KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 正倉院正倉
  • 西の正倉院
  • 奈良国立博物館
  • 修理
  • 国宝
  • 見学
  • 鑑賞
  • 平城宮跡
  • 昭和
  • 日本

「正倉」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
346
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
346
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1949年03月17日
    正倉院

    正倉院=整理1949(昭和24)年3月、奈良市雑司町(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100394

  • 1949年03月17日
    正倉院

    正倉院=整理1949(昭和24)年3月、奈良市雑司町(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100396

  • 1959年10月31日
    正倉院宝物展をご覧になられる皇太子ご夫妻

    キーワード:東京国立博物館、正倉院宝物展、正倉院展、皇太子(明仁)ご夫妻、皇太子(明仁親王)、明仁親王、皇太子妃、美智子さま=1959(昭和34)年10月31日、東京国立博物館、クレジット:ジャパンタイムズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082122313

  • 1959年10月31日
    正倉院宝物展をご覧になられる皇太子ご夫妻

    キーワード:東京国立博物館、正倉院宝物展、正倉院展、皇太子(明仁)ご夫妻、皇太子(明仁親王)、明仁親王、皇太子妃、美智子さま=1959(昭和34)年10月31日、東京国立博物館、クレジット:ジャパンタイムズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082122309

  • 1959年11月01日
    正倉院宝物一般公開

    入場を待つ人たち=1959(昭和34)年11月1日、東京・上野の国立博物館

    商品コード: 2011111400251

  • 1961年10月13日
    皇太子ご夫妻正倉院校倉を見学

    和田所長(中央)の説明を聞く皇太子ご夫妻=1961(昭和36)年10月13日、奈良県奈良市雑司町

    商品コード: 2008102800368

  • 1961年10月13日
    皇太子ご夫妻正倉院校倉を見学

    和田所長(前列右)の説明を聞く皇太子ご夫妻=1961(昭和36)年10月13日、奈良県奈良市雑司町

    商品コード: 2008102800367

  • 1962年03月31日
    正倉院西宝庫完成

    完成した正倉院西宝庫外観=1962(昭和37)年3月31日、奈良市(内地番号なし)

    商品コード: 2011120100084

  • 1962年03月31日
    正倉院西宝庫完成

    完成した正倉院西宝庫内部、北倉階下の宝物室=1962(昭和37)年3月31日、奈良市(内地番号なし)

    商品コード: 2011120100085

  • 1972年04月03日
    金銀鈿唐士刀に酷似 高松塚古墳(2)

    高松塚古墳出土の宝相華文の帯執り金具と推定されるものにそっくりの正倉院御物「金銀鈿唐士刀」の部分=1972(昭和47)年4月3日

    商品コード: 2008121000250

  • 1974年04月04日
    スケッチ企画6621−14 奈良の正倉院

    校倉造(あぜくらづくり)の高床式倉庫の正倉院(しょうそういん)=1974(昭和49)年4月4日、奈良市

    商品コード: 2018051800244

  • 1974年06月10日
    海の正倉院「沖の島」

    1962(昭和37)年に発掘され、国宝に指定された「金の指輪」=1974(昭和49)年6月10日、福岡県宗像郡玄海町の宗像大社

    商品コード: 2011121300175

  • 1974年06月10日
    海の正倉院「沖の島」

    荒波の玄界灘に浮かぶ「沖の島」=1974(昭和49)年6月10日、福岡県宗像郡玄海町

    商品コード: 2011121300176

  • 1975年09月17日
    超国宝級の刺しゅうを発見

    正倉院東宝庫で見つかった天平時代のものとみられる装飾刺しゅう「花喰鳥刺繍」(はなくいどりししゅう)。花をくわえた鳳凰(ほうおう)を描き金、銀糸を使った作品。台地はボロボロだが、刺しゅうの部分はほぼ完全で同時代のものとしては超国宝級。10月の正倉院展で公開される

    商品コード: 2013031300144

  • 1975年10月08日
    最古の金製品などを初公開

    初公開される正倉院御物より200年も古いとされるガラス容器。日本で最古、最大級の群集墳といわれ、奈良県・橿原考古学研究所が調査した「新沢千塚(にいざわせんづか)」の出土品整理が一段落、初公開される

    商品コード: 2013032600241

  • 1977年08月24日
    沖ノ島 宗像大社

    宗像大社の沖津宮が鎮座する「海の正倉院」沖ノ島=1977(昭和52)年8月頃、宗像郡大島村、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081100981

  • 1977年09月26日
    正倉院宝物の細腰鼓 細腰鼓と同型の鼓を発見

    正倉院宝物の細腰鼓。ケヤキ材を使っていて現在皮はない。漆鼓胴(しつこどう)とも呼ばれる(資料)

    商品コード: 2014111300136

  • 1989年09月11日
    遣唐使の白銅鏡など81件

    「第41回正倉院展」に出品される金銀平脱八花鏡(きんぎんへいだつのはっかきょう)

    商品コード: 2020033102350

  • 1989年09月11日
    遣唐使の白銅鏡など81件

    「第41回正倉院展」に出品される金銀花盤(きんぎんのかばん)

    商品コード: 2020033102351

  • 1989年10月12日
    正倉院で開封の儀

    「開封の儀」で正倉院の宝庫へ入る正倉院事務所所員ら=1989(平成元)年10月12日午前10時すぎ、奈良市

    商品コード: 2020051904174

  • 1989年11月27日
    掛け軸になった正倉院文書

    切り離され元の形に戻った幻の正倉院文書2通=静岡県立美術館 出稿日1989(平成元)年11月27日

    商品コード: 2020070112756

  • 1993年08月31日
    蓮華形の香炉の台 10月23日から正倉院展

    蓮華形の華麗な香炉台「漆金薄絵盤」(考古学)

    商品コード: 1993083100010

  • 1993年10月05日
    正倉院で開封の儀

    「開封の儀」で宝物の点検や手入れに向かう職員=5日午前、奈良倉院

    商品コード: 1993100500023

  • 1993年10月22日
    展示品 正倉院展始まる

    「正倉院展」の展示品のひとつ「漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)」(右手前)=奈良国立博物館

    商品コード: 1993102200062

  • 1994年08月10日
    「囲碁仕女図」 正倉院とそっくりの女性図

    シルクロード西域文物展で公開される「囲碁仕女図」。正倉院の「鳥毛立女屏風」の女性とそっくり(考古学)

    商品コード: 1994081000034

  • 1994年08月30日
    復元された華やかな皿 奈良時代の華やかな皿復元

    完成した「漆彩絵花形皿(うるしさいえはながたざら)」のレプリカ=奈良市雑司町の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 1994083000055

  • 1994年10月04日
    西宝庫に入る勅使ら 正倉院で「開封の儀」

    勅封を解くため西宝庫に入る勅使ら一行=4日午前、奈良市雑司町の正倉院

    商品コード: 1994100400030

  • 1994年10月21日
    平螺鈿背八花鏡 あすから正倉院展

    第46回正倉院展で公開される「平螺鈿背八花鏡」=奈良国立博物館(カラーネガ)(考古学)

    商品コード: 1994102100020

  • 1995年07月18日
    復元された絹織物 正倉院宝物の絹織物を復元

    皇居で飼育のまゆを使って復元された正倉院宝物の絹織物「白〓(しろのあしぎぬ)」=18日午後、奈良市の宮内庁正倉院事務所(カラーネガ)☆糸ヘンに施のツクリ

    商品コード: 1995071800063

  • 1995年07月18日
    復元された絹織物 正倉院宝物の絹織物を復元

    皇居で飼育のまゆを使って復元された正倉院宝物の絹織物「白〓(しろのあしぎぬ)」=18日午後、奈良市の宮内庁正倉院事務所(カラーネガ)☆糸ヘンに施のツクリ

    商品コード: 1995071800072

  • 1996年04月12日
    見つかった僧名帳の断片 大仏開眼会に参列の僧名帳

    奈良・正倉院で見つかった僧名帳の断片。中央下部分に「菩提(ぼだい)僧正」と書かれている

    商品コード: 1996041200114

  • 1996年05月02日
    博物館「西の正倉院」 「西の正倉院」が落成式

    奈良の正倉院を正確に模した博物館「西の正倉院」=宮崎県南郷村

    商品コード: 1996050200005

  • 1996年05月04日
    宮崎県南郷村の村おこし 「百済の里」で国際交流

    奈良の正倉院を正確に模した「西の正倉院」の落成式典に出席した村民や関係者=2日午後、宮崎県南郷村

    商品コード: 1996050400016

  • 1996年08月22日
    復元された大刀 正倉院宝物の大刀など復元

    正倉院の宝物を手本に復元された大刀(たち)=22日、奈良市の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 1996082200082

  • 1996年08月22日
    設置された計測器 木造建築に温湿度調整機能

    木造建築の温湿度調整機能を確かめるため「西の正倉院」に設置された計測器=宮崎県・南郷村

    商品コード: 1996082200005

  • 1996年09月03日
    出土したさじ 正倉院宝物類似のさじ出土

    鳥取県倉吉市の大御堂廃寺跡から出土した「さじ」。正倉院宝物の佐波理匙(さはりのさじ)とよく似ている

    商品コード: 1996090300068

  • 1996年09月07日
    螺鈿紫檀五絃琵琶の部分 正倉院べっ甲はアフリカ産

    タイマイの上に、ラクダや人物などの細工がほどこされた正倉院宝物「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」の表面中央部分

    商品コード: 1996090700045

  • 1996年10月02日
    宝庫に入る職員 正倉院で開封の儀

    「開封の儀」で開けられた宝庫の中へ入る正倉院の職員=2日午前、奈良・正倉院

    商品コード: 1996100200014

  • 1996年10月25日
    公開される屏風花氈等帳 あすから正倉院展

    公開される「屏風花氈等帳(びょうぶかせんとうちょう)」

    商品コード: 1996102500009

  • 1996年10月31日
    正倉院宝物の御軾 古代のひじつきは重かった

    正倉院展に出展されている「長斑錦御軾(ちょうはんきんのおんしょく)」

    商品コード: 1996103100001

  • 1997年01月14日
    カットガラスのわん 江上コレクションを寄贈

    江上波夫・古代オリエント博物館館長が奈良県に寄贈した、正倉院宝物に似たイランのカットガラスわん

    商品コード: 1997011400069

  • 1997年03月21日
    復元された正倉院宝物 古代の染色絹織物を復元

    復元された正倉院宝物の絹織物「〓(あしぎぬ)」=21日午後、奈良市の宮内庁正倉院事務所☆糸ヘンに施のツクリ

    商品コード: 1997032100089

  • 1997年04月18日
    東寺百合文書 東寺古文書を国宝指定へ

    文化財保護審議会が国宝指定を求める答申をした東寺百合文書(文化財保護審議会(西川杏太郎会長)は18日、正倉院正倉(奈良市)と東寺百合文書(京都府立総合資料館所蔵)の2件の国宝指定を求める答申をまとめ、小杉隆文相に提出した)

    商品コード: 1997041800047

  • 1997年04月18日
    「一号機関車」 正倉院正倉を国宝指定へ

    文化財保護審議会から重要文化財に指定を求められた新橋―横浜間を初めて運行した「一号機関車」

    商品コード: 1997041800058

  • 1997年04月18日
    正倉院正倉 正倉院正倉を国宝指定へ

    文化財保護審議会が国宝指定を求める答申をした正倉院正倉=奈良市雑司町

    商品コード: 1997041800048

  • 1997年10月02日
    宝庫に入る宮内庁職員ら 正倉院で「開封の儀」

    「開封の儀」で正倉院宝庫に入る宮内庁の職員ら=2日午前10時、奈良市雑司町の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 1997100200017

  • 1997年10月25日
    正倉院宝物の名香木 蘭奢待はベトナム周辺産

    原産地がベトナム周辺であることがわかった正倉院宝物の名香木「蘭奢待(らんじゃたい)」

    商品コード: 1997102500075

  • 1998年04月09日
    玄奘とみられる僧の絵 正倉院に最古の三蔵法師像

    奈良・正倉院に伝わる厨子(ずし)の扉に描かれた玄奘(げんじょう=三蔵法師)とみられる僧の絵(正倉院紀要より)

    商品コード: 1998040900139

  • 1998年09月21日
    赤漆文欟木御厨子 聖武天皇自筆書や厨子

    「正倉院展」で展示される、歴代天皇に伝えられた由緒ある「赤漆文欟木御厨子(せきしつぶんかんぼくのおんずし)」

    商品コード: 1998092100157

  • 1998年09月21日
    復元された御袈裟箱 聖武天皇の御袈裟箱を復元

    約1年がかりで復元された御袈裟箱(おんけさのはこ)=21日午前、奈良市の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 1998092100138

  • 1998年10月02日
    正倉院宝庫に入る職員 正倉院で「開封の儀」

    「開封の儀」で正倉院宝庫に入る宮内庁の職員ら=2日午前、奈良市雑司町

    商品コード: 1998100200043

  • 1999年04月05日
    復元されたスッポン形容器 スッポン形容器を復元公開

    復元されたスッポンを精巧にかたどった石製の小物入れ「青斑石鼈合子(せいはんせきのべつごうす)」=5日、正倉院事務所

    商品コード: 1999040500124

  • 1999年10月01日
    宝庫に入る職員ら 正倉院で開封の儀

    正倉院の開封の儀で、手を清めた後宝庫に入る宮内庁職員ら=1日午前、奈良市雑司町

    商品コード: 1999100100045

  • 1999年10月25日
    聖武天皇の儀式用のくつ きょうから正倉院展

    報道関係者に公開された「正倉院展」で展示される聖武天皇の儀式用のくつ=25日、奈良市登大路町の奈良国立博物館

    商品コード: 1999102500086

  • 1999年11月02日
    復元楽器の演奏会 古代の復元楽器を演奏

    正倉院に伝わる宝物を基に復元した楽器を使って開かれた演奏会=2日午後、奈良市三条宮前町のなら100年会館

    商品コード: 1999110200149

  • 2000年10月06日
    宝庫に向かう参列者ら 正倉院で「開封の儀」

    「開封の儀」で宝庫に向かう参列者ら=6日午前10時、奈良・正倉院

    商品コード: 2000100600045

  • 2000年10月27日
    螺鈿紫檀琵琶 きょうから奈良で正倉院展

    正倉院展に展示される螺鈿紫檀琵琶(らでんしたんのびわ)=27日午前、奈良国立博物館

    商品コード: 2000102700065

  • 2000年11月07日
    礎石建物跡 東大寺旧境内で建物跡

    奈良・東大寺の旧境内で見つかった「寺正倉」とみられる礎石建物跡=奈良市雑司町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000110700103

  • 2000年11月07日
    法隆寺の綱封蔵 東大寺旧境内で建物跡

    東大寺の「寺正倉」に似た構造とみられる法隆寺の綱封蔵(こうふうぞう)=奈良県斑鳩町

    商品コード: 2000110700101

  • 2000年11月07日
    礎石建物跡と大仏殿 東大寺旧境内で建物跡

    東大寺の「寺正倉」とみられる礎石建物跡の出土地点(矢印)と大仏殿(上方)=奈良市雑司町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000110700111

  • 2001年08月31日
    宝物の模造品 正倉院の宝物2点を模造

    公開された正倉院宝物の重ね碗(わん)の精密な模造品=8月31日、奈良市雑司町の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 2001083100120

  • 2001年10月05日
    宝庫に入る侍従ら 正倉院で「開封の儀」

    正倉院の「開封の儀」で、宝庫に入る侍従ら=5日午前、奈良市雑司町

    商品コード: 2001100500037

  • 2001年10月26日
    紫檀木画挾軾 明日から正倉院展

    正倉院展で展示される「紫檀木画挾軾(したんもくがのきょうしょく)」=26日午前、奈良国立博物館

    商品コード: 2001102600030

  • 2002年05月25日
    五絃琵琶と劉さん 正倉院の五絃琵琶を復元

    復元した「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」を手にする音楽家の劉宏軍さん

    商品コード: 2002052500004

  • 2002年05月27日
    皇后さまの手取る天皇陛下 両陛下、正倉院を見学

    奈良市の正倉院を見学し、皇后さまの手を取り階段を下りる天皇陛下=27日午後

    商品コード: 2002052700149

  • 2002年07月15日
    「銀薫炉」のレプリカ 銀製香炉のレプリカ完成

    正倉院の宝物、球形香炉「銀薫炉」のレプリカ

    商品コード: 2002071500102

  • 2002年07月15日
    レプリカの「銀薫炉」 銀製香炉のレプリカ完成

    完成した正倉院の宝物のレプリカ、球形香炉「銀薫炉」

    商品コード: 2002071500135

  • 2002年07月15日
    「紫地花文錦」のレプリカ 銀製香炉のレプリカ完成

    正倉院の宝物、絹織物「紫地花文錦」のレプリカ

    商品コード: 2002071500103

  • 2002年10月04日
    宝庫に向かう侍従ら 正倉院で「開封の儀」

    正倉院の「開封の儀」で宝庫に向かう侍従ら=4日午前、奈良市雑司町

    商品コード: 2002100400031

  • 2002年10月25日
    桑木阮咸 きょうから正倉院展

    正倉院展で展示される「桑木阮咸(くわのきのげんかん)」=25日、奈良国立博物館

    商品コード: 2002102500141

  • 2003年07月17日
    絹織物「赤地唐花文錦」 天平の赤、鮮やかに

    復元された正倉院宝物の絹織物「赤地唐花文錦」=17日午後、奈良市の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 2003071700161

  • 2003年10月03日
    宝庫に向かう職員ら 正倉院で「開封の儀」

    正倉院の「開封の儀」で宝庫に向かう宮内庁職員ら=3日午前、奈良市雑司町

    商品コード: 2003100300049

  • 2003年10月24日
    展示される羅道場幡 きょうから正倉院展

    正倉院展に展示される羅道場幡(らのどうじょうばん)=24日午後、奈良国立博物館

    商品コード: 2003102400130

  • 2004年06月04日
    酔胡王面 正倉院の伎楽面と錦を復元

    復元された「酔胡王面」=4日、奈良市の正倉院事務所

    商品コード: 2004060400155

  • 2004年06月04日
    紫地鳳唐草丸文錦 正倉院の伎楽面と錦を復元

    復元された「紫地鳳唐草丸文錦」=4日、奈良市の正倉院事務所

    商品コード: 2004060400154

  • 2004年10月06日
    宝庫に向かう侍従ら 正倉院で「開封の儀」

    奈良・正倉院の「開封の儀」で宝庫に向かう侍従ら=6日午前

    商品コード: 2004100600052

  • 2005年03月18日
    陛下と紀宮さま特別鑑賞

    特別展「皇后陛下のご養蚕と正倉院裂の復元」を鑑賞される天皇陛下と紀宮さま=18日午前11時43分、皇居・三の丸尚蔵館(代表撮影)

    商品コード: 2005031800084

  • 2005年03月25日
    特別展鑑賞する皇后さま 皇后さまが古希企画展鑑賞

    特別展「皇后陛下のご養蚕と正倉院裂の復元」を鑑賞する皇后さま=25日午前、皇居・三の丸尚蔵館(代表撮影)

    商品コード: 2005032500118

  • 2005年07月06日
    出土した建物の遺構 全国初、8角形の正倉跡

    八角形をした正倉跡とみられる建物の遺構が見つかった群馬県伊勢崎市の「三軒屋遺跡」=6月29日

    商品コード: 2005070600040

  • 2005年07月19日
    「奈良県の日」コンサート 古楽器演奏し世界遺産PR

    「奈良県の日」のイベントで披露された、正倉院所蔵の古楽器を復元した楽器によるコンサート=19日午後、愛知万博長久手会場

    商品コード: 2005071900160

  • 2005年07月26日
    復元された「黄銅合子」 鮮やか、黄金色の香合

    復元された正倉院宝物の「黄銅合子」=26日、奈良市の宮内庁正倉院事務所

    商品コード: 2005072600165

  • 2005年10月04日
    宝庫に向かう参列者 正倉院で「開封の儀」

    奈良・正倉院の「開封の儀」で宝庫に向かう参列者=4日午前

    商品コード: 2005100400048

  • 2006年05月23日
    「大方広仏華厳経」 統一新羅の写経伝来か

    統一新羅時代の写経である可能性が高いことが分かった「大方広仏華厳経」の巻首部分(正倉院紀要28号より)

    商品コード: 2006052300192

  • 2006年10月04日
    宝庫に入る参列者 正倉院で「開封の儀」

    奈良・正倉院の「開封の儀」で宝庫に入る参列者=4日午前

    商品コード: 2006100400057

  • 2006年10月23日
    聖武天皇が着用した袈裟 あすから正倉院展

    24日から始まる正倉院展で展示される聖武天皇が出家後に着用した「七条刺納樹皮色袈裟」=23日午前、奈良国立博物館

    商品コード: 2006102300050

  • 2006年10月26日
    説明を受ける皇太子ご夫妻 皇太子夫妻奈良市を訪問

    奈良国立博物館で開催中の正倉院展を見学に訪れ、宝物の説明を受けられる皇太子ご夫妻=26日午後6時59分(代表撮影)

    商品コード: 2006102600233

  • 2006年10月26日
    説明に笑顔の皇太子ご夫妻 皇太子夫妻奈良市を訪問

    正倉院展を見学され、宝物の説明に笑顔の皇太子ご夫妻=26日午後6時59分、奈良市の奈良国立博物館(代表撮影)

    商品コード: 2006102600232

  • 2006年11月21日
    沖ノ島 「沖ノ島を世界遺産に」

    「海の正倉院」とも呼ばれる玄界灘の孤島、沖ノ島=8月3日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2006112100200

  • 2007年02月28日
    確認された四脚門の跡 郡役所の正倉院に四脚門

    下高橋官衙遺跡の「郡衙」の正倉院で確認された四脚門の跡=28日午後、福岡県大刀洗町

    商品コード: 2007022800246

  • 2007年08月13日
    獅子面のレプリカ エキゾチックな獅子を復元

    正倉院に伝わる宝物、伎楽面「獅子面」の実物大レプリカ=13日午後、奈良市雑司町

    商品コード: 2007081300203

  • 2007年08月31日
    正倉院正倉 正倉院百年ぶり大修理へ

    正倉院正倉=奈良市雑司町

    商品コード: 2007083100189

  • 2007年09月18日
    復元された「犀連珠文錦」 サイの文様、鮮やかに復元

    復元された、奈良・正倉院に伝わる絹織物「犀連珠文錦」(中央)。左は現存する断片の複写=18日午後、京都市上京区

    商品コード: 2007091800117

  • 2007年10月03日
    宝庫に入る参列者 正倉院で「開封の儀」

    正倉院の「開封の儀」で宝庫に入る参列者=3日午前、奈良市

    商品コード: 2007100300029

  • 2007年10月26日
    「花鳥背八角鏡」 正倉院展の宝物公開

    「正倉院展」で展示される「花鳥背八角鏡」=26日午前、奈良市の奈良国立博物館

    商品コード: 2007102600065

  • 2007年10月26日
    展示される花鳥背八角鏡 正倉院展の宝物公開

    「正倉院展」で展示される「花鳥背八角鏡」=26日午前、奈良市の奈良国立博物館

    商品コード: 2007102600070

  • 2007年11月01日
    700万人目の山田さん 正倉院展700万人突破

    700万人目の正倉院展入場者となった山田明子さん(右端)と夫の実さん=1日午後、奈良市の奈良国立博物館前

    商品コード: 2007110100132

  • 2008年02月01日
    正倉院正倉・北倉の内部 大修理前に正倉院公開

    正倉院正倉・北倉の2階部分。屋根裏のはりも見える=奈良市雑司町(代表撮影)

    商品コード: 2008020100199

  • 2008年02月01日
    黒ずんだ正倉院の扉 大修理前に正倉院公開

    長い年月を経て黒ずんだ正倉院正倉・北倉の扉=奈良市雑司町(代表撮影)

    商品コード: 2008020100204

  • 2008年02月01日
    宝物を納めていた唐櫃 大修理前に正倉院公開

    正倉院正倉・北倉の2階部分に置かれている宝物を納めていた唐櫃(右)=奈良市雑司町(代表撮影)

    商品コード: 2008020100208

  • 2008年02月01日
    正倉院に入る有識者 大修理前に正倉院公開

    約100年ぶりの大修理に向け、視察のため正倉院正倉に入る有識者ら=1日午後、奈良市雑司町

    商品コード: 2008020100239

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4