KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 中心市街地
  • 代表作
  • 傑作
  • 全国重点文物保護単位
  • 内部
  • 名前
  • 国宝
  • 変化

「構造力学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Folio f 35v.
    -
    Folio f 35v.

    Folio f 35v. Codex Madrid II (Ms. 8936) “Treaty of fortification, statics and geometry“. 158 folios with 316 pages. Internal format: 210 x 145 mm. CIVIL ENGINEERING, CONSTRUCTION. MILITARY ENGINEERING, FORTIFICATIONS. UNITS OF WEIGHT AND MEASURES. PRINCIPLES OF MECHANICS, CINEMATICS, DYNAMICS. Museum: BIBLIOTECA NACIONAL DE ESPAÑA, MADRID. Author: LEONARDO DA VINCI.、クレジット:Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020031604171

  •  Paton Institute of Electric Welding
    1981年06月01日
    Paton Institute of Electric Welding

    01.06.1981 Paton Institute of Electric Welding of the Academy of Sciences of the Ukrainian SSR (currently Paton Institute of Electric Welding) in Kiev. Representatives of enterprises get familiarized with the institute‘s latest developments in a showroom. Igor Kostin、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041613663

  •  Paton Institute of Electric Welding
    1981年06月01日
    Paton Institute of Electric Welding

    01.06.1981 Paton Institute of Electric Welding of the Academy of Sciences of the Ukrainian SSR (currently Paton Institute of Electric Welding) in Kiev. Many of the institute‘s developments received the Golden Mercury certificate and international awards. Igor Kostin、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041613679

  •  「新華社」3Dプリンターで作られた橋が完成上海市
    02:25.47
    2019年01月21日
    「新華社」3Dプリンターで作られた橋が完成上海市

    中国上海市普陀(ふだ)区の桃浦中央緑地にこのほど、3Dプリンターを使って作られた橋が設置された。緑地内の「上海智慧湾」という池に架かるこの小さな橋は、3Dモデリング技術で設計されており、欄干の側板がリボンのようにたなびき、アーチが丸みを帯びた、しなやかで優雅なデザインとなっている。橋の床板は庭園風になっており、サンゴの文様が刻まれ、その間には小さな石が敷き詰められている。橋の全てのコンクリート部材は2台のロボットアーム式3Dプリンターを使って、合計450時間かけて作り上げた。橋はアーチ構造、欄干、床板の3つの部分で構成されており、アーチ構造を44のパーツに、欄干を68のパーツに、床板を64のパーツにそれぞれ分けて、全て3Dプリンターで製作した。これらの部材は全て、ポリエチレン繊維補強コンクリートに複数の混和剤を添加した複合材料が使われ、流動性がコントロールできるため3Dプリンターの製作条件を満たしており、コストも通常の橋の3分の2程度となっている。この歩道橋は中国が独自に開発したコンクリート3Dプリンター技術を活用している。この技術はデジタル建築設計や3Dプリンターによる製作、操作コントロールシステムなど、革新技術が結集したもので、作業の安定性に優れ、製作効率が高い他、成形の精度も高く、連続作業が可能になっている。橋にはリアルタイム観測システムが設けられ、橋にかかる応力と橋の変形の状態についてのデータ収集が行われており、新しいコンクリート材料の性能やプリンターで製作した部材の構造力学的な性能に関する追跡研究に役立つ。(記者/狄春)<映像内容>3Dプリンターで作られた橋の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012200445

  •  Aviation Structural Mechanic
    2021年07月11日
    Aviation Structural Mechanic

    July 11, 2021 - Pacific Ocean - Aviation Structural Mechanic 2nd Class David Crocker, from Killeen, Texas, applies a corrosion preventative compound to exterior hardware of an E2D Hawkeye attached to the Wallbangers of Airborne Early Warning Squadron (VAW) 117 in the hangar bay of the aircraft carrier USS Abraham Lincoln (CVN 72). Abraham Lincoln is underway conducting routine operations in the U.S. 3rd Fleet area of operations. (photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Joel Mundo/Released) (Credit Image: © U.S. Navy/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©U.S. Navy/ZUMA Press Wire Service/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081504476

  •  (2)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (2)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、山西省万栄県にある飛雲楼。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309837

  •  (4)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (4)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の屋根。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309847

  •  (6)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (6)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309994

  •  (14)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (14)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310025

  •  (7)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (7)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の屋根。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309859

  •  (8)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (8)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の屋根。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309929

  •  (10)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (10)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の内部。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309992

  •  (11)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (11)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310024

  •  (13)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (13)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310030

  •  (1)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (1)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、山西省万栄県にある飛雲楼。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309773

  •  (19)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (19)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の天井部分。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310065

  •  (9)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (9)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309939

  •  (3)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (3)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、山西省万栄県にある飛雲楼。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309879

  •  (17)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (17)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の天井部分。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310043

  •  (18)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (18)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310041

  •  (5)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (5)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の天井部分。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309848

  •  (15)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (15)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310026

  •  (12)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (12)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310047

  •  (20)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (20)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の天井部分。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310049

  •  (16)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (16)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の斗栱。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗栱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032310046

  •  (1)液体金属でハイエントロピー合金の合成に成功武漢大学の研究チーム
    2023年06月20日
    (1)液体金属でハイエントロピー合金の合成に成功武漢大学の研究チーム

    武漢大学の付磊教授が率いる研究チームのメンバー。(資料写真)中国武漢大学はこのほど、同大学の付磊(ふ・らい)教授が率いる研究チームが特殊な液体金属を使い、温和な条件下でさまざまなハイエントロピー合金(HEAs)系の原子レベルでの合成に成功したと明らかにした。研究の成果はこのほど、国際的学術誌「ネイチャー」電子版に発表された。HEAsは5種類または5種類以上のメインとなる金属元素からなる新型合金で、極限条件下の構造力学、エネルギーの変換と貯蔵、医療器械などの分野で、重要な応用の可能性を有する。HEAsの原子レベルの精密合成を実現することは、その応用の基礎となる。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023062011260

  •  (2)液体金属でハイエントロピー合金の合成に成功武漢大学の研究チーム
    2023年06月20日
    (2)液体金属でハイエントロピー合金の合成に成功武漢大学の研究チーム

    科学研究作業を行う付磊教授の研究チームメンバー。(資料写真)中国武漢大学はこのほど、同大学の付磊(ふ・らい)教授が率いる研究チームが特殊な液体金属を使い、温和な条件下でさまざまなハイエントロピー合金(HEAs)系の原子レベルでの合成に成功したと明らかにした。研究の成果はこのほど、国際的学術誌「ネイチャー」電子版に発表された。HEAsは5種類または5種類以上のメインとなる金属元素からなる新型合金で、極限条件下の構造力学、エネルギーの変換と貯蔵、医療器械などの分野で、重要な応用の可能性を有する。HEAsの原子レベルの精密合成を実現することは、その応用の基礎となる。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023062011261

  • 1