KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国福建省
  • 福建省福州市
  • 山東省済南市
  • 百花洲歴史
  • 紫坊歴史
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • スポット
  • 中国天津市
  • 作品展開催

「歴史文化街」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
172
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
172
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月25日
    重陽節に合同金婚祝賀イベント福建省福州市

    25日、合同祝賀イベントで記念撮影をする金婚夫婦。中国で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、福建省福州市台江区の上下杭歴史文化街区で金婚を祝う合同祝賀イベントが行われ、77組の金婚夫婦が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    重陽節に合同金婚祝賀イベント福建省福州市

    25日、合同祝賀イベントの現場。中国で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、福建省福州市台江区の上下杭歴史文化街区で金婚を祝う合同祝賀イベントが行われ、77組の金婚夫婦が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    重陽節に合同金婚祝賀イベント福建省福州市

    25日、合同祝賀イベントの現場。中国で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、福建省福州市台江区の上下杭歴史文化街区で金婚を祝う合同祝賀イベントが行われ、77組の金婚夫婦が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    重陽節に合同金婚祝賀イベント福建省福州市

    25日、合同祝賀イベントの現場。中国で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、福建省福州市台江区の上下杭歴史文化街区で金婚を祝う合同祝賀イベントが行われ、77組の金婚夫婦が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    重陽節に合同金婚祝賀イベント福建省福州市

    25日、合同祝賀イベントの会場に向かう金婚夫婦。中国で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、福建省福州市台江区の上下杭歴史文化街区で金婚を祝う合同祝賀イベントが行われ、77組の金婚夫婦が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    重陽節に合同金婚祝賀イベント福建省福州市

    25日、合同祝賀イベントの現場。中国で敬老の日に当たる重陽節(旧暦9月9日)の25日、福建省福州市台江区の上下杭歴史文化街区で金婚を祝う合同祝賀イベントが行われ、77組の金婚夫婦が参加した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区にある昔ながらのたたずまいを残した本屋で、店内を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    秋深まる福州市福建省

    10月21日、福州市倉山区梁厝(りょうせき)特色歴史文化街区に広がる花畑。中国福建省福州市では秋の深まりとともに、市街地や運河の両岸に緑の木々が生い茂り、赤紫色のブーゲンビリアやピンク色のトックリキワタも咲き誇っている。市内の至る所で生命力にあふれた多彩な風景を楽しむことができる。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区(右)と福州市の文化的ランドマーク、海峡文化芸術センター(左奥)。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区に残る古い建物。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    博物館に展示されている「暢音閣(ちょうおんかく)」の模型。紫禁城の中にある3階建ての舞台で、上層から順に「福台」「禄台」「寿台」と呼ばれる。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    博物館で展示されている蓄音機。4千人以上の芸術家による10万曲以上の戯曲や演芸作品が収録され、携帯アプリから聞くことができる。作品の多くは1930~40年代の貴重な録音資料となっている。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    江西省撫州市にある文昌里戯曲博物館。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区でライブ配信を行う2人の配信者。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、市民や観光客を乗せて古運河や清名橋歴史文化街区を巡る遊覧船。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区を散策する市民や観光客。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区。(小型無人機から)中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」の内部。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」の歴史を紹介するガイドの張真禎(ちょう・しんてい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」で、福州市の脱胎漆器(芯材を持たない漆器)を紹介するライブ配信の準備をするスタッフの梁向明(りょう・こうめい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区にある古民家の歴史や文化を紹介する繆妙(ぼく・みょう)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」でライブ配信を通じて同市の漆工芸や建盞(けんさん、天目茶碗)を紹介するスタッフの梁向明(りょう・こうめい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」でライブ配信を行うスタッフ。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を作る店の主人。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」の地下商店街「民園市集」で買い物を楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を選ぶ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」は多くの市民や観光客でにぎわっている。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、多くの市民や観光客でにぎわう五大道の夜市。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、天津市の健康識別コード「津門戦疫」をスキャンする観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された彫漆(ちょうしつ)の獅子像。彫漆とは、漆を塗り重ねた厚い層を彫刻して文様を表わす技法を指す。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された「戧金填漆竜文宝座」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「脱胎」技法で作られた漆線彫作品「神武大元帥」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、漆(うるし)絵作品を見つめる来場者。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、清朝末期に脱胎漆器の考案者、沈紹安(しん・しょうあん)の子孫の店「沈紹安憘記」で制作された薄料賞瓶。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、展示品を見つめる来場者。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された漆芸作品「八竜吉祥天女」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された籃胎(らんたい)漆器作品「漪水清蓮」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された漆器作品。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「薄料」技法で作られた漆器作品。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された漆絵作品。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された漆芸作品。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、漆芸家、兪崢(ゆ・そう)氏の漆絵作品「道法自然」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された漆絵作品「観自在」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された漆芸作品。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、漆(うるし)絵作品を見つめる来場者。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された漆芸作品「門神」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、漆芸、コルク画、寿山石で構成された作品「豊収(豊作)」。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    歴史の街、済南の記憶をたどるイメージ展が開幕

    3日、「済南イメージ展」で展示された古物。中国山東省済南市の百花洲歴史文化街区で1日、同市の歴史文化のイメージを象徴する品々を展示する「済南イメージ展」が開幕した。同市の文化財や伝統民俗に関する古物が出展されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    歴史の街、済南の記憶をたどるイメージ展が開幕

    3日、「済南イメージ展」が開かれた建物。中国山東省済南市の百花洲歴史文化街区で1日、同市の歴史文化のイメージを象徴する品々を展示する「済南イメージ展」が開幕した。同市の文化財や伝統民俗に関する古物が出展されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    歴史の街、済南の記憶をたどるイメージ展が開幕

    3日、「済南イメージ展」で展示された日本製の扇風機。中国山東省済南市の百花洲歴史文化街区で1日、同市の歴史文化のイメージを象徴する品々を展示する「済南イメージ展」が開幕した。同市の文化財や伝統民俗に関する古物が出展されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    歴史の街、済南の記憶をたどるイメージ展が開幕

    3日、「済南イメージ展」が開かれた建物。中国山東省済南市の百花洲歴史文化街区で1日、同市の歴史文化のイメージを象徴する品々を展示する「済南イメージ展」が開幕した。同市の文化財や伝統民俗に関する古物が出展されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    歴史の街、済南の記憶をたどるイメージ展が開幕

    3日、「済南イメージ展」の会場。中国山東省済南市の百花洲歴史文化街区で1日、同市の歴史文化のイメージを象徴する品々を展示する「済南イメージ展」が開幕した。同市の文化財や伝統民俗に関する古物が出展されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    歴史の街、済南の記憶をたどるイメージ展が開幕

    3日、「済南イメージ展」で展示された古物。中国山東省済南市の百花洲歴史文化街区で1日、同市の歴史文化のイメージを象徴する品々を展示する「済南イメージ展」が開幕した。同市の文化財や伝統民俗に関する古物が出展されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月03日
    歴史の街、済南の記憶をたどるイメージ展が開幕

    3日、「済南イメージ展」で展示された古物。中国山東省済南市の百花洲歴史文化街区で1日、同市の歴史文化のイメージを象徴する品々を展示する「済南イメージ展」が開幕した。同市の文化財や伝統民俗に関する古物が出展されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張紹曽(ちょう・しょうそ)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した李勉之(り・べんし)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した雍剣秋(よう・けんしゅう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張学銘(ちょう・がくめい)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した陳光遠(ちん・こうえん)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、北洋政府の総統、徐世昌(じょ・せいしょう)の娘の旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した呉頌平(ご・しょうへい)旧居。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した疙瘩楼。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日、徐樹強(じょ・しゅきょう)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    天津市の歴史文化街区「五大道」を訪ねて

    28日に撮影した張志潭(ちょう・したん)旧宅。中国天津市の「五大道」は、市の中心部に位置し、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の道を中心とする街区の総称で、全国的に有名な観光地となっている。英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペインなど各国当時の面影を残す建築物が集まるほか、中華民国期の著名人の旧居も多いことから「万国建築博覧苑」とも呼ばれている。豊富な文化と歴史の厚みを有する同市の近現代史を体現したエリアで、ゆっくりと歩くと100年にわたる中国の発展の軌跡を垣間見ることができる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、泰山廟の裏手にある路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城にある秀容書院の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の秀容書院からの眺め。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の泰山廟。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、夜の忻州古城を散策する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城にある南城門楼。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、古城内にある伝統演劇舞台、古戯台。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、百花洲歴史文化街区の付近にある観光スポット、曲水亭街の道沿いに立ち並ぶ店。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、営業を再開した百花洲歴史文化街区の屋台で、漬物を買い求める人たち。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、春の息吹に包まれた百花洲歴史文化街区。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、百花洲歴史文化街区の一角でくつろぐ市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、春らしい風景が広がる百花洲歴史文化街区の一角。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、百花洲歴史文化街区の一角で写真を撮る観光客。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、百花洲歴史文化街区を散策する市民。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある「三通橋」を渡る観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある店舗で商品を撮影する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2