KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 則天武后
  • 歴史
  • 記者
  • 西安
  • 遺物
  • 陵墓
  • 指定
  • 位置
  • 創建

「武則天」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
83
( 1 83 件を表示)
  • 1
83
( 1 83 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 03:29.87
    2019年01月08日
    「新華社」王羲之の真筆を模した「万歳通天帖」、なぜ国宝に?

    中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で開催中の「中国古代書法展」(書法は日本の書道に相当)で、王氏一族の書簡を模した唐代の「万歳通天帖」(ばんざいつうてんじょう)が大きな注目を集め、各地から書法愛好家が詰めかけて列をなしている。この作品は「書聖」と称される晋代の書法家、王羲之(おう・ぎし)の真筆に最も近い書法作品と言われているが、それがなぜ国家級の文化財になったのだろうか。遼寧省博物館学術研究部董宝厚(とう・ほうこう)主任王方慶(おう・ほうけい)は王羲之の子孫であり、武則天(ぶ・そくてん、在位690~705年)時代の宰相です。武則天は当時、王羲之の書を得たいと望み、王方慶を探し出しました。王方慶は王羲之の作品や、自家に伝わる王氏一族の祖先の作品を武則天に献上しました。武則天は万歳通天2年(697年)に、内府の弘文館に命じてこれらの作品を模写させたのです。この模写本は最もオリジナルに忠実とされています。残念ながらオリジナルは失われてしまい、武則天の命で作られた模写本だけが今日まで残っているのです。王羲之の真筆が失われた今、王羲之について、またその書風や書の姿、書への造詣について研究するのに、この作品はとりわけ重要な史料となります。この作品は言わば「真筆に次ぐレベル」であり、今は真筆が残っていないことから、この作品は真筆の代替として研究対象になり得るのです。(記者/姜兆臣)<映像内容>「中国古代書法展」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010811542

  • 02:35.30
    2019年05月23日
    「新華社」武則天の庭園を再現した九洲池がオープン河南省洛陽

    中国河南省洛陽市にこのほど、九洲池遺跡公園が開園した。隋唐洛陽城国家歴史文化公園建設プロジェクトの重要な一環で、中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)時代の有名な宮廷庭園「九洲池」の風景が千数百年後の現代に再現された。史料によると、九洲池は隋唐両王朝時代に創建された。城内に水を引き入れて造営された洛陽城内最大の池で、その屈曲した形が「東海之九洲」のようだったのでその名が付いた。後の史料には、「面積10頃(約52ヘクタール)、水深は1丈(約3メートル)余り、魚が泳ぎ鳥が飛んで、花が植えられている」とあり、そこに建設された高殿や楼閣がさらに景色を引き立たせ、非常に美しい眺めだったと記されている。九洲池遺跡はもともと洛陽浮法玻璃(フロートガラス)集団の敷地内に位置していたが、洛陽市は2009年に隋唐洛陽城大規模遺跡保護プロジェクトを推進、10億元(1元=約16円)を拠出して同社を移転させ、九洲池遺跡群の全体的な保護を進めた。現在の九洲池遺跡公園は、唐代の造園手法を参考にして黄河から水を引いており、史料と同様の「千頃の広大な敷地に四季折々の美しさを詰め込んだ」風景を作り出している。(記者/張彩霞、楊金鑫、張建)<映像内容>九洲池遺跡公園の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402600

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本(中央)を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005719

  • 2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005721

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800664

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の石獅子。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800712

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道脇に立つ石人。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800713

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道脇に立つ石人。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800714

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道脇に立つ石人。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800635

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の石碑。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800731

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の石像。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800722

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道脇に立つ石像。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800733

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道脇に立つ石人。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800728

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道脇に立つダチョウの石刻。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800734

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の参道脇に立つ石人。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800735

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の無字碑。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800662

  • 2020年04月02日
    中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    2日、乾陵の石碑。中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(咸陽=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800737

  • 01:35.83
    2020年04月14日
    「新華社」中国史上唯一の女帝武則天の陵墓、乾陵を訪ねて陝西省咸陽市

    中国陝西省咸陽市乾県には、中国史上唯一の女帝となった武則天(則天武后)と唐の第3代皇帝高宗の合葬墓「乾陵(けんりょう)」がある。陵園内には石獅子や石碑など大型石刻120点余りが現存し、陪葬墓からも唐三彩や唐墓壁画など文化財4300点余りが出土したことから「唐代文化芸術の宝庫」と呼ばれている。(記者/孫正好)<映像内容>武則天の陵墓、乾陵の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041501262

  • 2020年06月19日
    農民が霊峰で拾った金の札「武則天金簡」河南省

    河南博物院が所蔵する武則天金簡。(資料写真)中国河南省鄭州市の河南博物院が所蔵する貴重な文化財の一つに「武則天金簡」がある。中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)に関する文化財としては唯一現存する器物で、その発見についても興味深い逸話が残されている。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204519

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ獬豸像。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800836

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)と石刻。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800848

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の遠景。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800903

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石獅子。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801048

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800871

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800963

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801047

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に残るダチョウの石刻。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800855

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石馬。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801065

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800867

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800875

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)と石刻。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800959

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石馬。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801046

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石獅子。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801051

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801066

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(墓に通じる道)に立つ石獅子。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800862

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石馬。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800961

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800966

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ石人。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801015

  • 2020年07月14日
    唐睿宗の陵墓「橋陵」を訪ねて陝西省

    14日、橋陵の神道(陵墓に通じる道)に立つ獬豸像。中国陝西省渭南(いなん)市蒲城県の北西部に、唐の皇帝睿宗(えいそう)の陵墓「橋陵」がある。睿宗は高宗と武則天(則天武后)の息子で、玄宗の父親に当たる。開元4(716)年に長安で没し、橋陵に埋葬された。橋陵には獬豸(かいち、伝説の霊獣)やダチョウ、馬、人、獅子などの石像50体余りが残されている。盛唐時代の石刻芸術の屋外展覧館ともいえ、中国の封建社会最盛期の遺物の代表とされる。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801068

  • 2020年09月24日
    河南博物院のメインホール、全面改修終え一般公開

    9月24日、河南博物院のメインホールに展示された「武則天金簡(ぶそくてんきんかん)」の一部。中国河南省鄭州市にある河南博物院のメインホールが5年間の改修工事を経てリニューアルし、同ホールで9月24日に新たな常設展と一部の特別展が一般公開された。常設展は「婦好鴞尊」や「杜嶺方鼎(とれいほうてい)」など、同博物院の逸品を含む貴重な文化財5千点余りを展示、黄河文明と海洋文明、草原文明の交流に焦点を当てる。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101704998

  • 2020年12月29日
    (6)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の基礎遺構。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000530

  • 2020年12月29日
    (1)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘現場。(11月20日撮影、小型無人機から)中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000523

  • 2020年12月29日
    (2)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿で出土した纏枝忍冬(てんしにんどう)文の笠石。(11月8日撮影)中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000526

  • 2020年12月29日
    (4)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘現場。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000528

  • 2020年12月29日
    (3)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿で出土した礎石。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000527

  • 2020年12月29日
    (5)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の基礎遺構。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000529

  • 2021年04月26日
    泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    弘一法師紀念館の入り口。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710256

  • 2021年04月26日
    泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710282

  • 2021年04月26日
    泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の山門(天王殿)に掲げられた「紫雲」の額と西塔の上部。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710265

  • 2021年04月26日
    (26)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔全体の外観。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710250

  • 2021年04月26日
    (21)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の檀越祠。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710281

  • 2021年05月15日
    (5)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿に掲げられた「御賜仏像」の扁額。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507691

  • 2021年05月15日
    (13)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    正面から見た開元寺東塔。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507698

  • 2021年05月15日
    (11)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507701

  • 2021年05月15日
    (24)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔に施された彫刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507710

  • 2021年05月15日
    (1)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の拝庭。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507685

  • 2021年05月15日
    (22)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    創建当時に全国最大の寺だったことを表す「万山第一」の碑と西塔。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507708

  • 2021年05月15日
    (9)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507696

  • 2021年05月15日
    (17)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺境内にある泉州仏教博物館。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507702

  • 2021年05月15日
    (7)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507694

  • 2021年05月15日
    (10)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507697

  • 2021年05月15日
    (12)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔全体の外観。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507700

  • 2021年05月15日
    (18)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の山門(天王殿)。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507703

  • 2021年05月15日
    (16)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の麒麟壁。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507705

  • 2021年05月15日
    (4)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿前の拝庭。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507686

  • 2021年05月15日
    (3)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿と拝庭。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507687

  • 2021年05月15日
    (23)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔の基部に施された彫刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507709

  • 2021年05月15日
    (19)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    山門の外壁に刻まれた「桑蓮法界」の文字。桑の木が白蓮の花を咲かせたという開基伝説にちなんでいる。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507704

  • 2021年05月15日
    (25)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔の基部に施された彫刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507707

  • 2021年05月15日
    (14)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    弘一法師紀念館と東塔。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507699

  • 2021年05月15日
    (2)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の蔵経閣。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507688

  • 2021年05月15日
    (6)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿前にある石の香炉。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507692

  • 00:58.96
    2021年10月15日
    「新華社」重陽節に黄帝を祭る行事開催浙江省縉雲県

    中国の伝統的な祝日、重陽節(旧暦9月9日)に当たる14日、浙江省麗水市縉雲(しんうん)県の仙都風景区で黄帝を祭る「辛丑(かのとうし)年中国仙都祭祀軒轅(けんえん)黄帝大典」が開かれた。同式典を省政府が主催したのは今回が初めて。約1時間にわたる式典は9段階に分かれ、最初にラッパを吹き鳴らし、太鼓と鐘を打ち、大型の線香と盛花、酒を順番に献上。さらに祭文を読み上げ、拝礼し、最後に歌と踊りが奉納された。同県は中国史上唯一の女帝、武則天(則天武后)が武周時代(690~705年)の万歳登封元(696)年に勅命により創設。県名は地元の縉雲山に由来するが、山の名もまた黄帝の名称「縉雲氏」に関係があるとされ、同山の鼎湖峰は黄帝が丹薬を作った場所と伝えられている。同県の黄帝祭祀は、東晋時代(317~420年)から史料に記載されている。武則天の孫に当たる唐の玄宗皇帝、李隆基(り・りゅうき)は、この地に黄帝の祠宇(しう)を建てるよう勅命を下し、縉雲山を「仙都」と呼んだ。1988年、同県は黄帝祠宇を再建するとともに、祭祀を再開。「縉雲軒轅祭典」は2011年、国務院により中国国家級無形文化遺産に指定された。(記者/孔令杭) =配信日: 2021(令和3)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101600774

  • 2021年11月19日
    (5)上海市で唐碑善本展書法の美を堪能

    12日、上海図書館で展示された、唐の武則天(則天武后)の行書・草書。中国上海市の上海図書館で1~14日、「大唐の情景―上海図書館所蔵の唐碑善本展」が開催され大勢の人々を魅了した。共催した上海図書館と上海市書法家協会は、「唐は中国五千年の歴史で最も輝かしい時代の一つ。保存された何千という唐碑経典は、盛唐の開放的で革新的な時代の情景を今に伝えおり、中華民族の偉大なる復興の貴重な精神的財産であるだけでなく、中華民族の文化に対する自信も深めている」と表明した。同図書館は碑の拓本25万点を収蔵しており、うち約3千点は学術的価値のある古典の版本・写本の善本という。今回の展示では、欧陽詢(おうよう・じゅん)の「九成宮醴泉銘」「皇甫誕碑」「虞恭公温彦博碑」と欧陽通(おうよう・とう)の「道因法師碑」を合わせて同博物館の至宝と称される「四欧宝笈」を含む唐碑善本60種余りが厳選された。また懐仁集王羲之書「三蔵聖教序」など書道史における著名な名文も披露された。展示品の約半分が国家1、2級の文化財に指定されている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112001613

  • 2021年12月15日
    (5)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    9日、咸陽洪瀆原墓葬から出土した金銅五尊仏像。中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121509004

  • 2021年12月15日
    (7)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    咸陽市渭城区にある唐代の楊全節(よう・ぜんせつ)墓から出土した左内率銅魚符。(10月13日撮影)中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121509006

  • 2021年12月15日
    (6)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    咸陽市渭城区にある西蔣墓地M4070墓の墓道北壁で見つかった人物像レリーフ。(2月23日撮影)中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121508989

  • 2021年12月15日
    (1)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    9日、陝西省文物局が開いた咸陽洪瀆原墓葬の考古学新発見に関する記者会見。中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121509002

  • 2021年12月15日
    (9)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    咸陽市渭城区の洪瀆原墓葬上召窯墓地で見つかった戦国時代の墓。(4月30日撮影)中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121508996

  • 2021年12月15日
    (2)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    9日、記者会見で、咸陽市渭城区の成任墓地から出土した金銅釈迦牟尼立像について説明する陝西省考古研究院の李明(り・めい)研究員。中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121508991

  • 2021年12月15日
    (3)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    咸陽市渭城区の成任墓地から出土した金銅釈迦牟尼立像。(4月18日撮影)中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121508994

  • 2021年12月15日
    (8)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    咸陽市渭城区の成任墓地から出土した延熹元年朱書陶罐。延熹は後漢桓帝期の元号で元年は158年。(5月20日撮影)中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121508999

  • 2021年12月15日
    (4)咸陽市で古墓3600基余りを発見陝西省

    9日、咸陽洪瀆原墓葬から出土した金銅釈迦牟尼立像。中国陝西省文物局は9日、同省咸陽(かんよう)市の洪瀆原(こうとくげん)墓葬で新たに確認された考古学上の発見に関する記者会見を開いた。同省の考古学者らは1年余りの発掘作業を経て、同市渭城(いじょう)区で戦国時代から明清時代にかけての古墓3600基余りを発掘した。後漢時代から隋唐時代にかけての家族墓が数基あり、唐の玄宗皇帝の従弟や中国史上唯一の女帝・武則天(則天武后)の従兄など、高級貴族の墓も含まれる。これまで発掘された墓は、中・大型墓の割合が大きく、造営年代の分かる紀年墓の数も多い。多くの遺物も出土している。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121509007

  • 1