KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • ウマ
  • ヒツジ
  • 内径
  • 動物
  • 南東部
  • 外側
  • 発掘調査
  • 発見

「武川県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年10月05日
    森林公園の秋色に酔う内モンゴル自治区

    5日、内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園の景色。中国内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園は一面が秋色に染まり、人々を魅了している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705739

  • 2020年10月05日
    森林公園の秋色に酔う内モンゴル自治区

    5日、内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園の景色。中国内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園は一面が秋色に染まり、人々を魅了している。(フフホト市=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705708

  • 2020年10月05日
    森林公園の秋色に酔う内モンゴル自治区

    5日、内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園の景色。中国内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園は一面が秋色に染まり、人々を魅了している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705752

  • 2020年10月05日
    森林公園の秋色に酔う内モンゴル自治区

    5日、内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園の景色。中国内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園は一面が秋色に染まり、人々を魅了している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705758

  • 2020年10月05日
    森林公園の秋色に酔う内モンゴル自治区

    5日、内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園の景色。中国内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園は一面が秋色に染まり、人々を魅了している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705750

  • 2020年10月05日
    森林公園の秋色に酔う内モンゴル自治区

    5日、内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園の景色。中国内モンゴル自治区フフホト市武川県にある哈達門国家森林公園は一面が秋色に染まり、人々を魅了している。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100705782

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511627

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511621

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511566

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511624

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511800

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511561

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511603

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で作業する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511714

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場で測量する発掘スタッフ。中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511780

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511592

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110511678

  • 00:49.08
    2020年11月04日
    「新華社」1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡はフフホト市街地の北方に位置する大青山の蜈蚣壩(ごしょうは)頂上にある。分布範囲は約1万平方メートル。遺跡の存在は1980年代に確認されていたが、正式な発掘が始まったのは2019年からで、これまでに遺跡の形状や構造、性質が明らかになっている。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。同研究所の張文平(ちょう・ぶんぺい)副所長は、北魏の皇室が天を祭ったことは歴史書に多くの記載があるが、今回の発掘が行われるまでその場所を特定することができなかったと説明。遺跡が使用された時期については、出土品の年代鑑定から430~490年の間ではないかとの見方を示した。専門家は今回発掘された遺跡について、中原王朝の祭祀・礼法と北方遊牧民族の伝統的な祭祀方式が結合したものだと指摘。年代的に隋唐時代の西安の圜丘や明清時代の北京の天壇より早いことから、中国の皇室祭天儀式の歴史や北魏の祭天儀礼制度を研究する上で貴重な実物証拠になるとの考えを示した。(記者/張晟)<映像内容>皇帝祭天遺跡の発掘現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110508130

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- A villager harvests Sichuan pepper in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700144

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- A villager harvests Sichuan pepper in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700162

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- A staff member checks the processing of Sichuan pepper at the production line of a local company in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Photo by Zhao Yongzhang/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700149

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- In this aerial photo, a villager harvests Sichuan pepper in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700151

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on June 16, 2022 shows a Sichuan pepper plantation in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700139

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- A staff member processes Sichuan pepper at the production line of a local company in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 15, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Photo by Zhao Yongzhang/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700140

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- A staff member checks Sichuan pepper at the production line of a local company in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 15, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Photo by Chen Qingjun/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700113

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- A staff member packs Sichuan pepper at a local company in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700145

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- Aerial photo taken on June 16, 2022 shows a Sichuan pepper plantation in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Photo by Luo Xinghan/Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700141

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- In this aerial photo, villagers harvest Sichuan pepper in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700143

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- In this aerial photo, villagers harvest Sichuan pepper in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700109

  • 2022年06月16日
    CHINA-GUIZHOU-WUCHUAN-SICHUAN PEPPER (CN)

    (220616) -- WUCHUAN, June 16, 2022 (Xinhua) -- A villager demonstrates freshly-picked Sichuan pepper in Zhennan Town of Wuchuan Gelao and Miao Autonomous County, southwest China‘s Guizhou Province, June 16, 2022. Covering a wide area of karst topography and suffering from serious rocky desertification, Wuchuan County once had low agricultural yields. Local authorities have been committed to planting Sichuan pepper, a cash crop highly adaptable to areas of rocky desertification, as a way to boost local economy and drive rural revitalization. The total area of Sichuan pepper plantation now stands at 225,000 mu (about 15,000 hectares) in the county. (Xinhua/Ou Dongqu)= 配信日: 2022(令和4)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061700159

  • 1