KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 前門
  • 南北
  • 記者
  • 都市
  • 先農壇
  • 全長
  • 北端
  • 南端
  • 景山

「正陽門」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
166
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
166
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  寺内指揮官更迭
    1938年12月02日
    寺内指揮官更迭

    内地に帰還する寺内寿一指揮官=1938(昭和13)年12月2日、北京・正陽門駅(番号なし)

    商品コード: 2015081900161

  •  正陽門通過する部隊
    1938年12月30日
    正陽門通過する部隊

    北支正陽門を通過する部隊=整理1938(昭和13)年(番号なし)

    商品コード: 2015041400114

  • 岩手の鬼剣舞 天安門広場で伝統芸能披露
    2000年02月20日
    岩手の鬼剣舞 天安門広場で伝統芸能披露

    天安門広場の正陽門(後方)前で披露された岩手県北上市の鬼剣舞(おにけんばい)=20日午前、北京(共同)

    商品コード: 2000022000043

  • 壊される前門大街の老舗 破壊される明朝の下町
    2007年08月17日
    壊される前門大街の老舗 破壊される明朝の下町

    再開発のため次々と老舗の店舗が壊される前門大街。奥は天安門広場へとつながる正陽門箭楼=7月23日(共同)

    商品コード: 2007081700140

  • 2007年10月22日

    「カラー」【】 ◎破壊される明朝の下町 取り壊される前門地区  【編注】北京発 再開発のため次々と老舗の店舗が壊される前門大街で廃棄物を片付ける人。奥は天安門広場へとつながる正陽門箭楼=2007年7月23日(共同)

    商品コード: 2007102200264

  •  北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて
    2018年02月25日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1949年1月31日の北平平和解放後、中国人民解放軍は2月3日に入城式を行った。正陽門大街では両側に並んだ多くの市民が、入城式に参加する人民解放軍を歓迎した。(資料写真)下:北京の前門大街の歩行者天国を見て回る観光客。(2018年2月25日撮影)(北京=新華社記者/李欣)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411748

  •  北京市の博物館がライブ配信文化財を身近に
    2020年04月21日
    北京市の博物館がライブ配信文化財を身近に

    ライブ配信を行う北京正陽門管理処の関戦修(かん・せんしゅう)主任。(資料写真)中国北京市では、新型コロナウイルスの感染予防・抑制期間中、多くの博物館が臨時休館したが、サービスは休止せず、インターネット上のプラットフォームと連携して館内のライブ配信を行った。ライブ配信は文化的生活を享受する新たな方法として人々に受け入れられている。(北京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301955

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月15日
    (18)北京に黄砂飛来市内は一面黄色に

    15日、黄砂に覆われた正陽門付近の様子。中国北京市は15日、この春初めての黄砂現象に見舞われ、同市気象台が砂塵(黄砂)青色警報を発令した。同市生態環境局によると、前日の14日夜にモンゴル南部で砂塵嵐が発生しており、それが北京に飛来し、午前3時頃から市内が黄砂に覆われ始めたという。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031600355

  •  (1)雪化粧した古都北京市
    2022年02月13日
    (1)雪化粧した古都北京市

    13日、北京市の正陽門前を散策する市民。中国北京市で13日、降雪が観測された。多くの市民が白一面となった古都を散策し、雪景色を楽しんだ。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2022(令和4)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021309648

  •  (24)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (24)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の櫺星門(れいせいもん)と圜丘。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811571

  •  (32)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (32)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇で開催されている文化財展。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811733

  •  (33)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (33)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇で開催されている文化財展。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811748

  •  (34)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (34)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇で開催されている文化財展。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811817

  •  (1)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (1)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の北門。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811275

  •  (13)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (13)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の北宰牲亭。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811305

  •  (36)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (36)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の圜丘中央に置かれた天心石。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811799

  •  (35)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (35)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の昭亨門(南門)。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811765

  •  (15)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (15)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の丹陛橋。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811398

  •  (10)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (10)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の斎宮。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811208

  •  (25)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (25)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の櫺星門(れいせいもん)と寰丘。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811570

  •  (16)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (16)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の圜丘。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811437

  •  (19)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (19)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の圜丘壇。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811439

  •  (30)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (30)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の双環万寿亭。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811679

  •  (11)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (11)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の北神厨。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811218

  •  (3)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (3)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の皇穹宇。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811101

  •  (23)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (23)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の回音壁。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811572

  •  (5)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (5)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の祈穀壇。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811130

  •  (21)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (21)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の圜丘から見た南門。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811531

  •  (26)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (26)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の櫺星門(れいせいもん)と圜丘壇。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811576

  •  (9)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (9)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の斎宮。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811186

  •  (2)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (2)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の皇乾殿。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811103

  •  (22)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (22)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の皇乾殿。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811574

  •  (38)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (38)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の北宰牲亭にある井戸。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204533

  •  (12)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (12)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の北神厨に展示されている文化財。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811245

  •  (31)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (31)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇のコノテガシワ古木林。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811734

  •  (37)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (37)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の西門。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811804

  •  (14)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (14)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の長廊と祈年殿。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811465

  •  (4)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (4)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の内壇と外壇の間に広がるコノテガシワの古木林。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811122

  •  (18)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (18)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の圜丘壇。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811426

  •  (17)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (17)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の圜丘。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811436

  •  (27)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (27)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の櫺星門(れいせいもん)と回音壁(奥)。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811575

  •  (20)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (20)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の圜丘から見た皇穹宇。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811532

  •  (7)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (7)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の祈年殿と東配殿。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811167

  •  (6)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (6)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の祈年殿。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811153

  •  (8)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (8)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    10日、天壇の神楽署。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811166

  •  (29)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて
    2022年03月18日
    (29)皇帝が天を祭った場所北京の天壇を訪ねて

    11日、天壇の祈年殿東配殿に展示されている文化財。中国北京市の天壇は、明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門(前門)を出て東側に位置する。祭壇エリアは北側が円形、南側が四角形をしており「天円地方(天は円く、地は方形)」という中国古代の宇宙観を表している。祭壇は二重の壁に囲まれ、内壇と外壇に分かれる。総面積は273ヘクタールで、主要建物は内壇に集中している。内壇は壁で南北に分かれる。北側は「祈穀壇」で、春の豊年祈願に使われ、中心に祈年殿がある。南側は「圜丘壇(えんきゅうだん)」で、冬至の日に天を祭るために使われる。中心となる建築物は巨大な円形の石壇で「圜丘」と呼ばれる。祈穀壇と圜丘壇は360メートルの参道「丹陛橋」でつながり、併せて南北1200メートルの天壇建築軸線を形成する。その両側にはコノテガシワの古木林が広がる。西天門を入った南側には、皇帝が祭祀(さいし)の前に斎戒(さいかい)するための「斎宮」がある。西側の外壇には、祭祀の楽舞の指導や演奏を担う「神楽署」が置かれていた。祭壇内の主な建物は、祈年殿、皇乾殿、圜丘、皇穹宇(こうきゅうう)、斎宮、無梁殿、長廊、双環万寿亭などで、さらに回音壁、三音石、七星石などの名所旧跡がある。天壇の創建は明の永楽18(1420)年。その後、明の嘉靖年間や清の乾隆年間などに増改築が行われた。明清時代の建築技術の集大成であり、中国古代建築の精華、世界最大の祭祀建築物群でもある。1961年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定され、1998年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031811746

  •  (23)深圳で中日国交正常化50周年を記念する日本建築展
    2022年11月10日
    (23)深圳で中日国交正常化50周年を記念する日本建築展

    7日、坂茂氏が手掛けた靖江王府正陽門楼跡地(広西チワン族自治区桂林市)の保存展示計画案の模型。中国広東省深圳市の海上世界文化芸術センターで5日、中日国交正常化50周年を記念する「国境を越えて-日本建築展」が開幕した。日本の国際交流基金会と同市の芸術団体「デザイン・ソサエティ」が共催し、世界6大陸で活躍する日本の著名建築家と新鋭建築家22人と、彼らが手掛けた36の作品を紹介する。会期は2023年2月19日まで。(深圳=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111011590

  •  (2)泰山を祭る廟「岱廟」を訪ねて山東省泰安市
    2022年12月14日
    (2)泰山を祭る廟「岱廟」を訪ねて山東省泰安市

    岱廟の正陽門。(9月3日撮影)中国山東省泰安市の泰山南麓にある岱廟(たいびょう)は、歴代の皇帝が封禅(ほうぜん)の儀式を行い泰山の神を祭った場所で、東岳廟とも呼ばれる。創建は漢代で、宋代に大きく拡張された。北京市の故宮、山東省曲阜市の三孔(孔府、孔廟、孔林)、河北省承徳市の避暑山荘・外八廟と並び、中国四大古建築群の一つに数えられる。主要建築の天貺殿(てんきょうでん)は、道教で泰山の神とされる東岳大帝が祭られており、殿内の大型壁画「泰山神啓蹕回鑾図(たいざんしんけいひつかいらんず)」は、中国に現存する道教壁画の傑作とされる。廟内には秦漢時代以降の碑刻200余りも残されている。中でも秦始皇帝28(紀元前219)年に造られた「泰山刻石」(李斯篆碑とも)は、本来222文字が刻まれていたが、現在識別できるのは10文字のみとなっている。名木古木も200株余りあり、中でも「漢柏」(漢代のヒノキ科樹木)と「唐槐」(唐代のエンジュ)が最も名高い。(泰安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022121402317

  •  (7)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (7)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の万寧橋。地安門外大街の中央部、什刹海東岸に位置し、北京中軸線上で最古の橋とされる。(3月30日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/羅暁光)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710762

  •  (8)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (8)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の景山から見た鼓楼。(3月15日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710763

  •  (14)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (14)北京の中軸線上に広がる春景色

    2日、北京市の天壇を見学する観光客。天壇は明清両王朝の皇帝が天を祭り、収穫を祈願した場所で、旧内城の南の城門、正陽門を出て東側に位置する。春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/穆問春)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710767

  •  (18)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (18)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の天安門。(3月18日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710768

  •  (1)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (1)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の鐘鼓楼。元の至元9(1272)年に創建され、北京中軸線の北端に位置している。(3月25日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/羅暁光)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710732

  •  (5)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (5)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の万寧橋。地安門外大街の中央部、什刹海東岸に位置し、北京中軸線上で最古の橋とされる。(3月30日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710757

  •  (6)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (6)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の万寧橋。地安門外大街の中央部、什刹海東岸に位置し、北京中軸線上で最古の橋とされる。(3月30日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/羅暁光)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710760

  •  (15)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (15)北京の中軸線上に広がる春景色

    修繕工事中の永定門。(3月29日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710769

  •  (19)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (19)北京の中軸線上に広がる春景色

    故宮博物院の角楼。(3月15日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710776

  •  (16)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (16)北京の中軸線上に広がる春景色

    故宮博物院の午門付近の景色。(3月19日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710773

  •  (12)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (12)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の太廟で見頃を迎えたハクモクレンの花。太廟は明清時代の皇帝が祖先を祭った宗廟で、創建は明の永楽18(1420)年。敷地面積は19万7千平方メートルに及ぶ。(3月27日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710770

  •  (3)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (3)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の鐘楼近くで満開となった花々。(3月31日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/羅暁光)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710759

  •  (17)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (17)北京の中軸線上に広がる春景色

    故宮博物院の角楼を撮影する観光客。(3月29日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710774

  •  (2)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (2)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の什刹海から見た鐘鼓楼。(3月31日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/羅暁光)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710733

  •  (21)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (21)北京の中軸線上に広がる春景色

    故宮博物院の角楼。(3月15日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710778

  •  (4)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (4)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の鐘楼近くで体を動かす市民。(3月30日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/羅暁光)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710761

  •  (11)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (11)北京の中軸線上に広がる春景色

    修繕工事中の永定門。(3月28日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李賀)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710765

  •  (10)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (10)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の故宮博物院を見学する観光客。1406年に創建された故宮は、現存する世界最大かつ最も保存状態の良い木造宮殿建築の一つとして知られ、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(3月19日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710766

  •  (20)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (20)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の太廟で見頃を迎えたハクモクレンの花。太廟は明清時代の皇帝が祖先を祭った宗廟で、創建は明の永楽18(1420)年。敷地面積は19万7千平方メートルに及ぶ。(3月27日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710775

  •  (13)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (13)北京の中軸線上に広がる春景色

    景山から見た故宮博物院。(3月29日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李鑫)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710772

  •  (9)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (9)北京の中軸線上に広がる春景色

    北京市の天安門。(3月15日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710764

  •  (22)北京の中軸線上に広がる春景色
    2023年04月17日
    (22)北京の中軸線上に広がる春景色

    故宮博物院の午門付近の景色。(3月19日撮影)春を迎えた中国北京市では、柳の芽吹きや咲き乱れる花々が格別の光景をつくり出している。市内を貫く北京中軸線は北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮博物院、天安門、正陽門(前門)などを経て南端の永定門に至る全長7・8キロで、左右に太廟と社稷壇、天壇と先農壇が並ぶ。7世紀を超える歴史を持ち、都市の発展に影響を与え続けている。(北京=新華社記者/李欣)= 配信日: 2023(令和5)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023041710777

  •  (5)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (5)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    6日、永定門公園の南中軸線御道景観区で遊ぶ子ども。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061410410

  •  (8)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (8)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    8日、天壇公園で参観待ちの列に並ぶ人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411817

  •  (18)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (18)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    10日、什刹海(じゅうさつかい)付近の煙袋斜街で買い物をする人。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411918

  •  (22)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (22)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    11日、地安門外大街の文化財建築で営業する書店。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411951

  •  (1)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (1)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    8日、天安門広場を散策する人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061410289

  •  (4)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (4)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    8日、景山公園で写真を撮る人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061410366

  •  (3)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (3)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    11日、前門大街を散策する人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061410368

  •  (23)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (23)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    11日、人力三輪車で万寧橋を渡る観光客。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411950

  •  (26)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (26)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    6日、前門大街を散策する人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411949

  •  (25)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (25)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    6日、故宮の角楼を撮影する人。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411952

  •  (27)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (27)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    11日、前門大街で遊ぶ子ども。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411983

  •  (6)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (6)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    故宮の闕右門(けつうもん)から午門へ向かう人々。(3月27日撮影)中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061410421

  •  (14)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (14)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    3日、天壇公園で朝のジョギングを楽しむ人たち。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411840

  •  (28)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (28)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    12日、鐘鼓楼付近にある鐘楼湾胡同(フートン、横町)の自宅中庭で茶を飲む人。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411996

  •  (15)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (15)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    9日、万寧橋を散策する人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411869

  •  (10)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (10)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    9日、什刹海(じゅうさつかい)公園を遊覧する人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411821

  •  (16)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (16)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    9日、鐘鼓楼文化広場で遊ぶ子ども。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411864

  •  (24)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (24)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    6日、中山公園で北京中軸線歴史写真展を見学する人たち。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411968

  •  (19)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (19)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    9日、什刹海(じゅうさつかい)一帯を散策する人々。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411920

  •  (7)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (7)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    11日、鼓楼で写真撮影をする人たち。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061410442

  •  (9)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (9)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    6日、永定門公園の永定門城楼前で遊ぶ子どもたち。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411819

  •  (13)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (13)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    9日、鼓楼で写真撮影する人。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411829

  •  (17)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (17)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    10日、什刹海(じゅうさつかい)付近のカフェで休息する人。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411906

  •  (20)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (20)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    6日、景山公園で記念撮影する人たち。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411921

  •  (21)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (21)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    10日、什刹海(じゅうさつかい)付近のカフェのテラスで街並みを眺める人たち。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411944

  •  (2)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (2)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    天壇公園を見学する人々。(4月29日撮影)中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/鞠煥宗)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061410367

  •  (12)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (12)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    10日、什刹海(じゅうさつかい)のほとりで、象棋(シャンチー、中国将棋)を指す人たち。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411826

  •  (11)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く
    2023年06月14日
    (11)人々と共生する文化遺産北京中軸線を行く

    10日、夕日に照らされた什刹海(じゅうさつかい)。中国北京市を南北に貫く全長7・8キロの中軸線は13世紀に形成された。北端の鐘鼓楼から万寧橋、景山、故宮、端門、天安門、外金水橋、天安門広場とその建築群、正陽門(前門)、中軸線南側道路遺構を経て南端の永定門に至る。両側には太廟と社稷壇(しゃしょくだん)、天壇と先農壇がそれぞれ東西対称に配置されている。700年を経た現在も都市の発展に影響を与え、生きた文化遺産として人々に溶け込み、共生している。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2023(令和5)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061411828

  •  (7)北京で中軸線歴史写真展日本人写真家など多数の作品
    2023年07月03日
    (7)北京で中軸線歴史写真展日本人写真家など多数の作品

    6月29日、日本人写真家の山本讃七郎が撮影した正陽門の城楼と箭楼の写真(右)。中国北京市の中山公園で、写真展「中軸麗影-北京中軸線歴史影像原作展」が開かれている。同市を南北に貫く中軸線の歴史的写真数万点から厳選した貴重な50点余りや早い時期に発表された重要な写真集などを展示する。南端の永定門から北端の鐘鼓楼に至る全長7・8キロの中軸線上にある天壇(てんだん)や故宮、景山など遺産要素の歴史を映し出し、来場者に中軸線が持つ歴史文化の魅力を伝えている。作品の撮影時期は1860年代から1940年代までで、中国と海外の写真家や機関が撮影した。海外の写真家には従軍カメラマンのフェリーチェ・ベアト、清朝最後の10年に宮廷や皇族を最も多く撮影した写真家の1人とされる山本讃七郎、中華民国期に活動した女性カメラマンのエレン・カトリーンなどが含まれる。会期は8月31日まで。(北京=新華社記者/羅鑫)= 配信日: 2023(令和5)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070309881

  •  (1)北京で中軸線歴史写真展日本人写真家など多数の作品
    2023年07月03日
    (1)北京で中軸線歴史写真展日本人写真家など多数の作品

    6月29日、外国人写真家が撮影した正陽門の甕城(おうじょう、城門の防御施設)。中国北京市の中山公園で、写真展「中軸麗影-北京中軸線歴史影像原作展」が開かれている。同市を南北に貫く中軸線の歴史的写真数万点から厳選した貴重な50点余りや早い時期に発表された重要な写真集などを展示する。南端の永定門から北端の鐘鼓楼に至る全長7・8キロの中軸線上にある天壇(てんだん)や故宮、景山など遺産要素の歴史を映し出し、来場者に中軸線が持つ歴史文化の魅力を伝えている。作品の撮影時期は1860年代から1940年代までで、中国と海外の写真家や機関が撮影した。海外の写真家には従軍カメラマンのフェリーチェ・ベアト、清朝最後の10年に宮廷や皇族を最も多く撮影した写真家の1人とされる山本讃七郎、中華民国期に活動した女性カメラマンのエレン・カトリーンなどが含まれる。会期は8月31日まで。(北京=新華社記者/羅鑫)= 配信日: 2023(令和5)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023070309879

  • 1
  • 2