KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 確認
  • 記者
  • 海底
  • 船体
  • 部分
  • 中央
  • 予定
  • 保存状態
  • 全長

「水中考古学」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
49
( 1 49 件を表示)
  • 1
49
( 1 49 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1975年05月17日
    山中湖の湖底調査始まる

    ダイバーが採取した“丸木船”の一部を受け取る調査団員。富士山の噴火で山中湖に沈んだと推定される平安時代の宿場「水市」の発見を目指す湖底調査で、水中考古学、水中調査、年代測定の学者3グループ8人とダイバー5人が参加し調査を行った=1975(昭和50)年5月17日、山梨県南都留郡山中湖

    商品コード: 2012111900123

  • 1981年11月02日
    茂在寅男

    茂在寅男、学者・研究者、もざい・とらお、死去・2013年5月31日、工学博士、作家、水中考古学研究者、東海大海洋学部教授、東京商船大教授・名誉教授、長崎県北松浦郡鷹島町で海底遺跡(元寇の遺物)発見、勲三等旭日中綬章受章=1981(昭和56)年11月2日

    商品コード: 1982032000028

  • 1981年11月03日
    江上波夫

    江上波夫、学者・研究者、えがみ・なみお、死去・2002年11月11日、考古学者、東大東洋文化研究所教授、東大名誉教授、札幌大教授、上智大教授、古代オリエント博物館館長、日本オリエント学会会長、日本水中考古学会会長、日本学術会議会員、紫綬褒章受章、文化勲章受章、文化功労者、勲三等旭日中綬章受章=1981(昭和56)年11月3日

    商品コード: 1982062000008

  • 1983年11月04日
    江上波夫

    江上波夫、学者・研究者、えがみ・なみお、死去・2002年11月11日、考古学者、東大東洋文化研究所教授・所長、東大名誉教授、札幌大教授、上智大教授、古代オリエント博物館館長、日本オリエント学会会長、日本水中考古学会会長、日本考古学協会委員長、日本学術会議会員、毎日出版文化賞受賞、紫綬褒章受章、文化勲章受章、文化功労者、勲三等旭日中綬章受章=1983(昭和58)年11月4日

    商品コード: 1983112000005

  • 1986年04月08日
    茂在寅男氏

    茂在寅男氏(東海大学海洋学部教授、日本水中考古学会副会長)=1986(昭和61)年4月8日

    商品コード: 1986040800017

  • 1995年01月20日
    ジルベール・フルニエさん

    フィリピンで沈没船の宝探しをするジルベール・フルニエさん(水中考古学にのめり込んだフランス人)

    商品コード: 1995012000050

  • 1996年08月05日
    海底を調査するダイバー 水中考古学の魅力広めよう

    佐賀県・唐津湾の神集島沖の海底を調査する「七ツ釜海底遺跡を守る会」のメンバー=1日午後

    商品コード: 1996080500052

  • 1997年06月26日
    探査機を沈める調査団 沈没船の海底探査開始

    玄界島沖の沈没船探査で水中音波探査機を海中に沈める調査団=26日午前10時30分、福岡市・玄界島北東4・5キロ付近の海上(代表撮影)(九州・沖縄水中考古学協会の海底探査)

    商品コード: 1997062600078

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年07月01日
    ヘラクレイオンの石碑 古代都市の全体像明らかに

    6月7日、アレクサンドリアの海軍基地のはしけ船の上で、ヘラクレイオンの石碑の文字を説明するフランスの水中考古学者のフランク・ゴッディオ氏(ロイター=共同)

    商品コード: 2001070100034

  • 2012年04月04日
    Ancient ‘Computer‘ Antikythera Mechanism

    April 4, 2012 - Athens, Greece - The famous ‘‘Antikythera Mechanism‘‘ is the earliest preserved portable astronomical calculator.The ‘‘Antikythera Shipwreck‘‘ exhibition takes place at National Archaeological museum in Athens. All antiquities recovered in 1900-1901 and 1976 from the legendary shipwreck off the islet of Antikythera, South of the Peloponnese will be presented for the first time in a temporary exhibition. The recovery of the shipwreck itself was the first major underwater archaeological expedition. It was undertaken by sponge divers with the assistance of the Greek Royal navy(1900-1901). The wreck is dated aproximately in 60-50 BC. (Credit Image: © Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031613731

  • 2012年04月04日
    Ancient ‘Computer‘ Antikythera Mechanism

    April 4, 2012 - Athens, Greece - The famous ‘‘Antikythera Mechanism‘‘ is the earliest preserved portable astronomical calculator.The ‘‘Antikythera Shipwreck‘‘ exhibition takes place at National Archaeological museum in Athens. All antiquities recovered in 1900-1901 and 1976 from the legendary shipwreck off the islet of Antikythera, South of the Peloponnese will be presented for the first time in a temporary exhibition. The recovery of the shipwreck itself was the first major underwater archaeological expedition. It was undertaken by sponge divers with the assistance of the Greek Royal navy(1900-1901). The wreck is dated aproximately in 60-50 BC. (Credit Image: © Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031613589

  • 2012年04月04日
    Ancient ‘Computer‘ Antikythera Mechanism

    April 4, 2012 - Athens, Greece - The famous ‘‘Antikythera Mechanism‘‘ is the earliest preserved portable astronomical calculator.The ‘‘Antikythera Shipwreck‘‘ exhibition takes place at National Archaeological museum in Athens. All antiquities recovered in 1900-1901 and 1976 from the legendary shipwreck off the islet of Antikythera, South of the Peloponnese will be presented for the first time in a temporary exhibition. The recovery of the shipwreck itself was the first major underwater archaeological expedition. It was undertaken by sponge divers with the assistance of the Greek Royal navy(1900-1901). The wreck is dated aproximately in 60-50 BC. (Credit Image: © Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031613734

  • 2012年04月04日
    Ancient ‘Computer‘ Antikythera Mechanism

    April 4, 2012 - Athens, Greece - The famous ‘‘Antikythera Mechanism‘‘ is the earliest preserved portable astronomical calculator.The ‘‘Antikythera Shipwreck‘‘ exhibition takes place at National Archaeological museum in Athens. All antiquities recovered in 1900-1901 and 1976 from the legendary shipwreck off the islet of Antikythera, South of the Peloponnese will be presented for the first time in a temporary exhibition. The recovery of the shipwreck itself was the first major underwater archaeological expedition. It was undertaken by sponge divers with the assistance of the Greek Royal navy(1900-1901). The wreck is dated aproximately in 60-50 BC. (Credit Image: © Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031613362

  • 2012年04月04日
    Ancient ‘Computer‘ Antikythera Mechanism

    April 4, 2012 - Athens, Greece - The famous ‘‘Antikythera Mechanism‘‘ is the earliest preserved portable astronomical calculator.The ‘‘Antikythera Shipwreck‘‘ exhibition takes place at National Archaeological museum in Athens. All antiquities recovered in 1900-1901 and 1976 from the legendary shipwreck off the islet of Antikythera, South of the Peloponnese will be presented for the first time in a temporary exhibition. The recovery of the shipwreck itself was the first major underwater archaeological expedition. It was undertaken by sponge divers with the assistance of the Greek Royal navy(1900-1901). The wreck is dated aproximately in 60-50 BC. (Credit Image: © Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031613591

  • 2012年04月04日
    Ancient ‘Computer‘ Antikythera Mechanism

    April 4, 2012 - Athens, Greece - The famous ‘‘Antikythera Mechanism‘‘ is the earliest preserved portable astronomical calculator.The ‘‘Antikythera Shipwreck‘‘ exhibition takes place at National Archaeological museum in Athens. All antiquities recovered in 1900-1901 and 1976 from the legendary shipwreck off the islet of Antikythera, South of the Peloponnese will be presented for the first time in a temporary exhibition. The recovery of the shipwreck itself was the first major underwater archaeological expedition. It was undertaken by sponge divers with the assistance of the Greek Royal navy(1900-1901). The wreck is dated aproximately in 60-50 BC. (Credit Image: © Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com)、クレジット:©Aristidis Vafeiadakis/ZUMAPRESS.com/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031613455

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年01月02日
    水中考古学の研究拠点に

    長崎・沈没船が見つかった鷹島神崎遺跡

    商品コード: 2017010200110

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年01月02日
    水中考古学の研究拠点に

    長崎・沈没船が見つかった鷹島神崎遺跡

    商品コード: 2017010200111

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年01月02日
    水中考古学の研究拠点に

    長崎・沈没船が見つかった鷹島神崎遺跡

    商品コード: 2017010200113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年01月02日
    水中考古学の研究拠点に

    長崎・沈没船が見つかった鷹島神崎遺跡

    商品コード: 2017010200114

  • 02:02.66
    2018年08月14日
    「新華社」ビクトリア港で海上シルクロードの文化財展開催

    中国香港特別行政区の香港海事博物館(マリタイムミュージアム)は14日から11月中旬まで、「東西融合13世紀から18世紀の海上シルクロード展」を開催しており、海上シルクロードの美しい文化財を楽しむことができる。展示会は香港海事博物館が主催し、広東省博物館が共同開催している。200点を超える展示物は、いずれも南宋から清初にかけての文化財で、南中国海における最新の水中考古学による発見も含む。展示品は陶磁器、金銀・宝石、シルク、石彫、古書や地図など。この石の碇(いかり)は2016年に香港西貢区の糧船湾から引き上げられたもので、千年以上の歴史を持つ。宋代の船錨の重要な構成部分で、初めて一般に公開される。<映像内容>海上シルクロードの文化財展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801925

  • 2019年06月06日
    Settlement and graves discovered in See near Halle

    06 June 2019, Saxony-Anhalt, Aseleben: Sven Thomas, project manager for underwater archaeology at the State Office for Monument Preservation and Archaeology Saxony-Anhalt, shows a so-called bag cup at Süßen See near Aseleben. The vessel was recovered during archaeological investigations in the sweet lake. Archaeologists have discovered a settlement with two graves there. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060703671

  • 2019年06月06日
    Settlement and graves discovered in See near Halle

    06 June 2019, Saxony-Anhalt, Aseleben: Sven Thomas, project manager for underwater archaeology at the State Office for Monument Preservation and Archaeology Saxony-Anhalt, shows a so-called bag cup at Süßen See near Aseleben. The vessel was recovered during archaeological investigations in the sweet lake. Archaeologists have discovered a settlement with two graves there. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060703515

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月04日
    甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市

    甲午戦争沈没艦第1期調査の水中考古学調査で発見した「定遠」の装甲。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年8月4日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091205069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月05日
    甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市

    海に入り調査を行う甲午戦争沈没艦第1期調査の考古学チームのメンバー。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500848

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月23日
    甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市

    威海湾での甲午戦争沈没艦第1期調査で水中から回収した「定遠」の銅製銘板。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091205087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月02日
    甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市

    水中考古学調査を行う甲午戦争沈没艦第1期調査の考古学チームのメンバー。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091205089

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月02日
    甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市

    2日、山東省威海市の劉公島で開かれた「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議。中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社記者/王陽)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500911

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:49.84
    2019年09月02日
    「新華社」甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市

    中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。「定遠」は当時、ドイツ・シュテッティン(現在のポーランド・シュチェチン)の造船所で建造された7千トン級装甲艦で、1885年に北洋海軍に配備され、旗艦となった。1894年、甲午戦争の黄海海戦で主砲の威力と装甲の強力な防御力が示され、一時「不沈艦」とも称されたが、その後の威海衛防衛戦で日本軍の魚雷艇による夜襲を受けて被弾し、損傷。最後は日本軍に奪われるのを避けるために自爆、自沈した。今年7~8月、国家文物局の承認を得て、山東省文物局の委託を受けた国家文物局水中文化遺産保護センター、山東省水中考古研究センター、中国甲午戦争博物院、威海市博物館の合同チームが、威海湾で沈没した北洋海軍戦艦の調査、保護を目的に、国内の30人余りの水中考古学専門家や関連技術者を集め、第1回調査を実施した。調査は2017年と18年の水中考古学調査と潜水探査の結果に基づいて行われ、水中探査機器を利用してデータを集め、文献資料と照らし合わせて「定遠」の沈没位置を確認。深さ1~3メートルの厚い泥の層の下に船体を発見し、砲台や弾薬庫付近の位置を確認した上で、150点余りの遺物を発見、回収した。同様の遺物はこれまでに水中で発見された軍艦「致遠」や「経遠」の調査でも見つかっている。国家文物局水中文化遺産保護センター水中考古研究所の姜波(きょう・は)所長は、「定遠」の発見が甲午戦争で沈没した軍艦の調査研究を深めるのに役立ち、甲午海戦史、海軍史、艦船史の研究にとって重要な歴史的、科学的価値があると説明。歴史を鑑とし、甲午戦争で沈没した艦船の水中調査を進めることは、民族の力を結集し、富国強兵を実現する上で得がたい歴史教材であり、非常に重要な現実的意義があると述べた。(記者/李小波、王陽)<映像内容>沈没した戦艦「定遠」発見、撮影日:2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090402728

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月02日
    甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市

    2日、威海湾での甲午戦争沈没艦第1期調査で水中から回収した「定遠」のハッチカバー。中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社記者/王陽)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500854

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月17日
    中日甲午戦争の沈没艦「定遠」、装甲の引き揚げに成功

    17日、劉公島付近の海域で引き揚げられた「定遠」の装甲板。中国山東省の威海湾に浮かぶ劉公島の旧清朝北洋海軍基地東側海域でこのほど、中日甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」を調査する水中考古学チームが、同艦の装甲板1枚の引き揚げに成功した。(威海=新華社配信)=2020(令和2)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505844

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    中日甲午戦争の沈没艦「定遠」、装甲の引き揚げに成功

    18日、劉公島付近の海域で実施された「定遠」装甲板の引き揚げ作業。中国山東省の威海湾に浮かぶ劉公島の旧清朝北洋海軍基地東側海域でこのほど、中日甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」を調査する水中考古学チームが、同艦の装甲板1枚の引き揚げに成功した。(威海=新華社配信)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505843

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月18日
    中日甲午戦争の沈没艦「定遠」、装甲の引き揚げに成功

    18日、劉公島の脱塩プールで保護処理を受ける「定遠」の装甲板。中国山東省の威海湾に浮かぶ劉公島の旧清朝北洋海軍基地東側海域でこのほど、中日甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」を調査する水中考古学チームが、同艦の装甲板1枚の引き揚げに成功した。(威海=新華社配信)=2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505838

  • 2021年12月23日
    MIDEAST-JERUSALEM-UNDERWATER ARCHAEOLOGY-TREASURE

    (211222) -- JERUSALEM, Dec. 22, 2021 (Xinhua) -- An figurine of a Roman pantomimus found from an ancient shipwreck in the Mediterranean Sea, is displayed at the Israel Antiquities Authority lab in Jerusalem on Dec. 22, 2021. Israeli marine archaeologists have found some rare treasure from two ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, the Israel Antiquities Authority (IAA) said on Wednesday. (Photo by Gil Cohen Magen/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122308308

  • 2021年12月23日
    MIDEAST-JERUSALEM-UNDERWATER ARCHAEOLOGY-TREASURE

    (211222) -- JERUSALEM, Dec. 22, 2021 (Xinhua) -- A marine archaeologist examines coins found from ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, at the Israel Antiquities Authority lab in Jerusalem, on Dec. 22, 2021. Israeli marine archaeologists have found some rare treasure from two ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, the Israel Antiquities Authority (IAA) said on Wednesday. (Photo by Gil Cohen Magen/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122307960

  • 2021年12月23日
    MIDEAST-JERUSALEM-UNDERWATER ARCHAEOLOGY-TREASURE

    (211222) -- JERUSALEM, Dec. 22, 2021 (Xinhua) -- Photo taken on Dec. 22, 2021 shows coins found from ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, on display at the Israel Antiquities Authority lab in Jerusalem. Israeli marine archaeologists have found some rare treasure from two ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, the Israel Antiquities Authority (IAA) said on Wednesday. (Photo by Gil Cohen Magen/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122308150

  • 2021年12月23日
    MIDEAST-JERUSALEM-UNDERWATER ARCHAEOLOGY-TREASURE

    (211222) -- JERUSALEM, Dec. 22, 2021 (Xinhua) -- An artifact found from an ancient shipwreck in the Mediterranean Sea, is displayed at the Israel Antiquities Authority lab in Jerusalem on Dec. 22, 2021. Israeli marine archaeologists have found some rare treasure from two ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, the Israel Antiquities Authority (IAA) said on Wednesday. (Photo by Gil Cohen Magen/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122308230

  • 2021年12月23日
    MIDEAST-JERUSALEM-UNDERWATER ARCHAEOLOGY-TREASURE

    (211222) -- JERUSALEM, Dec. 22, 2021 (Xinhua) -- An artifact found from an ancient shipwreck in the Mediterranean Sea, is displayed at the Israel Antiquities Authority lab in Jerusalem on Dec. 22, 2021. Israeli marine archaeologists have found some rare treasure from two ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, the Israel Antiquities Authority (IAA) said on Wednesday. (Photo by Gil Cohen Magen/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122308202

  • 2021年12月23日
    MIDEAST-JERUSALEM-UNDERWATER ARCHAEOLOGY-TREASURE

    (211222) -- JERUSALEM, Dec. 22, 2021 (Xinhua) -- Photo taken on Dec. 22, 2021 shows coins found from ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, on display at the Israel Antiquities Authority lab in Jerusalem. Israeli marine archaeologists have found some rare treasure from two ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, the Israel Antiquities Authority (IAA) said on Wednesday. (Photo by Gil Cohen Magen/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122308284

  • 2021年12月23日
    MIDEAST-JERUSALEM-UNDERWATER ARCHAEOLOGY-TREASURE

    (211222) -- JERUSALEM, Dec. 22, 2021 (Xinhua) -- Photo taken on Dec. 22, 2021 shows a gold ring set with a green gemstone found from an ancient shipwreck in the Mediterranean Sea, on display at the Israel Antiquities Authority lab in Jerusalem. Israeli marine archaeologists have found some rare treasure from two ancient shipwrecks in the Mediterranean Sea, the Israel Antiquities Authority (IAA) said on Wednesday. (Photo by Gil Cohen Magen/Xinhua)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122308300

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (4)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    「長江口2号」全体移設計画のテスト現場。(1月26日撮影)中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310836

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (7)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    2021年に作成された「長江口2号」のマルチビームソナーの合成図。中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310823

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (6)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    「長江口2号」全体移設計画のテスト現場。(1月26日撮影)中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310826

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (5)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    「長江口2号」全体移設計画のテスト現場。(1月26日撮影)中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310832

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.52
    2022年03月03日
    「新華社」数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。文化・観光部副部長で国家文物局局長の李群(り・ぐん)氏は、「長江口2号」が国内外で最大規模の古代船舶に関する考古学・文化財保護プロジェクトであり、古代船舶の考古学的発掘や全体の遷移、文化財保護、博物館建設が同時進行する世界初のプロジェクトでもあると説明。中国の水中考古学に大きな進展をもたらし、水中考古学の世界に中国の技術、経験、プランを提供すると指摘した。上海市文物局の方世忠(ほう・せいちゅう)局長は「長江口2号」について、上海が近代における東アジアや世界の貿易・海運の中心地であり、現代の「一帯一路」の重要な結節点であることを物理的に裏付けていると述べた。上海市では、前例のない革新的方法である「アーチビームによる非接触型文化財引き揚げ技術」を用い、同船を引き揚げる。この点について、中国考古学会の王巍(おう・ぎ)理事長は、現時点で世界最先端のハイテクを用いた水中考古学の方法であり、文化財保護と技術革新の真の融合を実現したと語った。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定で、水中からの引き揚げ後、船体は特注設計されたサルベージ船に素早く移され、オープンキャビンに格納される。その後、サルベージ船は「長江口2号」を「抱きかかえた状態」で、上海市楊浦区浜江地区の上海造船所跡地にある1号ドックに向けて出航する。将来的には、清朝同治年代に建設されたヤードが、沈没船の考古学研究拠点や古代船博物館として生まれ変わり、考古学者がここで同船にまつわる謎を解き明かしていく。(記者/孫麗萍、許東遠) =配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310822

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (8)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    「長江口2号」からの出土品の一部。(資料写真)中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310834

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (1)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    2日、上海市の外高橋ふ頭で行われた「長江口2号」の引き揚げ作業開始式典。中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310831

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (9)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    「長江口2号」からの出土品の一部。(資料写真)中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310844

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (3)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    2日、上海市の外高橋ふ頭で行われた「長江口2号」の引き揚げ作業開始式典。中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310837

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年03月03日
    (2)数々の文化財を積んだ沈没船「長江口2号」引き揚げ開始

    2日、上海市の外高橋ふ頭で行われた「長江口2号」の引き揚げ作業開始式典。中国の水中考古学調査で発見された中で最も大きく、最も保存状態が良く、数多くの文化財が積まれた木造沈没船「長江口2号」の引き揚げ作業が2日、始まった。考古学・文化財保護作業も合わせて行われる。「長江口2号」は、清朝同治年間の商船で、現在は中国上海市の崇明横沙島北東部にある横沙水域に眠っており、船体は海底の下5・5メートルに埋まっている。考古学調査の結果、同船は全長約38・5メートル、中央の最も広い部分の幅が7・8メートルで、内部には景徳鎮製の磁器など良質な文化財が眠る31の船室があることが確認されている。「長江口2号」の引き揚げ作業は年内に完了する予定。(上海=新華社記者/任瓏)= 配信日: 2022(令和4)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030310850

  • 1