KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • がん
  • げん
  • しょうこう
  • 上流
  • 中華民国
  • 人々
  • 位置
  • 元結

「模刻」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  果実の核で創り出す大きな世界
    2019年07月31日
    果実の核で創り出す大きな世界

    7月31日、彫刻名手の作品を模刻する孫思達さん。1980年代生まれの孫思達(そん・したつ)さんは、中国内モンゴル自治区赤峰市で評判の核彫職人で、彫刻刀を使って果実の核にさまざまな人物像を本物そっくりに削り出している。優れた腕が生み出す意匠を凝らした作品が、地元の骨董や芸術品を扱う市場で人気を集めている。(赤峰=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080501289

  •  「新華社」中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    00:57.74
    2021年01月22日
    「新華社」中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902665

  •  (1)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (1)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある清代の学者・書画家、呉大澄(ご・だいちょう)の詩碑。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500338

  •  (11)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (11)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある「大唐中興頌」碑の入り口。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500297

  •  (2)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (2)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500317

  •  (10)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (10)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500321

  •  (3)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (3)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500308

  •  (4)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (4)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある北宋の書家・詩人、黄庭堅(こう・ていけん)の詩碑(部分)。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500227

  •  (7)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (7)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある「大唐中興頌」碑(部分)。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500309

  •  (5)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (5)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある清代の詩人・学者、何紹基(か・しょうき)の詩碑。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500284

  •  (9)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (9)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林にある清代の詩人・学者、何紹基(か・しょうき)の詩碑(部分)。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500366

  •  (8)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (8)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500412

  •  (6)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省
    2021年01月24日
    (6)中国文人墨客の千年の聖地、永州浯溪碑林湖南省

    浯溪碑林に残る石刻。(1月5日撮影)中国湖南省の湘江(しょうこう)上流に位置する永州市祁陽(きよう)県に、浯溪(ごけい)碑林と呼ばれる大型摩崖碑(まがいひ)群がある。数少ない書道石刻の宝庫として知られており、今でも石刻505点が残る。中でも人々の称賛を集めるのは771年に模刻された「大唐中興頌」で、唐代の文学者・元結(げん・けつ)の文章、書家・顔真卿(がん・しんけい)の書法、摩崖石刻の石がいずれも見事なことから「摩崖三絶」と呼ばれる。同石刻は唐から中華民国の千年余りにわたり、多くの文人墨客を引き付けてきた。その文章、書法に感銘を受けた多くの人が、自らの考えや気持ちを周辺の岩肌に碑文として刻み、さらに後世へと伝えた。(永州=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500354

  • 奉納された菩薩像 模刻菩薩像、平等院に奉納
    2021年03月17日
    奉納された菩薩像 模刻菩薩像、平等院に奉納

    「雲中供養菩薩像」の模刻

    商品コード: 2021031708851

  • 奉納された菩薩像 模刻菩薩像、平等院に奉納
    2021年03月17日
    奉納された菩薩像 模刻菩薩像、平等院に奉納

    「雲中供養菩薩像」の模刻を制作した門田真実さん=17日午後、京都・平等院

    商品コード: 2021031708855

  • 1