KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 自動気象観測所
  • 令和
  • 記者
  • ヨーロッパ
  • 欧州
  • 熱波
  • 昭和
  • 地点
  • 気象庁
  • 収集

「気象観測」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
467
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
467
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Georg Rodek

    Georg Rodek, German engineer, in his saddle balloon surounded by instruments for meteorological observations. Could also be used for military reconnaisance. Engraving c1890.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019081406697

  • -
    Tortosa General view of the facilities of the Ebro meteorological observatory. 1920s.

    Tortosa General view of the facilities of the Ebro meteorological observatory. 1920s.、クレジット:Album/Documenta/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021100412349

  • -
    Inglaterra. Observatorio de Greenwich. Nuevo procedimiento para obtener fotografías de las alteraciones del termómetro. Grabado.

    Inglaterra. Observatorio de Greenwich. Nuevo procedimiento para obtener fotografías de las alteraciones del termómetro. Grabado. La Ilustración Española y Americana, 8 de febrero de 1881.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081608433

  • -
    Meteorological observatory on Ben Nevis

    Meteorological observatory on Ben Nevis, Scotland. Cartoon by Harry Furniss (1854-1925) marking its opening. From ‘Punch‘ (London 27 October 1883). Wood engraving.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019081300015

  • 1912年12月20日
    観測用タコを揚げる人たち タコを揚げて高層気象観測

    高層気象観測用のタコを揚げる人たち=1912(大正元)年、埼玉県・所沢町(現所沢市)

    商品コード: 1912122050003

  • 1944年07月30日
    ヤップ島

    ヤップ気象観測所=整理1944(昭和19)年7月(番号なし)

    商品コード: 2015010700655

  • 1944年07月30日
    パラオ

    南洋庁気象観測所=整理1944(昭和19)年7月(番号なし)

    商品コード: 2015010700662

  • 1944年07月30日
    ヤルート島

    ヤルート気象観測所=整理1944(昭和19)年7月(番号なし)

    商品コード: 2015010700653

  • 1948年05月01日
    日食観測

    稚内測候所で高層気象観測用ゴム気球を飛ばす日食観測陣=1948(昭和23)年5月1日、北海道・稚内

    商品コード: 2004033000240

  • 1948年08月16日
    福岡市

    福岡気象観測所=整理1948(昭和23)年8月(23年内地番号なし)

    商品コード: 2016020800449

  • 1949年03月09日
    館山市

    館山水産試験場と気象観測所(同一建物)=整理1949(昭和24)年3月、千葉県館山市(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016051100303

  • 1950年08月01日
    海洋気象観測

    舞鶴海洋気象台の観測船「黒潮丸」による採水、測温観測=1950(昭和25)年8月撮影日不明(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900615

  • 1950年08月01日
    海洋気象観測

    舞鶴海洋気象台の観測船「黒潮丸」による速流観測=1950(昭和25)年8月撮影日不明(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900618

  • 1950年08月01日
    海洋気象観測

    舞鶴海洋気象台の観測船「黒潮丸」による海水透明度観測=1950(昭和25)年8月撮影日不明(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900616

  • 1950年08月01日
    海洋気象観測

    舞鶴海洋気象台の観測船「黒潮丸」による気象観測=1950(昭和25)年8月撮影日不明(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900619

  • 1950年08月01日
    海洋気象観測

    舞鶴海洋気象台の観測船「黒潮丸」によるプランクトン採集=1950(昭和25)年8月撮影日不明(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900617

  • 1950年10月01日
    国勢調査始まる

    船上で国勢調査を受ける気象観測船凌風丸の乗組員=1950(昭和25)年10月1日

    商品コード: 2014012400204

  • 1952年09月27日
    浮遊物発見の第3日祥丸

    気象観測船第3日祥丸=1952(昭和27)年9月27日、神奈川県三崎(27年内地2369)

    商品コード: 2012112800366

  • 1955年01月30日
    東京・鳥島の観測所

    東京・鳥島の気象観測所=1955(昭和30)年1月撮影日不明 (30年内地311)

    商品コード: 2012072400263

  • 1956年03月28日
    中共からの気象観測器、香川県に落下

    気象観測器=1956(昭和31)年3月28日(31年内地1374)

    商品コード: 2012041000180

  • 1956年03月28日
    中共からの気象観測器、香川県に落下

    水素のなくなったゴム製気球=1956(昭和31)年3月28日(31年内地1373)

    商品コード: 2012041000179

  • 1956年03月29日
    米軍気象観測機命名式

    米軍気象観測機「銀風号」の命名式=1956(昭和31)年3月29日、米軍横田基地(31年内地1392)

    商品コード: 2012041000191

  • 1956年10月12日
    気象観測機公開

    公開された南極観測用長期自記気象計=1956(昭和31)年10月12日、気象庁(31年内地4522)

    商品コード: 2012071700382

  • 1957年02月28日
    国産気象観測器を公開

    公開された気象庁自慢の新型風向風速計(気象庁)=1957(昭和32)年2月28日

    商品コード: 2012061100452

  • 1957年07月24日
    鳥島の気象観測所完成

    完成した鳥島の気象観測所=1957(昭和32)年7月24日出稿(32年内地1204)

    商品コード: 2012070900104

  • 1957年08月05日
    鳥島気象観測所

    鳥島月夜山にたてられた高層気象観測遠隔自動操縦装置。右は昔の噴火口外輪山=1957(昭和32)年8月5日出稿 (32年内地1271)IGY国際地球観測年

    商品コード: 2012070900126

  • 1957年08月26日
    東海村原子力研究所

    研究所の気象観測鉄塔から見た東海村原子力研究所。左の二棟は手前が工場、後方がヴァンデ・グラフ建物(茨城県東海村)=昭和32年8月26日(32年内地1377)

    商品コード: 2007011800307

  • 1959年06月07日
    気象観測機公開

    公開されたWB66気象観測機=1959(昭和34)年6月7日、羽田空港

    商品コード: 2011102700177

  • 1959年07月28日
    鹿児島県・種子島 種子島レーダー観測所

    種子島にできたレーダー気象観測所=1959(昭和34)年7月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015090200274

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1960年09月08日
    米軍機墜落、炎上

    墜落、炎上した米軍の気象観測機の残骸=1960(昭和35)年9月8日、福島県石川町

    商品コード: 2012030500222

  • 1961年04月10日
    気象観測ロケット

    公開された気象観測ロケットの模型=1961(昭和36)年4月10日、科学技術庁(36年内地2072)

    商品コード: 2011102000049

  • 1961年08月23日
    気象定点観測船出港

    定点で気象観測をする気象庁の観測員=1961(昭和36)年8月23日出稿

    商品コード: 2011112800088

  • 1962年01月01日
    西日本の原子力センター 関西原子炉建設急ピッチ

    管理所気象観測塔建設予定地を整地するブルドーザー。右端に見える丘が原子炉とホットラボの建設地=出稿1962(昭和37)年1月1日(1962年新年原稿)

    商品コード: 2011110100103

  • 1962年12月30日
    気象観測用ロケット

    気象観測用ロケットの模型=1961(昭和37)年

    商品コード: 2009033100471

  • 1964年06月30日
    打ち上げられる気象観測ロケット

    7月23日に打ち上げられる気象観測ロケット「S―C」=1964(昭和39)年6月30日、科学技術庁(39年内地2803)

    商品コード: 2011080300394

  • 1964年10月17日
    中国核実験成功

    P58型自動微気圧計を注目する気象庁職員=1964(昭和39)年10月17日、気象庁気象観測室(39年内地4164)

    商品コード: 2011090700457

  • 1965年06月24日
    南極観測船「ふじ」を公開

    気象観測室内部=1965(昭和40)年6月24日、横浜市の日本鋼管鶴見造船所

    商品コード: 2011062900221

  • 1965年11月15日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    火山爆発の恐れから全員撤退が決まり、最後の観測をする鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月15日(40年内地6379)

    商品コード: 2011090100383

  • 1965年11月15日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    火山爆発の恐れから全員撤退が決まった鳥島気象観測所=1965(昭和40)年11月15日(40年内地6382)

    商品コード: 2011090100384

  • 1965年11月16日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    火山爆発の恐れから全員が撤退し、海洋観測船「凌風丸」に収容された鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月16日午前7時30分(40年内地6386)

    商品コード: 2011090100386

  • 1965年11月16日
    鳥島気象観測所の全員撤退

    撤退する観測所員を収容する海洋観測船「凌風丸」。上方の建物は無人となった鳥島気象観測所=1965(昭和40)年11月16日午前6時30分(40年内地6385)

    商品コード: 2011090100385

  • 1965年11月18日
    鳥島観測員、東京に帰る

    「凌風丸」から東京港竹芝桟橋に降り立つ鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月18日

    商品コード: 2011090100391

  • 1965年11月18日
    鳥島観測員、東京に帰る

    家族と無事を喜び合う鳥島気象観測所員=1965(昭和40)年11月18日、東京港竹芝桟橋

    商品コード: 2011090100390

  • 1966年03月31日
    凌風丸、鳥島調査から帰る

    鳥島の月夜山中腹から見た気象観測所=1966(昭和41)年3月31日出稿、気象庁鳥島調査班撮影(41年内地1935)

    商品コード: 2011052500194

  • 1966年05月17日
    新気象観測船が進水

    船台を離れ進水する気象庁の気象観測船「凌風丸」=1966(昭和41)年5月17日、東京・石川島播磨重工東京第二工場 (41年内地2762)(凌風丸2世)

    商品コード: 2011052700245

  • 1967年01月22日
    気象ロケット打ち上げ実験成功

    気象観測用ロケットMT発射の瞬間=1967(昭和42)1月22日、鹿児島県内之浦の東大ロケット実験場

    商品コード: 2011022100140

  • 1968年01月01日
    小笠原返還

    本土復帰を待つ父島。左端は米海軍気象観測所=父島(43年内地008)

    商品コード: 2011021000407

  • 1969年08月29日
    日本最大の気象観測船進水

    進水した日本最大のコンピューター気象観測船「啓風丸」=1969(昭和44)年8月29日、東京・豊洲の石川島播磨重工東京第二工場(44年内地 4321)

    商品コード: 2011040700188

  • 1969年12月16日
    新鋭気象観測船が完成

    完成した初のコンピューター気象観測船「啓風丸」。高層観測装置を備え、データを気象庁に送信、コンピューターで分析される。東京・豊洲の石川島播磨重工東京第二工場で気象庁に引き渡された=1969(昭和44)年12月16日

    商品コード: 2011053000223

  • 1970年02月17日
    気象庁の啓風丸完成

    気象庁に引き渡された海洋気象観測船の啓風丸=1970(昭和45)年2月17日、東京・晴海

    商品コード: 2010121600044

  • 1973年07月16日
    気象観測に新たな威力

    公開された海洋気象ブイロボット=1973(昭和48)年7月16日、横浜市金沢区の日本飛行機会社

    商品コード: 2010111000096

  • 1974年01月17日
    気象観測船春風丸が進水

    くす玉を割り進水する海洋気象観測船「春風丸」=1974(昭和49)年1月17日、東京・石川島播磨重工(49年内地 196)

    商品コード: 2011091500250

  • 1976年08月06日
    科学関連

    米航空宇宙局(NASA)の火星探査機バイキング1号の着陸船(ランダー)に取り付けられた気象観測機器。火星表面の温度、気圧、風力、風向などのデータを地球に送ってくる=1976年8月6日(UPI=共同)

    商品コード: 2014013100185

  • 1978年12月23日
    Water-depth gauge on Moika Canal Embankment in Leningrad

    8147006 22.12.1978 A system of water-depth gauges was installed in Leningrad city, due to the high risk of floods. Photo: This granite water-depth gauge, decorated with Neptune‘s trident was designed by architect V. Petrov and engineer P. Panfilov and installed on the Moika River Embankment in 1970. N. Bobrov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040211897

  • 1979年07月01日
    Darwin nature reserve

    8172521 01.07.1979 A heliograph at the meteorological station of Darwin Nature Reserve located on Sheksna-Mologa Plain at the Rybinsk reservoir. Vyacheslav Bobkov、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050601325

  • 1979年07月06日
    “空飛ぶ実験室”を公開

    12種類もの気象観測用機材を積んだNASAの“空飛ぶ実験室”=1979(昭和54)年7月6日、成田空港(54年内地6117)

    商品コード: 2016012500291

  • 1994年07月12日
    気象観測装置を輸入販売

    YUASAが輸入販売する自動気象観測装置「WS01」

    商品コード: 1994071200048

  • 1994年08月15日
    凌風丸 海の循環解明にフロン追跡

    海洋気象観測船「凌風丸」(資料・停泊中)

    商品コード: 1994081500045

  • 1994年11月14日
    船台を滑り降りる凌風丸 新「凌風丸」が進水

    色とりどりのテープと紙吹雪が舞う中、進水式の船台を滑り降りる海洋気象観測船の3代目「凌風丸」=14日午後3時5分、東京都江東区豊洲の石川島播磨重工業(カラーネガ)

    商品コード: 1994111400048

  • 1994年11月14日
    船台を滑り降りる凌風丸 新「凌風丸」が進水

    色とりどりのテープと紙吹雪が舞う中、進水式の船台を滑り降りる海洋気象観測船の3代目「凌風丸」=14日午後3時5分、東京都江東区豊洲の石川島播磨重工業(カラーネガ)

    商品コード: 1994111400049

  • 1995年07月06日
    気象庁の凌風丸三世 新ハイテク観測船を公開

    完成した気象庁の海洋気象観測船「凌風丸三世」(りょうふうまる)

    商品コード: 1995070600097

  • 1995年12月25日
    新システムの端末 衛星画像処理に新システム

    気象観測衛星からの画像を受信・処理する新システムの端末=鹿児島市郡元

    商品コード: 1995122500103

  • 1997年03月09日
    観測する北京の小学生ら 各地で部分日食を観測

    北京の古気象観測台で、日食用眼鏡を手に部分日食を観測する小学生ら=9日午前8時40分(共同)

    商品コード: 1997030900005

  • 1997年12月06日
    「赤城」の観測記録 真珠湾攻撃の天気図あった

    マイクロフィルムで気象庁に保存されていた空母「赤城」の気象観測記録の一部

    商品コード: 1997120600001

  • 1997年12月06日
    気象庁マイクロフィルム庫 真珠湾攻撃の天気図あった

    空母「赤城」の気象観測記録が入ったマイクロフィルムを手にする気象庁職員=5日、気象庁

    商品コード: 1997120600002

  • 1998年10月21日
    気象観測記録 江戸末期の気象記録発見

    江戸時代末期に長崎・出島にいたオランダ人医師らがつけた気象観測記録

    商品コード: 1998102100097

  • 1998年12月12日
    デルタロケットで打ち上げ 初の火星気象衛星打ち上げ

    11日、米ケープカナベラル基地からデルタロケットで打ち上げられた火星探査機マーズ・クライメート・オービター。来年9月火星に到着し、周回軌道上から気象観測などを行う(ロイター=共同)

    商品コード: 1998121200014

  • 1998年12月24日
    気球のイメージ図 こちらは地球周回に挑戦

    米国とオーストラリアの混成チーム「RE/MAX」が二十九日、気象観測気球によるノンストップの地球周回の旅に挑戦する。オーストラリアのアリススプリングズから同日飛び立ち、十八日間で一周する予定。 気球は米航空宇宙局(NASA)が成層圏の調査に使用しているものと同型で、透明な気球部分の下方にカプセル型の乗員室を持ち、高度三万九千メートルの成層圏を飛行する。 三人の乗組員は宇宙船「ソユーズ」や宇宙ステーション「ミール」計画に使われた宇宙服を作ったロシアのメーカーに宇宙服を特注。モスクワで宇宙服の使い方の訓練も受けたという。(ロイター=共同)

    商品コード: 1998122400080

  • 1998年12月24日
    乗員室のイメージ図 こちらは地球周回に挑戦

    ノンストップで地球周回に挑戦する米国とオーストラリアの混成チーム「RE/MAX」の気象観測気球のカプセル型乗員室のイメージ図(ロイター=共同)

    商品コード: 1998122400087

  • 2000年02月29日
    異常値示す気象HP画面 うるう日でアメダスに異常

    気象庁の地域気象観測システム(アメダス)のデータを基にした民間気象事業会社のホームページ画面。四国地方などの降水量を示す地図には実際とはかけ離れた異常数値が示されている

    商品コード: 2000022900011

  • 2000年02月29日
    対応する福岡気象台職員 うるう日でアメダスに異常

    異常値を示した地域気象観測システムに対応する福岡管区気象台職員=29日午前7時40分、福岡市中央区

    商品コード: 2000022900008

  • 2000年02月29日
    アメダス障害で記者会見 気象庁長官が陳謝

    うるう日問題で発生した地域気象観測システムのトラブルについて記者会見する気象庁の滝川雄壮長官=2月29日、気象庁

    商品コード: 2000022900106

  • 2000年02月29日
    会見する気象庁職員 うるう日でアメダスに異常

    異常数値を示した地域気象観測システムに関して記者会見する気象庁職員=29日午前4時、気象庁

    商品コード: 2000022900006

  • 2000年02月29日
    会見する気象庁予報部長 うるう日でアメダスに異常

    異常値を表示した地域気象観測システムなどに関して記者会見する気象庁の山本孝二予報部長=29日午前、気象庁

    商品コード: 2000022900021

  • 2004年08月24日
    気球上げる隊員 南極の空見上げ半世紀

    強風の中で気象観測用の気球を上げる観測隊員=6月15日、南極・昭和基地(南極観測同行記者撮影)

    商品コード: 2004082400282

  • 2004年10月01日
    富士山測候所 富士山測候所を無人化

    気象観測の自動化で職員常駐が廃止された富士山測候所=1日午前、富士山

    商品コード: 2004100100054

  • 2004年10月01日
    説明する稲葉課長 富士山測候所を無人化

    自動気象観測装置などについて説明する富士山測候所の稲葉和弘技術課長=1日午前、富士山頂

    商品コード: 2004100100078

  • 2005年02月02日
    H2Aロケット6号機 気象観測の綱渡り解消へ

    03年11月、打ち上げに失敗したH2Aロケット6号機=鹿児島県・種子島宇宙センター

    商品コード: 2005020200227

  • 2006年02月20日
    筑波大がデータ公開へ 筑波山頂の観測所が復活

    気象観測所の機器について説明する筑波大の林陽生教授=20日午後、茨城県つくば市

    商品コード: 2006022000203

  • 2006年02月20日
    筑波大がデータ公開へ 筑波山頂の観測所が復活

    観測が復活した筑波山の気象観測所=20日午後、茨城県つくば市

    商品コード: 2006022000202

  • 2006年07月17日
    朝鮮中央通信資料 平壌市の測候所

    北朝鮮の首都、平壌市大同江区域にある平壌測候所。梅雨時の豪雨に備えて気象観測し、天気予報を出している=2006年7月17日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010090800102

  • 2007年02月09日
    気象庁の展示会 南極観測50周年で展示会

    南極で気象観測が始まって50年になるのを記念して展示された観測機器や資料=9日午前、気象庁

    商品コード: 2007020900030

  • 2007年02月09日
    展示された観測機器 南極観測50周年で展示会

    南極で気象観測が始まって50年になるのを記念し気象庁に展示された観測機器=9日午前

    商品コード: 2007020900040

  • 2007年03月09日
    昭和基地との衛星中継 南極気象観測50年で講演会

    南極からの衛星中継画面で講演会の参加者に手を振る越冬隊員=9日午後、気象庁

    商品コード: 2007030900195

  • 2007年09月10日
    観測装置の取り付け工事 突風探知システムに着手

    気象観測装置の取り付け工事を行う関係者=10日午前、山形県酒田市

    商品コード: 2007091000059

  • 2007年09月10日
    装置取り付ける関係者 突風探知システムに着手

    気象観測装置の取り付け工事を行う関係者=10日午前、山形県酒田市

    商品コード: 2007091000069

  • 2008年03月13日
    気象観測データ 脊振山に竜巻レーダー

    ドップラーレーダーでとらえた気象観測データ=13日、佐賀県神埼市の脊振山気象レーダー観測所

    商品コード: 2008031300192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年01月19日
    気象観測船と見送る家族 気象観測船が引退航海

    最後の航海に向け出港した函館海洋気象台の観測船「高風丸」と、見送る乗組員の家族=19日午後、北海道函館市

    商品コード: 2010011900336

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年03月21日
    ロランCのアンテナ 最東端南鳥島から海保撤収

    南鳥島に立っていたロランCのアンテナ。奥は気象庁の南鳥島気象観測所=09年12月21日、東京都小笠原村

    商品コード: 2010032100243

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年04月14日
    気象観測用鉄塔 つくばの観測鉄塔、消える

    解体される方針が決まった気象庁気象研究所の「気象観測用鉄塔」=3月12日、茨城県つくば市

    商品コード: 2010041400013

  • 2010年04月14日
    凌風丸と啓風丸 C〓(☆Oの横に小文字の2)観測船2隻が出港

    出港直前の気象庁の海洋気象観測船「凌風丸」(右)と「啓風丸」=14日午後、東京・台場

    商品コード: 2010041400298

  • 2010年04月14日
    出港する観測船2隻 C〓(☆Oの横に小文字の2)観測船2隻が出港

    出港する気象庁の海洋気象観測船「啓風丸」(右)と「凌風丸」=14日午後、東京・台場

    商品コード: 2010041400299

  • 2010年04月14日
    出港する観測船「啓風丸」 C〓(☆Oの横に小文字の2)観測船2隻が出港

    東京・台場を出港した気象庁の海洋気象観測船「啓風丸」=14日午後

    商品コード: 2010041400372

  • 2010年04月14日
    出港する観測船「凌風丸」 C〓(☆Oの横に小文字の2)観測船2隻が出港

    東京・台場を出港した気象庁の海洋気象観測船「凌風丸」=14日午後

    商品コード: 2010041400378

  • 2010年05月06日
    観測所の旧「標本木」 東北に春告げる桜を守れ

    東北で最も早い桜の開花宣言の根拠となっていた旧「標本木」を見つめる市民=4月16日、福島県いわき市の小名浜特別地域気象観測所

    商品コード: 2010050600005

  • 2010年05月06日
    観測所の旧「標本木」 東北に春告げる桜を守れ

    東北で最も早い桜の開花宣言の根拠となっていた旧「標本木」を見つめる市民=4月16日、福島県いわき市の小名浜特別地域気象観測所

    商品コード: 2010050600302

  • 2011年07月02日
    Roswell UFO Festival 2011 - Alien Pet Costume Contest

    July 02, 2011 - Roswell, New Mexico, USA - The alien pet costume contest is conducted during the annual Roswell UFO Festival. 2011 marks the 64th anniversary of the Roswell Incident, the alleged discovery of a crashed flying saucer 30 miles north of Roswell by rancher W.W. ‘Mac‘ Brazel and the putative ‘‘cover-up‘‘ by the U.S. military, which officially labeled the remains at the crash site ‘‘a top secret weather balloon.‘‘ The Roswell festival, with a panoply of elements which appeal to the tourist and true believer alike, features an alien costume contest, book signings, lectures on alien abductions, crop circles and other esoterica by self-proclaimed experts.(Credit Image: ゥ Brian Cahn/ZUMAPRESS.com) (Newscom TagID: zumaglobalfour034933) [Photo via Newscom] クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017111700087

  • 2011年07月02日
    Roswell UFO Festival 2011 - Alien Pet Costume Contest

    July 02, 2011 - Roswell, New Mexico, USA - The alien pet costume contest is conducted during the annual Roswell UFO Festival. 2011 marks the 64th anniversary of the Roswell Incident, the alleged discovery of a crashed flying saucer 30 miles north of Roswell by rancher W.W. ‘Mac‘ Brazel and the putative ‘‘cover-up‘‘ by the U.S. military, which officially labeled the remains at the crash site ‘‘a top secret weather balloon.‘‘ The Roswell festival, with a panoply of elements which appeal to the tourist and true believer alike, features an alien costume contest, book signings, lectures on alien abductions, crop circles and other esoterica by self-proclaimed experts.(Credit Image: ゥ Brian Cahn/ZUMAPRESS.com) (Newscom TagID: zumaglobalfour027180) [Photo via Newscom] クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017111700117

  • 2011年07月02日
    Roswell UFO Festival 2011 - Alien Pet Costume Contest

    July 02, 2011 - Roswell, New Mexico, USA - The alien pet costume contest is conducted during the annual Roswell UFO Festival. 2011 marks the 64th anniversary of the Roswell Incident, the alleged discovery of a crashed flying saucer 30 miles north of Roswell by rancher W.W. ‘Mac‘ Brazel and the putative ‘‘cover-up‘‘ by the U.S. military, which officially labeled the remains at the crash site ‘‘a top secret weather balloon.‘‘ The Roswell festival, with a panoply of elements which appeal to the tourist and true believer alike, features an alien costume contest, book signings, lectures on alien abductions, crop circles and other esoterica by self-proclaimed experts.(Credit Image: ゥ Brian Cahn/ZUMAPRESS.com) (Newscom TagID: zumaglobalfour027173) [Photo via Newscom] クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017111700097

  • 2011年07月02日
    Roswell UFO Festival 2011 - Alien Pet Costume Contest

    July 02, 2011 - Roswell, New Mexico, USA - The alien pet costume contest is conducted during the annual Roswell UFO Festival. 2011 marks the 64th anniversary of the Roswell Incident, the alleged discovery of a crashed flying saucer 30 miles north of Roswell by rancher W.W. ‘Mac‘ Brazel and the putative ‘‘cover-up‘‘ by the U.S. military, which officially labeled the remains at the crash site ‘‘a top secret weather balloon.‘‘ The Roswell festival, with a panoply of elements which appeal to the tourist and true believer alike, features an alien costume contest, book signings, lectures on alien abductions, crop circles and other esoterica by self-proclaimed experts.(Credit Image: ゥ Brian Cahn/ZUMAPRESS.com) (Newscom TagID: zumaglobalfour027182) [Photo via Newscom] クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017111700099

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5