KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しょうめい
  • ちょう
  • エキストラ
  • テレビドラマ
  • 仕事
  • 公演
  • 努力
  • 友達
  • 司会
  • 実家

「横店影視城」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、撮影終了後、「横漂」仲間と漫才の稽古をする張小明さん(左)。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)には、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701430

  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、時代劇の撮影現場で出演準備をする張小明さん。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)には、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701421

  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、撮影現場で他の「群衆演員」と一緒に食事をする張小明さん(右から2人目)。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)には、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701409

  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、撮影の隙間に他の「群衆演員」とセリフの練習をする張小明さん(左から3人目)。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)には、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701450

  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、ドラマの撮影に参加する張小明さん。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)では、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701495

  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、撮影終了後、「横漂」が集まる俳優組合を訪れた張小明さん。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)には、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701427

  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、孫を抱いて「群衆演員」の写真を見る張小明さん。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)には、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701512

  • 2019年02月22日
    巨大映画村で奮闘する大部屋俳優浙江省横店鎮

    22日、衣装を身に着けてスタジオに入る張小明さん。浙江省東陽市横店(おうてん)鎮にある中国最大の撮影施設「横店影視城」(横店映画・テレビ撮影基地)には、各地から来た「群衆演員」(大部屋俳優・エキストラ)たちが働いており、「横漂」と呼ばれている。「漂う」ように生活が不安定でも奮闘する人たちだ。2005年4月、歌舞団(芸術団体)で働いていた張小明(ちょう・しょうめい)さんは横店で「横漂」生活を始めた。最初にもらった役は時代劇の衛兵で、出演料は1日に20元(1元=約16円)だった。今でも「群衆演員」だが出演経験は豊富で、自分が具体的に何本の映画やテレビドラマに出演したか覚えていないほどだ。撮影がない時は友達と「相声」(漫才)をしたり、結婚式や公演の司会をしたりしている。努力を続け、張さんは次第に横店に根を下ろすようになり、妻と子も横店に呼び寄せた。50歳の張さんはドラマの仕事が入ったため、今年の春節(旧正月)は河南省焦作市にある実家に帰省しなかった。彼は「俳優の仕事はとてもつらいが、自分の好きなことのために頑張るのも幸せだ」と話している。(東陽=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701317

  • 1