KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 考古学者
  • 中国河南省
  • 徐陽墓地
  • 春秋後期
  • 春秋時代
  • 河南省洛陽市
  • 洛陽市伊川県
  • ユーラシア大陸
  • 世界の歴史
  • 中国重慶

「民族融合」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:59.88
    2020年12月04日
    「新華社」洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。発掘現場の責任者、呉業恒(ご・ぎょうこう)氏によると、墓の保存状態は良く、青銅の編鐘(へんしょう)や編磬(へんけい)、玉璜(ぎょくこう)、玉扳指(ぎょくはんし、扳指は弓を引く指を保護する指輪状の装具)などの副葬品が出土した。墓の周囲からは車と馬を副葬した竪坑「車馬坑」も見つかった。呉氏は「車馬坑があるのは高級貴族の墓であり、編鐘や編磬などの礼器が出土したことを考えれば王級の墓と思われる」と見方を示した。同墓地で王級の墓が出土したのは2度目だという。洛陽市文物考古研究院の史家珍(し・かちん)院長は「墓から出土した副葬品や車馬坑に馬や羊、牛の頭部とひづめを埋める習慣は春秋時代の戎(じゅう)族の文化や埋葬習慣に似ている。一方で銅製の礼器や馬車の規格を見ると中原の影響を強く受けていたことも伺える」と説明した。歴史書の記載によると、陸渾の戎は紀元前638年、北西部から現在の洛陽市伊川県に移住。同525年に晋国により滅ぼされた。(記者/袁月明)<映像内容>洛陽市で発見された戎族王級墓の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓を確認する考古学者ら。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の編鐘(へんしょう)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で、出土した青銅の編鐘(へんしょう)の土をはけで落とす考古スタッフ。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の矢じり。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した玉璜(ぎょくこう)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の編鐘(へんしょう)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した編磬(へんけい)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓の付近で見つかった動物の骨。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で、出土した青銅の編鐘(へんしょう)の土をはけで落とす考古スタッフ。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で出土した青銅の編鐘(へんしょう)。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓を確認する考古学者ら。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月27日
    洛陽市で春秋後期の戎族王級墓見つかる河南省

    11月27日、徐陽墓地で見つかった王級墓で、出土した青銅の編鐘(へんしょう)の土をはけで落とす考古スタッフ。中国河南省洛陽市伊川県の徐陽墓地でこのほど、春秋時代(紀元前770年~同476年)後期の墓が新たに見つかった。同墓地は北西部から中原(黄河中・下流域)に移住した戎(じゅう)族の一部族「陸渾(りくこん)の戎」の墓群として知られている。今回見つかったのは王級の墓とみられ、2600年前の彼らの移住と民族融合の歴史をさらに裏付けることとなった。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.74
    2020年09月19日
    「新華社」河北省磁県に北朝考古博物館が開館

    中国河北省邯鄲(かんたん)市磁県で19日、北朝考古博物館が正式に開館した。同館は陶俑や壁画、磁器や金銀器など千点以上の貴重な文化財を展示し、1500年以上前の南北朝時代に文化交流、民族融合が進んだ北朝文化について紹介している。総投資額は1億6600万元(1元=約15円)。同県は北朝の重要な政治、経済、文化の中心地だったことから、歴史的遺物が数多く残る。県内の北朝墓群は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(記者/岳文婷)<映像内容>北朝考古博物館が開館、展示の様子、撮影日:2020(令和2)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、金代の「釉上彩観音造像(ゆうじょうさいかんのんぞうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、宋代の鶏をかたどった玉の装身具。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、遼代の「白釉菊弁文圈足碟(はくゆうきくべんもんけんそくせつ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、遼代の「黄釉鶏冠壺(こうゆうけいかんこ)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、金代の「白釉赭彩四系罐(はくゆうしゃさいしけいかん)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、遼代の「釈迦説法鍍金銅像(しゃかせっぽうときんどうぞう)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、「合扎謀克之印」の文字が刻まれた金代の銅印。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、宋代に竜泉窯で焼かれた「粉青釉盤口長頸磁瓶(ふんせいゆうばんこうちょうけいじへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、展示品を見つめる来場者。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月18日
    遼・金時代の貴重な文化財を展示天津博物館で企画展

    18日、遼代の「刻花玻璃瓶(こっかはりへい)」。中国天津市の天津博物館で「国際博物館の日」の18日、遼・金時代の貴重な文化財を展示する展覧会「交融肇興-遼・金時代の天津」が開幕した。「南北対峙(なんぼくたいじ)」「天津発軔(てんしんはつじん)」の二つのテーマに分かれた会場には、磁器や銅印、仏像などの文化財約100点が展示されている。同展のキュレーターを務める同博物館歴史研究部の劉翔(りゅう・しょう)副主任は、民族融合の重要な歴史的時期にあたる遼・金時代の歴史、社会の発展が、天津の文化に重要な影響を与えたと指摘。今回の展示は同博物館が独自に企画した展覧会だとした上で、来場者に同展を通じて遊牧文化と農耕文化の交流・融合に思いを巡らし、遼・金時代の天津の独特な歴史的様相について系統的に理解してもらえればと期待を示した。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.47
    2019年10月15日
    「新華社」100点の文化財が唐代の繁栄を再現遼寧省博物館

    中国の遼寧省博物館でこのほど開幕した「又見大唐」(大唐と再び出会う)書画文物展では、現代に伝わる文化財100点が集中展示されている。文化財を通じて唐代の華麗な姿を再現する展示としては、中国で最大規模となっており、千年以上経た展示品からは、唐代の隆盛ぶりが伝わってくる。同展では計100点の文化財を展示。遼寧省博物館が収蔵する唐代に関する絵画や書道作品を中心に、故宮博物院や中国国家図書館が収蔵する金器や唐三彩などの文化財も展示されている。展示では唐代の政治・経済・文化・芸術や民族融合、シルクロードがもたらした中国と西洋の文化交流など、唐の繁栄と隆盛が再現されている。(記者/姜兆臣)<映像内容>唐代の書画文物展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:45.88
    2019年05月24日
    「新華社」36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。合川区は重慶市の北の玄関口で、嘉陵江、渠江、涪江がここで交わり、長江上流の要衝となっている。1258年、モンゴル軍が三方から南宋に進攻し、向かうところ敵なしのモンゴル帝国第4代皇帝モンケ率いる主力部隊が、四川北部のほとんどの地域を攻め落とした。ところが、予想外だったのは、翌年の釣魚城の戦いだ。ユーラシア大陸を縦横無尽に戦ってきたモンゴルの騎馬隊が、この地で粘り強い抵抗に遭った。ある歴史学者は「13世紀はモンゴル人の世紀だった」という。1206年、テムジンがモンゴル高原の多くの部族を降伏させてモンゴル帝国を建国し、チンギス・ハンとして即位した。その後、わずか数十年で、チンギス・ハンとその子孫は、武力による拡張により、ユーラシア大陸の大部分の地域をモンゴル軍の蹄鉄の下に陥落させた。袁氏は釣魚城の戦いが世界の歴史の変遷に与えた影響について、「戦争の構図と社会・文化の両面だ」と指摘。戦争の構図については、モンケがこの戦いで「砲風」(砲口からの衝撃波)を浴びて負傷し、死亡したことを挙げ、南宋軍が使用した「鉄火雷」がモンゴル人によってアラブ世界に持ち込まれ、その後、アラブから欧州に伝わり、欧州の火器や鉄砲の発展に大きく貢献したとの見解を示した。多くの学者は、釣魚城の戦いがモンゴル軍を欧州からアジアの草原に撤退させ、事実上、欧州やアラブの文明を間接的に救ったことで、世界の勢力図や歴史に大きな影響を与えたとの見方を示している。(記者/劉恩黎)<映像内容>釣魚城の戦いについて、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の防御体制。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月15日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の南一字城。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある貯蔵庫の入口。(4月18日撮影)中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は3本の川に囲まれており、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地にある遺跡は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、ここで繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の構図を変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われている。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡発掘現場から出土した蓮の形をした排水口。(4月18日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡発掘現場から出土した衙署水池遺跡。(4月18日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月18日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡発掘現場から出土した貯水池の上の精巧なレリーフ。(4月18日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2019(平成31)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2009年12月27日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城にある東城壁の下段。(2009年12月27日撮影、空撮写真)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年12月27日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2009年12月10日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある南水軍埠頭。(2009年12月10日撮影、空撮写真)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年12月10日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2009年09月15日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    釣魚城のある重慶市合川区の釣魚山南麓。(2009年9月15日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年9月15日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2009年03月04日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある鎮西門。(2009年3月4日撮影)中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は3本の川に囲まれており、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地にある遺跡は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、ここで繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の構図を変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われている。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2009(平成21)年3月4日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2006年05月26日
    36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者

    重慶市合川区釣魚城の范家堰遺跡にある古い地下道。(2006年5月26日撮影)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2006(平成18)年5月26日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 1997年09月17日
    ウイグル族と漢族 繁栄するウルムチ市

    歌を歌いながら歓談するウイグル族や漢族の人々=ウルムチ市内(共同)

    撮影: ウルムチ市内

  • 1997年09月17日
    ウルムチ市中心部 独立求め激化するテロ

    近代的なビルが林立する新疆ウイグル自治区の首府ウルムチ市(共同)

  • 1997年09月17日
    寺院を改修したデパート 難しいCISへの懸け橋

    ウルムチ市にはイスラム寺院を改修したデパートも(共同)

  • 1