年を記念し、書道や絵画など80点余りが展示されている。20日まで。徐氏は1950年代、明清時代の書道家、傅山(ふ・ざん)の書法を学び始め、64年と74年の2度、日本で書道展に参加した。(太原=新華社記者/李紫薇)=2020(令和2)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500619

  • 2020年10月13日
    上海市で「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式

    13日、上海印刷書体展示館で展示された中国の大型辞書「辞海」の標準書体。中国の上海印刷技術研究所は14日、「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式を行い、上海印刷書体展示館をオープンさせた。同研究所は上海市新閘路にあり、60年以上の歴史を持つ。新中国成立以来、漢字印刷書体の研究に取り組んできた。研究所が入る古い洋館は、現在の中国で広く使われている明朝体やゴシック体、宋朝体、楷書体の印刷書体が生み出される過程を見守ってきた。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900906

  • 2020年10月13日
    上海市で「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式

    13日、上海印刷書体展示館で展示された印刷書体の原本。中国の上海印刷技術研究所は14日、「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式を行い、上海印刷書体展示館をオープンさせた。同研究所は上海市新閘路にあり、60年以上の歴史を持つ。新中国成立以来、漢字印刷書体の研究に取り組んできた。研究所が入る古い洋館は、現在の中国で広く使われている明朝体やゴシック体、宋朝体、楷書体の印刷書体が生み出される過程を見守ってきた。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900595

  • 2020年10月14日
    上海市で「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式

    14日、上海印刷技術研究所で除幕された「現代漢字印刷書体発祥の地」プレート。中国の上海印刷技術研究所は14日、「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式を行い、上海印刷書体展示館をオープンさせた。同研究所は上海市新閘路にあり、60年以上の歴史を持つ。新中国成立以来、漢字印刷書体の研究に取り組んできた。研究所が入る古い洋館は、現在の中国で広く使われている明朝体やゴシック体、宋朝体、楷書体の印刷書体が生み出される過程を見守ってきた。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900536

  • 2020年10月14日
    上海市で「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式

    14日、上海印刷書体展示館で展示された上海市無形文化遺産「漢字印刷書体制作技術」の歴代伝承者の肖像画。中国の上海印刷技術研究所は14日、「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式を行い、上海印刷書体展示館をオープンさせた。同研究所は上海市新閘路にあり、60年以上の歴史を持つ。新中国成立以来、漢字印刷書体の研究に取り組んできた。研究所が入る古い洋館は、現在の中国で広く使われている明朝体やゴシック体、宋朝体、楷書体の印刷書体が生み出される過程を見守ってきた。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900885

  • 2020年10月14日
    上海市で「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式

    14日、上海印刷書体展示館で、標準印刷書体の創作過程を説明する上海市無形文化遺産「漢字印刷書体制作技術」第3代伝承者の原偉民(げん・いみん)さん。中国の上海印刷技術研究所は14日、「現代漢字印刷書体発祥の地」のプレート除幕式を行い、上海印刷書体展示館をオープンさせた。同研究所は上海市新閘路にあり、60年以上の歴史を持つ。新中国成立以来、漢字印刷書体の研究に取り組んできた。研究所が入る古い洋館は、現在の中国で広く使われている明朝体やゴシック体、宋朝体、楷書体の印刷書体が生み出される過程を見守ってきた。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900717

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶駱駝俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602689

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶猪俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602696

  • 2020年10月15日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶馬俑。(10月15日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602580

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602734

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602708

  • 2020年10月20日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶人俑。(10月20日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602653

  • 2020年10月21日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    元大謙、羅婉順夫妻の合葬墓から出土した陶磁器。(10月21日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602614

  • 2020年10月24日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(10月24日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602704

  • 2020年10月24日
    顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    出土した羅婉順の墓誌。(10月24日撮影)中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、上の蓋石には篆書体16文字、下の誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれており、顔真卿が38歳の時に書いたとされる。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年10月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602607

  • 00:40.40
    2020年11月13日
    「新華社」顔真卿の筆による墓誌、陝西省で発見

    中国陝西省考古研究院秦都咸陽城考古チームは13日、同省西安市西咸新区にある秦漢新城を調査した結果、隋唐時代の貴族である元氏一族の墓とともに、唐代の書家、顔真卿(がん・しんけい)の筆による墓誌が見つかったことを明らかにした。墓誌は元大謙(げん・たいけん)、羅婉順(ら・えんじゅん)夫妻の合葬墓から出土した羅婉順のもので、中国国内で唯一、科学的な発掘調査で見つかった顔真卿の初期の筆跡となる。考古チームは今年6月から、秦漢新城龔東(きょうとう)村にある漢~唐代の墓の発掘調査を実施。隋唐時代の墓が多数出土し、元氏一族の墓3基と墓誌4点を確認した。顔真卿の筆による墓誌は、上の蓋石と下の誌石がいずれも51・4センチ四方で、花や草、四神の線刻で縁取られた蓋石の上面には篆書体(てんしょたい)16文字が、誌石には楷書体728文字がそれぞれ刻まれていた。西安碑林博物館の陳根遠(ちん・こんえん)研究員は、今回見つかった羅婉順の墓誌は顔真卿が38歳の時に書いたもので、初期の書道作品の特徴である繊細で優雅な筆致が現れていると述べた。(記者/梁愛平、楊一苗)<映像内容>秦漢新城の調査、顔真卿の筆による墓誌、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111600266

  • 00:49.83
    2020年11月18日
    「新華社」舞踊「醴泉墨韻」、欧陽詢の書の神髄を表現陝西省麟遊県

    中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県が創作に携わった舞踊「醴泉墨韻」の撮影がこのほど、唐九成宮遺跡風景区で行われた。「醴泉墨韻」は、唐代を代表する書家、欧陽詢(おうよう・じゅん)が「九成宮醴泉銘」の碑文を書く場面を、優美な舞踊で表現している。同県に遺跡が残る九成宮は、隋の開皇13(593)年に建てられ、隋~唐代にかけて、何代にもわたり皇帝に避暑用の離宮として使われていた。遺跡内に今も残る唐代の名臣、魏徴(ぎ・ちょう)が撰文し、欧陽詢が書した国宝級の貴重な文化財「九成宮醴泉銘」碑は、楷書の手本とされている。(記者/都紅剛)<映像内容>舞踊「醴泉墨韻」の撮影の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902632

  • 2021年01月02日
    (3)天津美術館で李叔同の生誕140周年を記念する展覧会

    12月31日、李叔同が1913年に楷書(かいしょ)で書いた「節録北江文条屏」。日本に留学経験のある中国人芸術家、李叔同(り・しゅくどう)の生誕140周年を記念する展覧会「李叔同生誕140周年記念書法伝承展」がこのほど、中国天津市の天津美術館で開催された。入場は無料。会期は31日まで。李叔同は1880年10月23日天津生まれ。法号を弘一(こういつ)とし、出家後は弘一大師と称された。中国伝統文化の伝承者、大成者であり、その独特な書体は「弘体」書法と呼ばれている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010400116

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (16)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の亭橋。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802696

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (24)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802703

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (22)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、対岸から望む焦山。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (9)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の旧山門。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802770

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (17)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (14)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の山門殿。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802843

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (4)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の碑林正門。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (11)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山のフェリー乗り場。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802712

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (18)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘(部分)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802776

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (1)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の碑林。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303103

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (20)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘(部分)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802714

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (13)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の乾隆御碑。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802754

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (10)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の蘭亭。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (15)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の天王殿。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802804

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (2)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺碑林の「重建圜悟接待庵記(元代)」。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802820

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (19)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘(部分)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802851

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (6)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の放生池。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802859

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (5)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の大雄宝殿。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802866

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (23)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802870

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (21)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の瘞鶴銘庁。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802835

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (7)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の鼓楼。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802701

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (3)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺碑林の「鎮江府儒学対山碑(明・沈容筆)」。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020303104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (8)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山万仏塔。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802729

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    (12)焦山定慧寺碑林の「碑中の王」瘞鶴銘江蘇省鎮江市

    1月25日、焦山定慧寺の破体碑亭(日本書道文化交流亭)。中国江蘇省鎮江市の焦山は、金山、北固山と共に「鎮江三山」として知られる。長江に浮かぶ島で、山名は後漢時代に焦光(しょう・こう)が隠棲したことにちなむ。山上の定慧寺は、後漢の興平年間(194~195年)に創建された中国最古の仏教寺院の一つで、1800年以上の歴史を持つ。焦山には碑林があり、摩崖石刻と碑林陳列からなる。中でも「瘞鶴銘(えいかくめい)」が名高い。南朝の梁の書家、陶弘景(とう・こうけい)の書と伝えられており、元々は焦山西麓の断崖に楷書で刻まれた摩崖石刻だったが、山崩れで長江に水没した。清の康熙年間(1662~1722年)に五つの残片が引き揚げられ、現在は焦山碑林に陳列されている。瘞鶴銘は、歴代の書家から「大字(楷書体)の祖」とされてきた。中国に数多くある石刻の中でも焦山の「瘞鶴銘」と陝西省の「石門銘」のみが「碑中の王」の異名を持つ。(南京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802816

  • 2022年01月19日
    (11)柏椏東岳廟を訪ねて広東省中山市

    4日、東岳廟の境内にたたずむあずまや。中国広東省中山市石岐区蓮新社区(コミュニティー)の柏椏直街の突き当たりにある柏椏東岳廟(はくあとうがくびょう)は、同市の1級文化財に指定されており、宋代に創建され、清代に再建された。南西の方角に向けて建てられ、平面は長方形で、左右に偏殿があり、右殿は「観音堂」と「牛王祠」、左殿は客堂となっている。総面闊(間口)28・45メートル、奥行き29・9メートル、総面積は約812平方メートル。屋根は切り妻造り、壁は青レンガ造りで、架構形式は穿斗式と抬梁式を併用している。山門には「東岳殿」と書かれた木製の扁額が掲げられ、境内には花こう岩に楷書で「東岳廟碑記」の文字を刻んだ石碑がある。「香山県誌」(光緒誌)には「東門外にて、乾隆乙卯年(1795年)再建」と記されているが、その後何度も改修が繰り返された。東岳廟には清代建築の特徴が比較的良好な状態で残されている。(中山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911465

  • 2022年01月19日
    (9)柏椏東岳廟を訪ねて広東省中山市

    4日、東岳廟の後殿から見た前殿。中国広東省中山市石岐区蓮新社区(コミュニティー)の柏椏直街の突き当たりにある柏椏東岳廟(はくあとうがくびょう)は、同市の1級文化財に指定されており、宋代に創建され、清代に再建された。南西の方角に向けて建てられ、平面は長方形で、左右に偏殿があり、右殿は「観音堂」と「牛王祠」、左殿は客堂となっている。総面闊(間口)28・45メートル、奥行き29・9メートル、総面積は約812平方メートル。屋根は切り妻造り、壁は青レンガ造りで、架構形式は穿斗式と抬梁式を併用している。山門には「東岳殿」と書かれた木製の扁額が掲げられ、境内には花こう岩に楷書で「東岳廟碑記」の文字を刻んだ石碑がある。「香山県誌」(光緒誌)には「東門外にて、乾隆乙卯年(1795年)再建」と記されているが、その後何度も改修が繰り返された。東岳廟には清代建築の特徴が比較的良好な状態で残されている。(中山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911445

  • 2022年01月19日
    (1)柏椏東岳廟を訪ねて広東省中山市

    4日、東岳廟の大門(正門)。中国広東省中山市石岐区蓮新社区(コミュニティー)の柏椏直街の突き当たりにある柏椏東岳廟(はくあとうがくびょう)は、同市の1級文化財に指定されており、宋代に創建され、清代に再建された。南西の方角に向けて建てられ、平面は長方形で、左右に偏殿があり、右殿は「観音堂」と「牛王祠」、左殿は客堂となっている。総面闊(間口)28・45メートル、奥行き29・9メートル、総面積は約812平方メートル。屋根は切り妻造り、壁は青レンガ造りで、架構形式は穿斗式と抬梁式を併用している。山門には「東岳殿」と書かれた木製の扁額が掲げられ、境内には花こう岩に楷書で「東岳廟碑記」の文字が刻まれた石碑がある「香山県誌」(光緒誌)には「東門外にて、乾隆乙卯年(1795年)再建」と記されているが、その後何度も改修が繰り返された。東岳廟には清代建築の特徴が比較的良好な状態で残されている。(中山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911397

  • 2022年01月19日
    (3)柏椏東岳廟を訪ねて広東省中山市

    4日、東岳廟の前殿。中国広東省中山市石岐区蓮新社区(コミュニティー)の柏椏直街の突き当たりにある柏椏東岳廟(はくあとうがくびょう)は、同市の1級文化財に指定されており、宋代に創建され、清代に再建された。南西の方角に向けて建てられ、平面は長方形で、左右に偏殿があり、右殿は「観音堂」と「牛王祠」、左殿は客堂となっている。総面闊(間口)28・45メートル、奥行き29・9メートル、総面積は約812平方メートル。屋根は切り妻造り、壁は青レンガ造りで、架構形式は穿斗式と抬梁式を併用している。山門には「東岳殿」と書かれた木製の扁額が掲げられ、境内には花こう岩に楷書で「東岳廟碑記」の文字を刻んだ石碑がある。「香山県誌」(光緒誌)には「東門外にて、乾隆乙卯年(1795年)再建」と記されているが、その後何度も改修が繰り返された。東岳廟には清代建築の特徴が比較的良好な状態で残されている。(中山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911401

  • 2022年01月19日
    (7)柏椏東岳廟を訪ねて広東省中山市

    4日、東岳廟の近くの路地。中国広東省中山市石岐区蓮新社区(コミュニティー)の柏椏直街の突き当たりにある柏椏東岳廟(はくあとうがくびょう)は、同市の1級文化財に指定されており、宋代に創建され、清代に再建された。南西の方角に向けて建てられ、平面は長方形で、左右に偏殿があり、右殿は「観音堂」と「牛王祠」、左殿は客堂となっている。総面闊(間口)28・45メートル、奥行き29・9メートル、総面積は約812平方メートル。屋根は切り妻造り、壁は青レンガ造りで、架構形式は穿斗式と抬梁式を併用している。山門には「東岳殿」と書かれた木製の扁額が掲げられ、境内には花こう岩に楷書で「東岳廟碑記」の文字を刻んだ石碑がある。「香山県誌」(光緒誌)には「東門外にて、乾隆乙卯年(1795年)再建」と記されているが、その後何度も改修が繰り返された。東岳廟には清代建築の特徴が比較的良好な状態で残されている。(中山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911430

  • 2022年01月19日
    (15)柏椏東岳廟を訪ねて広東省中山市

    4日、前殿の外壁に施された彫刻。中国広東省中山市石岐区蓮新社区(コミュニティー)の柏椏直街の突き当たりにある柏椏東岳廟(はくあとうがくびょう)は、同市の1級文化財に指定されており、宋代に創建され、清代に再建された。南西の方角に向けて建てられ、平面は長方形で、左右に偏殿があり、右殿は「観音堂」と「牛王祠」、左殿は客堂となっている。総面闊(間口)28・45メートル、奥行き29・9メートル、総面積は約812平方メートル。屋根は切り妻造り、壁は青レンガ造りで、架構形式は穿斗式と抬梁式を併用している。山門には「東岳殿」と書かれた木製の扁額が掲げられ、境内には花こう岩に楷書で「東岳廟碑記」の文字を刻んだ石碑がある。「香山県誌」(光緒誌)には「東門外にて、乾隆乙卯年(1795年)再建」と記されているが、その後何度も改修が繰り返された。東岳廟には清代建築の特徴が比較的良好な状態で残されている。(中山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911504

  • 2022年01月19日
    (12)柏椏東岳廟を訪ねて広東省中山市

    4日、東岳廟の牛王祠。中国広東省中山市石岐区蓮新社区(コミュニティー)の柏椏直街の突き当たりにある柏椏東岳廟(はくあとうがくびょう)は、同市の1級文化財に指定されており、宋代に創建され、清代に再建された。南西の方角に向けて建てられ、平面は長方形で、左右に偏殿があり、右殿は「観音堂」と「牛王祠」、左殿は客堂となっている。総面闊(間口)28・45メートル、奥行き29・9メートル、総面積は約812平方メートル。屋根は切り妻造り、壁は青レンガ造りで、架構形式は穿斗式と抬梁式を併用している。山門には「東岳殿」と書かれた木製の扁額が掲げられ、境内には花こう岩に楷書で「東岳廟碑記」の文字を刻んだ石碑がある。「香山県誌」(光緒誌)には「東門外にて、乾隆乙卯年(1795年)再建」と記されているが、その後何度も改修が繰り返された。東岳廟には清代建築の特徴が比較的良好な状態で残されている。(中山=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011911463

  • 1
  • 2