KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 昭和
  • 資料
  • 中央
  • ハロルド
  • 太平洋横断飛行
  • 保存
  • 内地
  • 蒸気機関車
  • 副操縦士
  • 死亡

「機関士」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
125
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
125
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  日本電報通信社資料
    1929年08月18日
    日本電報通信社資料

    ドイツの飛行船ツェッペリン伯号の来日が迫り、格納庫がある茨城県の霞ケ浦飛行場に向かう海軍の安東昌喬航空本部長(右)とボイエルレ(Bauerle、aにウムラウト)機関士=1929(昭和4)年8月18日、上野駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929081800002

  •  日本電報通信社資料
    1930年07月23日
    日本電報通信社資料

    立川行きが許可され、カメラに収まるイタリア機の関係者。右からアデ・プロスペロ横浜領事、ロンバルジー操縦士、追浜航空司令官の原大佐、カンパニーニ機関士、副官の白川少佐。立川を目指していた同機は前日に悪天候のため追浜の海軍航空隊飛行場に緊急着陸していた=1930(昭和5)年7月23日、横須賀市追浜(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930072300001

  •  日本電報通信社資料
    1930年07月27日
    日本電報通信社資料

    帝国飛行会の長岡外史会長(左から4人目)邸の茶会に招待されたイタリアの飛行家ロンバルジー操縦士(左から3人目)とカンパニーニ機関士(右から3人目)=1930(昭和5)年7月27日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012091200375

  •  日本電報通信社資料
    1930年07月28日
    日本電報通信社資料

    日本学生航空連盟へ寄贈される愛機「フィアット」の前で握手するイタリアのカンパニーニ機関士(中央)と小泉又次郎逓相。左はロンバルジー飛行士=1930(昭和5)年7月28日、立川飛行場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930072800003

  •  日本電報通信社資料
    1930年07月28日
    日本電報通信社資料

    日本学生航空連盟へ寄贈される愛機「フィアット」の前で握手するイタリアのロンバルジー飛行士(左)と小泉又次郎逓相。中央はカンパニーニ機関士=1930(昭和5)年7月28日、立川飛行場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012091900181

  •  日本電報通信社資料
    1930年07月31日
    日本電報通信社資料

    東京劇場へ松竹のレビュー見物に訪れたイタリアの飛行士ロンバルジー氏(中央)とカンパニーニ機関士(1人おいてその右)。右端は長岡外史氏=1930(昭和5)年7月25日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012091200321

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月08日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行に挑むため来日したハロルド・ブロムリー操縦士(左)とハロルド・ゲッティ機関士=1930(昭和5)年8月8日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012092400313

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月09日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行のため来日、飛行許可あっせんを依頼に外務省の堀田欧米局長(左から2人目)を訪問した米国の飛行家ハロルド・ブロムリー氏(右から2人目)。左端はハロルド・ゲッティ機関士、右端はネビル駐日米代理大使=1930(昭和5)年8月9日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930080900001

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月09日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行のため来日、飛行許可あっせんを依頼に外務省を訪れた(右から)米国の飛行家ハロルド・ブロムリー氏、ハロルド・ゲッティ機関士、ネビル駐日米代理大使=1930(昭和5)年8月9日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012092400315

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月14日
    日本電報通信社資料

    組立て中の太平洋横断機タコマ市号の前に立つハロルド・ブロムリー操縦士(左)とハロルド・ゲッティ機関士=1930(昭和5)年8月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012092800243

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月17日
    日本電報通信社資料

    タコマ市号で太平洋横断飛行に挑む米国のハロルド・ブロムリー操縦士(左から2人目)、ハロルド・ゲッティ機関士に山縣神奈川県知事令嬢の光子さんから花束が贈られた。この後霞ケ浦へ移動の予定が、風向悪く断念、移動は19日昼になった=1930(昭和5)年8月17日、横浜市の磯子埋め立て地(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930081700002

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月19日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行に挑むため霞ケ浦に到着し、小原航空司令(左)と握手するハロルド・ブロムリー操縦士とハロルド・ゲッティ機関士(握手する2人の奥)=1930(昭和5)年8月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012092800258

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月29日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行を前に、中央気象台を訪問するハロルド・ブロムリー操縦士(左端)とハロルド・ゲッティ機関士(左から2人目)=1930(昭和5)年8月29日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012100400282

  •  日本電報通信社資料
    1930年08月30日
    日本電報通信社資料

    30日に太平洋横断飛行に挑むタコマ市号に乗り込んだ操縦士のハロルド・ブロムリー氏と機関士のハロルド・ゲッティ氏=1930(昭和5)年8月30日、霞ケ浦飛行場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930082900005

  •  日本電報通信社資料
    1930年09月11日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行に挑むタコマ市号 滑走路の工事を監督するハロルド・ブロムリー操縦士(中央右)とハロルド・ゲッティ機関士=1930(昭和5)年9月10日、青森県三沢村の淋代海岸(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930091100002

  •  日本電報通信社資料
    1930年09月14日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行に挑み青森県三沢村淋代海岸を離陸したタコマ市号。操縦士ハロルド・ブロムリー、機関士ハロルド・ゲッティの両氏が乗り組み=1930(昭和5)年9月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930091400001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1930年09月18日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行に失敗、帰京したタコマ市号のハロルド・ブロムリー操縦士(中央)とハロルド・ゲッティ機関士(左)=1930(昭和5)年9月18日、上野駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1930091800002

  •  日本電報通信社資料
    1930年09月18日
    日本電報通信社資料

    太平洋横断飛行に失敗、帰京したタコマ市号のハロルド・ブロムリー操縦士(中央)とハロルド・ゲッティ機関士(左)=1930(昭和5)年9月18日、上野駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012101700191

  •  日本電報通信社資料
    1931年07月02日
    日本電報通信社資料

    飛行機セールの森永号が関西に飛来。京都深草練兵場で歓迎の花束を受ける森永号の奥山飛行士と飯島機関士。森永製菓の宣伝飛行は6月30日、東京・立川を出発、7月8日までに名古屋、京都、大阪、姫路、岡山、広島、福岡、鹿児島、宮崎、大分の各地を訪問した=1931(昭和6)年7月2日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931070200001

  •  日本電報通信社資料
    1931年08月14日
    日本電報通信社資料

    帝国飛行協会会長の長岡外史将軍(右端)が私邸で開いた歓迎会で和服姿の英国の女性飛行士エミー・ジョンソンさん(左から2人目)と、右から2人目は教官のジャック・ハンフリー機関士。2人はロンドンから立川まで12000キロを10日掛けて飛行し来日した。左端は長岡夫人=1931(昭和6)年8月14日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931081400002

  •  日本電報通信社資料
    1931年08月17日
    日本電報通信社資料

    観光局を訪問した英国の女性飛行家アミー・ジョンソンさん(右端)と教官のジャック・ハンフリー機関士(中央)=1931(昭和6)年8月17日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013122000219

  •  日本電報通信社資料
    1932年01月12日
    日本電報通信社資料

    愛国1号、2号の両機で極寒の満州へ向け出発する(右から)関根機関士、松村曹長、川原大尉、恩田大尉、加藤大尉、加藤少佐に送別の辞を与える航空本部技術本部長・福井少将=1932(昭和7)年1月12日、立川飛行場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014053000318

  •  日本電報通信社資料
    1932年04月21日
    日本電報通信社資料

    民間機としては初の東京(羽田)-福岡(大刀洗)間夜間飛行の出発前に、使用するフォッカーF7型8人乗り「ひばり号」の前で記念撮影に納まる搭乗員ら。右から安辺運行主任、佐々木大阪飛行場長、鈴木友繁通信士、川井喜一機関士、豊島晃副操縦士、小川寛爾正操縦士、井上運航部員(記録係)、山田航空官(逓信省)=1932(昭和7)年4月21日、東京・羽田空港(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932042100002

  •  日本電報通信社資料
    1932年05月03日
    日本電報通信社資料

    東京(羽田)-福岡(大刀洗)間の夜間飛行に成功し羽田に戻った日本空輸の雲雀号と乗組員ら。左から井上運航部員(記録係)、豊島晃副操縦士、小川寛爾正操縦士、鈴木友繁通信士、川井喜一機関士、森航空官(逓信省)、安辺運航主任=1932(昭和7)年5月3日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932050300001

  •  日本電報通信社資料
    1932年09月15日
    日本電報通信社資料

    11月に関西で行われる陸軍特別大演習への行幸で使われるお召列車を担当する光栄の機関士たち。前列右から木村鎌吉、山本松太郎、河上廉(後列右から)山本孝三、藤江作造の各氏。機関車はC51型=1932(昭和7)年9月15日、大阪駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932091500010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年06月08日
    太平洋戦争

    ビスマルク諸島ニューブリテン島ガスマタ攻撃に発進し、日本軍の零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の応戦で負傷した米軍重爆撃機B24リベレーターの機関士。機は無事に基地に戻り、兵士は病院に収容された=1943年6月(ACME)

    商品コード: 2012011700314

  • 船団を組む商船を見物 欧州戦線
    1944年07月29日
    船団を組む商船を見物 欧州戦線

    北大西洋を航行する米沿岸警備隊の戦闘カッター(軍艦用小艇)のデッキから、船団を組んで欧州に向かう商船を眺める乗組員の機関士と料理研修生=1944年7月、米沿岸警備隊撮影

    商品コード: 2019100301501

  • 原爆投下に参加した搭乗員 Crew which dropped the first atomic bomb
    1945年08月05日
    原爆投下に参加した搭乗員 Crew which dropped the first atomic bomb

    Aircrew who dropped the first atomic bomb. The officers and enlisted men who crewed the B-29 bomber Enola Gay during the first atomic bomb mission on Hiroshima, Japan, on 6 August 1945. The crew members are (standing, left to right): Major Thomas Ferebee (bombardier), Major Theodore Van Kirk (navigator), Colonel Paul Tibbets (pilot), Captain Robert Lewis (co-pilot); (kneeling, left to right): Staff Sergeant George Caron (tail gunner), Sergeant Joe Stiborik (radar operator), Staff Sergeant Wyatt Duzenbury (flight engineer), Private First Class Richard Nelson (radio operator) and Sergeant Robert Shumard (assistant engineer).、クレジット:Science Photo Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051806554

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1949年08月17日
    松川事件

    福島県の東北本線金谷川と松川の間で列車が脱線・転覆し機関士ら3人が死亡した=1949(昭和24)年8月17日(24年内地5557)

    商品コード: 2002111800130

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1949年08月18日
    松川事件

    福島県の東北本線金谷川―松川間で、列車が脱線して転覆、機関士ら3人が死亡した。写真は車輪を上に、完全に転覆した機関車=1949(昭和24)年8月18日、福島市松川町

    商品コード: 2004070200373

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1949年08月18日
    松川事件

    福島県の東北本線金谷川―松川間で、列車が脱線して転覆、機関士ら3人が死亡した。写真は車輪を上に、完全に転覆した機関車=1949(昭和24)年8月18日、福島市松川町(24年内地5560)

    商品コード: 2004070200372

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1949年08月18日
    松川事件

    福島県の東北本線金谷川と松川の間で列車が脱線・転覆し機関士ら3人が死亡した。現場近くの水田から発見された犬釘・おさえ木片・継ぎ目鋲・保線工事用バール・スパナ等=1949(昭和24)年8月18日(24年内地5565)

    商品コード: 2002111800133

  •  春の叙勲
    1965年04月28日
    春の叙勲

    勲五等旭日章の受章が決まった元国鉄機関士の名越一男さん=1965(昭和40)年4月28日、大阪府吹田市片山藤ケ丘の自宅

    商品コード: 2011061000145

  •  Cosmonaut Alexei Yeliseyev
    1968年06月01日
    Cosmonaut Alexei Yeliseyev

    01.06.1968 Cosmonaut Alexei Yeliseyev trains for a space flight at the Cosmomauts Training Center. Alexander Mokletsov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023021500985

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1969年01月07日
    沈没状況を報告 ぼりばあ丸沈没

    涙をこらえながら「ぼりばあ丸」沈没時の模様を乗組員家族に報告する機関士の高岡常泰さん=1969(昭和44)年1月7日、横浜市内の旅館

    商品コード: 2010101300313

  •  世界最古の機関車も登場
    1969年06月12日
    世界最古の機関車も登場

    昭和炭鉱でのお役目を終え、デパートの中元セールに一役買う「クラウス17号」。運転席には、11年間運転を続けた長町義朗機関士=1969(昭和44)年6月12日、東京・池袋の西武(44年内地 2978)

    商品コード: 2011032900305

  •  日航機乗っ取り事件
    1970年04月05日
    日航機乗っ取り事件

    よど号帰国 北朝鮮から帰国、あいさつをする石田機長(中央)右へ江崎副操縦士、相原機関士=1970(昭和45)年4月5日、羽田空港(45年内地1749) (よど号事件 1970年国内十大ニュース)

    商品コード: 2010101900235

  •  「よど号」帰る
    1970年04月05日
    「よど号」帰る

    空港に降り立った石田機長(左)、江崎副操縦士(中央)、相原機関士=1970(昭和45)年4月5日、羽田空港

    商品コード: 2003071600358

  •  よど号乗っ取り事件
    1970年04月05日
    よど号乗っ取り事件

    帰国後の機内の様子 (4))荒れたままの機関士席、ここからコントロールセンターと連絡がとられた(警視庁鑑識課撮影)=1970(昭和45)年4月5日、羽田空港 (45年内地1766) (よど号事件 1970年国内十大ニュース)複写ネガ

    商品コード: 2010111700313

  •  よど号事件
    1970年04月05日
    よど号事件

    よど号乗務員の記者会見(左から)江崎悌一副操縦士、石田真二機長、相原利夫航空機関士=1970(昭和45)年4月5日、日航対策本部

    商品コード: 2002101600077

  •  よど号事件
    1970年04月06日
    よど号事件

    よど号の操縦室の機関士席付近から発見された短刀=1970(昭和45)年4月6日、警視庁

    商品コード: 2002101700114

  • 酔っぱらい運転の急行が逆走 東北本線で追突事故
    1971年02月11日
    酔っぱらい運転の急行が逆走 東北本線で追突事故

    東北本線野崎―西那須野駅間の上りこう配で、急行列車が2キロ以上逆走、後続の貨物列車に衝突し、双方の車両が脱線した。急行の惰性走行中に、機関士が飲酒のため居眠り運転、上り坂で惰性を失い逆走したのに気づかなかったのが原因とみられる。写真は急行列車最後部の郵便車(左)と貨物列車機関車との間にはさまれた貨物列車の鈴木機関士の懸命な救出作業。急行列車最後部の郵便車(左)は浮き上がって、貨物列車の機関車に食い込んでいる=1971(昭和46)年2月11日、栃木県西那須野町の東北本線野崎―西那須野駅間(46年内地689-A)

    商品コード: 2010092200202

  • 酔っぱらい運転の急行が逆走 東北本線で追突事故
    1971年02月11日
    酔っぱらい運転の急行が逆走 東北本線で追突事故

    東北本線野崎―西那須野駅間の上りこう配で、急行列車が2キロ以上逆走、後続の貨物列車に衝突し、双方の車両が脱線した。急行の惰性走行中に、機関士が飲酒のため居眠り運転、上り坂で惰性を失い逆走したのに気づかなかったのが原因とみられる。写真は急行列車最後部の郵便車(左)と貨物列車機関車との間にはさまれた貨物列車の鈴木機関士の救出作業。急行列車最後部の郵便車(左)は浮き上がって、貨物列車の機関車に食い込んでいる=1971(昭和46)年2月11日、栃木県西那須野町の東北本線野崎―西那須野駅間(46年内地689-B)

    商品コード: 2010092200203

  • 酔っぱらい運転の急行が逆走 東北本線で追突事故
    1971年02月11日
    酔っぱらい運転の急行が逆走 東北本線で追突事故

    東北本線野崎―西那須野駅間の上りこう配で、急行列車が2キロ以上逆走、後続の貨物列車に衝突し、双方の車両が脱線した。急行の惰性走行中に、機関士が飲酒のため居眠り運転、上り坂で惰性を失い逆走したのに気づかなかったのが原因とみられる。写真は事故現場。右端は急行最後部の郵便車、中央は衝突された貨物列車機関車、左の脱線2両は貨車=1971(昭和46)年2月11日、栃木県西那須野町の東北本線野崎―西那須野駅間(46年内地689-C)

    商品コード: 2010092200205

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1974年11月10日
    東京湾でタンカー衝突炎上

    くすぶり続ける貨物船パシフィックアリス号(リベリア船籍)から奇跡的に助かり手当てを受ける乗組員の陳玉棟さん。「アイ・アム・ベリータイヤード」-パ号二等機関士の陳さんは、衝突事故後15時間ぶりに救出された=1974(昭和49)年11月10日、横浜市中区の横浜赤十字病院

    商品コード: 2012051400455

  •  クンロク走って60年
    1975年09月26日
    クンロク走って60年

    一日の仕事を終え、そっと老体を横たえる-冬、肩より高い雪をかき分け石炭列車を引いた。夏、力以上に貨車を引き上り勾配で息切れすることも何度かあった。そんな時、決まって励ましてくれたのが相棒の機関士だ。ずいぶん世話をかけた。親子二代に面倒をみてもらったこともあった。そんな仲間と別れることがいちばんつらい(写真ニュース「クンロク走って60年 北海道・岩見沢駅構内」4枚組の4)

    商品コード: 2013032600186

  • メクロン川鉄橋 クワイ川鉄橋にSLを保存
    1976年05月23日
    メクロン川鉄橋 クワイ川鉄橋にSLを保存

    映画「戦場にかける橋」の舞台になったメクロン川鉄橋(通称クワイ川ブリッジ)を渡るC56機関車。太平洋戦争末期に軍属として派遣された元機関士の佐々木一三さんは、終戦までC56と“苦楽”をともにした。“仲間”が鉄クズになるのは忍びないとタイ鉄道省に払い下げを申請。メクロン川鉄橋ほとりに永久保存されることになった(資料)

    商品コード: 2013102800090

  • 元機関士の佐々木さん クワイ川鉄橋にSLを保存
    1976年05月23日
    元機関士の佐々木さん クワイ川鉄橋にSLを保存

    模型を手にタイ国のC56に思いをはせる元機関士の佐々木一三さん。太平洋戦争末期に軍属として派遣され、終戦までC56と“苦楽”をともにした。“仲間”が鉄クズになるのは忍びないとタイ鉄道省に払い下げを申請。メクロン川鉄橋ほとりに永久保存されることになった=1976(昭和51)年5月、岐阜県恵那市大井町

    商品コード: 2013102800091

  • 発車前の点検作業 世界のミニSLが勢ぞろい
    1977年07月30日
    発車前の点検作業 世界のミニSLが勢ぞろい

    石炭をくべ蒸気圧を上げる発車前の点検作業。鉄道員の制帽をかぶって真剣な表情の外国人機関士−鉄道模型趣味の歴史が長い英国、西ドイツ、スイス、オーストリアから色とりどりの手づくりミニSL30台と“機関士”たちが参加、お国自慢を競った(写真特集「世界のミニSLが勢ぞろい」5枚組の2)

    商品コード: 2014091700192

  • 東海道線吹田操車場 機関車と貨物列車が衝突
    1978年06月02日
    東海道線吹田操車場 機関車と貨物列車が衝突

    衝突事故でメチャメチャになった貨物列車。大阪府摂津市の国鉄東海道線吹田操車場内で誘導ミスから機関車と貨物列車が正面衝突、機関車と貨車など計14両が脱線転覆、双方の機関士2人が軽傷=1978(昭和53)年6月2日午前8時40分、大阪府摂津市で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2015062900774

  • 台車や積み荷が散乱 機関車と貨物列車が衝突
    1978年06月02日
    台車や積み荷が散乱 機関車と貨物列車が衝突

    台車や積み荷の貨物が散乱する衝突事故現場。大阪府摂津市の国鉄東海道線吹田操車場内で誘導ミスから機関車と貨物列車が正面衝突、機関車と貨車など計14両が脱線転覆、双方の機関士2人が軽傷=1978(昭和53)年6月2日、大阪府摂津市

    商品コード: 2015062900781

  •  トンネル内で貨車が衝突、脱線
    1979年11月18日
    トンネル内で貨車が衝突、脱線

    国鉄武蔵野線生田トンネル内で、機関士の居眠りとみられるミスで貨車がバックし、止まっていた後続の石油タンク専用列車に衝突、転覆脱線した。大破して上下線をふさいだ貨車=1979(昭和54)年11月18日、武蔵野線の梶ケ谷−府中本町間

    商品コード: 2017011100229

  •  トンネル内で貨車が衝突、脱線
    1979年11月18日
    トンネル内で貨車が衝突、脱線

    国鉄武蔵野線生田トンネル内で、機関士の居眠りとみられるミスで貨車がバックし、止まっていた後続の石油タンク専用列車に衝突、転覆脱線した。トンネル壁に衝突し、大破した貨車=1979(昭和54)年11月18日、武蔵野線の梶ケ谷−府中本町間

    商品コード: 2017011100230

  •  「北陸トンネル事故」で判決
    1980年11月25日
    「北陸トンネル事故」で判決

    「北陸トンネル列車火災事故」裁判で、「完全無罪勝利」の垂れ幕をかざす支援者(事故発生時の専務車掌と機関士が業務上過失致死傷罪に問われていた)=1980(昭和55)年11月25日、福井地裁(55年内地10635)

    商品コード: 2019103001162

  • 従業員は元機関士さん コーヒーハウスのベル開店
    1985年02月01日
    従業員は元機関士さん コーヒーハウスのベル開店

    コーヒーハウス「ベル」の従業員に転身し、張り切る元機関士さん=1985(昭和60)年2月1日、東京・上野駅

    商品コード: 1985020150001

  •  「行政整理」
    1985年09月14日
    「行政整理」

    (5)「松川事件」 1949(昭和24)年8月17日未明、東北本線松川ー金谷川間で上り列車が転覆、機関士らが死亡した

    商品コード: 2023113009766

  •  Cosmonauts V.Afanasyev, T.Akiyama, M.Manarov
    1990年01月01日
    Cosmonauts V.Afanasyev, T.Akiyama, M.Manarov

    01.01.1990 Soyuz TM-11 spaceship crew‘s members (from left to right): ship‘s commander Viktor Afanasyev, research cosmonaut Toyohiro Akiyama of Japan and flight engineer, Hero of the Soviet Union Musa Manarov. Skryinikov / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023093004096

  • SLやまぐち号の機関士 ボイラー資格で望みつなぐ
    1993年11月19日
    SLやまぐち号の機関士 ボイラー資格で望みつなぐ

    SLやまぐち号の結城重也機関士(右)と岩本文夫機関助士(左)=7日、JR山口線

    商品コード: 1993111900081

  • 黙とうする機関士たち 故金日成主席追悼大会
    1994年07月20日
    黙とうする機関士たち 故金日成主席追悼大会

    20日正午、弔笛を鳴らし3分間の黙とうをする西平壌機関車隊の機関士たち(朝鮮通信=共同)

    商品コード: 1994072000082

  •  森本則文さん
    1995年02月09日
    森本則文さん

    日本グライダー界の第一人者で12の日本記録を達成した森本則文(もりもと・のりふみ)さん(航空機関士)

    商品コード: 1995020900041

  • 機長ら乗員3人 全日空機乗っ取り事件
    1995年06月22日
    機長ら乗員3人 全日空機乗っ取り事件

    清原宏伸機長、宮下至副操縦士、永井亮二航空機関士(カラーネガ)

    商品コード: 1995062200001

  • 機長らが会見 乗っ取り機の乗員が会見
    1995年06月26日
    機長らが会見 乗っ取り機の乗員が会見

    記者会見で、ハイジャックされたときの様子を説明する(左から)客室乗務員の渡辺美己子さんと小玉節子さん、清原宏伸機長、永井亮二航空機関士=26日午後、東京・羽田の全日空羽田センター(カラーネガ)

    商品コード: 1995062600061

  • 機長らが会見 乗っ取り機の乗員が会見
    1995年06月26日
    機長らが会見 乗っ取り機の乗員が会見

    記者会見で、ハイジャックされたときの様子を説明する(左から)客室乗務員の渡辺美己子さんと小玉節子さん、清原宏伸機長、永井亮二航空機関士=26日午後、東京・羽田の全日空羽田センター(カラーネガ)

    商品コード: 1995062600062

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年04月22日
    コックピットのクルー コックピットは女性だけ

    ノースウエスト航空の日本就航50周年を記念して結成された女性だけのコックピットクルー。左からフィンチ機長、スキーターズ副操縦士、アカタ航空機関士=22日午後、関西空港(代表撮影)

    商品コード: 1997042200106

  • 到着した女性クルー コックピットは女性だけ
    1997年04月22日
    到着した女性クルー コックピットは女性だけ

    関西空港に到着した(左から)スーザン・スキーターズ副操縦士、シャロン・フィンチ機長、エバ・アカタ航空機関士=22日午後3時15分、関西空港

    商品コード: 1997042200107

  • 平川昌城さん 最年少のSL機関士、発車
    1998年04月11日
    平川昌城さん 最年少のSL機関士、発車

    現役最年少となる26歳でSL機関士の免許を取得した平川昌城さん=静岡県金谷町の大井川鉄道新金谷駅

    商品コード: 1998041100006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年01月21日
    機関士と車掌 SL復活で制服お披露目

    大正時代をイメージした制服の「SLばんえつ物語」号機関士と車掌=21日午後、新潟市内のホテル

    商品コード: 1999012100089

  • 運転を習う受講者 運転体験に希望者が殺到
    1999年09月20日
    運転を習う受講者 運転体験に希望者が殺到

    添乗の元機関士(左)から実物の電気機関車の運転を習う受講者=群馬県松井田町の碓氷峠鉄道ぶんか村

    商品コード: 1999092000002

  • 帰国した古田さん 不明船員の家族5人が帰国
    2001年02月19日
    帰国した古田さん 不明船員の家族5人が帰国

    関西空港に到着した行方不明の「えひめ丸」機関士西田博さんの義弟古田京一さん(中央)=19日午後4時40分

    商品コード: 2001021900109

  • 西田機関士の長男ら到着 不明者家族12人が現地入り
    2001年10月20日
    西田機関士の長男ら到着 不明者家族12人が現地入り

    ハワイに到着したえひめ丸事故の不明者、西田博・一等機関士の長男(中央)ら。右は小島外務政務官=19日午前、ホノルル国際空港(共同)

    商品コード: 2001102000006

  • 談笑する韓さんら 京義線最後の機関士が来日
    2002年09月26日
    談笑する韓さんら 京義線最後の機関士が来日

    57年ぶりに長崎を訪れ、旧国鉄の仕事仲間と当時の写真を見ながら談笑する韓俊基さん(中央)=26日午後、長崎市尾上町のJR九州長崎支社

    商品コード: 2002092600187

  •  韓俊基さん
    2002年10月18日
    韓俊基さん

    朝鮮戦争で分断された京義線最後の機関士で、57年ぶりに来日した韓俊基(ハン・ジュンギ)さん

    商品コード: 2002101800130

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年03月21日
    解放された3人 邦人ら3人無事解放

    6日ぶりに解放され疲れた表情の(左から)井上信男船長、エドガルド・サダン機関士、黒田俊司機関長=21日午前、タイ南部サトゥーン(共同)

    商品コード: 2005032100198

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年03月21日
    会見するエドガルド機関士 邦人ら3人無事解放

    解放され笑顔で記者会見するエドガルド・サダン機関士=21日夜、マレーシア・ペナン島(共同)

    商品コード: 2005032100222

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年03月21日
    解放された船長ら 邦人ら3人無事解放

    無事解放された(左から)黒田俊司機関長、井上信男船長、エドガルド・サダン機関士と近藤観司社長=21日午前、タイ南部サトゥーン(共同)

    商品コード: 2005032100051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年04月01日
    解放乗組員と近藤社長 解放日、場所で虚偽連絡

    無事解放された(左から)黒田俊司機関長、井上信男船長、エドガルド・サダン機関士と笑顔を見せる近藤観司社長=3月21日、タイ南部のサトゥーン(共同)

    商品コード: 2005040100206

  • 帰還し記者会見 石田真二氏が死去
    2006年08月14日
    帰還し記者会見 石田真二氏が死去

    1970年4月5日、北朝鮮から帰還し記者会見するよど号の石田真二機長(中央)、左は江崎悌一副操縦士、右は相原利夫航空機関士=羽田の日航オペレーションセンター

    商品コード: 2006081400138

  • 最後の機関士、韓俊基さん 平和統一の足掛かりに
    2007年05月16日
    最後の機関士、韓俊基さん 平和統一の足掛かりに

    最後の京義線機関士、韓俊基さん=13日、ソウル近郊(共同)

    商品コード: 2007051600203

  • 申長〓さん 韓国の機関士は離散家族
    2007年05月17日
    申長〓さん 韓国の機関士は離散家族

    17日、京義線の南北直通列車を試運転した韓国鉄道公社の申長〓機関士(共同)☆サンズイに撤のツクリ☆サンズイに撤のツクリ

    商品コード: 2007051700316

  •  サクランボの里をSL運行 山形で試運転
    02:50.20
    2007年06月06日
    サクランボの里をSL運行 山形で試運転

    山形県のJR左沢線で今月9、10の両日、C11形蒸気機関車(SL)の「SLさくらんぼ号」が運行されるのを前に、沿線の自治体関係者などを対象にした体験乗車会が6日、行われた。左沢線は、沿線に山形特産のサクランボや、プラムなどの産地が多く、「フルーツライン」との愛称がある。今回はサクランボが収穫シーズンを迎えるのに合わせて企画。1960年代後半から70年代にかけて約5年間、左沢線を走っていたC11形の同型機を真岡鉄道(栃木県真岡市)から借りて1日1往復運行させる<映像内容>ホームに停車するSL、運転室で準備する機関士たち、黒煙を出して出発するSL,鉄橋を渡る、田園地帯を走行する車窓、社内雑観、撮影日:2007(平成19)年6月6日、撮影場所:山形県

    商品コード: 2020010700248

  •  韓俊基(ハン・ジュンギ)さん
    2007年08月20日
    韓俊基(ハン・ジュンギ)さん

    最後の京義線機関士、韓俊基さん=2007年5月13日、ソウル近郊(共同)

    商品コード: 2007082000005

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年05月22日
    宮城海上保安部で帰庁報告 救助活動に「心残り」

    中国・四川大地震の被災地での救助活動を終え、帰庁報告する宮城海上保安部の阿部直彦機関士補(左)と野口建太朗主任通信士=22日午前、宮城県塩釜市

    商品コード: 2008052200301

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年07月28日
    航空機関士の中川さん 在来ジャンボ最終飛行へ

    ボーイング747―300型の航空機関士席で、計器の説明をする日航の航空機関士、中川金三さん=6月19日、羽田空港の格納庫

    商品コード: 2009072800016

  • 質問に答える広瀬さん クラシックジャンボが退役
    2009年07月31日
    質問に答える広瀬さん クラシックジャンボが退役

    ラストフライトを終えたクラシックジャンボの前で、報道陣の質問に答える航空機関士の広瀬正一さん=31日午後、成田空港

    商品コード: 2009073100318

  • SL乗車の国交相と紅葉 国交相が機関士気分満喫
    2009年11月28日
    SL乗車の国交相と紅葉 国交相が機関士気分満喫

    紅葉の中、秩父鉄道の蒸気機関車に乗車した前原国交相=28日午後、埼玉県秩父市

    商品コード: 2009112800251

  • SLに乗車した前原国交相 国交相が機関士気分満喫
    2009年11月28日
    SLに乗車した前原国交相 国交相が機関士気分満喫

    秩父鉄道の蒸気機関車に乗車した前原国交相=28日午後、埼玉県秩父市

    商品コード: 2009112800252

  • 運転台の国交相 国交相が機関士気分満喫
    2009年11月28日
    運転台の国交相 国交相が機関士気分満喫

    秩父鉄道の蒸気機関車の運転台に座る前原国交相=28日午後、埼玉県秩父市(代表撮影)

    商品コード: 2009112800253

  • 運転台の国交相 国交相、機関士気分を満喫
    2009年11月28日
    運転台の国交相 国交相、機関士気分を満喫

    秩父鉄道の蒸気機関車の運転台に座る前原国交相=28日午後、埼玉県秩父市(代表撮影)

    商品コード: 2009112800313

  • SLに乗車した前原国交相 国交相、機関士気分を満喫
    2009年11月28日
    SLに乗車した前原国交相 国交相、機関士気分を満喫

    秩父鉄道の蒸気機関車に乗車した前原国交相=28日午後、埼玉県秩父市

    商品コード: 2009112800319

  • 古川聡 Japanese astronauts training, USA
    2011年12月06日
    古川聡 Japanese astronauts training, USA

    Japanese astronauts training. Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) astronauts Satoshi Furukawa (foreground - Expedition 28/29 flight engineer) and Akihiko Hoshide (Expedition 32/33 flight engineer) working with extravehicular activity (EVA, spacewalking) equipment during a training session in the Neutral Buoyancy Laboratory (NBL) near NASA‘s Johnson Space Center, USA. They are both wearing the liquid cooling and ventilation garments that complement their Extravehicular Mobility Unit (EMU) spacesuits. Photographed on 4th May 2010.、クレジット:NASA/Science Photo Library/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051014015

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月22日
    韓国旅客船沈没事故の経過

    韓国旅客船沈没事故の経過

    商品コード: 2014042200667

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月22日
    韓国旅客船沈没事故の経過

    韓国旅客船沈没事故の経過

    商品コード: 2014042200669

  • 布原信号所 蒸気機関車(SL)資料・23
    2014年04月24日
    布原信号所 蒸気機関車(SL)資料・23

    閉塞区間の列車交換で、機関士から受け取ったタブレットの通票を信号機に挿入し次駅へ通知=岡山県の伯備線・布原信号所(撮影年不明)

    商品コード: 2014042400512

  • 特別列車を激写 熱いぞタイの鉄道ファン
    2014年08月21日
    特別列車を激写 熱いぞタイの鉄道ファン

    タイの鉄道ファンは熱い。バンコクの中央駅から動き始めた蒸気機関車を追い掛け、ホームを飛び降り猛ダッシュ。思い切り車両に接近していますが、とがめる職員はいないようです。王妃の誕生日を祝う特別列車を引く機関車は日本製。1949年製造のプレートのアップ、回る車輪、機関士の笑顔…皆撮りたいものに夢中。列車は古都アユタヤへ向かい、ゆっくり煙を吐きながら消えて行きました。ファンがどこまで追い掛けたのかは分かりません。(撮影・浮ケ谷泰、共同)

    商品コード: 2014082100498

  • 列車の脱線転覆現場 松川事件
    2014年09月19日
    列車の脱線転覆現場 松川事件

    1949(昭和24)年8月17日未明、福島県の国鉄東北本線金谷川と松川の間で列車が脱線転覆し、機関士ら3人が死亡した=1949(昭和24)年8月18日撮影 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P173)

    商品コード: 2014091900154

  • 発見された遺留物 松川事件
    2014年09月19日
    発見された遺留物 松川事件

    1949(昭和24)年8月17日未明、福島県の国鉄東北本線金谷川と松川の間で列車が脱線転覆し機関士ら3人が死亡した。現場近くの水田から発見された犬くぎ・おさえ木片・継ぎ目鋲・保線工事用バール・スパナ等=1949(昭和24)年8月18日撮影 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P172)

    商品コード: 2014091900129

  • 転覆した機関車 松川事件
    2014年09月19日
    転覆した機関車 松川事件

    1949(昭和24)年8月17日未明、福島県の国鉄東北本線金谷川と松川の間で列車が脱線転覆し、機関士ら3人が死亡した。写真は車輪を上に、完全に転覆した機関車=1949(昭和24)年8月18日撮影 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P173)

    商品コード: 2014091900162

  • 事故現場 酔酒運転の急行が逆走、衝突
    2015年02月03日
    事故現場 酔酒運転の急行が逆走、衝突

    東北本線野崎—西那須野駅間の上りこう配で、急行列車が2キロ以上逆走、後続の貨物列車に衝突し、双方の車両が脱線した。急行の惰性走行中に、機関士が飲酒のため居眠り運転、上り坂で惰性を失い逆走したのに気づかなかったのが原因とみられる。右端は急行最後部の郵便車、中央は衝突された貨物列車機関車、左の脱線2両は貨車=1971(昭和46)年2月11日、栃木県西那須野町 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第6巻使用画像(P76)

    商品コード: 2015020300069

  • ガイドをする永橋さん 無人の終着駅、案内します
    2018年04月18日
    ガイドをする永橋さん 無人の終着駅、案内します

    JR備後落合駅の待合室内で、パネルを手に説明する元国鉄機関士の永橋則夫さん=広島県庄原市

    商品コード: 2018041800584

  •  【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る
    2018年06月26日
    【新中国成立70周年】さまざまな職業から70年の発展を振り返る

    上:1987年、広西チワン族自治区内を走行するディーゼル機関車を運転する機関士。(南寧=新華社配信/中国鉄路南寧局集団有限公司提供)下:2018年6月26日、広西チワン族自治区南寧市内を走行する高速列車を操縦する運転士。(南寧=新華社記者/陸波岸)中国国家統計局のデータによると、1952年の中国の国内総生産(GDP)はわずか679億元だったが、2018年には90兆元(1元=約15円)の大台を突破した。(組み合わせ写真、北京=新華社配信)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:中国鉄路南寧局集団有限公司/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100403165

  • 1
  • 2