KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ヘリ
  • 付近
  • 令和
  • 出火
  • 火災
  • 爆発
  • 予定
  • 昭和
  • 開始
  • 中央

「機関室」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1942年10月22日
    第1920号 「同盟写真特報」

    余裕綽々(しゃくしゃく)たる海の勇士、上、敵艦撃滅の勇壮さもなくただ黙々と灼熱の機関室に活躍する機関兵、中、海鷲の赫々(かっかく)たる戦果の陰にありて黙々として愛機の手入、下、傷ける艦を兵器を明日の戦いに支障があってはならぬと不眠不休の工作兵、(1)烈しい戦闘の後洗濯に大童(おおわらわ)な勇士達(2)艦上鉄火の猛訓練(3)南海の艦上に土俵を作り敢闘のひととき(4)久しぶりの休養にお化粧する勇士(牧島・内本・中野海軍報道班員撮影)海軍省許可済第571号、昭和17年10月22日(木曜日)第1920号

    商品コード: 2009012200268

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1950年09月30日
    朝鮮戦争

    韓国沖の米海軍第77機動部隊空母の機関室で作業する機関兵=1950年9月、米国防総省提供

    商品コード: 2011020800120

  • 1952年10月13日
    フリゲート艦内を見る

    機関室=出稿1952(昭和27)年10月13日(27年内地2543)

    商品コード: 2013020800133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1953年03月09日
    南氷洋で摂津丸浸水

    南氷洋で荒天のため機関室が浸水した日本捕鯨船団冷凍船の摂津丸=出稿1953(昭和28)年3月9日(28年内地番号なし)

    商品コード: 2019062618162

  • 1975年08月24日
    原子力船「むつ」いまだ漂流中

    原子力船「むつ」の原子炉近くにある機関室で保守作業をする機関員。放射線漏れ事故、太平洋上での長期漂流…。話題を呼んだ「むつ」が強行出港したあの日から1年を迎えた。新母港が決まらないまま「むつ」は、依然青い海に巨体を横たえたまま=1975(昭和50)年8月、青森県むつ市(原子力船「むつ」いまだ漂流中 強行出港から1年特集併用)

    商品コード: 2013030400427

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1976年06月11日
    第87松福丸の検証 長崎の漁船内で口論、放火

    爆発した第87松福丸機関室入り口(矢印)付近を調べる係官。検査中の機関室内で、下請け作業員の男が親類同士のいざこざから、親類の女子作業員にシンナーをかけ放火、爆発で3人が死亡、4人が負傷した=1976(昭和51)年6月11日午後5時30分ごろ、長崎市浪ノ平町の長崎造船で共同通信社特別ヘリから

    商品コード: 2013111100129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1976年07月29日
    ベル・アベト号 佐世保港でパナマ船が火災

    佐世保湾で黒煙を上げ燃え上がるパナマの貨客船ベル・アベト号。港外検疫泊地に停泊中に中央機関室付近から出火し船全体に燃え広がったが乗員は全員無事=1976(昭和51)年7月29日、長崎県佐世保市の佐世保湾で共同通信社特別機から

    商品コード: 2014010800110

  • 1989年02月16日
    放水する消防船「ひりゅう」 インド船が爆発、炎上

    後部機関室で爆発が起こり炎上、白煙を上げ燃えるインド船籍の貨物船ジャッグドゥート号。左は放水する消防船「ひりゅう」=1989(平成元)年2月16日午後4時20分、横浜市神奈川区橋本町のNKK鶴見製作所浅野ドック(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019082801705

  • 1989年02月16日
    燃えるジャッグドゥート号 インド船が爆発、炎上

    後部機関室で爆発が起こり炎上、黒煙を噴き出し燃えるインド船籍の貨物船ジャッグドゥート号=1989(平成元)年2月16日午後4時20分、横浜市神奈川区橋本町のNKK鶴見製作所浅野ドック(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019082801707

  • 1989年02月16日
    貨物船ジャッグドゥート号 インド船が爆発、炎上

    後部機関室で爆発が起こり炎上、黒煙を噴き出し燃えるインド船籍の貨物船ジャッグドゥート号=1989(平成元)年2月16日午後4時15分、横浜市神奈川区橋本町のNKK鶴見製作所浅野ドック(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2019082801708

  • 1993年09月15日
    燃えるケミカルタンカー タンカー炎上、2人死傷

    後部機関室付近で白煙をあげ燃えるケミカルタンカーKISOGAWA=15日午後6時20分、和歌山県・日置川町の市江崎灯台南西約6キロの海上で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1993091500046

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年07月05日
    黒く焦げた右舷 福山沖で旅客船から出火

    機関室付近から出火、右舷の一部が黒く焦げた旅客船サウンズオブパシフィック(右)=5日午前11時40分、広島県福山市の宇治島西の海上で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1994070500030

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年07月05日
    出火した旅客船 福山沖で旅客船から出火

    機関室付近から出火した旅客船サウンズオブパシフィック=5日午前11時45分、広島県福山市の宇治島西の海上で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1994070500046

  • 1999年05月14日
    密航船の内部 中国人98人が潜んだ船底

    機関室の床を切り取り作られた密航者が潜んでいた隠し部屋の出入り口(矢印)と、ふさいでいた鉄板や配管(左下)=14日午前、横浜市の横浜海上防災基地

    商品コード: 1999051400102

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年09月08日
    爆発を起こしたタンカー ドック内で爆発10人けが

    機関室付近で爆発事故があったタンカー=8日午後5時45分、静岡県清水市三保で共同通信社ヘリより

    商品コード: 1999090800133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年02月28日
    同型フェリーのイラスト カーフェリーで火災

    兵庫県淡路島沖で機関室付近から出火したカーフェリーの同型のイラスト

    商品コード: 2000022800118

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年10月08日
    機関室から出火した貨物船 高知沖で貨物船が火災

    機関室から出火し炎を上げるパナマ船籍の貨物船「YOSHIUMI」=8日午後4時30分、高知県・室戸岬の沖合約240キロ(第五管区海上保安本部提供)

    商品コード: 2000100800088

  • 2002年10月04日
    小型船格納の隔壁 工作船からの回収物公開

    北朝鮮工作船の機関室区画と小型船の格納区画を隔てる隔壁(海上保安庁提供)

    商品コード: 2002100400177

  • 2002年10月05日
    ハングル書かれた計器類 赤茶色の船体に無数の弾痕

    北朝鮮工作船の機関室内に見える、ハングルが書かれた計器類=5日午後、鹿児島湾

    商品コード: 2002100500133

  • 2003年04月13日
    アドリアノ軍曹 騒音の中、浮かぶ家族の顔

    米空母キティホークの船底にある補助機関室で、海水を真水に変える機械の前に立つアドリアノ軍曹(共同)

    商品コード: 2003041300055

  • 2003年05月14日
    工作船の機関室付近 工作船内部を初公開

    爆発の跡が残る北朝鮮の工作船内部の機関室付近=14日午後、鹿児島市七ツ島

    商品コード: 2003051400231

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年05月09日
    火災があったフェリー 建造中のフェリーで火災

    機関室で火災があった建造中のフェリー「はまなす」=9日午後5時、長崎市の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2004050900096

  • 2004年11月17日
    機関室に残る遺骨 沈む船、燃える海、少女は

    ラバウルとトラックを行き来した海軍運送船「山霧丸」の機関室に残る頭蓋骨。1944年2月18日沈没、戦死者11名と報告されている=フェファン島の北、水深約15メートル(共同)

    商品コード: 2004111700179

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年02月16日
    新かながわ丸 野島崎沖で船舶火災

    機関室から出火したタンカー「新かながわ丸」=16日午後0時41分、千葉県・野島崎沖で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2007021600092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年03月03日
    爆発する英艦 フォークランド紛争

    1982年5月25日 サンカルロス湾(フォークランド諸島) 英国防省は25日、PA通信のマーチン・クリーバー記者撮影の写真を公表。写真は東フォークランド島のカルロス湾沖で、爆発炎上する英海軍フリゲート艦「アンテロープ」。アルゼンチン戦闘機が投下し、機関室に着弾した不発弾の信管を外そうとした兵士が死亡した(UPI=共同)

    商品コード: 2009030300098

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年03月28日
    火災を起こした貨物船 建造中の貨物船一部燃える

    機関室で火災を起こした貨物船=28日午前11時、静岡市清水区

    商品コード: 2009032800106

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月03日
    出火した電気機関車 貨物列車の機関車から出火

    機関室内から出火し、JR東海道線の柏原駅に移動された電気機関車=3日午後0時45分、滋賀県米原市

    商品コード: 2013080300153

  • 2017年02月23日
    機関室の澤井さん夫妻 2人で支える浜のエンジン

    出張修理で訪れた漁港で、船のエンジンルームに潜り込み作業をする澤井淳一さん(右)。工具を手渡す妻千枝美さんは「油にまみれても平気。相手がこの人だから」=岩手県陸前高田市

    商品コード: 2017022300716

  • 01:39.39
    2018年09月11日
    「新華社」スマート極地観測船「雪竜2号」のここがすごい!

    スマート船舶は世界の造船が向かう先の一つだ。極地での科学観測の需要を踏まえ、既存の極地観測船「雪竜号」をベースに「雪竜2号」は、スマート船体、スマート機関室を含む多くのスマート機能を持つ。氷の中を航海する極地観測船の船体は、必然的に摩耗し、こすり傷が付く。船体の寿命をどのように維持するか。スマート観測とライフサイクルの状態リポートが役に立つ。「雪竜2号」の賢さはこれだけではない。極地科学観測砕氷船「雪竜2号」チーフデザイナー呉剛氏スマート機関室では、航海における船の心臓といえるメインエンジンに問題があれば、事前メンテナンスや故障診断のように事前に知らせてくれる。これにより遠い極地を行くこの船の信頼性と安全性が保証される。【解説】「雪竜2号」のもう一つの大きな特徴はムーンプールの設計。科学観測隊員が海氷域で観測装置を投入するのに便利で、操作の安全性を大幅に向上させる。極地科学観測砕氷船「雪竜2号」チーフデザイナー呉剛氏なぜムーンプールを必要とするのかを分かりやすく説明すると、氷に囲まれて船上から装置を投入できない場合に、船の中央部分に海に通じる井戸上の穴「ムーンプール」から投入するため。これにより安全性が大幅に向上する。【解説】スマート船舶の草分けである呉氏によると「雪竜2号」は機関室や船体、統合プラットフォームを含む多くの船体スマート認証を得ると見込まれており、極地における最も高度な科学観測砕氷船の一つになるだろうという。(記者/丁汀)<映像内容>、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015448

  • 2020年05月07日
    長江流域初の千トン級全電動貨物船、試験航行に成功江蘇省常州市

    7日、「中天電運001」の機関室で設備の運転状況を確認する王書金(おう・しょきん)機関長。中国の長江流域で初となる千トン級全電動貨物船「中天電運001」が8日、江蘇省常州市で試験航行に成功した。同船はリチウム電池と電気二重層キャパシタの二つの電池で駆動し、1458キロワット時の電力量は電気自動車(EV)40台分に相当する。岸壁で2時間半充電すれば50キロ航行できるという。年間150回の航行で計算すると、年間電力使用量は45万キロワット時となり、軽油約20トンを代替できる。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051102768

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月05日
    エチオピアの研修生、河南省鄭州市で電車運転士の技術訓練

    5日、機関室で教官に質問するエチオピアの研修生、イドネカチェウさん(左から2人目)。中国河南省の鄭州鉄路職業技術学院では2019年10月から、エチオピアの研修生34人がジブチ・エチオピア鉄道の運転士となるべく専門の訓練に励んでいる。研修生は1日、7カ月余りの理論研修を終え、現場でのインターンシップと実習を開始した。全ての課程を修了し卒業証明書を取得すると、研修生らはエチオピアに帰国して、地元で電車の運転士として活躍する予定。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503984

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月05日
    エチオピアの研修生、河南省鄭州市で電車運転士の技術訓練

    5日、機関室で実習するエチオピアの研修生、イドネカチェウさん(中央)とタレッサさん(左)。中国河南省の鄭州鉄路職業技術学院では2019年10月から、エチオピアの研修生34人がジブチ・エチオピア鉄道の運転士となるべく専門の訓練に励んでいる。研修生は1日、7カ月余りの理論研修を終え、現場でのインターンシップと実習を開始した。全ての課程を修了し卒業証明書を取得すると、研修生らはエチオピアに帰国して、地元で電車の運転士として活躍する予定。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503980

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月05日
    エチオピアの研修生、河南省鄭州市で電車運転士の技術訓練

    5日、機関室で教官の指導を受けるエチオピアの研修生、イドネカチェウさん(中央)とタレッサさん(左)。中国河南省の鄭州鉄路職業技術学院では2019年10月から、エチオピアの研修生34人がジブチ・エチオピア鉄道の運転士となるべく専門の訓練に励んでいる。研修生は1日、7カ月余りの理論研修を終え、現場でのインターンシップと実習を開始した。全ての課程を修了し卒業証明書を取得すると、研修生らはエチオピアに帰国して、地元で電車の運転士として活躍する予定。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503985

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.76
    2020年08月06日
    「新華社」鉄山港に停泊中の貨物船で火災広西チワン族自治区北海市

    中国広西チワン族自治区北海市の鉄山港で6日、停泊中の中国籍貨物船の機関室で火災が発生し、火は瞬く間に燃え広がった。通報を受けた同市海事局が迅速に緊急救助活動を展開し、数時間後に乗組員11人全員を救助した。海事部門は火災を起こした貨物船を安全な水域までタグボートでえい航し、事故調査チームを立ち上げて出火原因を調べている。(記者/徐海濤)<映像内容>停泊中の中国籍貨物船で火災が発生、消火、救助の様子、撮影日:2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401916

  • 2021年03月30日
    中国の巨大電波望遠鏡「天眼」、31日より世界に開放

    30日、「天眼」のケーブル駆動機関室で機器をメンテナンスするスタッフ(メンテナンス期間中に撮影)。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)は、31日午前0時より世界中の天文学者からの観測申請を受け付ける。海外からのプロジェクト申請の全てを審査対象とし、7月20日に審査結果を発表する。観測は8月に開始される予定。「天眼」は世界最大かつ最も感度の高い単口径電波望遠鏡で、100億光年以上離れた宇宙からの信号も受信できるという。(平塘=新華社記者/欧東衢)=配信日:2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205228

  • 2021年03月31日
    (4)中国の巨大電波望遠鏡「天眼」、31日より世界に開放

    30日、「天眼」のケーブル駆動機関室で機器をメンテナンスするスタッフ(メンテナンス期間中に撮影)。中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「天眼」)は、31日午前0時より世界中の天文学者からの観測申請を受け付ける。海外からのプロジェクト申請の全てを審査対象とし、7月20日に審査結果を発表する。観測は8月に開始される予定。「天眼」は世界最大かつ最も感度の高い単口径電波望遠鏡で、100億光年以上離れた宇宙からの信号も受信できるという。(平塘=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040100886

  • 1