KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中医医療
  • 医療チーム
  • 国家中医
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 雷神山医院
  • 上海中医薬大学
  • 上海市中医
  • 中医医院
  • 中国上海市

「武漢雷神山」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 写真
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年03月29日
    第4次国家中医医療チームが最後の勤務武漢雷神山医院

    29日、武漢雷神山医院で、カルテを整理する第4次国家中医医療チームのメンバー。同日終業後、この病棟は正式に閉鎖された。中国上海市から武漢へ派遣されていた第4次国家中医医療チームが29日、雷神山医院で最後の勤務を終えた。31日に全隊員が上海へ帰還する。医療チームは上海中医薬大学付属竜華医院と同付属上海市中医医院の医療従事者122人で構成され、2月15日に武漢市に到着、雷神山医院感染三科の第五病棟を担当していた。(武漢=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月29日
    第4次国家中医医療チームが最後の勤務武漢雷神山医院

    29日、武漢雷神山医院で、隔離病棟の汚染区へ向かう第4次国家中医医療チームの隊員。中国上海市から武漢へ派遣されていた第4次国家中医医療チームが29日、雷神山医院で最後の勤務を終えた。31日に全隊員が上海へ帰還する。医療チームは上海中医薬大学付属竜華医院と同付属上海市中医医院の医療従事者122人で構成され、2月15日に武漢市に到着、雷神山医院感染三科の第五病棟を担当していた。(武漢=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月29日
    第4次国家中医医療チームが最後の勤務武漢雷神山医院

    29日、武漢雷神山医院で、隔離病棟の汚染区へ向かう第4次国家中医医療チームの呉瓊麗(ご・けいれい)隊員。中国上海市から武漢へ派遣されていた第4次国家中医医療チームが29日、雷神山医院で最後の勤務を終えた。31日に全隊員が上海へ帰還する。医療チームは上海中医薬大学付属竜華医院と同付属上海市中医医院の医療従事者122人で構成され、2月15日に武漢市に到着、雷神山医院感染三科の第五病棟を担当していた。(武漢=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月29日
    第4次国家中医医療チームが最後の勤務武漢雷神山医院

    29日、武漢雷神山医院で、隔離病棟の汚染区へ向かう第4次国家中医医療チームの隊員(左)と、その隊員をチェックする同僚の劉青(りゅう・せい)さん(右)。中国上海市から武漢へ派遣されていた第4次国家中医医療チームが29日、雷神山医院で最後の勤務を終えた。31日に全隊員が上海へ帰還する。医療チームは上海中医薬大学付属竜華医院と同付属上海市中医医院の医療従事者122人で構成され、2月15日に武漢市に到着、雷神山医院感染三科の第五病棟を担当していた。(武漢=新華社記者/才揚)=2020(令和2)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    中国企業開発の「中医薬の無人調剤薬局」、武漢雷神山医院に配備

    蘇州信亨自動化科技が開発した中医薬の無人調剤薬局。(1月7日撮影)中国江蘇省の蘇州工業パーク管理委員会は22日、同パーク入居企業の蘇州信亨自動化科技が緊急開発した新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策専用の「中医薬の無人調剤薬局」を同日、武漢雷神山医院に導入したことを明らかにした。今回雷神山医院に配備された全自動の無人調剤薬局は、中国国家中医医療チームが担当する同医院の4つの病棟に無人の調剤関連サービスを提供する。無人調剤薬局は電源に接続するだけですぐに使用できる。うち全自動調剤機の調剤量は60人の薬剤師が昼夜休みなく働いた作業量に相当し、1日当たり1100人の患者に対応できる。これにより、調剤の生産能力と効率が向上し、薬剤師不足の問題が解決できる。また、患者は病院ですぐに調剤済の中医薬を受け取ることができるため、調剤の待ち時間に発生する交差感染のリスクも避けられる。(蘇州=新華社配信/袁宣)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2016年10月21日
    中国企業開発の「中医薬の無人調剤薬局」、武漢雷神山医院に配備

    蘇州信亨自動化科技が開発した中医薬の無人調剤薬局。(2016年10月21日撮影)中国江蘇省の蘇州工業パーク管理委員会は22日、同パーク入居企業の蘇州信亨自動化科技が緊急開発した新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策専用の「中医薬の無人調剤薬局」を同日、武漢雷神山医院に導入したことを明らかにした。今回雷神山医院に配備された全自動の無人調剤薬局は、中国国家中医医療チームが担当する同医院の4つの病棟に無人の調剤関連サービスを提供する。無人調剤薬局は電源に接続するだけですぐに使用できる。うち全自動調剤機の調剤量は60人の薬剤師が昼夜休みなく働いた作業量に相当し、1日当たり1100人の患者に対応できる。これにより、調剤の生産能力と効率が向上し、薬剤師不足の問題が解決できる。また、患者は病院ですぐに調剤済の中医薬を受け取ることができるため、調剤の待ち時間に発生する交差感染のリスクも避けられる。(蘇州=新華社配信/袁宣)=2016(平成28)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1