KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 科学
  • エネルギー消費
  • スタンドアローン
  • 世界初
  • 停電
  • 削減
  • 影響
  • 成功
  • 改善

「標準化団体」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2003年01月23日
    坂村健・東大教授 米標準化団体と協力の用意

    ICタグ付き書籍に携帯情報端末を近づけると書籍の情報が表示されることを実演する坂村健・東大教授=23日午後、東京都港区の共同通信本社

    商品コード: 2003012300222

  • 04:35.39
    2019年03月05日
    「新華社」ファーウェイ、ブリュッセルに新センター開設サイバーセキュリティー担う

    中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は5日、ベルギー・ブリュッセルにサイバーセキュリティー・トランスペアレンシー・センターを開設した。ファーウェイによると、欧州連合(EU)主要機関の所在地であるブリュッセルに誕生した同センターは、欧州で主に以下の3点の役割を担う。一つ目は展示と体験。経営戦略からサプライチェーン、研究開発、製品・ソリューションの提供まで、エンドツーエンドのサイバーセキュリティーに対する同社の取り組みを展示する。また、第5世代移動通信システム(5G)やモノのインターネット(IoT)、クラウドなどの同社製品・ソリューションに組み込まれたサイバーセキュリティーが体験できる。二つ目は交流と革新。サイバーセキュリティー戦略やエンドツーエンドのサイバーセキュリティー、プライバシー保護における同社の取り組みを利害関係者と共有する。業界パートナーと共に、関連するセキュリティー標準や検証メカニズムの構築を検討、推進する。業界全体のサイバーセキュリティー分野の技術革新を推進する。三つ目はセキュリティー検証サービス。自社製品のセキュリティーを試験、検証するプラットフォームと関連サービスを提供する。ファーウェイ上級副社長兼グローバル・サイバー・セキュリティー責任者のジョン・サフォーク氏は、同センターを通してファーウェイの「最も貴重な部分」であるソースコードに触れることができると説明した。胡厚崑(ケン・フー)副董事長は開設式典で、同社がデジタルの世界のサイバーセキュリティーに対する人々の懸念を十分理解していると表明。「サイバーセキュリティーの問題を解決する正しい方法は、相互理解から始まると確信している。これもセンターを設立した目的だ」と語った。さらに、ファーウェイは監督管理機関や標準化団体、顧客がこのプラットフォームを存分に活用することを歓迎していると述べ、セキュリティー標準や検証メカニズム、セキュリティー技術の革新などでより緊密に協力し、共に業界のバリューチェーン全体の安全性を高め、検証に基づく信頼の構築を推進していきたいと訴えた。(記者/鄭江華、趙宇超、王子辰)<映像内容>ファーウェイがベルギーに開設した新センターの様子、胡厚崑副会長のスピーチ、展示会の様子など、撮影日:2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714676

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月01日
    世界初の5GSAネットワークによる電力スライシング試験、南京で成功

    試験の準備をするスタッフ。(4月1日撮影)移動通信の標準化団体3GPPが策定した最新の第5世代(5G)移動通信システムのスタンドアローン(SA)型ネットワークによる世界初の電力スライシング試験がこのほど、江蘇省南京市で終了した。南京供電公司と中国電信南京分公司、華為技術(ファーウェイ)が共同で実施した。同技術は、停電による経済や社会への影響を最低限に抑えると同時に、配電網の管理効率を大幅に改善し、エネルギー消費を削減することが見込まれる。(南京=新華社配信/南京供電公司提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:南京供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809454

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月01日
    世界初の5GSAネットワークによる電力スライシング試験、南京で成功

    遅延試験を行うスタッフ。(4月1日撮影)移動通信の標準化団体3GPPが策定した最新の第5世代(5G)移動通信システムのスタンドアローン(SA)型ネットワークによる世界初の電力スライシング試験がこのほど、江蘇省南京市で終了した。南京供電公司と中国電信南京分公司、華為技術(ファーウェイ)が共同で実施した。同技術は、停電による経済や社会への影響を最低限に抑えると同時に、配電網の管理効率を大幅に改善し、エネルギー消費を削減することが見込まれる。(南京=新華社配信/南京供電公司提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:南京供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809467

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月01日
    世界初の5GSAネットワークによる電力スライシング試験、南京で成功

    試験を行うスタッフ。(4月1日撮影)移動通信の標準化団体3GPPが策定した最新の第5世代(5G)移動通信システムのスタンドアローン(SA)型ネットワークによる世界初の電力スライシング試験がこのほど、江蘇省南京市で終了した。南京供電公司と中国電信南京分公司、華為技術(ファーウェイ)が共同で実施した。同技術は、停電による経済や社会への影響を最低限に抑えると同時に、配電網の管理効率を大幅に改善し、エネルギー消費を削減することが見込まれる。(南京=新華社配信/南京供電公司提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:南京供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809457

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月01日
    世界初の5GSAネットワークによる電力スライシング試験、南京で成功

    稼働中の電力スライシング。(4月1日撮影)移動通信の標準化団体3GPPが策定した最新の第5世代(5G)移動通信システムのスタンドアローン(SA)型ネットワークによる世界初の電力スライシング試験がこのほど、江蘇省南京市で終了した。南京供電公司と中国電信南京分公司、華為技術(ファーウェイ)が共同で実施した。同技術は、停電による経済や社会への影響を最低限に抑えると同時に、配電網の管理効率を大幅に改善し、エネルギー消費を削減することが見込まれる。(南京=新華社配信/南京供電公司提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:南京供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809419

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月01日
    世界初の5GSAネットワークによる電力スライシング試験、南京で成功

    試験に使用されたサーバー。(4月1日撮影)移動通信の標準化団体3GPPが策定した最新の第5世代(5G)移動通信システムのスタンドアローン(SA)型ネットワークによる世界初の電力スライシング試験がこのほど、江蘇省南京市で終了した。南京供電公司と中国電信南京分公司、華為技術(ファーウェイ)が共同で実施した。同技術は、停電による経済や社会への影響を最低限に抑えると同時に、配電網の管理効率を大幅に改善し、エネルギー消費を削減することが見込まれる。(南京=新華社配信/南京供電公司提供)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:南京供電公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041809479

  • 1