KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 国家
  • 登録
  • 南寧
  • 平成
  • 風景
  • ピンクイルカ
  • 位置
  • こうとう

「欽州市」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
118
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
118
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年04月13日
    両手を広げ世界を受け入れる中国

    広西チワン族自治区欽州市保税港区の国際汽車城外に並ぶ輸入車両(2017年4月13日撮影)。中国は改革開放の40年、両手を大きく広げ、世界を抱き寄せた。閉鎖または半閉鎖の状態から全方位的開放への偉大な転換を実現した。新時代を迎えた中国は、時代の趨勢の先頭に立ち、開放を拡大し、帆をあげて出航する。(北京=新華社記者/申宏)=2017(平成29)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100273

  • 2018年06月10日
    海を自由自在に泳ぎ回る可愛いピンクイルカ

    10日、広西チワン族自治区欽州市の三娘湾沖で、自由自在に泳ぎ回る野生のピンクイルカ。中国広西チワン族自治区欽州市三娘湾沖での環境保護対策の強化と水質の向上に伴い、この海域に住むピンクイルカ(中華白海豚、Sousachinensis)の活動が日増しに活発になっており、その姿がここでしばしば見られるようになったという。(欽州=新華社記者/周華)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900557

  • 2018年06月10日
    海を自由自在に泳ぎ回る可愛いピンクイルカ

    10日、広西チワン族自治区欽州市の三娘湾沖で、自由自在に泳ぎ回る野生のピンクイルカ。中国広西チワン族自治区欽州市三娘湾沖での環境保護対策の強化と水質の向上に伴い、この海域に住むピンクイルカ(中華白海豚、Sousachinensis)の活動が日増しに活発になっており、その姿がここでしばしば見られるようになったという。(欽州=新華社記者/周華)=2018(平成30)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018062900550

  • 2018年07月01日
    竹産業の発展で貧困脱却を支援広西·欽州市

    広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽北区八寨溝(はっさいこう)の竹栽培モデル基地。(2018年7月1日、小型無人機から)中国広西チワン族自治区は近年、企業と生産基地、合作社、栽培農家が一体となったモデルを積極的に推進している。企業と村が竹の栽培で連携し、人々が竹の苗の育種や竹林での家畜の飼育、タケノコや竹製品の精密加工などの生産活動に従事するようけん引。収入源を開拓し、貧困脱却の難関攻略を支援している。このモデルを採用して提携栽培を行っている竹林の面積は現在、11万ムー(約7300ヘクタール)以上に達している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624053

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で坭興陶製品を製作する従業員。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111510

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で絵付けされる坭興陶。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111645

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で、従業員に坭興陶製品の製造法の指導をする広西坭興陶陶芸師の張伝瑞(ちょう・でんずい)氏(中央)。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111647

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で坭興陶製品を製作する従業員。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111466

  • 2018年10月09日
    技術と共に受け継がれる「坭興陶」文化広西·欽州市

    9日、欽州市の広西坭興陶生産企業で坭興陶製品を製作する従業員。「中国四大名陶」の一つ、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市の坭興陶(でいこうとう)は長い歴史を持ち、焼成技術は国家級無形文化遺産に登録されている。陶芸師の技術が代々受け継がれる中、坭興陶の文化は広まり続けている。現在、同市で坭興陶産業に従事する人は1万人以上、坭興陶製品は千種類以上に達している。(欽州=新華社記者/陸波岸)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101111526

  • 2018年11月13日
    エビ養殖場が生む美しい風景画のような世界広西欽州

    13日、欽州市揚帆大道近くにあるエビ養殖場。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市は冬を迎え、湾に広がる数多くのエビ養殖場の水面が明暗や濃淡を変化させ、一幅の美しい風景画のような世界を生み出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112901078

  • 2018年11月13日
    エビ養殖場が生む美しい風景画のような世界広西欽州

    13日、欽州市欽南区沙埠鎮船埠環村に広がるエビ養殖場。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市は冬を迎え、湾に広がる数多くのエビ養殖場の水面が明暗や濃淡を変化させ、一幅の美しい風景画のような世界を生み出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112901175

  • 2018年11月25日
    エビ養殖場が生む美しい風景画のような世界広西欽州

    25日、空から見た欽州市のエビ養殖場。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市は冬を迎え、湾に広がる数多くのエビ養殖場の水面が明暗や濃淡を変化させ、一幅の美しい風景画のような世界を生み出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112901168

  • 2018年12月06日
    竹産業の発展で貧困脱却を支援広西·欽州市

    広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区久隆鎮で、竹林を利用して地鶏を飼育する農家。(2018年12月6日撮影)中国広西チワン族自治区は近年、企業と生産基地、合作社、栽培農家が一体となったモデルを積極的に推進している。企業と村が竹の栽培で連携し、人々が竹の苗の育種や竹林での栽培、タケノコや竹製品の精密加工などの生産活動に従事するようけん引。収入源を開拓し、貧困脱却の難関攻略を支援している。このモデルを採用して提携栽培を行っている竹林の面積は現在、11万ムー(約7300ヘクタール)以上に達している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624142

  • 2018年12月09日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    9日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)の作品を眺める子ども。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400511

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)づくりに挑戦する女の子。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112374

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)づくりを楽しむ子どもたち。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400500

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)づくりを学ぶ親子。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400502

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、陶器用粘土で作品づくりを楽しむ女の子。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400374

  • 2018年12月29日
    親子で学ぶ「無形文化遺産」新年を楽しく迎えよう広西欽州

    29日、欽州市欽南区で、坭興陶(でいこうとう)づくりを学ぶ親子。同市の「坭興陶」は悠久な歴史を持つ、中国四大名陶の一つで、その焼成(しょうせい)技術は国家級無形文化遺産に登録されている。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽南区で29日、「坭興陶づくりを楽しむことで、ハッピーになろう」と題する新年を迎える親子イベントが行われた。イベントに参加した親子は、坭興陶づくりの楽しさを通じて「無形文化遺産」を学び、新しい年を迎える。(欽州=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400416

  • 2019年01月06日
    竹産業の発展で貧困脱却を支援広西·欽州市

    6日、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽北区那蒙鎮竹山村で、竹の苗床を作る農家。中国広西チワン族自治区は近年、企業と生産基地、合作社、栽培農家が一体となったモデルを積極的に推進している。企業と村が竹の栽培で連携し、人々が竹の苗の育種や竹林での栽培、タケノコや竹製品の精密加工などの生産活動に従事するようけん引。収入源を開拓し、貧困脱却の難関攻略を支援している。このモデルを採用して提携栽培を行っている竹林の面積は現在、11万ムー(約7300ヘクタール)以上に達している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624059

  • 2019年01月06日
    竹産業の発展で貧困脱却を支援広西·欽州市

    6日、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽北区那蒙鎮竹山村の栽培基地で、竹の苗を栽培する作業員。中国広西チワン族自治区は近年、企業と生産基地、合作社、栽培農家が一体となったモデルを積極的に推進している。企業と村が竹の栽培で連携し、人々が竹の苗の育種や竹林での家畜の飼育、タケノコや竹製品の精密加工などの生産活動に従事するようけん引。収入源を開拓し、貧困脱却の難関攻略を支援している。このモデルを採用して提携栽培を行っている竹林の面積は現在、11万ムー(約7300ヘクタール)以上に達している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624146

  • 2019年01月06日
    竹産業の発展で貧困脱却を支援広西·欽州市

    6日、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽北区那蒙鎮竹山村のビニールハウスで育てられた竹の苗。中国広西チワン族自治区は近年、企業と生産基地、合作社、栽培農家が一体となったモデルを積極的に推進している。企業と村が竹の栽培で連携し、人々が竹の苗の育種や竹林での栽培、タケノコや竹製品の精密加工などの生産活動に従事するようけん引。収入源を開拓し、貧困脱却の難関攻略を支援している。このモデルを採用して提携栽培を行っている竹林の面積は現在、11万ムー(約7300ヘクタール)以上に達している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624049

  • 2019年01月06日
    竹産業の発展で貧困脱却を支援広西·欽州市

    6日、広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市欽北区那蒙鎮竹山村の栽培基地で、竹の苗を栽培する作業員。中国広西チワン族自治区は近年、企業と生産基地、合作社、栽培農家が一体となったモデルを積極的に推進している。企業と村が竹の栽培で連携し、人々が竹の苗の育種や竹林での家畜の飼育、タケノコや竹製品の精密加工などの生産活動に従事するようけん引。収入源を開拓し、貧困脱却の難関攻略を支援している。このモデルを採用して提携栽培を行っている竹林の面積は現在、11万ムー(約7300ヘクタール)以上に達している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624148

  • 2019年03月19日
    春植え前にサトウキビの収穫急ぐ広西·欽州市

    19日、欽州市久隆鎮の畑でトラクターを使いサトウキビを収穫する農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市のサトウキビ畑でこのところ、春の植え付けを前に、農家が収穫に精を出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800714

  • 2019年03月19日
    春植え前にサトウキビの収穫急ぐ広西·欽州市

    19日、欽州市久隆鎮沙田村の畑でサトウキビを収穫する農家。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市のサトウキビ畑でこのところ、春の植え付けを前に、農家が収穫に精を出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800728

  • 2019年03月19日
    春植え前にサトウキビの収穫急ぐ広西·欽州市

    19日、欽州市久隆鎮沙田村の畑でサトウキビを収穫する農家。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市のサトウキビ畑でこのところ、春の植え付けを前に、農家が収穫に精を出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800678

  • 2019年03月19日
    春植え前にサトウキビの収穫急ぐ広西·欽州市

    19日、欽州市久隆鎮沙田村の畑でサトウキビを収穫する農家。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市のサトウキビ畑でこのところ、春の植え付けを前に、農家が収穫に精を出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800643

  • 2019年03月19日
    春植え前にサトウキビの収穫急ぐ広西·欽州市

    19日、欽州市久隆鎮沙田村の畑で収穫したサトウキビを束ねる農家。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市のサトウキビ畑でこのところ、春の植え付けを前に、農家が収穫に精を出している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800661

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された四大名陶の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903034

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された雲南省の「建水紫陶」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903039

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された宋代の通景画を模した小口水滴瓶。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903145

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された欽州「坭興陶」の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903149

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された坭興陶「福寿大葫芦」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903010

  • 2019年05月24日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    24日、欽州市の坭興陶博物館に展示された四大名陶の作品。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/覃広華)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903070

  • 2019年05月25日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    25日、広西チワン族自治区認定の工芸美術大師、劉明洲(りゅう・めいしゅう)氏が彫刻を施した「道徳真経」。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/朱麗莉)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903158

  • 2019年05月25日
    欽州市で第2回中国四大名陶展広西チワン族自治区

    25日、欽州市で行われた第2回中国四大名陶展の開幕式。広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で25日、第2回中国四大名陶展が開催された。欽州は四大名陶の一つ「坭興(でいこう)陶」の産地として知られる。同展では同市の坭興陶100点(セット)と江蘇省宜興市の紫砂陶、雲南省建水県の紫陶、重慶市栄昌区の安富陶のそれぞれ50点、合わせて250点(セット)が展示される。四大名陶展は「名陶文化の展示、発展の機会を共有、職人精神の育成、中国の陶芸文化を興隆」を目的に30日まで開催される。(欽州=新華社記者/朱麗莉)=2019(令和元)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903127

  • 2019年08月16日
    北部湾で漁解禁広西チワン族自治区

    16日正午、広西チワン族自治区欽州市の竜門港を出港する漁船。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の北部湾で16日、3カ月半の禁漁期が明け、本格的な出漁が始まった。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900654

  • 2019年08月16日
    北部湾で漁解禁広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区欽州市の竜門港で出航準備をする漁船。中国広西チワン族自治区の北部湾で16日、3カ月半の禁漁期が明け、本格的な出漁が始まった。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900705

  • 2019年08月16日
    北部湾で漁解禁広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区欽州市の竜門港で出航準備をする漁船。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の北部湾で16日、3カ月半の禁漁期が明け、本格的な出漁が始まった。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900500

  • 2019年08月16日
    北部湾で漁解禁広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区欽州市の竜門港で漁船への積み込み作業を行う漁民。中国広西チワン族自治区の北部湾で16日、3カ月半の禁漁期が明け、本格的な出漁が始まった。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900639

  • 2019年08月16日
    北部湾で漁解禁広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区欽州市の竜門港を出港する漁船。中国広西チワン族自治区の北部湾で16日、3カ月半の禁漁期が明け、本格的な出漁が始まった。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900526

  • 2019年08月16日
    北部湾で漁解禁広西チワン族自治区

    16日、広西チワン族自治区欽州市の竜門港で漁船への積み込み作業を行う漁民。中国広西チワン族自治区の北部湾で16日、3カ月半の禁漁期が明け、本格的な出漁が始まった。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900629

  • 2019年09月06日
    地方の有名小吃「簸箕粉」広西チワン族自治区欽州市

    6日、「簸箕粉」をつくる店員。中国広西チワン族自治区欽州市に「簸箕粉(はきふん)」という有名な小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)がある。作り方はまず、米汁を「簸箕」と呼ばれる竹などで編まれた平らな容器に注ぎ入れ、均等に伸ばして水がゴトゴト煮えたぎった鍋に入れて蓋をする。しばらく蒸し煮した後に取り出して竹ベラを「簸箕」の縁に沿って一周させ、出来上がったものを熱いうちに剥がし、巻いて切り分けて器に盛りつけて完成となる。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091205031

  • 2019年09月06日
    地方の有名小吃「簸箕粉」広西チワン族自治区欽州市

    6日、「簸箕粉」を食べる市民。中国広西チワン族自治区欽州市に「簸箕粉(はきふん)」という有名な小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)がある。作り方はまず、米汁を「簸箕」と呼ばれる竹などで編まれた平らな容器に注ぎ入れ、均等に伸ばして水がゴトゴト煮えたぎった鍋に入れて蓋をする。しばらく蒸し煮した後に取り出して竹ベラを「簸箕」の縁に沿って一周させ、出来上がったものを熱いうちに剥がし、巻いて切り分けて器に盛りつけて完成となる。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091204976

  • 2019年09月06日
    地方の有名小吃「簸箕粉」広西チワン族自治区欽州市

    6日、石臼で米をひき、絞り出した米汁。中国広西チワン族自治区欽州市に「簸箕粉(はきふん)」という有名な小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)がある。作り方はまず、米汁を「簸箕」と呼ばれる竹などで編まれた平らな容器に注ぎ入れ、均等に伸ばして水がゴトゴト煮えたぎった鍋に入れて蓋をする。しばらく蒸し煮した後に取り出して竹ベラを「簸箕」の縁に沿って一周させ、出来上がったものを熱いうちに剥がし、巻いて切り分けて器に盛りつけて完成となる。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091204975

  • 2019年09月08日
    地方の有名小吃「簸箕粉」広西チワン族自治区欽州市

    8日、「簸箕粉」をつくる店員。中国広西チワン族自治区欽州市に「簸箕粉(はきふん)」という有名な小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)がある。作り方はまず、米汁を「簸箕」と呼ばれる竹などで編まれた平らな容器に注ぎ入れ、均等に伸ばして水がゴトゴト煮えたぎった鍋に入れて蓋をする。しばらく蒸し煮した後に取り出して竹ベラを「簸箕」の縁に沿って一周させ、出来上がったものを熱いうちに剥がし、巻いて切り分けて器に盛りつけて完成となる。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019091205008

  • 2019年09月08日
    地方の有名小吃「簸箕粉」広西チワン族自治区欽州市

    8日、「簸箕粉」をつくる店員。中国広西チワン族自治区欽州市に「簸箕粉(はきふん)」という有名な小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)がある。作り方はまず、米汁を「簸箕」と呼ばれる竹などで編まれた平らな容器に注ぎ入れ、均等に伸ばして水がゴトゴト煮えたぎった鍋に入れて蓋をする。しばらく蒸し煮した後に取り出して竹ベラを「簸箕」の縁に沿って一周させ、出来上がったものを熱いうちに剥がし、巻いて切り分けて器に盛りつけて完成となる。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019091204979

  • 2019年09月08日
    地方の有名小吃「簸箕粉」広西チワン族自治区欽州市

    8日、「簸箕粉」。中国広西チワン族自治区欽州市に「簸箕粉(はきふん)」という有名な小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理を指す)がある。作り方はまず、米汁を「簸箕」と呼ばれる竹などで編まれた平らな容器に注ぎ入れ、均等に伸ばして水がゴトゴト煮えたぎった鍋に入れて蓋をする。しばらく蒸し煮した後に取り出して竹ベラを「簸箕」の縁に沿って一周させ、出来上がったものを熱いうちに剥がし、巻いて切り分けて器に盛りつけて完成となる。(欽州=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091204978

  • 2019年10月12日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐ2頭のピンクイルカ。(2019年10月12日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500682

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、自身の電子商取引(EC)拠点で棚の商品を整理する甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900507

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、電子商取引(EC)カスタマーサービスと連携して、消費者からの質問に対応する甘有琴さん(左)。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900511

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、倉庫で出荷用の果物を梱包する甘有琴さん。(組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900517

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、ライブ配信中の甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900492

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、自宅で料理をしながらショート動画を撮影する甘有琴さん(左)。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900559

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    上:ライブ配信で仲間と一緒に黒米ちまきを紹介する甘有琴さん(左)。下:甘有琴さんのライブ配信の様子。(12月3日撮影、組み合わせ写真)中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900530

  • 2019年12月03日
    農家「インフルエンサー」のライブ配信が人気広西・霊山県

    3日、出荷倉庫で果物の検査と選別をする甘有琴さん。中国広西チワン族自治区欽州市霊山県に住む甘有琴(かん・ゆうきん)さんは、一般的な30代の農家の女性だ。甘さんはインターネット上で農村生活のショート動画を発信し、ふるさとの農業副産物の販売をけん引。畑を耕しながらライブ配信も行う農家「インフルエンサー」として活躍している。甘さんとチームのメンバーは2017年からショート動画のソーシャルメディアアカウントを運営。今ではフォロワー総数が1千万人を超え、動画は1日当たり約200万回再生されている。甘さんは普段、料理や網を使った魚取り、木に登っての果実収穫など、農村生活のショート動画をアップしているが、実は並々ならぬ「販売影響力」の持ち主でもあり、2018年にはライブ配信を通じてライチを35万キロ以上販売。地元の貧困世帯が農業副産物を販売できるよう支援もしており、50人以上に雇用を提供している。(南寧=新華社記者/曹禕銘)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900496

  • 2019年12月12日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカの「親子」。(2019年12月12日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500429

  • 2020年01月01日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカ。(1月1日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500848

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:26.30
    2020年01月13日
    「新華社」警官も驚愕バイク事故で九死に一生

    中国広西チワン族自治区欽州市で13日夜、オートバイが小型乗用車に衝突する事故があり、オートバイに乗っていた4人のうち3人が骨折、1人は空中に投げ出され360度回転したが軽傷だった。警察は通報を受け、現場に急行した。監視カメラの映像や聞き込みの結果、オートバイには定員を大幅に超える4人が乗っていたことが分かった。事故を起こしたオートバイに乗っていた阮(げん)さんは、空中に投げ出され360度回転したものの無事に着地し、膝を擦りむいただけだったが、他の3人は全員、足を骨折していた。現場検証の後、オートバイと乗用車は一時的に押収され、交通規制が解除された。事故については現在、さらなる調査が続けられている。(記者/戴威)<映像内容>オートバイが小型乗用車に衝突する事故の様子、撮影日:2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012001205

  • 2020年02月10日
    感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区

    10日、欽州市の市民に野菜や果物を届ける久隆鎮青草村紫京農業生態園のスタッフ。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409883

  • 2020年02月10日
    感染対策と春の耕作を並行、都市への野菜供給確保広西チワン族自治区

    10日、久隆鎮大嶺村の農家の野菜畑で、野菜の検査をする欽州市欽南区の農産物品質安全検査担当者。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市ではこのところ、春の耕作の準備時期を迎え、新型コロナウイルスによる肺炎感染の流行に妨げられることなく春の耕作や生産が行われている。地元の人々は一丸となって感染の予防・抑制に取り組むと同時に、急いで畑を耕して春の栽培を進め、冬野菜を収穫し、都市部住民への野菜供給を確保している。(欽州=新華社記者/張愛林)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021409842

  • 2020年03月22日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐ3頭のピンクイルカ。(3月22日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500811

  • 2020年04月14日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾をたわむれながら泳ぐ3頭のピンクイルカ。(4月14日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500745

  • 2020年04月14日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカの群れ。(4月14日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500808

  • 2020年08月28日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    魚を捉える三娘湾のピンクイルカ。(8月28日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500684

  • 2020年08月30日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカ。(8月30日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500558

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場で坭興陶の茶筒の素地を手直しする職人。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303543

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場に並ぶ制作中の湯飲み。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303581

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場で坭興陶の湯飲みの素地を手直しする職人。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303659

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場で坭興陶の湯飲みの素地に彫刻を施すスタッフ。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303545

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:35.04
    2020年10月19日
    「新華社」座礁したイルカを救助広西チワン族自治州欽州市

    中国広西チワン族自治区欽州市の犀麗湾で19日、座礁したイルカが見つかり、地元の漁民と専門家のチームが救助した。専門家によるとこのイルカはハンドウイルカと見られる。(記者/朱麗莉、郭軼凡)<映像内容>座礁したイルカを救助する様子、撮影日:2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2020102203716

  • 2020年10月20日
    越境EC保税輸入業務が正式開始広西チワン族自治区欽州市

    20日、欽州越境EC保税倉庫で商品を受け取る物流会社の職員。中国広西チワン族自治区欽州市で20日、越境電子商取引(EC)保税倉庫から外国のマタニティー・ベビー用品が越境EC保税輸入モデル(税関検査管理番号1210)として通関・出荷された。これにより同市で越境EC保税輸入業務が正式に始まった。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302558

  • 2020年10月20日
    越境EC保税輸入業務が正式開始広西チワン族自治区欽州市

    20日、欽州越境EC保税輸入業務の最初の通関現場。中国広西チワン族自治区欽州市で20日、越境電子商取引(EC)保税倉庫から外国のマタニティー・ベビー用品が越境EC保税輸入モデル(税関検査管理番号1210)として通関・出荷された。これにより同市で越境EC保税輸入業務が正式に始まった。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102302539

  • 00:52.36
    2020年10月31日
    「新華社」小型無人機が捉えたピンクイルカの求愛シーン広西チワン族自治区

    中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾海域で10月31日、絶滅危惧種の中華白イルカ(ピンクイルカ)の求愛と交尾の様子が確認された。科学研究員が定期視察を行っていた際に、小型無人機で捉えた。若いイルカ2頭が楽しそうに追いかけ合う姿は、水中バレエを踊っているかのように美しい。海洋哺乳類の求愛や交配、子育てなどの行動は通常めったに見られないが、小型無人機を利用すれば、ほとんど気配を悟られることなくその行動を確認・研究できるという。(記者/朱麗莉)<映像内容>ピンクイルカの求愛の様子、撮影日:2020(令和2)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605205

  • 2020年12月18日
    (3)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    4日、広西チワン族自治区欽州市の工房で、弟子に彫り方を指導する陸景平さん。(12月4日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201012

  • 2020年12月18日
    (5)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市にある陸景平さんの窯で、焼成を待つ坭興陶作品。(11月9日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122200990

  • 2020年12月18日
    (4)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、坭興陶作品のデザインを描く陸景平さん。(11月26日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201043

  • 2020年12月18日
    (1)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、急須を制作する陸景平さんの窯元のメンバー。(12月2日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122201028

  • 2020年12月18日
    (2)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、従業員に坭興陶の制作技法を指導する陸景平さん。(12月3日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122200998

  • 2021年01月04日
    (1)中国四大名陶「坭興陶」、新年の窯出し広西欽州市

    1日、欽州市の古竜窯で窯出しされた坭興陶の急須。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市で600年以上の歴史を持つ古竜窯で1日、中国四大名陶の一つ「坭興陶(でいこうとう)」の作品6千点余りが窯出しされた。坭興陶は、同市を流れる欽江両岸で取れる独特な紫色の陶土を原料とする。起源は唐代にさかのぼり、1300年以上の歴史を持つ。その焼成技法は2008年6月に国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2021(令和3)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021608887

  • 2021年02月07日
    (1)欽州市で絶滅危惧種のヘラシギ4羽を確認広西自治区

    1月30日、欽州市三娘湾の干潟を歩くヘラシギ(手前)。中国広西チワン族自治区欽州市海洋局はこのほど、市内で絶滅危惧種のヘラシギ4羽が見つかったと明らかにした。中国の野鳥保護団体「中国のヘラシギ」や柳州観鳥会などの民間団体が同市の三娘湾から大風江河口沿岸の干潟で実施した越冬水鳥の調査で、2~3万羽の中から絶滅危惧IA類に指定されるヘラシギ4羽やズグロカモメ148羽など貴重鳥種を見つけた。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020800460

  • 2021年02月07日
    (2)欽州市で絶滅危惧種のヘラシギ4羽を確認広西自治区

    1月30日、欽州市三娘湾の干潟で越冬する水鳥。中国広西チワン族自治区欽州市海洋局はこのほど、市内で絶滅危惧種のヘラシギ4羽が見つかったと明らかにした。中国の野鳥保護団体「中国のヘラシギ」や柳州観鳥会などの民間団体が同市の三娘湾から大風江河口沿岸の干潟で実施した越冬水鳥の調査で、2~3万羽の中から絶滅危惧IA類に指定されるヘラシギ4羽やズグロカモメ148羽など貴重鳥種を見つけた。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020800444

  • 2021年02月07日
    (3)欽州市で絶滅危惧種のヘラシギ4羽を確認広西自治区

    1月31日、欽州市三娘湾の干潟で越冬する水鳥。中国広西チワン族自治区欽州市海洋局はこのほど、市内で絶滅危惧種のヘラシギ4羽が見つかったと明らかにした。中国の野鳥保護団体「中国のヘラシギ」や柳州観鳥会などの民間団体が同市の三娘湾から大風江河口沿岸の干潟で実施した越冬水鳥の調査で、2~3万羽の中から絶滅危惧IA類に指定されるヘラシギ4羽やズグロカモメ148羽など貴重鳥種を見つけた。(南寧=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020800474

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.44
    2021年02月25日
    「新華社」壁や塀に「郷愁」をとどめる美しい村広西チワン族自治区

    国広西チワン族自治区欽州市はここ数年、「美しい村」の建設を全面的に推進している。同市農村部では村人たちが、塀や広場の壁に「郷愁」の代表となる石臼や水がめ、壺など昔からの道具をはめ込んで改造し、村民がリラックスできるスポットを作り出した。また地元では、古民家を民宿に改造し、荒れ地を庭園にし、旅行会社と協力、賃貸方式での開発と利益配当を組み合わせた運営方式を取り入れた。多くの村民が自宅の近くで観光関連の仕事に就けるようになり、遠くに出稼ぎに行って「郷愁」を味わう必要がなくなった。(記者/楊馳、陳一帆、呉昊) =配信日: 2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022510071

  • 00:56.40
    2021年08月05日
    「新華社」広西チワン族自治区と欧州を結ぶ貨物列車が運行開始

    中国広西チワン族自治区の北部湾港と四川省成都市、ポーランド、ドイツを結ぶ定期貨物列車の第1便がこのほど、同自治区欽州市の欽州港東駅から成都市の城廂駅に向け出発した。今回出発したX9574便は、広東省の企業が製造した電子レンジや玩具などを満載したコンテナ50個を積載。城廂駅で中国と欧州を結ぶ定期貨物列車「中欧班列」に接続し、ポーランドのマワシェビチェとドイツのデュイスブルクに向かう。列車は欽州市からデュイスブルクまで約1万2千キロを約25日かけて走行する。広東省から欧州へ直接船便で輸送する場合に比べ、所要日数を20~25日短縮できる。同自治区は現在、北部湾港から重慶市、成都市、雲南省昆明市、貴州省貴陽市、甘粛省蘭州市など西部地域への貨物列車を定期運行し、鉄道・海運複合一貫輸送定期列車で国内14省・自治区・直轄市のほか、シンガポールやドイツなど約100カ国・地域の港湾300カ所以上に、500品目を超える貨物を届けている。今後は中国西部と東南アジアを結ぶ「西部陸海新ルート」から「中欧班列」に接続する列車の月4便の運行を予定している。(記者/梁舜、黄凱瑩) =配信日: 2021(令和3)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080602717

  • 2021年08月31日
    (9)世界遺産「左江花山の岩絵」チワン族の祖先を描いた神秘的なトーテム

    ユネスコ傑出手工芸品徽章を受賞した広西チワン族自治区欽州市の坭興陶(でいこうとう)作品「高鼓花樽」。左江花山の岩絵を図案に取り入れている。(2020年9月16日撮影)中国広西チワン族自治区崇左(すうさ)市を流れる左江とその支流明江の両岸にそびえ立つ断崖絶壁には、古代の無名の画家たちが赤褐色の顔料で描いた巨大で神秘的な岩絵がある。川の両岸約105キロの38カ所に分布しており、2016年に「左江花山の岩絵の文化的景観」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。(南寧=新華社記者/黄耀滕)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104480

  • 2021年10月11日
    (1)「海岸の守り人」、マングローブ林

    3日、広西チワン族自治区欽州市欽南区犀牛脚鎮の海辺に広がるマングローブ林の上空を飛ぶコサギの群れ。中国はここ数年、マングローブ林の保護と修復に力を入れ、その面積は2万9千ヘクタールまで増加している。世界でも数少ない、マングローブ林の面積が増加している国の一つとなっている。マングローブ林は、海水の浄化や強風や高波による被害防止、二酸化炭素の貯留、生物多様性の保全など、さまざまな重要な役割を担っていることから「海岸の守り人」と呼ばれている。中国では広東省、広西チワン族自治区、海南省、福建省、浙江省などに分布しており、うち広西チワン族自治区のマングローブ林の面積は約9330ヘクタールに達している。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101107769

  • 2021年10月11日
    (9)「海岸の守り人」、マングローブ林

    広西チワン族自治区欽州市欽南区のマングローブ林。(8月8日撮影、小型無人機から)中国はここ数年、マングローブ林の保護と修復に力を入れ、その面積は2万9千ヘクタールまで増加している。世界でも数少ない、マングローブ林の面積が増加している国の一つとなっている。マングローブ林は、海水の浄化や強風や高波による被害防止、二酸化炭素の貯留、生物多様性の保全など、さまざまな重要な役割を担っていることから「海岸の守り人」と呼ばれている。中国では広東省、広西チワン族自治区、海南省、福建省、浙江省などに分布しており、うち広西チワン族自治区のマングローブ林の面積は約9330ヘクタールに達している。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101107828

  • 2021年10月11日
    (2)「海岸の守り人」、マングローブ林

    3日、広西チワン族自治区欽州市欽南区犀牛脚鎮の海辺にあるマングローブの苗畑で作業する村民。中国はここ数年、マングローブ林の保護と修復に力を入れ、その面積は2万9千ヘクタールまで増加している。世界でも数少ない、マングローブ林の面積が増加している国の一つとなっている。マングローブ林は、海水の浄化や強風や高波による被害防止、二酸化炭素の貯留、生物多様性の保全など、さまざまな重要な役割を担っていることから「海岸の守り人」と呼ばれている。中国では広東省、広西チワン族自治区、海南省、福建省、浙江省などに分布しており、うち広西チワン族自治区のマングローブ林の面積は約9330ヘクタールに達している。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101107790

  • 2021年10月11日
    (6)「海岸の守り人」、マングローブ林

    広西チワン族自治区欽州市欽南区犀牛脚鎮沙角村のマングローブ林の上空を旋回するコサギ。(2019年8月12日撮影)中国はここ数年、マングローブ林の保護と修復に力を入れ、その面積は2万9千ヘクタールまで増加している。世界でも数少ない、マングローブ林の面積が増加している国の一つとなっている。マングローブ林は、海水の浄化や強風や高波による被害防止、二酸化炭素の貯留、生物多様性の保全など、さまざまな重要な役割を担っていることから「海岸の守り人」と呼ばれている。中国では広東省、広西チワン族自治区、海南省、福建省、浙江省などに分布しており、うち広西チワン族自治区のマングローブ林の面積は約9330ヘクタールに達している。(南寧=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(令和3)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101107798

  • 2021年10月15日
    (11)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区の潿洲島周辺の海域で、餌を捕食するニタリクジラ。(2月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/陳黙)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512654

  • 2021年10月15日
    (8)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾で、魚を捕食するピンクイルカ。(9月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/趙一)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512336

  • 2021年10月15日
    (9)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区の潿洲島周辺の海域で、水面をジャンプするニタリクジラ。(3月13日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/陸蘭天)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512340

  • 2021年10月15日
    (10)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区の潿洲島周辺の海域で、餌を捕食するニタリクジラ。(2月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/陳黙)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512345

  • 2021年10月15日
    (13)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾で、水面を泳ぐピンクイルカ。(9月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/趙一)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512650

  • 2021年10月15日
    (12)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾で、水面をジャンプするピンクイルカとその赤ちゃん。(9月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/趙一)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512647

  • 2021年10月15日
    (1)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区の潿洲島周辺の海域で、餌を捕食するニタリクジラ。(1月15日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/陳黙)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101511989

  • 2021年10月15日
    (4)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾で撮影したピンクイルカと北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターで飼育されている犬の「パンダ」。(9月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/張頎)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512098

  • 2021年10月15日
    (6)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾で、水面を泳ぐピンクイルカ。(9月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/趙一)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512100

  • 2021年10月15日
    (5)生態環境の改善続く北部湾が希少海洋生物の生息地に

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾で、赤ちゃんと戯れる2頭のピンクイルカ。(9月20日撮影)「中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾に生息する中華白イルカ(ピンクイルカ)の個体数は、2004年には96頭ほどだったが、今では300頭を超えている」と、北部湾中華白イルカ研究保護・生命教育センターの潘岳(はん・がく)研究員は話す。研究グループの研究調査結果によると、同湾に生息するピンクイルカの個体群のうち、若い個体と赤ちゃんが大多数を占め、赤ちゃんもほぼ毎年生まれており、潜在的な繁殖力は比較的高い。ピンクイルカは国家1級保護野生動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。三娘湾はピンクイルカの重要な生息地で、「ピンクイルカの古里」として知られる。(南寧=新華社配信/趙一)= 配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101512102

  • 1
  • 2