KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ベース
  • ボルト
  • 人工知能
  • 令和
  • 宇宙ステーション
  • 実用化
  • 応用研究
  • 日常
  • 期待
  • 研究所

「機甲戦」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    変電所の電源ボックスを開けるテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211177

  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    遮断器を閉めようとしているテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211180

  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    変電所出入口で身分証明書を確認するテスト中の「機甲戦士」。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211153

  • 2019年07月10日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」をリモートコントロールする研究者。(7月10日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)​=2019(令和元)年7月10日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211158

  • 2019年07月12日
    宇宙ロボット技術を電力系統の点検・保修に応用四川省成都

    宇宙ロボットをベースに作られた、電力系統の点検・保修作業を行う人工知能(AI)リモートコントロールロボット「機甲戦士」。(7月12日撮影)中国四川省成都市にある500キロボルト(kV)の尖山変電所内で、手と目を持つ高さ90センチの黒いロボットが、初めて変電所内の定期点検・保修業務を巧く行った。これによって、ロボットに日常的な点検・保修作業を行う能力が基本的に備わっていることが証明された。中国電力大手、国家電網傘下の四川省電力公司検修公司が、航空・宇宙産業大手の中国航天科技集団傘下の研究所と共同で応用研究を行っている人工知能(AI)ロボット「機甲戦士」は、宇宙ステーションや月面探査車に用いられた宇宙ロボットをベースにしている。このプロジェクトは2年以内の実用化が期待されるという。(成都=新華社配信/四川省電力公司検修公司提供)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:四川省電力公司検修公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211152

  • 1