KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 内容
  • 土器
  • 基礎
  • 文化財
  • 時代
  • 発掘調査
  • 発見
  • 関係

「殷墟」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2006年07月07日
    居延遺跡学術セミナー開催内モンゴル自治区アルシャー盟

    エジン川上流の東岸沿いの粘土質の平地にある居延遺跡のA35亭障(邊境の塞)跡(通称「大湾城」)。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗で15、16の両日、居延遺跡学術セミナーが開催された。北京市・上海市・広東省など15の省・市から専門家や研究者70人が出席し、居延遺跡の保護や漢代の木簡「居延漢簡」、カラ・ホト(黒水城)遺跡から出土した「黒水城文献」について議論を交わした。居延遺跡からは、中国で1つの遺跡から出土した数としては最も多い約3万枚の漢代の木簡が出土している。その内容は、漢代の政治・軍事・経済・文化・科学技術・法律・哲学・宗教・民族などにわたり、歴史を補完・証明する史書として、重要な役割を果たす極めて高い学術的価値を持っている。居延漢簡は、殷墟甲骨文・黒水城文献・敦煌遺書とともに、中国における20世紀最大の考古学的発見とされている。(エジン旗=新華社配信)=2006(平成18)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104225

  • 2016年12月13日
    居延遺跡学術セミナー開催内モンゴル自治区アルシャー盟

    居延遺跡のK822亭障(邊境の塞)跡(通称「大方城」)。地面には、西夏(1038~1227年)から元代(1271~1368年)にかけてのものと推定される褐釉(かつゆう)と黄釉(おうゆう)の陶磁器片や鉄器片が散乱している。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗で15、16の両日、居延遺跡学術セミナーが開催された。北京市・上海市・広東省など15の省・市から専門家や研究者70人が出席し、居延遺跡の保護や漢代の木簡「居延漢簡」、カラ・ホト(黒水城)遺跡から出土した「黒水城文献」について議論を交わした。居延遺跡からは、中国で1つの遺跡から出土した数としては最も多い約3万枚の漢代の木簡が出土している。その内容は、漢代の政治・軍事・経済・文化・科学技術・法律・哲学・宗教・民族などにわたり、歴史を補完・証明する史書として、重要な役割を果たす極めて高い学術的価値を持っている。居延漢簡は、殷墟甲骨文・黒水城文献・敦煌遺書とともに、中国における20世紀最大の考古学的発見とされている。(エジン旗=新華社配信)=2016(平成28)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104116

  • 2016年12月15日
    居延遺跡学術セミナー開催内モンゴル自治区アルシャー盟

    居延遺跡のF84亭障(邊境の塞)跡(通称「紅城」)。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗で15、16の両日、居延遺跡学術セミナーが開催された。北京市・上海市・広東省など15の省・市から専門家や研究者70人が出席し、居延遺跡の保護や漢代の木簡「居延漢簡」、カラ・ホト(黒水城)遺跡から出土した「黒水城文献」について議論を交わした。居延遺跡からは、中国で1つの遺跡から出土した数としては最も多い約3万枚の漢代の木簡が出土している。その内容は、漢代の政治・軍事・経済・文化・科学技術・法律・哲学・宗教・民族などにわたり、歴史を補完・証明する史書として、重要な役割を果たす極めて高い学術的価値を持っている。居延漢簡は、殷墟甲骨文・黒水城文献・敦煌遺書とともに、中国における20世紀最大の考古学的発見とされている。(エジン旗=新華社配信)=2016(平成28)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104226

  • 2018年10月12日
    中国史上初の女傑「婦好」にまつわる文物展、安陽博物館で開催

    12日、安陽博物館で展示品を観覧する来場者。中国河南省安陽市にある安陽博物館で、商(殷)王朝の王妃、婦好(ふこう)の墓から出土した文物を中心に474点を展示する「鳳帰大邑商-殷墟の婦好文物安陽故郷展」が行われている。婦好は第23代商王「武丁(ぶてい)」の妃の1人で中国史上初の女性軍事家・政治家。1976年に同市で発見された婦好墓は、世界文化遺産にも登録されている商代後期の王都遺跡「殷墟(いんきょ)」で唯一完全な状態で出土した王室墓として知られる。(安陽=新華社記者/李安)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517834

  • 2018年10月12日
    中国史上初の女傑「婦好」にまつわる文物展、安陽博物館で開催

    12日、安陽博物館で展示品を撮影する来場者。中国河南省安陽市にある安陽博物館で、商(殷)王朝の王妃、婦好(ふこう)の墓から出土した文物を中心に474点を展示する「鳳帰大邑商-殷墟の婦好文物安陽故郷展」が行われている。婦好は第23代商王「武丁(ぶてい)」の妃の1人で中国史上初の女性軍事家・政治家。1976年に同市で発見された婦好墓は、世界文化遺産にも登録されている商代後期の王都遺跡「殷墟(いんきょ)」で唯一完全な状態で出土した王室墓として知られる。(安陽=新華社記者/李安)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517526

  • 2018年10月12日
    中国史上初の女傑「婦好」にまつわる文物展、安陽博物館で開催

    12日、安陽博物館で展示品を撮影する来場者。中国河南省安陽市にある安陽博物館で、商(殷)王朝の王妃、婦好(ふこう)の墓から出土した文物を中心に474点を展示する「鳳帰大邑商-殷墟の婦好文物安陽故郷展」が行われている。婦好は第23代商王「武丁(ぶてい)」の妃の1人で中国史上初の女性軍事家・政治家。1976年に同市で発見された婦好墓は、世界文化遺産にも登録されている商代後期の王都遺跡「殷墟(いんきょ)」で唯一完全な状態で出土した王室墓として知られる。(安陽=新華社記者/李安)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517584

  • 2018年10月12日
    中国史上初の女傑「婦好」にまつわる文物展、安陽博物館で開催

    12日、安陽博物館で展示された婦好墓出土の文物。(組み合わせ写真)中国河南省安陽市にある安陽博物館で、商(殷)王朝の王妃、婦好(ふこう)の墓から出土した文物を中心に474点を展示する「鳳帰大邑商-殷墟の婦好文物安陽故郷展」が行われている。婦好は第23代商王「武丁(ぶてい)」の妃の1人で中国史上初の女性軍事家・政治家。1976年に同市で発見された婦好墓は、世界文化遺産にも登録されている商代後期の王都遺跡「殷墟(いんきょ)」で唯一完全な状態で出土した王室墓として知られる。(安陽=新華社記者/李安)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517839

  • 2018年10月12日
    中国史上初の女傑「婦好」にまつわる文物展、安陽博物館で開催

    12日、安陽博物館で展示品を観覧する来場者。中国河南省安陽市にある安陽博物館で、商(殷)王朝の王妃、婦好(ふこう)の墓から出土した文物を中心に474点を展示する「鳳帰大邑商-殷墟の婦好文物安陽故郷展」が行われている。婦好は第23代商王「武丁(ぶてい)」の妃の1人で中国史上初の女性軍事家・政治家。1976年に同市で発見された婦好墓は、世界文化遺産にも登録されている商代後期の王都遺跡「殷墟(いんきょ)」で唯一完全な状態で出土した王室墓として知られる。(安陽=新華社記者/李安)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517830

  • 2018年10月12日
    中国史上初の女傑「婦好」にまつわる文物展、安陽博物館で開催

    12日、安陽博物館で展示された「司母辛銅方鼎(しぼしんどうほうてい)」。中国河南省安陽市にある安陽博物館で、商(殷)王朝の王妃、婦好(ふこう)の墓から出土した文物を中心に474点を展示する「鳳帰大邑商-殷墟の婦好文物安陽故郷展」が行われている。婦好は第23代商王「武丁(ぶてい)」の妃の1人で中国史上初の女性軍事家・政治家。1976年に同市で発見された婦好墓は、世界文化遺産にも登録されている商代後期の王都遺跡「殷墟(いんきょ)」で唯一完全な状態で出土した王室墓として知られる。(安陽=新華社記者/李安)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517852

  • 2018年10月12日
    中国史上初の女傑「婦好」にまつわる文物展、安陽博物館で開催

    12日、安陽博物館で展示された「婦好銅鉞(ふこうどうえつ)」。中国河南省安陽市にある安陽博物館で、商(殷)王朝の王妃、婦好(ふこう)の墓から出土した文物を中心に474点を展示する「鳳帰大邑商-殷墟の婦好文物安陽故郷展」が行われている。婦好は第23代商王「武丁(ぶてい)」の妃の1人で中国史上初の女性軍事家・政治家。1976年に同市で発見された婦好墓は、世界文化遺産にも登録されている商代後期の王都遺跡「殷墟(いんきょ)」で唯一完全な状態で出土した王室墓として知られる。(安陽=新華社記者/李安)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101517844

  • 2019年10月21日
    居延遺跡学術セミナー開催内モンゴル自治区アルシャー盟

    居延遺跡のA8亭障(邊境の塞)跡(通称「破城子」)。1930年には、漢簡5216枚、調度品1230点が出土した。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗で15、16の両日、居延遺跡学術セミナーが開催された。北京市・上海市・広東省など15の省・市から専門家や研究者70人が出席し、居延遺跡の保護や漢代の木簡「居延漢簡」、カラ・ホト(黒水城)遺跡から出土した「黒水城文献」について議論を交わした。居延遺跡からは、中国で1つの遺跡から出土した数としては最も多い約3万枚の漢代の木簡が出土している。その内容は、漢代の政治・軍事・経済・文化・科学技術・法律・哲学・宗教・民族などにわたり、歴史を補完・証明する史書として、重要な役割を果たす極めて高い学術的価値を持っている。居延漢簡は、殷墟甲骨文・黒水城文献・敦煌遺書とともに、中国における20世紀最大の考古学的発見とされている。(エジン旗=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102104260

  • 2020年11月23日
    河南省で殷墟遺跡博物館が着工3千年前の殷商文化を展示

    殷墟遺跡博物館の完成予想図。(資料写真)中国河南省安陽市で23日、殷墟(いんきょ)遺跡博物館の建設が着工した。敷地面積は268ムー(約18ヘクタール)で、建築規模は5万1千平方メートル。総投資予定額は約10億6千万元(1元=約16円)。2022年末の完成を見込む。(安陽=新華社配信)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511930

  • 01:00.07
    2020年11月23日
    「新華社」河南省で殷墟遺跡博物館が着工3千年前の殷商文化を展示

    中国河南省安陽市で23日、殷墟(いんきょ)遺跡博物館の建設が着工した。敷地面積は268ムー(約18ヘクタール)で、建築規模は5万1千平方メートル。総投資予定額は約10億6千万元(1元=約16円)。2022年末の完成を見込む。殷墟遺跡は中国で最も重要な古代の都城遺跡の一つで、世界文明史上でも大きな影響力を持つ。文献による考証が可能で、考古学と甲骨文によって存在が証明された中国史上初の都城とされる。同遺跡の発見は、文字に裏付けされた信憑性のある歴史を商代にまでさかのぼらせ、また甲骨学という新たな学問を生んだ。新中国成立後、殷墟遺跡からは100万点以上の遺物が出土しており、うち貴重とされる文化財だけでも5万点余りある。博物館は洹河(えんが)の北岸に建設される。殷墟中核エリアに隣接し、殷墟宮殿宗廟区とは川を隔てた位置となる。(記者/楊静)<映像内容>殷墟遺跡博物館の建設が着工、撮影日:2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511948

  • 2020年11月23日
    河南省で殷墟遺跡博物館が着工3千年前の殷商文化を展示

    23日、殷墟遺跡博物館の起工式。中国河南省安陽市で23日、殷墟(いんきょ)遺跡博物館の建設が着工した。敷地面積は268ムー(約18ヘクタール)で、建築規模は5万1千平方メートル。総投資予定額は約10億6千万元(1元=約16円)。2022年末の完成を見込む。(安陽=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112511829

  • 00:52.01
    2021年01月15日
    「新華社」長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。遺跡は同研究所が2019年3月から2020年12月にかけ、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を実施。銅鋳造施設のために築かれた人工基礎の上で、銅鋳造に関わる各種遺構を発見した。人工基礎は灄水(長江の支流)の東岸沿いに平行に築かれており、南辺の長さは29・4メートル、東辺は40・8メートル。面積は約1100平方メートルで、独立した工房エリアを構成していた。同研究所の副研究員で、同遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める胡剛(こ・ごう)氏によると、遺構ではこれまでに炉台15基、るつぼ壁の残骸80点余り、土製鋳型120点余り、石製、銅製の工具類105点が出土。2つの境界溝と複数の大型灰坑の中からは大量の日用土器や印文硬質土器、炭化した植物種子、木炭、小動物の骨が見つかった。浮選法で選別した種子の放射性炭素年代測定値を年輪年代法で補正した数値は紀元前1401年~同1226年だった。同研究所の方勤(ほう・きん)所長は、出土した土製鋳型片から推測した器物の口径が25センチだったことから、同遺構では大型器物も鋳造されていたと指摘。銅くずの分析では銅と錫の合金(青銅)を精錬していたことも分かっており、遺構が少なくとも粗銅と合金の精錬、鋳型による鋳造を行う高い技術と生産能力を持っていたと説明した。方氏はまた、遺跡の位置づけについて「湖北省ではここ数年で最も重要な商代の考古学発見の一つといえる。紀元前1226年前後の商王朝による長江流域の統治と支配の実像を再現しており、殷墟文化第一期前後の青銅器鋳造活動の組織形態や原料の輸送ルートなど、青銅器時代の重要な学術的問題にとって大きな価値がある」と述べた。(記者/方亜東、喩珮) =配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011507691

  • 2021年04月08日
    殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡で出土した唐代墓の脇で、ボランティアに平面の削り方を指導する安陽市文物考古研究所の申文喜さん(奥)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)=配信日:2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041609217

  • 2021年04月15日
    (11)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、安陽市文物考古研究所の申文喜さん(手前)から墓葬の発掘方法を学ぶボランティア。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514911

  • 2021年04月15日
    (13)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    9日、殷墟遺跡の発掘現場で、試掘溝の土層を実測し、断面図を作成するボランティア。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514912

  • 2021年04月15日
    (12)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、ボランティアに出土した唐代墓について説明する安陽市文物考古研究所の申文喜さん(奥右)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514913

  • 2021年04月15日
    (8)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で出土した商代の陶豆(とうとう、盛食器)残片を、ボランティアに見せて説明する安陽市文物考古研究所の申文喜さん。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514894

  • 2021年04月15日
    (7)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、専門家の説明に従い竜山文化期の灰坑から出土した土器片を分類する陳超さん。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514895

  • 2021年04月15日
    (6)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、ボランティアに土器の器形識別方法を教える安陽市文物考古研究所の申文喜さん(右)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514896

  • 2021年04月15日
    (1)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場を歩くボランティアの陳超さん(右)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514889

  • 2021年04月15日
    (3)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、ボランティアに灰坑の測量方法を教える安陽市文物考古研究所の申文喜さん(手前右)。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514892

  • 2021年04月15日
    (5)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、安陽市殷墟遺跡の発掘現場。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514893

  • 2021年04月15日
    (10)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    9日、殷墟遺跡で出土した唐代墓を撮影するボランティア。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514898

  • 2021年04月15日
    (9)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    9日、殷墟遺跡の発掘現場で、試掘溝の測量方法を学ぶボランティア。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514897

  • 2021年04月15日
    (2)殷墟で学ぶ考古学、愛好家に人気河南省安陽市

    8日、殷墟遺跡の発掘現場で、安陽市文物考古研究所の申文喜(しん・ぶんき)さんから作業の仕方について説明を受けるボランティア。中国河南省安陽市は昨年11月、一般の人々に考古学に触れてもらう「公衆考古学モデル」を立ち上げ、全国に向け考古学ボランティアを募集した。募集は大きな反響を呼び、名乗りを上げた各地の考古学愛好家が次々と駆け付けた。上海に住む陳超(ちん・ちょう)さんは、第4次考古学ボランティアとして参加した。野外考古学の基礎や地層の観察方法、遺跡の層位関係の判断を学び、土器の類型識別や出土遺物小片の収集に明け暮れた数日間で、陳超さんらボランティアは、本当の考古学について認識を新たにした。安陽市は中国八大古都の一つであり、甲骨文字の故郷でもある。各時代の遺跡が市内の至るところに点在するが、最も有名なのが殷墟遺跡で、1928年に実施された第1次発掘調査は「中国考古学誕生の象徴」とされている。安陽市は今後も考古学ボランティア活動を継続し、土器の接合修復など内容も徐々に充実させるとしている。ボランティアが殷墟で商(殷)王朝の歴史知識を深められるようにするほか、人々が考古学に親しみ、文化財の大切さを学べるようにしていくという。(鄭州=新華社記者/張浩然)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041514890

  • 00:55.44
    2021年06月04日
    「新華社」河南博物院の逸品「婦好鴞尊」河南省鄭州市

    中国河南省鄭州市の河南博物院に収蔵されている「婦好鴞尊(ふこうきょうそん)」は、1976年に同省安陽市の殷墟(いんきょ)遺跡にある商(殷)王朝の王妃、婦好の墓から出土した青銅酒器で、商代末期における青銅器鋳造技術の最高水準を示している。婦好鴞尊はフクロウの姿を模しており、50センチに満たない青銅器に8種類の異なる文様があしらわれている。威厳を備えたフクロウと複雑な文様は、商代末期の荘厳で厳格な美意識を体現している。(記者/李安、李嘉南、許雅楠) =配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409281

  • 00:56.74
    2021年08月12日
    「新華社」世界文化遺産、河南省安陽市の「殷墟」

    中国の世界文化遺産「殷墟(いんきょ)」は、河南省の歴史文化名城、安陽市の北西部、洹河(えんが)の南北両岸にある。1961年3月に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。殷墟は商(殷)代後期の都城所在地で、文献による考証ができ、甲骨文と考古発掘により存在が証明された中国史上最初の都城の遺跡でもある。3300年以上の歴史があり、紀元前1300年に商王・盤庚(ばんこう)が殷に遷都してから紀元前1046年に王朝が滅びるまでの255年間、商代後期の政治・経済・軍事・文化の中心であり続けた。(記者/楊静) =配信日: 2021(令和3)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081302799

  • 00:59.62
    2021年11月29日
    「新華社」湖南省で商代の青銅器を発見珍しい形状の銅觥も出土

    中国湖南省文物考古研究所は26日、同省汨羅(べきら)市屈子祠鎮永青村の道路の拡張工事で、商(殷)代の青銅器が見つかったと明らかにした。銅觥(どうこう、動物をかたどった杯)と銅壺が出土し、うち銅觥は珍しい形をしていた。考古学者が現地で調査を実施したが、文化層や遺構は見つかっていない。同研究所の盛偉(せい・い)研究員によると、省内ではこれまでも商周時代の青銅器が数多く出土しており、多くは川岸や川岸近くの丘の斜面や頂上の穴から単品または一式で見つかっている。付近では他の遺跡が見つからないことが多いことから、一般的に「祭祀坑」と呼ばれる。盛氏は、今回の青銅器が汨羅江から直線距離で約2・3キロの地点にある標高約80メートルの丘の頂上から出土したと説明。出土状況を見ると「祭祀坑」に近いという。出土時、銅觥は横向きに置かれ、銅壺は銅觥の中に逆さまに置かれていた。銅觥の重さは13・45キロで、本体は楕円形をしている。考古学者によると、眼部が突き出た変形獣面文や「C」字型の扉棱(ひりょう)、羊の角をした内部が空洞の犠首(ぎしゅ、いけにえのっ動物の首)などの装飾を施した独特な造形をしており、尊(そん)や罍(らい)に代表される殷墟(いんきょ)時期の南方青銅器の特徴と一致している。銅壺は重さ2・25キロ。器腹はやや真っすぐで、器腰が高く、胴部の膨らみは鮮明でない。口縁部の下に弦文と牙をむいた獣面文が施され、中原地域(黄河中下流域)でよく見られる銅壺とは異なる。2点の青銅器は、長江流域地方の青銅器の特徴を持ち、年代は商代後期にほぼ一致するという。考古学者は、2点の出土場所と組み合わせに明確な関係があると指摘。今回の発見は、長江流域の青銅文化に対する理解をさらに深め、多元一体型の中国青銅文明を研究する上で重要な証拠になるとの見方を示した。(記者/周楠) =配信日: 2021(令和3)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112910183

  • 1