KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • だい
  • 歴史
  • 記者
  • 継承
  • 無形文化遺産
  • 茶摘み
  • 延床面積
  • 風景
  • 大会

「武夷岩茶」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
278
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
278
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな古い岩茶が展示されている茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919112

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918750

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918751

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918752

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された岩茶づくりの道具。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919155

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918749

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918734

  •  (21)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    (21)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919176

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の岩茶の製造展示室に置かれた、乾燥中の茶葉。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918685

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918731

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918544

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918881

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶室の外観。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918927

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919191

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室。乾燥工程に使う設備が展示されている。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918533

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918640

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918710

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室に置かれた、乾燥工程の茶葉。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918748

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の正面玄関。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918745

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器の展示。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919187

  •  武夷岩茶の伝統製茶技法大会を開催福建省武夷山市
    2018年09月18日
    武夷岩茶の伝統製茶技法大会を開催福建省武夷山市

    18日、福建省武夷山市で伝統製茶技法大会に参加した選手。中国福建省武夷山(ぶいさん)市で18日武夷岩茶(大紅袍)の伝統製茶技法大会が行われ、参加した数十名の選手が技を競った。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014776

  •  武夷岩茶の伝統製茶技法大会を開催福建省武夷山市
    2018年09月18日
    武夷岩茶の伝統製茶技法大会を開催福建省武夷山市

    18日、福建省武夷山市で伝統製茶技法大会に参加した選手。中国福建省武夷山(ぶいさん)市で18日武夷岩茶(大紅袍)の伝統製茶技法大会が行われ、参加した数十名の選手が技を競った。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014688

  •  「新華社」お茶の産地に伝わる柚子茶福建省武夷山
    00:51.60
    2019年01月17日
    「新華社」お茶の産地に伝わる柚子茶福建省武夷山

    独特の品種として知られる柚子茶は、中国福建省武夷山の人々の間で代々伝わってきたお茶であり、多くのお茶好きにも愛されている。毎年冬を迎えると、武夷山の人々は柚子茶作りを開始する。武夷山の奥深くにある原始林に自生している柚子は、皮がやや青く、大きさがさまざまで、見た目はさほど美しくないが、柚子茶を作るには最も適している。実をくりぬいた柚子の皮に武夷岩茶(武夷山一帯で生産されるウーロン茶の一種)の茶葉を詰め、細い紐できつく締めてぴったりと密封し、陰干しやいぶし干しを行い、数年後にその茶葉を煮込んで飲む。柚子が体内の熱を排出し、岩茶が体内の気のめぐりを良くし、この二つの働きによって効果が出る。武夷山市では、子どもが風邪を引いて咳をし、気のめぐりが悪い時には、柚子の皮と茶葉を一緒に煮て飲ませる。驚くほどの咳止め効果があり、重い風邪や下痢、血便などの治療にも効果があるという。(記者/魏培全)<映像内容>武夷山の柚子茶作りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012403014

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日、武夷山市南源嶺村に立ち並ぶ民宿を観光客に案内する陳琳さん(中央)。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402769

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日、民宿でウォールハンガーの取り付け場所を決める陳飛(手前)さんと陳琳さん。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402774

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日に撮影した武夷山市南源嶺村の「民宿模範店」。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402795

  •  (24)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    (24)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山の瑞泉岩茶博物館が所蔵する茶文化に関する書籍。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918755

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日、宿泊客のチェックイン手続きをする陳飛さん(右)と陳琳さん(中央)。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402796

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日、陳飛さんと武夷岩茶の入れ方について学び合う陳琳さん(左)。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402755

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日、他地域に販売する武夷岩茶の茶葉を缶に入れる陳飛さん(左)と陳琳さん。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402765

  •  (23)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    (23)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された宋代の茶道具。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918740

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日、自身が経営する民宿の前で、花の手入れをする陳琳さん。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402767

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日に撮影した武夷山市南源嶺村に立ち並ぶ民宿。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402773

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918747

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日、民宿の客室でベッドメイキングをする陳飛さん(奥)と陳琳さん。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402757

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日に撮影した武夷山市南源嶺村の町並み。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402894

  •  茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市
    2019年01月18日
    茶販売と民宿経営で豊かさを手にした「90後」夫妻武夷山市

    18日に撮影した武夷山市南源嶺村の住民が経営する民宿。中国福建省北部の出身で「90後」(1990年代生まれの世代を指す)の夫婦、陳飛(ちん・ひ)さんと陳琳(ちん・りん)さんは、2017年11月に武夷山(ぶいざん)市南源嶺村でお茶文化と観光を組み合わせた特色ある民宿をオープンさせた。二人は民宿を経営しながら武夷岩茶(武夷山市で生産される青茶)を販売し、これまで世界中の観光客1万人近くを受け入れてきた。近年、武夷山市は「山水観光」(主に自然の風景を楽しむことにポイントを置いた観光)や保養・レジャーをメインに、農村観光をベースとして、茶文化を特色とする観光産業のシステムを積極的に構築している。南源嶺村には現在、140軒の民宿があり、ベッド数は1800床余りで、2018年の茶文化観光の総収入は3575万元(1元=約16円)に達している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402799

  •  (22)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    (22)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された宋代の茶道具。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918744

  •  小さな村の闘茶競技会福建省武夷山市
    2019年11月02日
    小さな村の闘茶競技会福建省武夷山市

    2日、「仙店杯」民生茶闘茶競技会の開会式で、武夷岩茶(大紅袍)を入れる儀式を披露する出演者。中国福建省武夷山市南部の興田鎮仙店村で2日、2019第3回武夷山茶葉交易会および「仙店杯」民生茶闘茶競技会が開催された。同村は山間部に位置する茶畑計約7千ムー(約467ヘクタール)以上の大部分で「高山雲霧有機茶」を栽培している。村では産業構造の転換による発展の道を探るため、茶産業資源を整理・統合し、「仙店人家」農民茶葉専業合作社(協同組合)を結成。闘茶競技会を村と企業の連携の場とし、茶農家の収入増と強い村づくりを実現した。仙店村は2018年、財政収入が131万1600元(1元=約15円)、住民1人当たりの可処分所得は1万6500元に達した。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608404

  •  小さな村の闘茶競技会福建省武夷山市
    2019年11月02日
    小さな村の闘茶競技会福建省武夷山市

    2日、専門審査員席で村民らが出品した茶を審査する武夷岩茶(大紅袍)製造技術の代表的伝承者、劉安興(りゅう・あんこう)氏(左から3人目)。中国福建省武夷山市南部の興田鎮仙店村で2日、2019第3回武夷山茶葉交易会および「仙店杯」民生茶闘茶競技会が開催された。同村は山間部に位置する茶畑計約7千ムー(約467ヘクタール)以上の大部分で「高山雲霧有機茶」を栽培している。村では産業構造の転換による発展の道を探るため、茶産業資源を整理・統合し、「仙店人家」農民茶葉専業合作社(協同組合)を結成。闘茶競技会を村と企業の連携の場とし、茶農家の収入増と強い村づくりを実現した。仙店村は2018年、財政収入が131万1600元(1元=約15円)、住民1人当たりの可処分所得は1万6500元に達した。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608422

  •  武夷山で「喊山祭茶」文化シーズンイベント開催福建省
    2020年04月15日
    武夷山で「喊山祭茶」文化シーズンイベント開催福建省

    15日、武夷山市の仙凡岩茶製茶工場で、武夷山の険しい岩山に根を張る高級中国茶、武夷岩茶を干す茶職人の劉鋒さん。中国福建省の西北部にある武夷山風景区で15日、第1回武夷山「喊山祭茶」文化シーズンイベントが開催された。「喊山祭茶」は武夷山に昔からある祭祀の風習で、武夷山の茶文化を伝える重要な儀式の一つ。その歴史は古く、北宋(960~1127年)および五代十国時代の南唐(937~975年)にまでさかのぼる。茶業の繁栄を神に祈り、茶葉の発芽と豊作を願うことを目的としている。(武夷山=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042002964

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、伝統的な薄い紙に包まれる「白鶏冠茶」。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800769

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800776

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さんから武夷岩茶の木炭焼成法を習う方舟(ほう・しゅう)さん(右)。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800891

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さん(左)から武夷岩茶の伝統的な手作業による製法を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800900

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、製茶工場で従業員らと共に試飲する游玉瓊さん(右端)と息子の方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800819

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さん(右)から、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の摘み取り方を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800831

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の摘み取り作業を急ぐ製茶工場の従業員ら。(小型無人機から)武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800814

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶のライブ配信販売を従業員に指導する方舟(ほう・しゅう)さん(右)。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800822

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、国家無形文化遺産に指定されている武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者、游玉瓊さん(右)と息子の方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800826

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さん(右)から、武夷岩茶の伝統的な手作業による製法を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800923

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の改良を進める游玉瓊さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800919

  •  海峡両岸の茶産業博覧会、800社余りが出展福建省武夷山市
    2020年11月16日
    海峡両岸の茶産業博覧会、800社余りが出展福建省武夷山市

    16日、企業ブースで「武夷岩茶」を撮影する来場客。中国福建省武夷山市で、第14回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業博覧会が開かれている。16日から3日間の日程で、台湾地区の企業89社を含む海峡両岸の企業800社余りが出展。茶の入れ方コンテストや海岸両岸の茶文化を学ぶワークショップ、高齢者介護・健康産業フォーラムなど各種イベントも楽しめる。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008713

  •  海峡両岸の茶産業博覧会、800社余りが出展福建省武夷山市
    2020年11月16日
    海峡両岸の茶産業博覧会、800社余りが出展福建省武夷山市

    16日、企業ブースで武夷山産の「武夷岩茶」を味わう来場客。中国福建省武夷山市で、第14回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶産業博覧会が開かれている。16日から3日間の日程で、台湾地区の企業89社を含む海峡両岸の企業800社余りが出展。茶の入れ方コンテストや海岸両岸の茶文化を学ぶワークショップ、高齢者介護・健康産業フォーラムなど各種イベントも楽しめる。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112008702

  •  (6)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (6)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する製茶企業と茶農家の代表。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706498

  •  (5)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (5)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、茶葉を手に取って審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706508

  •  (13)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (13)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706803

  •  (11)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (11)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706622

  •  (7)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (7)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706510

  •  (3)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (3)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、テーブルに並べられた出品茶。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706472

  •  (1)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (1)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の香りを審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706397

  •  (8)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (8)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の香りを審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706559

  •  (12)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (12)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706625

  •  (4)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (4)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の準備をする専門家審査員やスタッフ。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706466

  •  (2)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (2)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706459

  •  (9)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (9)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706576

  •  (10)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (10)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の香りを審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706578

  •  (1)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (1)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    6日、福建省武夷山市星村鎮の仙凡製茶工場で、武夷岩茶を作る従業員。(小型無人機から)中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106134

  •  (3)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (3)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    6日、福建省武夷山市星村鎮の仙凡製茶工場で、武夷岩茶を作る従業員。(小型無人機から)中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106135

  •  (9)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (9)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    10日、福建省武夷山市桐木村で茶摘みをする人々。中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106142

  •  (5)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (5)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    10日、福建省武夷山市桐木村で茶摘みをする茶農家の人。中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106126

  •  (8)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (8)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    10日、福建省武夷山市桐木村で正山小種を作る茶農家の人。中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106136

  •  (7)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (7)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    6日、空から見た福建省武夷山市星村鎮の燕子窠(えんしか)グリーン生態茶園。(小型無人機から)中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106144

  •  (4)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (4)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    10日、正山小種を審査する福建省の紅茶製造技法伝承者、江元勲(こう・げんくん)氏(左)。中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106127

  •  (6)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (6)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    10日、福建省武夷山市桐木村の元勲製茶工場で、正山小種を作る従業員。中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106133

  •  (2)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市
    2022年05月11日
    (2)紅茶の収穫・加工が最盛期福建省武夷山市

    8日、国家無形文化遺産に指定されている武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の代表的伝承者、劉国英(りゅう・こくえい)氏。中国福建省武夷山市では武夷岩茶の生産が終盤に入り、紅茶の一種「正山小種」の収穫と加工が最盛期を迎えている。武夷山には14万8千ムー(約9870ヘクタール)の茶畑があり、ここ数年は恵まれた自然環境を生かし、農地の改良や高度化、製茶技術向上の取り組みが進められている。茶栽培は地元農家に収入増をもたらし、関連産業の発展にもつながっている。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2022(令和4)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051106168

  •  CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)
    2022年12月02日
    CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)

    (221202) -- WUYISHAN, Dec. 2, 2022 (Xinhua) -- Ye Qitong (1st L), a national inheritor of Wuyi rock tea making technique, comments on tea at a tea tasting competition in Wuyishan, southeast China‘s Fujian Province, Oct. 28, 2017. Wuyishan, the hometown of rock tea, boasts a wide range of rock tea varieties. The making technique of Wuyi rock tea, a special oolong variety with a particularly roasted taste and floral and fruity aroma, is comprised of more than 10 processing procedures including tea harvesting, withering, fixation, twisting, drying and so on. Inherited and developed with a long history, the making technique of Wuyi rock tea is listed as national-level intangible cultural heritage. (Xinhua/Wei Peiquan)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120208507

  •  CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)
    2022年12月02日
    CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)

    (221202) -- WUYISHAN, Dec. 2, 2022 (Xinhua) -- You Yuqiong (L), the only female inheritor of Wuyi rock tea making technique, instructs her son Fang Zhou in the charcoal roasting technique of Wuyi rock tea in Wuyishan, southeast China‘s Fujian Province, May 10, 2020. Wuyishan, the hometown of rock tea, boasts a wide range of rock tea varieties. The making technique of Wuyi rock tea, a special oolong variety with a particularly roasted taste and floral and fruity aroma, is comprised of more than 10 processing procedures including tea harvesting, withering, fixation, twisting, drying and so on. Inherited and developed with a long history, the making technique of Wuyi rock tea is listed as national-level intangible cultural heritage. (Xinhua/Wei Peiquan)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120208501

  •  CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)
    2022年12月02日
    CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)

    (221202) -- WUYISHAN, Dec. 2, 2022 (Xinhua) -- He Shi‘an, an inheritor of Crumby-cake tea making technique, demonstrates the manual stir fixation technique of Wuyi rock tea in Wuyishan, southeast China‘s Fujian Province, Dec. 1, 2022. Wuyishan, the hometown of rock tea, boasts a wide range of rock tea varieties. The making technique of Wuyi rock tea, a special oolong variety with a particularly roasted taste and floral and fruity aroma, is comprised of more than 10 processing procedures including tea harvesting, withering, fixation, twisting, drying and so on. Inherited and developed with a long history, the making technique of Wuyi rock tea is listed as national-level intangible cultural heritage. (Xinhua/Wei Peiquan)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120208505

  •  CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)
    2022年12月02日
    CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)

    (221202) -- WUYISHAN, Dec. 2, 2022 (Xinhua) -- You Yuqiong (L), the only female inheritor of Wuyi rock tea making technique, instructs her son Fang Zhou (C) in the roasting technique of Wuyi rock tea in Wuyishan, southeast China‘s Fujian Province, Dec. 1, 2022. Wuyishan, the hometown of rock tea, boasts a wide range of rock tea varieties. The making technique of Wuyi rock tea, a special oolong variety with a particularly roasted taste and floral and fruity aroma, is comprised of more than 10 processing procedures including tea harvesting, withering, fixation, twisting, drying and so on. Inherited and developed with a long history, the making technique of Wuyi rock tea is listed as national-level intangible cultural heritage. (Xinhua/Wei Peiquan)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120208503

  •  CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)
    2022年12月02日
    CHINA-FUJIAN-WUYISHAN-WUYI ROCK TEA (CN)

    (221202) -- WUYISHAN, Dec. 2, 2022 (Xinhua) -- You Yuqiong (R), the only female inheritor of Wuyi rock tea making technique, instructs her son Fang Zhou in the manual stirring technique of Wuyi rock tea in Wuyishan, southeast China‘s Fujian Province, Dec. 1, 2022. Wuyishan, the hometown of rock tea, boasts a wide range of rock tea varieties. The making technique of Wuyi rock tea, a special oolong variety with a particularly roasted taste and floral and fruity aroma, is comprised of more than 10 processing procedures including tea harvesting, withering, fixation, twisting, drying and so on. Inherited and developed with a long history, the making technique of Wuyi rock tea is listed as national-level intangible cultural heritage. (Xinhua/Wei Peiquan)= 配信日: 2022(令和4)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120208502

  •  (12)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (12)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、外国留学から帰国した一人息子の方舟(ほう・しゅう)さん(中央)に、武夷岩茶の焙煎(ばいせん)技術を指導する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん(左)。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706040

  •  (5)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (5)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市星村鎮の燕子窠生態茶園。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705971

  •  (7)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (7)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、武夷岩茶の製造技法の一つ「手工揉捻」を披露する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705989

  •  (4)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (4)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市の星村鎮。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705973

  •  (6)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (6)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市星村鎮の燕子窠生態茶園。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705969

  •  (13)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (13)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市の星村鎮。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706039

  •  (8)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (8)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    外国留学から帰国した一人息子の方舟(ほう・しゅう)さん(手前)に、武夷岩茶の炭火焙煎(ばいせん)法を指導する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん。(2020年5月10日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706008

  •  (11)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (11)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、武夷岩茶(大紅袍)製造技法の「手工炒青」を披露する武夷山市団茶製作技術伝承者の何世安(か・せあん)さん。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706043

  •  (9)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (9)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    闘茶賽(とうちゃさい、茶の品評会)で茶の品評をする国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」伝承者の葉啓桐(よう・けいとう)さん(左)。(2017年10月28日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120707542

  •  (1)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (1)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    武夷山に昔から伝わる茶文化の一つ「民間闘茶賽(とうちゃさい、茶の品評会)」で、武夷岩茶を試飲する外国人観光客。(2017年10月28日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705927

  •  (2)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (2)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    武夷山に昔から伝わる茶文化の一つ「喊山祭茶」。茶業の繁栄を願い、山に向かって茶の神にささげる祭文を叫ぶ。(2019年4月14日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705931

  •  (3)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (3)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市星村鎮の茶山。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705968

  •  (10)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (10)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、外国留学から帰国した一人息子の方舟(ほう・しゅう)さん(奥)に、武夷岩茶製造技法の「手工揺青(茶葉を揺らす作業)」を指導する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706006

  •  「新華社」武夷山を彩る春節の装い福建省
    00:47.78
    2023年01月21日
    「新華社」武夷山を彩る春節の装い福建省

    中国の春節(旧正月、今年は1月22日)を目前に控えた福建省武夷山リゾート区では、新年を祝う飾り提灯が街中に掲げられている。夜になると色とりどりの光が祝賀ムードを醸し出し、正月気分を高める。新年の干支(えと)・うさぎも街のあちこちで見られ、年越しの雰囲気を盛り上げている。地元では春節連休の観光客の多様なニーズに応えるため、武夷山の特産、武夷岩茶の魅力を前面に押し出した新年特別ツアーも用意。武夷山ならではの新年を楽しめるようにしている。(記者/郭圻) =配信日: 2023(令和5)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012112643

  •  (13)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (13)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館の内部。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105247

  •  (2)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (2)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    26日、瑞泉岩茶博物館で行われた民建三茶融合発展研究会の設立大会の会場。(小型無人機から)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105190

  •  (3)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (3)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館の内部。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105193

  •  (18)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (18)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    26日、空から見た瑞泉岩茶博物館。(小型無人機から)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105366

  •  (7)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (7)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館のさまざまな古い岩茶が展示されている茶葉貯蔵庫。(2019年12月11日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105211

  • 1
  • 2
  • 3