KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • きゅう
  • 登録
  • 国家
  • 芸術
  • 職人
  • 風景
  • 観光客
  • 人々

「歙県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
129
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
129
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2016年08月13日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    歙石鉱区の古い採掘跡。(2016年8月13日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2016(平成28)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120688

  • 2016年08月13日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    露出した歙石の鉱床。(2016年8月16日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2016(平成28)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120689

  • 2017年04月14日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    歙石の鉱区で野外測量作業をする322地質隊隊員。(2017年4月14日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2017(平成29)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120672

  • 2017年04月15日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    歙石鉱区の様子。(2017年4月15日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2017(平成29)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120615

  • 2017年12月04日
    大規模な歙硯の原石鉱床発見安徽省歙県

    発見された歙石鉱石のサンプル。(2017年12月4日撮影)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県でこのほど、新たに100万立方メートルの歙硯(きゅうけん)硯石の鉱床が発見された。安徽省地質鉱産調査局332地質隊によると、すでにこの鉱床は鉱物資源埋蔵量評価も終えているという。歙硯は、主に同県で生産される中国四大名硯の一つ。用いられる材料は歙石または歙硯石と呼ばれ、一般に5億年から10億年に及ぶ地質変化を経て生成されるという。(合肥=新華社配信/安徽省地質鉱産調査局提供)=2017(平成29)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120620

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県の宏村景勝地。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400552

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県の宏村景勝地。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/張端)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400554

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県宏村の夜景。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/張端)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400492

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県宏村の南湖景勝地。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/張端)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400459

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県の宏村景勝地の全景。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400454

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県の宏村景勝地。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400466

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県の宏村景勝地。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400461

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県宏村の景勝地。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400535

  • 2018年05月08日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    8日、空から見た安徽省黟県宏村の街並み。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400513

  • 2018年05月09日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    9日、空から見た安徽省歙県昌渓村。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/張端)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400567

  • 2018年05月09日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    9日、空から見た安徽省黟県南屏村にある祠堂の様子。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/張端)=2018(平成30)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400468

  • 2018年05月10日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    10日、空から見た棠樾牌坊群。伝統的建築様式の門(牌坊)が並んでいる。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/張端)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400472

  • 2018年05月10日
    空から見た歴史ある村の姿安徽省南部

    10日、空から見た安徽省歙県棠樾村の様子。(ドローンで撮影)新華社ではこのほど、中国安徽省南部の黟県と歙県の歴史ある村を訪れ、村や歴史的建造物の姿をドローンで撮影した。(合肥=新華社記者/張端)=2018(平成30)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051400463

  • 03:22.98
    2019年02月01日
    「新華社」赤いちょうちんでおめでたい雰囲気に安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の徽州(きしゅう)古城では、町を囲む城壁や望楼などに大きな赤いちょうちんが数多くつり下げられ、辺り一面が縁起の良い「中国の赤」に染まり、おめでたい春節(旧正月)の雰囲気に包まれている。年末年始にちょうちんをつるすのは中国の伝統的な風習で、赤いちょうちんは平安と吉祥、豊かさを意味する。同古城では毎年春節の時期、一家だんらんを象徴する赤いちょうちんでお祝い気分を盛り上げ、町全体が年越しムードになる。(記者/楊金鑫)<映像内容>安徽省歙県の徽州古城の風景、撮影日:2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020124955

  • 2019年02月14日
    新春に咲く梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で撮影した梅の花。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、大勢の観光客を引きつけている。(黄山=新華社記者/張端)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107386

  • 2019年02月14日
    観光客を迎える梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で花見をする観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、小さな農村に喜ばしい雰囲気をもたらしている。(黄山=新華社配信/潘成)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800394

  • 2019年02月14日
    観光客を迎える梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で花見をする観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、小さな農村に喜ばしい雰囲気をもたらしている。(黄山=新華社配信/潘成)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800408

  • 2019年02月14日
    新春に咲く梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村を散策する観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、大勢の観光客を引きつけている。(黄山=新華社記者/張端)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107439

  • 2019年02月14日
    新春に咲く梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で撮影した梅の花。(小型無人機から)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、大勢の観光客を引きつけている。(黄山=新華社記者/張端)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107363

  • 2019年02月14日
    観光客を迎える梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で開花した花。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、小さな農村に喜ばしい雰囲気をもたらしている。(黄山=新華社配信/潘成)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800391

  • 2019年02月14日
    新春に咲く梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で梅の花を観賞する観光客。(小型無人機から)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、大勢の観光客を引きつけている。(黄山=新華社記者/張端)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107346

  • 2019年02月14日
    観光客を迎える梅の花安徽省歙県

    14日、色鮮やかな花が咲いた安徽省黄山市歙県の売花漁村の景色。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、小さな農村に喜ばしい雰囲気をもたらしている。(黄山=新華社配信/潘成)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800358

  • 2019年02月14日
    観光客を迎える梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で花見をする観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、小さな農村に喜ばしい雰囲気をもたらしている。(黄山=新華社配信/潘成)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021800377

  • 2019年02月14日
    新春に咲く梅の花安徽省歙県

    14日、安徽省黄山市歙県の売花漁村で梅の花を観賞する観光客。(小型無人機から)中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、大勢の観光客を引きつけている。(黄山=新華社記者/張端)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107440

  • 2019年02月14日
    新春に咲く梅の花安徽省歙県

    14日、梅の盆栽を剪定する売花漁村の住民。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村でこのほど、梅の花が相次いで開花し、大勢の観光客を引きつけている。(黄山=新華社記者/張端)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107391

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で撮影した墨の塊を叩く際に使われるかなづちと木台。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700501

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で撮影した胡開文製の墨。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700506

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨を木型から取り出している。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700582

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が顔料で墨に一丁ずつ彩色している。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700610

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、墨づくりに励む従業員。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700691

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨の塊を木型に入れている。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700499

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、墨を乾燥棚で乾かす従業員。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700693

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨の木型を作っている。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700592

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、成型前に墨の重さをはかる従業員。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700671

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で撮影した「胡開文」製の墨。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700674

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が墨の塊をかなづちで叩いている。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700678

  • 2019年05月22日
    200年以上の歴史を誇る老舗「胡開文」を訪ねて安徽省

    22日、安徽省黄山市屯渓区にある「胡開文」の製墨工場で、従業員が徽墨を裏返している。昔の徽州(きしゅう)府(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で生産された墨は徽墨と称され、その製墨技術は第1期国家級無形文化遺産リストに登録されている。同地出身の製墨家、胡天注(こ・てんちゅう)が清代に創業した墨店で、著名なブランドとして知られる「胡開文(こかいぶん)」の墨は、徽墨の代表といえる。200年以上にわたり、11の伝統的な墨の製法に則り、昔ながらの原料の配合と製法を守りながら作られてきた「胡開文」の墨は、「滑らかに磨ることができ、磨ると漆のような光沢が現れる」名品として名高い。(黄山=新華社配信/呉孫民)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700677

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:39.07
    2019年08月20日
    「新華社」江西省婺源県「最も美しい農村」の廊橋を訪ねて

    「廊橋(屋根付き橋)」は、形や装飾が美しい上、雨や日差しを避けることができ、さらに人々の憩いの場所となる。江西省婺源(ぶげん)県は、「中国で最も美しい農村」と称され、800年以上の歴史を持つ廊橋「彩虹橋(虹の橋)」がある。「彩虹橋」は、同県清華(せいか)鎮にあり、長さ140メートル、幅7メートル。渡り廊下があり、その両端には長椅子が置かれている。同県彩虹橋風景区の王静(おう・せい)解説員によると、同橋は879年の歴史があり、旧徽州地域(現在の中国安徽省歙県・績渓・黟県・祁門・休寧及び江西省婺源の6つの県)で最長く・古い廊橋だという。ただ、彩虹橋の洪水対策は科学的で、橋脚は前方が尖り、後方は平たく、洪水による衝撃を軽減し、うまく逃がすように設計されている。修理しやすいようそれぞれの渡り廊下が独立しているため、1カ所が壊れても橋全体に影響はない。橋梁は、樹齢百年以上の松の木4本で作られ、その上に板をかけ通行できるようになっている。橋面の木材は、通常百年ほどしかもたないため、定期的に修理されている。最近の修理は1985年に行われた。(記者/黄和遜、温美良)<映像内容>廊橋「彩虹橋」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082001902

  • 02:39.37
    2019年11月13日
    「新華社」博物館で触れる硯の美安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙県は硯の名産地で、同地の硯は歙州硯(きゅうじゅうけん)、または歙硯(きゅうけん)の名で知られる。中国工芸美術師の凌紅軍(りょう・こうぐん)氏が設立した歙硯芸術博物館では、歙硯の文化の美を堪能できる。(記者/白斌)<映像内容>歙州硯の製作や展示の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501272

  • 01:16.74
    2019年11月13日
    「新華社」満開となった金絲皇菊安徽省歙県

    中国安徽省歙(きゅう)県の農村では、秋から冬に移るこの時期、約1万5千ムー(千ヘクタール)の畑に金絲皇菊が競うように咲いている。黄金色に輝いた畑には、爽やかな香りが満ちあふれている。同県では現在、金絲皇菊の他、黄山貢菊や徽州皇菊も満開を迎えようとしており、菊全体の栽培面積は約6万ムー(4千ヘクタール)に上っている。(記者/白斌)<映像内容>金絲皇菊の風景、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501271

  • 01:35.19
    2019年11月15日
    「新華社」山水画のような絶景「新安江山水画廊風景区」安徽省黄山市

    中国安徽省黄山市歙県深渡鎮にある新安江山水画廊風景区は、大自然と古い村落の風景とが相まって、山水画のような絶景が広がる。そのため「新安江百里画廊」とも呼ばれている。(記者/白斌)<映像内容>新安江山水画廊風景区の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111501457

  • 02:46.30
    2020年01月22日
    「新華社」お祝いムード一色ランタンあふれる千年の古城安徽省歙県

    年越しの時期にランタンを灯すのは、中国の伝統的な習慣で、赤は賑やかさや喜びを象徴し、円い形は団らんや幸せを意味している。千年の歴史ある古城、安徽省歙(きゅう)県の街中には赤くて大きなランタンがあちこちに飾られ、お祝いムードに包まれた古城全体を鮮やかに彩っている。(記者/白斌)<映像内容>年越しの飾りつけをした安徽省歙県の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322540

  • 01:59.14
    2020年03月20日
    「新華社」春の光の中で咲き誇るハナズオウ安徽省歙県

    中国安徽省歙(きゅう)県の桂林鎮連川村では気温の上昇に伴い、野生のハナズオウが100ムー(約6・7ヘクタール)近くにわたり相次いで開花し、花の雲や海を思わせる壮観な眺めとなった。ハナズオウは中国の伝統文化で家族円満や肉親の深い愛情を象徴するとされ、人々に好まれている。花の時期になると、周辺住民や香りに誘われた旅行者が詰め掛け、山一面の花を目に焼き付ける。(記者/白斌)<映像内容>開花したハナズオウ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104299

  • 01:25.08
    2020年03月31日
    「新華社」オンラインとオフラインで春摘みの新茶販売を支援安徽省歙県

    春摘みの新茶が市場に出始める大切なこの時期、新型コロナウイルスが販売にもたらすマイナスの影響を少しでも抑えようと、中国安徽省黄山市歙(きゅう)県では、幹部が率先して「実店舗の接客係」を買って出た。さらに、農産物販売「クラウド・サポーターズ」を結成し、茶農家を訪問してライブ配信アプリのインストールや配信方法を教えるなど、きめ細やかな支援を行っている。春摘み新茶の生産と販売市場の安定を支えるため、同県は今年、茶飲料企業や茶農家に対しオンラインによる販売を奨励するとともに、関連の奨励策を打ち出している。(記者/白斌)<映像内容>新茶のオンライン販売、ライブ配信のやり方などを教える様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040300617

  • 01:33.89
    2020年04月09日
    「新華社」棚田に咲き誇る鮮やかな春の花安徽省黄山市歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の上坦自然村では、山地の棚田で菜の花が鮮やかに咲き誇り、あたり一面が芳しい香りに包まれ、多くの観光客を引き付けている。(記者/白斌)<映像内容>菜の花の風景、観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041300340

  • 01:07.94
    2020年04月15日
    「新華社」ライブコマースで茶葉の販売難を解消安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県にある28万ムー(約1万8700ヘクタール)の茶畑ではこのところ、茶摘みの最盛期を迎えている。地元政府は茶畑のオンラインプラットフォーム開設を積極的に進め、全国各地の茶を専門とする100人以上がライブ配信することで「オンラインによる宣伝、販促、取引」を展開。地元の製茶企業に対し、オンライン販売ルートを構築するよう指導し、現在の販売難の状況を打開する。同県渓頭鎮の山に広がる茶畑では、茶摘みの現場に茶関連動画の配信者を全国各地から100人招いた。地元のクラウドサービスを活用し、オンラインとオフラインを連動させることでポテンシャルを蓄え、茶産業の難局打開を後押しし、茶葉の販売に苦労する茶農家の問題を解决する。(記者/白斌)<映像内容>茶摘みの現場に動画配信者を招待、茶畑の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003567

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    自身の作品を披露する安徽省無形文化遺産伝承者「徽墨」の項徳勝(こう・とくしょう)さん。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503430

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    膠(にかわ)を熱する安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。動物の骨などから取った膠と煤(すす)を混ぜ合わせて練り墨をつくる。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503213

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨に磨きをかけ光沢を出す安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503368

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    5月20日、通風乾燥中の墨を検査する安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503452

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨をする書道愛好家。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503180

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    通風乾燥中の墨を検査する安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503223

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の成型に使う木型に彫刻を施す安徽省無形文化遺産「徽墨」代表的伝承者、項徳勝(こう・とくしょう)さん。堅いエイジュの木の上に、図案や文字を左右・凸凹を逆に彫るため、非常に高度な技術が必要となる。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503431

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨を試す安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503286

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の成型に使う木型に彫刻を施す安徽省無形文化遺産「徽墨」代表的伝承者、項徳勝(こう・とくしょう)さん。堅いエイジュの木の上に、図案や文字を左右・凸凹を逆に彫るため、非常に高度な技術が必要となる。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503337

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨を試す安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503360

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    5月20日、膠(にかわ)を熱する安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。動物の骨などから取った膠と煤(すす)を混ぜ合わせ練り墨をつくる。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503403

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の成型に使う木型に彫刻を施す安徽省無形文化遺産「徽墨」代表的伝承者、項徳勝(こう・とくしょう)さん。堅いエイジュの木の上に、図案や文字を左右・凸凹を逆に彫るため、非常に高度な技術が必要となる。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503433

  • 01:15.82
    2020年05月20日
    「新華社」枝もたわわ、収穫期迎える「三潭」ビワ安徽省黄山市

    中国五大ビワ産地の一つ安徽省黄山市歙(きゅう)県では5月下旬に入り、2万ムー(約133・3ヘクタール)に広がる「三潭」ビワが枝もたわわに黄金色の実をつけ、収穫期を迎えている。「三潭」ビワは歙県を流れる新安江の畔にある漳潭村、綿潭村、瀹潭(ようたん)村を主な産地としていることから名付けられ、すでに800年余りの栽培の歴史がある。綿潭村では19日、第13回歙県「三潭」ビワフェスティバルが開催された。今年は「中国観光の日」(毎年5月19日)のイベントとタイアップし、観光政策の公布や企業による貧困脱却を目的とした取引のほか、ビワ早食い、ビワ狩り、展示即売、撮影会・写真展などの各種催しが行われた。(記者/白斌)<映像内容>収穫期のビワ、ビワを食べる女性、安徽省黄山市の風景、撮影日:2020(令和2)年5月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104405

  • 2020年05月20日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    乾燥し固まった墨に金で彩色する安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月20日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503380

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    古くから伝わる伝統的な方法で採煙する安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。伝統的「徽墨」の製造で最初の工程が採煙。ここで集めた油煙(すす)は製造で最も重要な原材料となる。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503351

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    「徽墨」の職人が墨の塊を叩くのに使うかなづち。3・5キロ~4キロの重さがあるが、職人は片手でこれを使う。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503393

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨材の上に金箔を散らす安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503434

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    古くから伝わる伝統的な方法で採煙する安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。伝統的「徽墨」の製造で最初の工程が採煙。ここで集めた油煙(すす)は製造で最も重要な原材料となる。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503785

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    通風乾燥中の墨。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503295

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊に熱を加える安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503158

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨材の上に金箔を散らす安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503238

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨材の上に金箔を散らす安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503373

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨材の上にふりかけられる金箔。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。(5月21日撮影)安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503405

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材を作る。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503423

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    金箔がまかれた墨材。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503462

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    古くから伝わる伝統的な方法で採煙する安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。伝統的「徽墨」の製造で最初の工程が採煙。ここで集めた油煙(すす)は製造で最も重要な原材料となる。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503269

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材を作る。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503413

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    古くから伝わる伝統的な方法で採煙する安徽省無形文化遺産「徽墨」伝承者の項徳勝(こう・とくしょう)さん。伝統的「徽墨」の製造で最初の工程が採煙。ここで集めた油煙(すす)は製造で最も重要な原材料となる。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503358

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材をつくる。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503361

  • 00:56.64
    2020年06月13日
    「新華社」無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/劉軍喜、張端、韓暁雨)<映像内容>徽墨の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706259

  • 02:36.41
    2020年06月18日
    「新華社」山あいのヤマモモが収穫期安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県雄村鎮柘岱(しゃたい)村では、収穫期を迎えたヤマモモを目当てに、観光客や買い付け業者が山あいの畑に詰め掛けている。同村のヤマモモ栽培は300年以上の歴史を持ち、作付面積は6千ムー(約400ヘクタール)を超えるという。わせ品種は通常、6月上旬に収穫される。(記者/白斌)<映像内容>観光客らがヤマモモを収穫する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905297

  • 2020年06月23日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月23日、安徽省歙県の硯工房で硯に彫刻デザインを書き込む職人。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611458

  • 2020年06月23日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月23日、安徽省歙県の硯工房で硯に彫刻を施す職人。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611390

  • 2020年06月23日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月23日、安徽省歙県の硯工房で硯に彫刻デザインを書き込む職人。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611462

  • 2020年06月23日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月23日、安徽省歙県の硯工房で硯に彫刻を施す職人。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611466

  • 2020年06月23日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月23日、安徽省歙県の硯工房で硯に彫刻を施す職人。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611472

  • 2020年06月23日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月23日、安徽省歙県の硯工房で硯に彫刻を施す職人。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611590

  • 2020年06月24日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月24日、安徽省歙県で硯を念入りに確認する歙硯制作技法の伝承者、胡秋生(こ・しゅうせい)さん。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的制作は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611596

  • 2020年06月24日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月24日、安徽省歙県で硯を研磨する歙硯製作技法の伝承者、胡秋生(こ・しゅうせい)さん。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/韓暁雨)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611456

  • 2020年06月24日
    無形文化遺産「歙硯」安徽省歙県

    6月24日、安徽省歙県で硯を手に取る歙硯製作技法の伝承者、胡秋生(こ・しゅうせい)さん。硯(すずり)は、筆や墨、画仙紙と並ぶ「文房四宝」の一つ。中国で四大名硯の一つとされる歙硯(きゅうけん)は、きめの細かい原料で作られており、細かな彫刻が施されているものが多い。歙硯の伝統的製作技法は、国の無形文化遺産リストに登録されている。(歙県=新華社記者/劉軍喜)=2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611468

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月07日
    安徽省歙県で大規模洪水複数の道路冠水

    7日、洪水に見舞われた安徽省歙県の中心部。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県で7日、大規模な洪水が起き、県の中心部で多くの道路が冠水被害に見舞われた。(歙県=新華社配信/潘成)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900461

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月07日
    安徽省歙県で大規模洪水複数の道路冠水

    7日、洪水に見舞われた安徽省歙県の中心部。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県で7日、大規模な洪水が起き、県の中心部で多くの道路が冠水被害に見舞われた。(歙県=新華社配信/施亜磊)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900473

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月07日
    安徽省歙県で大規模洪水複数の道路冠水

    7日、洪水に見舞われた安徽省歙県の中心部。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県で7日、大規模な洪水が起き、県の中心部で多くの道路が冠水被害に見舞われた。(歙県=新華社配信/潘成)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070900471

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:28.90
    2020年07月07日
    「新華社」豪雨で大学入試が予定通り実施できず安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県で7日午前から実施予定だった今年の全国統一大学入試が、豪雨の影響を受け、延期になった。同県政府などが明らかにした。安徽省の教育部門によると、同県は7日未明に深刻な洪水に見舞われ、県の中心部で浸水が発生した。同日午前9時までに、多くの受験生が試験会場に着くことができず、試験が実施できなくなった。同県では、7日に実施予定だった科目が延期となったが、8日の科目は予定通り実施する。(記者/湯陽、湯文、陳諾)<映像内容>豪雨で大学入試が延期、被害の様子、撮影日:2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※サイズの小さい動画です。※画質が良くありません。

    商品コード: 2020072300410

  • 00:58.70
    2021年02月13日
    「新華社」新春に咲く梅の花安徽省歙県

    中国安徽省黄山市歙(きゅう)県の売花漁村では、梅の花が山一面に咲き乱れ、花の海のような光景が広がっている。(記者/白斌) =配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500990

  • 2021年02月28日
    (6)「嬉魚灯」で元宵節を迎える安徽省歙県

    26日、歙県渓頭鎮汪満田村で「嬉魚灯」を楽しむ村民と観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県渓頭鎮汪満田村で旧暦1月15日の元宵節に当たる26日夜、「嬉魚灯」と呼ばれる地元の独特な伝統行事が行われ、村民と観光客を引きつけた。「嬉魚灯」は新しい年が順風満帆、五穀豊穣、ゆとりある生活であることを願う民俗的な活動で、600年以上の歴史がある。(歙県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103277

  • 2021年02月28日
    (4)「嬉魚灯」で元宵節を迎える安徽省歙県

    26日、歙県渓頭鎮汪満田村で「嬉魚灯」を楽しむ村民と観光客。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県渓頭鎮汪満田村で旧暦1月15日の元宵節に当たる26日夜、「嬉魚灯」と呼ばれる地元の独特な伝統行事が行われ、村民と観光客を引きつけた。「嬉魚灯」は新しい年が順風満帆、五穀豊穣、ゆとりある生活であることを願う民俗的な活動で、600年以上の歴史がある。(歙県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103103

  • 2021年02月28日
    (2)「嬉魚灯」で元宵節を迎える安徽省歙県

    26日、歙県渓頭鎮汪満田村で上演される「嬉魚灯」。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県渓頭鎮汪満田村で旧暦1月15日の元宵節に当たる26日夜、「嬉魚灯」と呼ばれる地元の独特な伝統行事が行われ、村民と観光客を引きつけた。「嬉魚灯」は新しい年が順風満帆、五穀豊穣、ゆとりある生活であることを願う民俗的な活動で、600年以上の歴史がある。(歙県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030102790

  • 2021年02月28日
    (1)「嬉魚灯」で元宵節を迎える安徽省歙県

    26日、歙県渓頭鎮汪満田村で上演される「嬉魚灯」。中国安徽省黄山市歙(きゅう)県渓頭鎮汪満田村で旧暦1月15日の元宵節に当たる26日夜、「嬉魚灯」と呼ばれる地元の独特な伝統行事が行われ、村民と観光客を引きつけた。「嬉魚灯」は新しい年が順風満帆、五穀豊穣、ゆとりある生活であることを願う民俗的な活動で、600年以上の歴史がある。(歙県=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103096

  • 1
  • 2