KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 住民
  • 内容
  • 場所
  • 平成
  • 映像
  • 水柱
  • 直径
  • 近隣
  • 通行止め
  • 道路

「水中処分隊」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1966年02月06日
    羽田沖で全日空機墜落

    捜索のため海に飛込む海上自衛隊水中処分隊員(自衛艦「のぎく」船上)=1966(昭和41)年2月6日 (41年内地713)

    商品コード: 2011041800083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年09月05日
    鉄球を調べる海上自衛隊員 種子島の鉄球は訓練用機雷

    浜辺に打ち上げられた鉄球を調べる海上自衛隊の水中処分隊員ら=5日午前7時20分、鹿児島県中種子町

    商品コード: 1998090500021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年11月22日
    捜索準備する陸自隊員 水中処分隊が池を捜索へ

    ヘリコプターが不時着した周辺で、捜索の準備作業をする陸自隊員=22日午前9時50分、三重県玉城町

    商品コード: 2005112200093

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.94
    2007年03月28日
    海水浴場沖に50メートルの水柱 佐賀で米軍機雷を爆破処理 (2/2)

    海上自衛隊佐世保水中処分隊(長崎県佐世保市)は28日、佐賀県唐津市沖で見つかった米軍の機雷の処理作業を実施した。沖合3キロまで機雷を移し海中で爆破。近隣の住民27人が一時避難し、道路も通行止めとなった。佐賀県によると、機雷は12日に唐津市湊町の海水浴場の沖約200メートルで見つかった。長さ約2メートル、直径約0.6メートルで、第2次大戦で使われたとみられる<映像内容>機雷爆破の準備を進める自衛隊爆発物処理班の隊員、撮影日:2007(平成19)年3月28日、撮影場所:佐賀県唐津市

    商品コード: 2019121002971

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:42.23
    2007年03月28日
    空撮 海水浴場沖に50メートルの水柱 佐賀で米軍機雷を爆破処理 (1/2)

    海上自衛隊佐世保水中処分隊(長崎県佐世保市)は28日、佐賀県唐津市沖で見つかった米軍の機雷の処理作業を実施した。沖合3キロまで機雷を移し海中で爆破。近隣の住民27人が一時避難し、道路も通行止めとなった。佐賀県によると、機雷は12日に唐津市湊町の海水浴場の沖約200メートルで見つかった。長さ約2メートル、直径約0.6メートルで、第2次大戦で使われたとみられる<映像内容>海中で爆破された機雷から上がる水柱、警戒する海自船艇、爆破エリア遠景、空撮、撮影日:2007(平成19)年3月28日、撮影場所:佐賀県唐津市沖

    商品コード: 2019121002966

  • 1