KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 一種
  • 旧正月
  • 春節
  • 用意
  • 記者
  • インディカ
  • シイタケ
  • ショウガ
  • ジャイアントパンダ

「正月料理」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    サトイモ

    サトイモ。親芋の周りに子芋、孫芋ができることから子孫繁栄の縁起物として正月料理にも用いられる。芋類の中では低カロリーでヘルシー。独特のぬめりは、胃の粘膜を保護して消化を促進する成分・ムチンなどによるもの。体内の塩分を排出するカリウムやおなかの調子を整える食物繊維も含む。岡山県内では新見市や奈義町などで栽培されている。今月上旬から出回っており「気温が下がるとさらにおいしいものができてくる」と市場関係者。12月からは高知県産などに切り替わる。=撮影年月日不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110203072

  • -
    ブリ

    ブリ。ツバス、ハマチ、メジロ、ブリと成長に応じて名前が変わる出世魚。年中出回るが、春の産卵を前に身が太り、脂が乗ったこの時期から2月ごろまでが旬で「寒ブリ」とも呼ばれる。西日本では正月料理に欠かせない食材で、岡山県内では野菜や餅と一緒に雑煮に入れる家庭も多い=撮影日撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120213556

  • 1954年12月04日
    寒ブリの競り

    岡山魚市場に寒ブリが初入荷、早朝から競りの声が弾んだ。入荷したのは北陸、三陸沖もの。縁起物として正月料理に欠かせない寒ブリは、厳寒期に捕れるのが特に脂がのってうまい。今では9割以上が養殖というが、当時は天然ものばかりだった。この日、約15トンが入荷したが、またたくまに売り切れた。魚市場は現在、岡山市市場の岡山市中央卸売市場に移転している。=1954(昭和29)年12月4日、岡山市二日市町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091220671

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年12月30日
    にぎわうアメ横 上野・アメ横に20万人

    雨の中、お正月料理の買い物客でにぎわう東京・上野の「アメ横」=30日午後

    商品コード: 1997123000020

  • 1998年12月29日
    買い物客でにぎわうアメ横 上野・アメ横に30万人

    「安いよ、安いよ」威勢のいい掛け声が響く中、「アメ横」で正月料理の材料を買い求める人たち=29日夕、東京・上野

    商品コード: 1998122900057

  • 2001年11月16日
    韓国の正月料理 儒教の国の正月風景

    食卓いっぱいに並んだ韓国の正月料理。次の世代に伝えようと若い女性たちに料理を説明する韓晶恵さん(中央)=ソウル市江南区の韓さんの自宅

    商品コード: 2001111600061

  • 2006年02月09日
    給食で再現された正月料理 幼少期の正月料理を再現

    原敬の生誕150年を記念し再現された、原の幼少期の正月料理の給食を持つ児童=9日昼、盛岡市の大慈寺小

    商品コード: 2006020900121

  • 2017年12月13日
    年始の食卓を華やかに

    お祝い気分を盛り上げてくれるローストビーフ。箸もお酒も進みそうだ=東京・銀座の東京ガススタジオ

    商品コード: 2017121300865

  • 2017年12月13日
    年始の食卓を華やかに

    グリルでローストビーフとなますに同時に火を通す。おせち料理は野菜が少ないので、なますで野菜をたっぷり取りたい=東京・銀座の東京ガススタジオ

    商品コード: 2017121300863

  • 2017年12月13日
    年始の食卓を華やかに

    甘酸っぱいなますはローストビーフと相性がいい。「ごまをたくさん入れると、酸味がまろやかになります」と話す杉山智美さん=東京・銀座の東京ガススタジオ

    商品コード: 2017121300864

  • 2017年12月13日
    銘々盛りを見栄え良く

    おせち料理の銘々盛り(左)とお雑煮。かまぼこやだて巻きは取りやすいように、ずらして並べるといい

    商品コード: 2017121300871

  • 2017年12月13日
    銘々盛りを見栄え良く

    おせちに入れると特別感が増す飾り切り。ニンジンの「ねじり梅」(手前)、紅白かまぼこの「ウサギ」(右奥)と「結び」(左奥)

    商品コード: 2017121300869

  • 2017年12月13日
    銘々盛りを見栄え良く

    「初めてのおせち」教室で、飾り切りを教えるSHIORIさん(右から2人目)

    商品コード: 2017121300872

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812678

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物で作った料理を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812702

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産の安心安全な農産物で作った料理の試食の準備をする子ども。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812729

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のシイタケで作った料理。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812727

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のインディカ米を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812683

  • 2019年01月10日
    正月料理の試食で貧困脱却を後押し山東省青島市

    10日、貴州省安順市西屯村産のインディカ米を試食する住民。中国山東省青島市即墨路街道が10日、農産物の試食による貧困救済活動を行った。支援対象となる貴州省安順市西屯(せいとん)村産の小黄姜(しょうこうきょう、ショウガの一種)やシイタケ、インディカ米などで作った料理を、正月用品を準備中の社区(コミュニティ)住民に試食してもらうことで、西屯村の農産物の販路開拓と貧困脱却を後押しする。(青島=新華社配信/王海浜)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011812694

  • 2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、木に登って遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411464

  • 2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、特製の「煎堆」と「油角」を味わう赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411724

  • 2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、特製の「煎堆」と「油角」を味わう赤ちゃんパンダ「隆仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で昨年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411919

  • 2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、木に登って遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412002

  • 2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、屋外で遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411721

  • 2019年01月29日
    初めての新年を迎える赤ちゃんパンダ広東省広州市

    1月29日、屋外で遊ぶ赤ちゃんパンダ「隆仔」と「婷仔」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で2018年7月に誕生した赤ちゃんパンダ「隆仔(ロンザイ)」と「婷仔(ティンザイ)」がまもなく初めての旧正月を迎える。1月29日は旧暦の12月24日で、同省の伝統的習俗では正月料理の準備をする「開炸」の日にあたる。長隆野生動物世界は「隆仔」と「婷仔」に竹の粉で作った伝統的な揚げ物料理「煎堆」と「油角」を用意し、新年の雰囲気を盛り上げた。(広州=新華社記者/劉大偉)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411543

  • 04:28.31
    2019年02月07日
    「新華社」料理の大家が教える現代の春節料理

    劉敬賢(りゅう・けいけん)さんは1983年に行われた初の全国料理コンクールで優勝した中国特1級料理大師だ。新春に際して、75歳の劉さんは自ら厨房に立って腕を振るい、数種類の中国伝統の正月料理を教えてくれた。劉さんによると、近年は生活水準が絶えず高まり、人々の飲食に対する考え方も大きく変化した。以前の高カロリーなごちそうからヘルシーでグリーンな食事へ、ボリューム重視から手の込んだ料理を求めるようになった。しかしどのように変化しようと、ある種の懐かしい伝統の味は、人々の記憶に深く刻まれている。劉さんは、今では現代人の健康や環境保護への要求にそぐわなくなってしまった元の食材に替えて新しい食材を用意した上で、できるだけ伝統的な調理法を保ち、なじみの味を求める人々の舌を満たしている。このほか、中国人の伝統的な観念でごちそうとされてきた熊掌(ゆうしょう、熊のてのひら)やフカヒレなどは、人々の環境保護意識の高まりと法律・制度の整備によって、テーブルに上がることはなくなった。しかし今でも、代替品を使うことで伝統的な調理の技を保ち、見た目も味も栄養価も非常に似通った料理を作り、人々の好みを満たすことができる。今日では人々の食への要求はますます高くなり、「食べて満足する」だけでなく、健康に良い食事を求めている。科学的な衛生観念も浸透している。「食」は単に生活の必要を満たすものではなくなり、次第に一種の芸術、文化へと変貌を遂げている。(記者/高銘)<映像内容>春節料理の調理風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717830

  • 1