KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 整理
  • 考古学
  • 遺物
  • 上海
  • 道教
  • デジタル化
  • トン
  • ミャオ

「歴史文献」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年03月07日
    見つかった調査票のコピー 抑留者51万人の調査票保存

    モスクワの歴史文献コレクション保管センターにあることが判明した、シベリアなど旧ソ連に強制抑留された日本人の調査票のコピー

    商品コード: 1998030700062

  • 2001年11月06日
    説明する洪聡益館長 台湾初の歴史資料館が開館

    台北市内に開館する「蕃薯国台湾歴史文献展覧館」で説明する洪聡益館長。中央奥に日本統治時代のポスターが展示されている(共同)

    商品コード: 2001110600063

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館でスタッフに錦屏文書の修復方法を教える王宗勲館長(右)。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800692

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館でスタッフに錦屏文書の裏打ち方法を教える王宗勲館長(右)。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800718

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館で錦屏文書に対して裏打ちを行う同館のスタッフ。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800681

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館でスタッフに錦屏文書の修復方法を教える王宗勲館長(左)。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800715

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館の倉庫で整理後の錦屏文書を項目別に入庫する王宗勲館長。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800691

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館で公文書を整理する王宗勲館長。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800679

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館で錦屏文書を読む王宗勲館長。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800682

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館でデジタル化で整理された錦屏文書を見せる王宗勲館長。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800665

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館内で陳列ケースに置かれた錦屏文書を確認する王宗勲館長。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800599

  • 2019年03月18日
    「錦屏文書」の守護者貴州省

    18日、錦屏文書特別収蔵館内でスタッフに錦屏文書の整理方法を教える王宗勲館長(右)。「錦屏文書」は中国の明代から民国時期にかけて、ミャオ族とトン族の人々が貴州省錦屏県を中心として清水江の中下流域で長期にわたり従事してきた農林生産を主とする社会実践活動や生存と発展の社会関係、歴史の姿をそのまま記録した貴重な資料だ。保存状態が比較的完全な、系統的でまとまった、重要な中国の歴史文献・貴重な民間アーカイブとされる。錦屏文書特別収蔵館の王宗勲(おう・そうくん)館長は長きにわたって同僚たちと保護と整理に取り組んできた。同館には6万点余りの錦屏文書が収蔵されている。王館長と同僚たちは裏打ちや破損修復、デジタルスキャンなどさまざまな工程を通して整理を行うことから、錦屏文書の「守護者」と呼ばれている。これまでに4万点以上の修復とデジタル化が完了しており、また今年3月1日から貴州省の「黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州錦屏文書保護条例」が施行されたことで、中国の国家指定公文書文献遺産である「錦屏文書」は、正式に地方法規の保護を得られるようになった。(錦屏=新華社記者/欧東衢)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032800729

  • 2019年12月11日
    国際博覧会に関する貴重な文献など、上海で初公開

    11日、「世鑑真章・世博歴史文献展」開幕式の様子。中国上海市の黄浦江沿いにある世博会博物館で11日に開幕した「世鑑真章・世博歴史文献展」が来年2月9日までの日程で開催されている。国際博覧会(万博)に関する同博物館の所蔵品300点以上が初公開された。展示面積1千平方メートル以上にわたって展示されているのは、2010年に開催された上海国際博覧会の終了後に、上海市が博覧会国際事務局(BIE)の支援を受けて世界中から収集した各種文化財や文献などで、万博の誕生から現在まで100年以上の歴史を物語っている。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600891

  • 2019年12月11日
    国際博覧会に関する貴重な文献など、上海で初公開

    11日、展覧会の会場で展示品を鑑賞する来賓ら。中国上海市の黄浦江沿いにある世博会博物館で11日に開幕した「世鑑真章・世博歴史文献展」が来年2月9日までの日程で開催されている。国際博覧会(万博)に関する同博物館の所蔵品300点以上が初公開された。展示面積1千平方メートル以上にわたって展示されているのは、2010年に開催された上海国際博覧会の終了後に、上海市が博覧会国際事務局(BIE)の支援を受けて世界中から収集した各種文化財や文献などで、万博の誕生から現在まで100年以上の歴史を物語っている。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600896

  • 2019年12月11日
    国際博覧会に関する貴重な文献など、上海で初公開

    11日、展覧会の会場でサインするBIEのロセルタレス事務局長(中央)。中国上海市の黄浦江沿いにある世博会博物館で11日に開幕した「世鑑真章・世博歴史文献展」が来年2月9日までの日程で開催されている。国際博覧会(万博)に関する同博物館の所蔵品300点以上が初公開された。展示面積1千平方メートル以上にわたって展示されているのは、2010年に開催された上海国際博覧会の終了後に、上海市が博覧会国際事務局(BIE)の支援を受けて世界中から収集した各種文化財や文献などで、万博の誕生から現在まで100年以上の歴史を物語っている。(上海=新華社配信/王翔)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600892

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月19日
    若者3人、歴史文献から唐代の遺跡を発見四川省徳陽市

    19日、亀勝山道場遺跡の地面に散乱する陶磁器片。中国四川省の徳陽市文物考古研究所は20日、同市の文化財保存ボランティア3人が、歴史文献の記載に基づき、市内で唐代の亀勝山道場遺跡を発見したと明らかにした。同研究所の劉章沢(りゅう・しょうたく)所長は今回の遺跡について、文献には唐代の名将高崇文(こう・すうぶん)が反乱を起こした西川節度副使の劉闢(りゅう・へき)を討伐後、戦死者を弔うため亀勝山道場(仏教や道教の祭祀を行う施設)を設けたとの記載があると紹介。遺物の類型や時代、位置から今回の調査地点がその道場の跡だと確認できたとの見方を示した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425919

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月19日
    若者3人、歴史文献から唐代の遺跡を発見四川省徳陽市

    19日、亀勝山道場遺跡で採集した陶磁器片の標本。中国四川省の徳陽市文物考古研究所は20日、同市の文化財保存ボランティア3人が、歴史文献の記載に基づき、市内で唐代の亀勝山道場遺跡を発見したと明らかにした。同研究所の劉章沢(りゅう・しょうたく)所長は今回の遺跡について、文献には唐代の名将高崇文(こう・すうぶん)が反乱を起こした西川節度副使の劉闢(りゅう・へき)を討伐後、戦死者を弔うため亀勝山道場(仏教や道教の祭祀を行う施設)を設けたとの記載があると紹介。遺物の類型や時代、位置から今回の調査地点がその道場の跡だと確認できたとの見方を示した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425896

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月19日
    若者3人、歴史文献から唐代の遺跡を発見四川省徳陽市

    19日、亀勝山道場遺跡から出土した磁器香炉。中国四川省の徳陽市文物考古研究所は20日、同市の文化財保存ボランティア3人が、歴史文献の記載に基づき、市内で唐代の亀勝山道場遺跡を発見したと明らかにした。同研究所の劉章沢(りゅう・しょうたく)所長は今回の遺跡について、文献には唐代の名将高崇文(こう・すうぶん)が反乱を起こした西川節度副使の劉闢(りゅう・へき)を討伐後、戦死者を弔うため亀勝山道場(仏教や道教の祭祀を行う施設)を設けたとの記載があると紹介。遺物の類型や時代、位置から今回の調査地点がその道場の跡だと確認できたとの見方を示した。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425915

  • 2020年12月25日
    (2)明の万暦年間の石碑、ほぼ完全な状態で見つかる河北省邢台市

    21日、碑文の内容を解読する邢台市の歴史文献専門家、蘭剣輝(らん・けんき)氏。中国元代初期の政治家、劉秉忠(りゅう・へいちゅう)の思想などを記した石碑がこのほど、河北省邢台(けいだい)市南和区で見つかった。(邢台=新華社記者/趙鴻宇)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010902170

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月29日
    2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月29日、唐王城遺跡の現在の様子。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011805

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (7)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、トムシュク市の新疆屯墾歴史博物館で展示されている漢代の単耳紅陶罐(唐王城遺跡出土)。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705536

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (8)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、トムシュク市の新疆屯墾歴史博物館で展示されている漢代の土器の蓋(唐王城遺跡出土)。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705556

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (6)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、トムシュク市の新疆屯墾歴史博物館で展示されている唐代仏教寺院遺跡の壁画の破片(トムシュク市付近出土)。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (5)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、シンポジウムで発表を聞く考古学者ら。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705521

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (1)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    上:唐王城遺跡。(2020年9月20日撮影)下:トムシュク市全景。(2019年4月27日撮影)中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705518

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (2)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月29日、唐王城遺跡を調査する考古学者ら。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705017

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (4)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、シンポジウムで基調講演を行う広西玉林師範学院の林立(りん・りつ)教授。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705519

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.68
    2021年05月03日
    「新華社」2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(記者/何軍、王菲、張嘯誠) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050705501

  • 2022年05月02日
    (3)古い書籍の「命」を伸ばす陝西省図書館の古書修復師

    陝西省図書館所蔵の古書「磧砂蔵」の高精度複製版に目を通す同館歴史文献部の劉穎(りゅう・えい)さん。(資料写真)中国の陝西省図書館では、古書修復師の呉菲菲(ご・ひひ)さんが、片手で本のページを軽く押さえ、片手でピンセットを持ち、のりを付けた紙片を注意深く書籍の破損箇所に載せていた。彼女は10年余りにわたり、破れたり、虫に食われたり、丸まってしまった古書を修復し、よみがえらせてきた。中国で古書は、1912年以前に書かれたか印刷され、古典的な装丁が施された書籍を指し、伝統文化の重要な担い手となっている。古書修復師は古書の「病」を直し、寿命を延ばす人をいう。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050205787

  • 2022年05月12日
    (4)古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    9日、古書を整理する古書修復師。中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(重慶=新華社記者/楊仕彦)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204459

  • 2022年05月12日
    (5)古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    9日、古書を整理する古書修復ボランティア。中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(重慶=新華社記者/楊仕彦)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204467

  • 2022年05月12日
    (6)古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    9日、古書を整理する古書修復ボランティア。中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(重慶=新華社記者/楊仕彦)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204471

  • 01:35.46
    2022年05月12日
    「新華社」古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。華岩寺の方丈(住職)、道堅法師によると、同寺が所蔵する古書の約半分以上は虫食いやかび、劣化、欠損などのため修復が必要な状況にある。同寺は2010年、古書・書画救済プロジェクトを正式に始動した。古典文化をこよなく愛する宋陽(そう・よう)さん(28)は、同センターで最も若い古書修復師。昨年末、同寺が古書修復師を募集していることをネットで偶然知った宋さんは、喜んで重慶を訪れ、古書の整理・修復に関する訓練と仕事を受け始めた。宋さんにとって、修復の仕事は古書と向き合って交流する絶好の機会であり、歴史の海を漂う読書体験を通じて、常に中国の伝統文化の豊かさを感じることができるという。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(記者/呉燕霞、楊仕彦、王宇軒) =配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204461

  • 2022年05月12日
    (7)古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    9日、古書を修復する古書修復師。中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(重慶=新華社記者/楊仕彦)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204476

  • 2022年05月12日
    (3)古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    9日、「湿補法」を用いて古書を修復する古書修復師。中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(重慶=新華社記者/楊仕彦)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204477

  • 2022年05月12日
    (2)古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    9日、古書を修復する古書修復師。中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(重慶=新華社記者/楊仕彦)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204473

  • 2022年05月12日
    (1)古書を「眠り」から蘇らせる若い修復師重慶市

    9日、古書を修復する古書修復師。中国重慶市の古書重点保護単位、華岩寺古籍善本修復センターでは、若い修復師らが巧みな技術で古書を「深い眠り」からよみがえらせている。清の康熙年間(1662~1722年)に建立された同寺の蔵経楼は古書5万冊余りを所蔵しており、最も古い古書の歴史は400年以上前にまでさかのぼる。仏典のほか、儒教や道教の経典、詩集・詞集、さらには医薬、算術、地理、歴史など、さまざまな分野の古書が多数含まれ、貴重な歴史文献資料となっている。同センターでは現在、重慶市内の主要大学教員や北京、上海、広州出身の事務員、他地域から来たボランティアなど、古書の整理・修復作業に参加する人が次第に増えている。(重慶=新華社記者/楊仕彦)= 配信日: 2022(令和4)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051204474

  • 1