KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 山陽新聞
  • 平成
  • 西日本豪雨
  • 被害
  • 令和
  • 休止
  • 再利用
  • 影響
  • 新型コロナウイルス
  • 熊本地震

「水島川崎通」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 放射線検出のトラック 岡山でまた放射性物質
    2000年06月21日
    放射線検出のトラック 岡山でまた放射性物質

    積み荷の金属スクラップから放射線が検出されたトラック=21日午後4時15分、岡山県倉敷市水島川崎通で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000062100114

  •  水島コンビナート
    2015年12月07日
    水島コンビナート

    新型コロナウイルスの影響で減産が相次ぐ水島コンビナート。JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区は高炉1基を休止する。高炉1基の休止が決まったJFEスチール西日本製鉄所倉敷地区(倉敷市水島川崎通)が立地する水島コンビナートでは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が広がっている。既に自動車メーカーが減産に踏み切っているほか、石油化学各社も今後の需要低下を警戒している。=2015(平成27)年12月7日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090906887

  •  JFE西倉敷地区 トラブル第2高炉休止
    2017年12月02日
    JFE西倉敷地区 トラブル第2高炉休止

    JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区。設備トラブルで高炉の操業は当面、通常の3基から2基体制となる。JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区(倉敷市水島川崎通)は30日、設備トラブルで第2高炉を23日に休止したことを明らかにした。本格復旧までに約2カ月かかる見通し。同地区は自動車用の薄板や造船用の厚板など幅広い鋼材を造っており、供給先の生産に影響が出る可能性がある。=2017(平成29)年12月2日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110527185

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月17日
    回収されたLPガスボンベ

    回収されたLPガスボンベ=西日本豪雨、浅野産業倉敷事業所、岡山県倉敷市水島川崎通。=2018(平成30)年7月17日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021110503152

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月05日
    被災地から運び込まれた災害ごみ

    被災地から運び込まれた災害ごみ=西日本豪雨、岡山県倉敷市水島川崎通。=2018(平成30)年9月5日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050409163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月05日
    被災地から運び込まれた災害ごみ

    被災地から運び込まれた災害ごみ=西日本豪雨、岡山県倉敷市水島川崎通。=2018(平成30)年9月5日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050409133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月05日
    被災地から運び込まれた災害ごみ

    被災地から運び込まれた災害ごみ=西日本豪雨、岡山県倉敷市水島川崎通。=2018(平成30)年9月5日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050409125

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月26日
    災害ごみ中間処理プラント 西日本豪雨

    岡山県が整備を進める災害ごみの中間処理プラント。岡山県は26日、西日本豪雨により倉敷、総社市で発生した災害ごみを処理するため、倉敷市水島地区に整備中の中間処理プラントを報道陣に初公開した。熊本地震で使われた施設を再利用したプラントで、2月に本格稼働して両市から委託を受けた21・8万トンを処理する。=2018(平成30)年12月26日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010817741

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月15日
    災害ごみ中間処理プラントが本格稼働

    本格稼働を始めた岡山県の災害ごみ中間処理プラント。西日本豪雨で発生した倉敷、総社市の災害ごみを処理するため、岡山県が倉敷市水島川崎通に整備した中間処理プラントが15日、本格稼働を始めた。熊本地震の際に使われた設備を再利用した。両市から集積し、分別が必要な約5万トンを来春までに処理する。=2019(平成31)年2月15日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021900730

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月25日
    岡山県倉敷市水島川崎通 災害ごみ中間処理プラント

    西日本豪雨から1年。岡山県が倉敷市水島川崎通に整備した災害ごみの中間処理プラント。2月に本格稼働したが、ごみはまだ大量に残る=2019年6月25日。=2019(令和元)年6月25日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070800809

  •  JFE西日本製鉄所倉敷地区第4高炉
    2022年05月30日
    JFE西日本製鉄所倉敷地区第4高炉

    JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区の第4高炉。粗鋼生産量は堅調な需要を受けて増加している。JFEスチール(東京)がまとめた2021年度の粗鋼生産量によると、西日本製鉄所(岡山県倉敷市水島川崎通、福山市鋼管町)の実績は前年度比15・2%増の1796万4千トン。新型コロナウイルス禍からの経済回復に伴って国内外で自動車向けなどの鉄鋼需要が堅調に推移し、2年ぶりに増加した。=2022(令和4)年5月30日、岡山県倉敷市水島川崎通、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071207379

  • 1